フィールドノート

thecla.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2008年 07月 30日

2008年7月26日~27日 ミヤマシロチョウ マーキング調査

まだ北アルプスの高山蝶シリーズが終わっていないのですが、時期を失しそうなので先週末参加したミヤマシロチョウのマーキング調査の記事を載せることにします。

先週末、「日本チョウ類保全協会」主催のミヤマシロチョウのマーキング調査に参加した。
金曜の夜仕事が終わった後車を走らせ深夜東御市に到着、保全協会事務局の中村氏と合流しビールを飲みながら少し打ち合わせ、翌日からの調査に備えた。
初日の調査は保全協会会員と行政関係の方合計15名ほどの参加者で実施。私はcactussさん、長野県庁のYさんとともに調査区へ向かった。この調査区は数年前訪れたときは多くの個体が見られたが、昨秋の越冬巣調査で確認された越冬巣はきわめて少なかった。
そのため、おそらく生息密度は薄く、個体数も少ないことが予想された。ただ、今回のマーキング調査では、個体数の推定もあるが、「移動距離」も重要な調査ファクターであり、メインの発生地から離れた場所でのマーキングにも意味があるはずと張り切って調査に臨む。
しかし、やっぱり個体数は少なく、午前、午後の2時間で5個体にマークしただけに終わった。ただ、5個体はいずれもメスで、うち3個体が目の前で産卵を始めたので撮影という点では恵まれたかもしれない。
翌日は、ダンダラさんをはじめとした新たな参加者4名、前日より継続参加が私を含め4名、計8名で調査を行った。前日に比べ調査参加者が少ないため、私は前日の調査地を一人で調査、2個体を新たにマークしただけで、再捕獲個体はゼロだった。
サンプルが少ないので何ともいえないが、ミヤマシロチョウはメスも比較的移動性が高いのかもしれない。

<ミヤマシロチョウ>
d0054625_2337328.jpg

産卵(尾端に産卵直後の卵が見える) CANON EOS 40D TAMRON 90mm Macro
d0054625_2339275.jpg

産卵 CANON EOS Kiss DX SIGMA 17-70mm Macro
d0054625_2339569.jpg

産卵 RICHO Caplio GX8
d0054625_23403636.jpg

産卵 CANON EOS Kiss DX SIGMA 17-70mm Macro
d0054625_23425844.jpg

吸蜜(マーキング個体) CANON EOS 40D TAMRON 90mm Macro

<調査の合間に撮影した蝶たち>
d0054625_2343566.jpg

ミヤマモンキチョウ 吸蜜 CANON EOS 40D TAMRON 90mm Macro
d0054625_23444214.jpg

ミヤマモンキチョウ 求愛飛翔 CANON EOS Kiss DX SIGMA 17-70mm Macro
d0054625_23472999.jpg

トラフシジミ夏型 吸蜜 CANON EOS 40D TAMRON 90mm Macro

<調査終了後撮影した蝶たち>
d0054625_2349103.jpg

ホシチャバネセセリ 静止 CANON EOS 40D TAMRON 90mm Macro
d0054625_23492458.jpg

ホシチャバネセセリ 静止 RICHO Caplio GX8
d0054625_23503152.jpg

コヒョウモンモドキ 静止(ストロボ発光) CANON EOS Kiss DX SIGMA 17-70mm Macro
昨年参加したウスイロヒョウモンモドキに比べ、ミヤマシロチョウのマーキング調査は調査地までの距離は長いし、調査地の傾斜もきついので楽ではない。
ただ、grassmonblueさん、cactussさん、ダンダラさんなど撮影仲間と一緒に調査できたし、蝶狂人さん、たにつちさんともお会いできて個人的には楽しい調査となった。ミヤマシロチョウの保全に役立つのであれば、今後とも出来る範囲で協力したいと思う。

<お願い>
この山では、ミヤマシロチョウだけでなく高山植物も多く見られます。来年から植生保護のため一部にロープを張ることになると聞いています。植生保護のロープの張ってある場所では、蝶愛好家の方々も撮影の際には節度ある行動をお願いいたします。

もちろん、管理人自身も気をつけて行動したいと思っております。
[PR]

by toshi-sanT | 2008-07-30 23:59 | | Trackback | Comments(12)
トラックバックURL : http://thecla.exblog.jp/tb/8368274
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by maeda at 2008-07-31 06:00 x
こうやってみると、日本のミヤマシロは真っ黒ですね。
産卵シーンなど見たかったのですが、モンゴルでは発生初期で♂ばかりでした。
ホシチャがとっても可愛らしいです。
憧れの蝶です。
Commented by clossiana at 2008-07-31 09:58
theclaさん、ミヤマシロのマーキング調査後苦労様でした。冬も夏も調査に参加され、全く頭の下がる思いです。あの清楚な姿を見られるのも皆さんのお陰ですので私も私なりに何か出来る事から始めようと考えています。お疲れさまでした。
Commented by banyan10 at 2008-07-31 17:45
マーキング調査お疲れ様です。
産卵シーンは調査の御褒美でしょうかね。(^^;
ホシチャ近くにいるのですね。これも魅力的です。
Commented by TOGARI at 2008-07-31 21:45 x
当日は車に乗せていただきましてありがとうございました。
調子が悪くて調査には何の役にも立ちませんでしたが、滅多に見られないチョウを見ることができましてとても楽しい1日でした。
Commented by cactuss at 2008-07-31 21:53
マーキング調査、2日間お疲れ様でした。
高山とはいえ、日差しが強く、暑かったですね。
だいぶん日焼けしました。
調査終了後、撮影したホシチャバネシセリは気になります。
当日、小生が行ったことろは12:30頃より雨が降ってきたので、
撮影は終了しました。ちがう場所はちょっと思いつきませんが、
今度、お会いしたときに教えて下さい。
Commented by thecla at 2008-07-31 22:28 x
maedaさん、コメントありがとうございます。
私は、逆にミヤマシロはこれぐらい黒いとばかり思っていたのでモンゴルの白いミヤマシロにびっくりです。
ホシチャはもっと撮影したかったのですが、大粒の雨が降り出しすぐ撤収せざるを得ませんでした。今度じっくり撮影しなおしたいものです。
Commented by thecla at 2008-07-31 22:31 x
clossianaさん、ありがとうございます。
冬夏ともちょっとだけ参加しているだけで大したことはしておりません。ただミヤマシロがいる山の環境が好きなのです。
無理すると長続きしませんので、ちょっとづつ出来ることだけやっていきましょう。
Commented by thecla at 2008-07-31 22:34 x
banyanさん、ありがとうございます。
そうですね、産卵シーンは思い込みかもしれませんが、ご褒美だと思っています(^^;
ホシチャは前に中村さんから近くにいるはずなので探しましょうねと言っていたのですが、初日に中村さんが簡単に(笑)見つけておいてくれました。
Commented by thecla at 2008-07-31 22:39 x
TOGARIさん、お疲れ様でした。
体が悪い中を押して参加していただきありがとうございます。
冬もあるし、次回是非今回の分も埋め合わせていただければ・・・(爆)
話に聞いたゴイシツバメシジミHPで拝見させていただきました。撮影できるものなのですね。これからもよろしくお願いいたします。
Commented by thecla at 2008-07-31 22:41 x
cactussさん、お疲れ様でした。
あそこの斜面はきついし、本当に暑かったですね。でも産卵がたっぷり観察できたので疲れも吹っ飛ぶ思いでした。
ホシチャの件は、前日から中村さんと話していたのですが、聞いておられませんでしたか。中々良い場所ですよ。
Commented by 蝶狂人 at 2008-07-31 23:36 x
ホシチャ、棲息していることは知っていました。個体数が少ないのでよく出会えましたね。マーキング調査のご褒美でしょう。お疲れさまでした。
Commented by thecla at 2008-07-31 23:44 x
蝶狂人さん、コメントありがとうございます。
ホシチャはマーキング調査の調査地とは別の場所ですが、個体数はそこそこいたと思います。
雷雨が来たのですぐ撤収しましたが、今度アカセセリともどもじっくり探してみたいと思っています。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 2008年7月下旬 北アルプス...      2008年7月下旬 北アルプス... >>