フィールドノート

thecla.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2008年 07月 05日

2008年 7月上旬 信州五目撮り

今年は、kmkurobeさんから白馬でのゼフ五目撮りのお誘いを受けていた。本当は来週あたりの方が良さそうなのだが、来週は用事があって出かけられないので行ってみることにした。
朝白馬に着きKmkurobeさんに電話すると、早速いつも撮影されているポイントに案内していただくことになる。カシワ、ミズナラの混交林で様々なゼフが飛び出してくる、・・・・・はずだった。
飛び出しはするのだが、すでに気温がかなり高くなっているせいか、皆梢の上に飛び上がってしまい、降りてくるのはミズイロオナガばかり。他のゼフポイントやクロシジミのポイントへも案内していただいたが、クロシジミは発生していたものの少し標高の高いポイントではゼフはまだ未発生のようだった。
d0054625_157266.jpg

アサマシジミ CANON EOS 40D TAMRON 90mm Macro
d0054625_1571398.jpg

クロシジミ 開翅 CANON EOS 40D TAMRON 90mm Macro
d0054625_1582146.jpg

クロシジミ CANON EOS Kiss DX SIGMA 17-70mm Macro

今日は、他に、chochoensisさんmtana2さんヘムレンさん、もいらっしゃるということなので合流後ジョウザンのテリ張りポイントへ行ってみる。
d0054625_15143658.jpg

ジョウザンミドリシジミ CANON EOS Kiss D SIGMA APO 70-300mm Macro
こっちも出てくるのだが、一向に翅を開く気配がない。そろそろメスアカが出てくる時間なのでメスアカのテリ張りポイントへ移動。脚立も持ってきているのでこれでバッチリと思ったが肝心のメスアカが出てこない。お仕事のkmkurobeさん、トンボ撮影に行くchochoensisさん達と別れて少し粘ってみるが、結局ここで撮影できたのはウラゴマダラシジミだけだった。
d0054625_15241413.jpg

ウラゴマダラシジミ CANON EOS 40D TAMRON 90mm Macro
d0054625_15245068.jpg

ウラゴマダラシジミ 産卵行動 CANON EOS 40D TAMRON 90mm Macro
暑かったので卵はちょっと探してやめてしまい確認できなかったが、PCで良く見ると枝に巻きついた他の植物のつるに産卵しようとしているようにも見える。もっとちゃんと確認しておけば良かったかもしれない。

午後からは、ゼフをあきらめてKmkurobeさんに教えていただいたコヒョウモンモドキとキマダラモドキのポイントへ回ることにした。コヒョウモンモドキのポイントでは、羽化直後のメスに対して、同じくまだ翅の柔らかいオスによる、求愛から交尾に至る過程を観察することが出来た。
※後日写真を見直したところ、単に羽化不全気味の個体で翅が曲がって見えただけのようでした。
d0054625_15345095.jpg

コヒョウモンモドキ 求愛 CANON EOS 40D TAMRON 90mm Macro
d0054625_15352227.jpg

コヒョウモンモドキ 交尾 CANON EOS 40D TAMRON 90mm Macro
そして交尾個体に絡む別のオス。
d0054625_15375347.jpg


キマダラモドキのポイントでは不用意に近づいて飛び立たせたりして、ちょっと苦労したが何とか撮影することが出来た。写真の出来としては大したことは無いが、初撮影なので素直にうれしい。
d0054625_15495123.jpg

キマダラモドキ CANON EOS 40D TAMRON 90mm Macro
やぶ蚊も増えてきたので撤収することにしたが、帰り際にスジボソヤマキチョウが草の葉の裏に止まるのを見た。時間が遅いからこのまま翌日までのねぐらになるのだろうか。
d0054625_1612819.jpg

スジボソヤマキチョウ CANON EOS 40D TAMRON 90mm Macro

最後になりましたが、kmkurobeさん、ありがとうございました。

※コヒョウモンモドキの交尾は成立するまでに少し時間がかかりました。その間の連続写真は後日掲載する予定です。
[PR]

by toshi-sanT | 2008-07-05 23:59 | | Trackback | Comments(22)
トラックバックURL : http://thecla.exblog.jp/tb/8228876
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by km at 2008-07-06 18:40 x
お疲れさまでした。さすがの写真ですね。空き地やはり昨日は気温高すぎたようです。本日は午後もずつといろいろなゼフか゜結構低いところにいました。コモドキのポイントもそうですが、あれほど暑いとゼフはだめなようですね。本日は本当にたくさん飛んでいました。復讐戦待ってます。
もしも山の上が天気が悪かったら、またこちらによって下さい。
Commented by fanseab at 2008-07-06 19:52
コヒョウモンモドキの求愛場面は本当に綺麗に表現されていますね。
7/5は小生も山梨でゼフ探索でしたが、早朝の気温が長野も含めて
高すぎて、ゼフが下に下りませんでした。
Commented by thecla at 2008-07-06 21:28 x
kmkurobeさん、お世話になりました。
あそこは撮影にも適した良いポイントですね。教えていただいたポイントの中には2週間後でも大丈夫そうなところもあるので、山の上が駄目なときは寄らせていただきます。
Commented by thecla at 2008-07-06 21:31 x
fanseabさん、ありがとうございます。
山梨も同じでしたか。晴れて気温が上がりすぎても駄目だし、中々ゼフも気難しいところがありますよね。
Commented by 虫林 at 2008-07-07 12:11 x
夏の白馬は涼しそうで良いですね。午前中に蝶を撮影しながら散歩してみたいです(午後には帰る)。これだけの蝶たちが撮影できれば、僕なら満足しますよ。コヒョウモンモドキにもまたあいたいな。
Commented by ヘムレン at 2008-07-07 13:16 x
このたびは、ありがとうございました。
とても楽しい信州行きとなりました。
いい天気に恵まれ(いい天気すぎ(^^;))、疲れも忘れる思いでした。
脚立持参での撮影・・・さすがですね。
今後とも、よろしくお願いいたします。
Commented by banyan10 at 2008-07-07 15:16
コヒョウモンモドキの求愛、交尾は素晴らしいですね。
キマダラモドキは魅力的な蝶ですよね。
開翅も狙いたいけど、午前中はゼフを追い掛けていると難しいですかね。
Commented by furu at 2008-07-07 21:28 x
タイトルから予想したメンバーとはかなり違う意外な顔ぶれでした。ゼフは暑いと駄目なんですね。
貴重な信州のクロシジミに一票。
Commented by chochoensis at 2008-07-07 21:50
theclaさん、お会いできてよかったです・・・もう少しゆっくりお話できると良かったのですが惜しいことをしました・・・=コヒョウモンモドキ=の求愛・交尾写真・・・見事ですね、とても羨ましい写真です。キマダラモドキも綺麗に撮影されていますね・・・さすがです。
Commented by thecla at 2008-07-07 23:07 x
虫林さん、コメントありがとうございます。
いえいえ、これが暑かったのですよ、ほんと。暑さに耐えかねて何度か冷たい飲料求める方を優先しました。山形といい晴れすぎるとゼフには駄目みたいですね。
ゼフは今ひとつでしたが、他のチョウで私も十分満足です。
Commented by thecla at 2008-07-07 23:10 x
ヘムレンさん、こちらこそお世話になりました。
春に一回お見かけしていたのですっかり知っていた気になっていたのですが、ちゃんと挨拶するのは初めてでしたね。
脚立はせっかく持っていったのに何の役にも立ちませんでした(^^;翌日までいれれば良かったのですが・・・。こちらこそこれからもよろしくお願いいたします。
Commented by thecla at 2008-07-07 23:14 x
banyanさん、ありがとうございます。
コヒョウモンモドキの求愛・交尾は中々おもしろい見世物だったのでそのうち特集する予定です(^^;
今回kmkurobeさんに色々ポイントを教えていただいたのでゼフとキマモ開翅両方狙いが出来ないかと来年に向けて算段中です。策に溺れそうですが(笑)
Commented by thecla at 2008-07-07 23:20 x
furuさん、コメントありがとうございます。
当初予定していたタイトルは「ゼフの五目撮り」だったのですが、こんなんなりました~。
でもね、信州のクロシジミ、こいつに会えただけでも行った価値があったと思っているので投票していただいてうれしいです(^^;
Commented by thecla at 2008-07-07 23:23 x
chochoensisさん、こちらこそ久しぶりにお会いできて楽しかったです。
アサマシジミを撮影された直後のうれしそうな笑顔がとても印象的でした。
本当はそのまま合流して一泊できればお話もたくさん出来て楽しかったのでしょうが、色々あってトンボ帰りとなり少し残念です。ゼフも翌日の方が良かったようですし。
Commented by maeda at 2008-07-09 06:14 x
留守の間にいろいろ撮られていたのですね。
↓のアサマは私もこちらで気になっているので、週末に調べる予定です。
危機的な十勝のアサマです。
Commented by clossiana at 2008-07-09 10:52
コヒョウモンモドキに限らず、交尾の時、雌は未だ翅が伸びきっていない場面は時々目にしますが、雄まで翅が柔らかいっていうのは見た事がないような気がします。よく雌の居場所まで飛んでいけるものですよね。その根性に乾杯。勉強になりました。それからウラゴマダラの産卵シーンも素晴らしいです。
Commented by ダンダラ at 2008-07-10 09:57 x
コヒョウモンモドキの交尾は素晴らしいですね。
この種も近年は数が減ってきているということだから、こんなシーンはぜひ押さえておきたいですね。
キマダラモドキも撮影成功おめでとうございます。
Commented by thecla at 2008-07-10 23:35 x
maedaさん、お帰りなさい。
パルは駄目だったみたいですが、これからどんなチョウを見せていただけるのか楽しみです。
十勝のアサマはそんなに危機的な状況なのですか。週末の更新待っています。
Commented by thecla at 2008-07-10 23:37 x
clossianaさん、コメントありがとうございます。
撮影していたとき、モドキ類のオスは性成熟が必要なはずなのに翅が柔らかいじゃないかと思っていたのですが、改めて写真を全部見直すと単に羽化不全気味の個体だったようでした(^^; 本文訂正しておきます。
Commented by thecla at 2008-07-10 23:43 x
ダンダラさん、ありがとうございます。
この交尾個体、実に撮影しやすい場所にいて、こんな機会滅多に無いと思ってシャッターを押しまくりました。交尾に何回か失敗しており中々楽しい見ものでした。
Commented by 霧島緑 at 2008-07-10 23:48 x
好天が却ってゼフの撮影には悪条件ということを私も同日に経験しました。難しいものですね。
白馬は流石、ゼフ以外でも様々な種にお目にかかることができるのですね。クロシジミや両モドキなど、それだけを目的に出掛けてみたい種ですものね。白馬は裏切りませんね。
Commented by thecla at 2008-07-12 13:58 x
霧島緑さん、コメントありがとうございます。
先日の山形もそうでしたが、好天で気温が上がりすぎるとゼフは駄目ですね。
もっとも、このクロシジミや両モドキが撮影できただけで十分でしたが・・・。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 2008年6月下旬 みちのく撮...      2008年6月下旬 みちのく撮... >>