フィールドノート

thecla.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2005年 06月 05日

親子で撮影記(1)-富士川のギフチョウ 4月上旬

ブログを始めたのは良いものの全くフィールドに出られない状態が続いている。
ちょっと古いが、ブログを始める前の撮影記を。
ネットで調べると静岡県某所のギフチョウが保護のおかげもあって比較的簡単に見ることが出来る場所があるらしい。
細かいポイントはわからないが、行ってみれば何とかなるだろうと思い、小学3年になる息子を連れて出かけてみることにする。
車を止めて歩き出すが、尾根に出る道がなくどうも様子が変だ。ちょうどそのとき息子が、「おとうさん大変だ、カメラを忘れた」と言い出したのでカメラを取りに車に戻る。
車に戻ると、ちょうどギフチョウ保護の会の腕章を付けた方がいて話を聞いてみると、やっぱり間違えていた。息子よ、カメラを忘れてくれてありがとう。
丁度これからパトロールでポイントまで行くので案内していただけるというので、お言葉に甘えることにした。
ポイントは、下刈りされた明るい林で足元にはランヨウアオイが見られる。
しばらく待っていると、ギフチョウが飛び始めた。気温が高いためか、時間が早い割には敏感で撮影には苦労する。
d0054625_23114756.jpg

林が開けスミレが多く咲いている場所を見つけ、早めの昼食をとりながら待つ。
時折、吸蜜に訪れるが、ひとつの花で吸蜜時間は短く以外に難しい。
d0054625_23121361.jpg

それでも何とか吸蜜シーンを撮影できたので満足して日帰り温泉に寄り帰ることにする。
日帰り温泉に向かう途中、シドケ、アザミの芽を少し摘み本日の夕食に加えた。
<息子の作品>
d0054625_23123433.jpg

[PR]

by toshi-sanT | 2005-06-05 23:13 | | Comments(4)
Commented by ダンダラ at 2005-06-07 12:54 x
静岡のギフ、とても華やかな感じに撮れていて良いですね。
私もかれこれ20年前に撮影しましたけど、そのころから数の少ないことがいわれてましたけど、保護されるようになったのですか、喜ばしいことですね。
息子さんの写真も良く撮れていて、小学3年の作品にはとても見えません。
いまからお父さんの後をついて写真を撮るなんて楽しみですね。
山の中の明るい元気な声を思い出しました。
Commented by thecla at 2005-06-07 23:14 x
地主の方が保護の会会長で地元の保護の会の方と下刈り、パトロール等色々努力されているそうです。
そのおかげでここ数年徐々に増えているようです。私が訪問した際は、まだ♂の時期でしたが、実数で5、6頭くらいが舞っていたと思います。
Commented by banyan10 at 2005-06-08 13:31
ダンダラさんのところへ書き込みしていた「親子」さんですよね?
富士川のギフチョウいいですね。僕も1度だけ行きましたが惨敗でした。(^^;保護で数が増えているのは嬉しいことですね。機会があれば再挑戦したいです。
Commented by thecla at 2005-06-08 23:36 x
banyan10さんはじめまして。
その通りです。ダンダラさんのおすすめもあってブログを始めてしまいました。
中々新作を狙えないため、季節感のないものになりがちですが、今後ともよろしくお願いします。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 横浜市都筑区      昔の写真から-ハヤチネウスユキソウ >>