フィールドノート

thecla.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2008年 08月 03日

2008年7月下旬 北アルプスの高山蝶④ オオイチモンジ

常念を往復した翌日、上高地へ入った。最初は上高地を先にする予定だったのだが、天気予報では前日の方が良かったので順番を変えたのだった。
ところが、バスターミナルに着く頃には、青空が広がり、昨日は雲に隠れていた穂高の稜線もくっきり見えるほどの好天気になっていた。
常念でタカネキマダラセセリを撮影できていたし、何より昨日無理をしたので筋肉痛がひどい。また山靴の紐が少し緩んでいたせいか、足の親指に豆を作ってしまっていて高い場所まで登るのはやめて梓川沿いでオオイチモンジと遊ぶことにした。
いつものポイントの手前の橋で足元を見ると、早くもオオイチモンジが翅を広げて吸汁していた。
d0054625_1394851.jpg

オオイチモンジ♂ 吸汁(ストロボ発光) CANON EOS 40D TAMRON 90mm Macro
左前翅が少し破損しているのが惜しいが、そろそろメスも出てくるはずだから、こんなもんだろう。ここで、ふと沢を上がってタカネキマダラセセリとヤリガタケシジミを探してみようかという誘惑に駆られたが、ここまで来るにもコースタイム以上の時間がかかっている状態では難しいので、あきらめた。
いつものポイントに着くと、思ったほどオオイチモンジはおらず、3頭ほどいるだけのようだ。それも日差しが強いせいか、直射日光の当たらない場所で吸水していた。
d0054625_13265135.jpg

オオイチモンジ♂ 開翅(ストロボ発光) CANON EOS 40D TAMRON 90mm Macro
後翅の青い縁取りはストロボを発光させたほうが綺麗に出るようだ。3頭程度がやってくる程度なので集団吸水は望むべくはないが、2頭並んでの吸水シーンは撮影できた。
d0054625_13341696.jpg

オオイチモンジ♂ 吸水 CANON EOS 40D TAMRON 90mm Macro
ここでは、いつもコヒオドシ、エルタテハ、ツマジロウラジャノメなど他の蝶も多くて楽しいのだが今回は、シータテハくらいしか目にしなかった。
d0054625_13343524.jpg

オオイチモンジ♂、シータテハ 吸水 CANON EOS 40D TAMRON 90mm Macro
GX8で広角接写にトライしたら、偶然別の個体が飛翔しているところも写って結構おもしろい絵になった。
d0054625_13363429.jpg

オオイチモンジ♂ 吸水 RICHO Caplio GX8
ここでは、他に飛翔写真を撮影し、次にメスを探して食樹の多いポイントへ移動することにした。移動中、ちょっと気になる場所があったので覗いてみるとそこにも3頭ほどのオオイチモンジがいた。そこで、自然光でどこまで後翅の青い縁取りの色を出せるかチャレンジしてみたら、結構いい感じで撮れた。
d0054625_1344488.jpg

オオイチモンジ 開翅 CANON EOS 40D TAMRON 90mm Macro
食樹ポイントでは、メスの姿は見られなかったが、時折回ってくるオス相手に飛翔写真にトライしたり、明神、穂高方面を眺めながら過ごした。
d0054625_13522539.jpg


<オオイチモンジの飛翔> CANON EOS Kiss DX SIGMA 17-70mm Macro
d0054625_13573340.jpg

d0054625_13574762.jpg


河童橋まで五目撮りをしながら帰ろうと思ったが、道沿いに花がほとんどなく、羽化不全のコヒオドシがいただけだった。ただその代わり、まだ綺麗なウスバシロチョウがアザミの花に来ていて、ちょっと不思議な感じがした。
d0054625_14522100.jpg

ウスバシロチョウ 吸蜜 CANON EOS 40D TAMRON 90mm Macro

この日は白馬に宿をとり、夜はkmkurobeさんと蝶談義、写真などを肴に一杯やった。その翌日も色々撮影する予定だったのだが・・・・、このときの話はオフシーズンのお笑いねたにしようと思う。
<この項おわり>
[PR]

by toshi-sanT | 2008-08-03 14:09 | | Comments(20)
Commented by ヘムレン at 2008-08-03 17:09 x
素晴らしい山行き!オオイチモンジはやはり素晴らしいですね。
ウスバシロチョウですか(^^)。。山奥は、春と夏が重なっているんですね。
秋と冬も・・・・。紅葉と雪が一緒になることもしばしばですね。
昆虫にとっても、厳しい世界なんですよね(^^)。。
Commented by kmkurobe at 2008-08-03 18:12 x
完結しましたね・・・・・それにしても大戦果だったのですね。オオイチは今年は結構早い時期から発生していたのですね。
来年は一度久々に出掛けてみたいですね。飛翔本当に綺麗ですね。
Commented by thecla at 2008-08-03 21:43 x
ヘムレンさん、ありがとうございます。
オオイチはやっぱり風格がありますね。何回か上高地に行っているのですが、ウスバシロは初めてみました。
アザミとセットだと「ワシもパルぢゃ~」と主張しているように見えました(^^;
Commented by thecla at 2008-08-03 21:45 x
kmkurobeさん、コメントありがとうございます。
この後のブログ仲間の成果を見ても、かなりラッキーだったようです。
オオイチはオスの鮮度を考えるともう一週前でも良さそうでした。
来年は、是非上高地を訪れてみてください。
Commented by TGokuraku-TOMBO at 2008-08-03 23:13
上高地の写真見ると、ワクワクしてきます。

今度、盆休みを利用して五竜、唐松岳に行く予定です。
ちょっと質問なんですが、90mmマクロだと、このオオイチモンジまでの
距離は1m位なんでしょうか?
それと、RICHO Caplio GX8での写真は広角でマクロ撮影なんでしょうか?
近づきすぎて、逃げられるのでは?と思ってしまいます。
今回は歩く距離が短いので、小屋でゆっくり出来そうなので、
蝶を追いかければと思っています。

スイスの風景と蝶の組み合わせ、素晴らしいですね。
遡って見させていただきました。
Commented by 6422j-nozomu2 at 2008-08-03 23:24
オオイチは一度も見たことがない蝶ですが、やはり迫力ありますね。イチモンジ系の王者の風格です。飛翔写真も決まっています。流石でございます。シータテハは未撮影種ですので、かなり羨ましいです。(笑)
Commented by thecla at 2008-08-03 23:53 x
TOMBOさん、スイスの画像まで遡ってみていただきありがとうございます。
TAMRONの90mmマクロだとレンズに距離目盛が無いのでわかりませんが、レンズ端が1mよりはずっと近く、数十センチだと思います。
ただ、いつも遠めで証拠写真撮った後にじり寄ります。一発でその距離に入るのがベストですが上下・左右に動かないよう気をつければ距離の接近は可能だと思います。
GX8での撮影は広角側のマクロでピント位置をずらして対応しています。かなり接近するので逃げられることがしょっちゅうですがはまった時はたまりません。
感覚的なものですが、90mmマクロで撮影、そのまま手だけ伸ばしてGX8の広角撮影距離、そんな感じです。
五竜・唐松の素晴らしい絵期待しています。クモマベニはちょっと時期が遅いかもしれませんがベニヒカゲはたくさんいるのではないでしょうか。
Commented by thecla at 2008-08-03 23:58 x
ノゾピーさん、ありがとうございます。
今回は晴れすぎてやばいかもと思ったのですが、日陰になったところでは吸水したり翅を広げてくれたので楽しめました。
上高地は、ここ2年ほど他の蝶が少なくて気なりますが、タテハ類、カラスシジミなど他の蝶も多く楽しめますよ。
Commented by maeda at 2008-08-04 06:13 x
上高地は保護されているので撮影にはもってこいの場所ですね。
採っていた頃は敬遠した場所です。
30年近く行っていないので、ふらっと遊びに行きたい環境です。
熊もいそうでないし。
Commented by chochoensis at 2008-08-04 10:18
theclaさん、「オオイチモンジ」・・・もう何十年と見て居ないので、とても羨ましく拝見しました、来年こそは出掛けてみようと思っています。この「オオイチモンジ」の素晴らしい写真に拍手です!
Commented by banyan10 at 2008-08-04 16:58
オオイチの飛翔は撮りたかったのですが、ほとんどチャンスありませんでした。
背景は1枚目、滑空している姿は2枚目が良いですね。
Commented by thecla at 2008-08-04 21:10 x
maedaさん、コメントありがとうございます。
上高地は、本当に撮影にはもってこいです。家族連れでも良いですし。
ただ、羆はいませんが熊は出ることもあるようです。さすがに真夏は出ないようですが、クモツキの時期は岳沢登山道手前の湿原での出没歴があるようです。
Commented by thecla at 2008-08-04 21:12 x
chochoensisさん、ありがとうございます。
上高地のオオイチならそんなに道はきつくないですから良いのではないでしょうか。是非来年は出かけられて、いつもの名文でのブログUP期待しております。
Commented by thecla at 2008-08-04 21:15 x
banyanさん、ありがとうございます。
オオイチは大きいので楽かと思ったのですが、案外難しかったのです。ジャスピンだと画面から切れていたり・・・・。
この飛翔は2枚とも、この前お知らせした場所です。
Commented by 上山 at 2008-08-05 00:02 x
はじめまして、上山と申します。
僕も7/20に上高地(たぶん飛翔写真を撮られたあたりかと)で、撮ってました。でもこの日は3匹しか見ませんでした。
美しく撮られてうらやましいです。やっぱり、蝶の数もシャッタースピードも天気次第かなと確信しました。もちろん腕も。
常念のミヤマモンキ、槍穂が見えずちょっと残念でした。しかし、タカネキがいるとは驚きで、何度も行きたくなる場所ですね。僕は2回登ってます。
今後ともよろしくお願いします(いつもromってます)。
Commented by 虫林 at 2008-08-05 06:31 x
オオイチモンジは美しく撮影されていますね。
飛翔まで撮られているとは素晴らしい!そういえば、その手を忘れていました(笑)。
弱いストロボを用いるときは僕もありますが、まだオオイチに試してみた事はありません。来年はそれで行こうかな。
とにかく、theclaさんの体力には羨ましく思います。
Commented by fanseab at 2008-08-05 07:19 x
自然光で撮影された♂後翅のブルーはさすがに綺麗ですね。飛翔も雰囲気満点です。
Commented by thecla at 2008-08-05 21:41 x
上山さん、はじめまして、コメントありがとうございます。
20日は常念に登っていたのでちょうど1日違いでしたね。オオイチは翌21日も2ヶ所のポイントそれぞれで3頭づつ程度でしたから同じような感じだったようですね。
実は私もHP、以前より拝見させていただいておりました。槍の穂が写った広角画像うらやましく拝見しました。
今後ともよろしくお願いいたします。
Commented by thecla at 2008-08-05 21:48 x
虫林さん、ありがとうございます。
いつものことながら、飛翔はマクロ、広角を撮った後になっています。
最初考えていた他の蝶は常念登下山のダメージであきらめてから、オオイチとたっぷり遊ぶつもりで飛翔に切り替えました。
でも、もしメスだったら逃がすといけないので飛翔は封印していたことでしょう。
やっぱり北アルプス稜線日帰りは、2度とやりません(笑)
Commented by thecla at 2008-08-05 21:51 x
fanseabさん、ありがとうございます。
白味の強い石の上の自然光だと後翅のブルーが上手く出ない気がするのですが、このときはちょっと濃い色の石の上だったので、チャンスだと思い自然光で撮ってみました。
やはり自然光で良い色が出ると一層うれしいものですね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 2008年8月上旬 八ヶ岳の高...      2008年7月下旬 北アルプス... >>