フィールドノート

thecla.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2008年 09月 23日

2008年9月下旬 山梨県 秋の河川敷

久しぶりに一日フルに動ける休日で天気予報も良さそう。今年は高原のタテハ類をあまり撮れていないので、もう遅いかもしれないが、山の上に出かけてみることにした。
ところが甲府盆地に差し掛かったあたりで山の方を見ると雲がかかっている、せっかく山に上がっても曇りではおもしろくないので、昨年見つけたシルビアシジミのポイントへ寄ってみることにした。
ところが、ポイントに着くと草刈が入ったばかりのようで、あまり感じが良くない。しかももうヤマトのメスも少し青くなっていて紛らわしいことこの上ない。
d0054625_22271598.jpg

ヤマトシジミ♀ CANON EOS 40D TAMRON 90mm Macro
しばらく探すが、シルビアシジミは見当たらないし、かなり暑くなってきた。30分ほどで見つけるつもりだったから、ペットボトルも持ってきていないのでちょっとしんどくなり、一度車に戻ることにした。

水分を補給し、再度探索に出ようとすると路上の湿ったところに止まっていたタテハを飛ばしてしまった。飛んだ瞬間に紫と白が目に入る。こんなところにいると思わなかったが、クロコムラサキみたいだ。
しかし、樹液に来ているのと違って敏感で中々近づけさせてくれないし、こんな時に限って長玉は車の中だ。それでも木の枝の止まったところを何とか撮影できた。
d0054625_2236491.jpg

クロコムラサキ CANON EOS 40D TAMRON 90mm Macro (トリミング)
一度かなり遠くへ止まったので、ダッシュで車に戻り長玉を取ってくる。ところがありがちなもので、もう姿が無かった。またやってくるかもしれないと最初にいた場所周辺にスポーツドリンクを撒いて即席トラップにしてみた。もうシルビアそっちのけで待ってみるが、そんなに世の中都合よくいくわけもなく、もうクロコムラサキはやってこなかった。

まだ山の上の雲は残っているし、待ちぼうけで時間を浪費してしまったのでシルビア探しに徹しようかと思っていると、採集者まで現れてしまった。シルビアは来週またチャンスがあるので、ここは撤収し、やはり昨年見つけたミヤマシジミのポイントへ転進することにした。

ここのミヤマシジミは河原と堤防の両方にいる。今日は、クロツ探しも兼ねているので堤防中心に歩いてみる。早速ミヤマシジミはオス・メスともにそこそこ飛んでいる。
d0054625_22541890.jpg

ミヤマシジミ♂ CANON EOS 40D TAMRON 90mm Macro
d0054625_2304940.jpg

ミヤマシジミ♂ RICHO Caplio GX8
d0054625_22572827.jpg

ミヤマシジミ♀ CANON EOS 40D TAMRON 90mm Macro
d0054625_22583747.jpg

ミヤマシジミ♂ 飛翔 CANON EOS Kiss DX SIGMA 17-70mm Macro
d0054625_22585875.jpg

ミヤマシジミ♀ 飛翔 CANON EOS Kiss DX SIGMA 17-70mm Macro
2頭のミヤマシジミが近距離で開翅したので同一画面に入れて撮ってみた。
d0054625_2323150.jpg

ミヤマシジミ♂ CANON EOS Kiss DX SIGMA 17-70mm Macro
なんか企画倒れの典型のような絵になってしまった。

他にはウラナミシジミがいたくらいで、クロツバメシジミは見つからなかった。
d0054625_2375980.jpg

ウラナミシジミ CANON EOS 40D TAMRON 90mm Macro
昨年1頭だけクロツも撮影しているが、周囲にはマンネングサしかないから、発生していても数は少ないのかもしれない。
また、このポイントの近くではナガサキアゲハの♀を目撃した。今日は、肝心のものが見つからない割には変なものを見つける日だった。
[PR]

by toshi-sanT | 2008-09-23 23:11 | | Comments(22)
Commented by maeda at 2008-09-24 07:28 x
ミヤマの♀のオレンジがとっても鮮やかですね。
クロコムラ、残念ながらこちらにいないので、見ることが出来ません。
居たら私も虜になりそうです。
Commented by TGokuraku-TOMBO at 2008-09-24 13:28
こんにちは。
いつも感心しますが、RICHO Caplio GX8の広角接写は見事ですね。
なんか?いつもピントがゆるいのです。
Commented by banyan10 at 2008-09-24 18:36
山梨のシルビアが生息する土手でクロコムラサキは驚きですね。
数は多くないでしょうが、いるのですね。
今年はこの蝶と縁があるようですね。
Commented by 霧島緑 at 2008-09-24 19:57 x
シルビア・ポイントに草刈りが入ってしまったようですね。残念です。
クロコムラサキの発見は本命以上に価値がありますよ。ミヤマシジミも個体数が多いようで良いポイントのようですね。雌の美しさに惹かれてしまいます。
Commented by thecla at 2008-09-24 23:29 x
maedaさん、コメントありがとうございます。
ミヤマシジミは個体・地域変異があまり無い蝶ですからコレクター人気は高くないと思いますが、オス・メスともこの手のシジミの中では最も美しい種のひとつだと思っています。
クロコムラ、もう完全にはまっています(爆)
Commented by thecla at 2008-09-24 23:33 x
TOMBOさん、コメントありがとうございます。
私も、結構、ピンが甘く悔しい思いをしたことも多いですよ。
フォーカスポイントを当てていても、背景のコントラストが強い場合や、対象物が小さすぎる場合は後ろに引っ張られがちな傾向があるように思います。
こればっかりは何度か試して癖をつかむか、複数回シャッターを押しておく(微妙な違いでピンが来ることもあります)ぐらいしか思いつきません。
後、ストロボ発光も効果ある場合があります。
Commented by thecla at 2008-09-24 23:37 x
banyanさん、コメントありがとうございます。
不用意に飛ばしてしまった後でクロコムラだと気がついたので、正直言ってあせりました。当然、全く想定外です(^^;
縁がある年は、こんなものなんでしょうね、でも撮影には樹液に来ている時が一番でしょう。
Commented by thecla at 2008-09-24 23:43 x
霧島緑さん、コメントありがとうございます。
シルビアそっちのけでクロコムラサキを追っかけてしまいましたから、草刈だけでなくそのせいもあるかもしれません。
ただ、ここのシルビアポイント、生息範囲が小さく個体数はそもそも多くないのかもしれません。
ミヤマシジミの場所は今度お会いしたときにでも、ただ例の場所の方が生息環境的には貴重かもしれません。
Commented by ダンダラ at 2008-09-25 08:03 x
あそこにクロコムラは驚きですね。
ほんとにクロコムラについているようですね。
それにシルビア、草刈が入ったとのこと。今週末までに回復するでしょうか、ちょっと心配です。
ミヤマは良いポイントのようですね。
Commented by ヘムレン at 2008-09-25 20:51 x
クロコムラサキ!いるんですね。。驚きです!
素晴らしい発見ですね。おめでとうございます。
一度見てみたいヘムレンです。(^^;)。。
Commented by kmkurobe at 2008-09-25 22:42
クロコムラサキは太平洋側に近い所しかいないと思ってましたが、私は三河地方でしか見たことがありませんでした。日曜日は久しぶりに皆さんにお会いできるので楽しみにしています。
Commented by thecla at 2008-09-25 23:09 x
ダンダラさん、コメントありがとうございます。
私も驚きました(爆)
今までクロコムラにはあまり縁が無かったのですが、不思議なものです。
この堤防は、たぶん全部一斉に草刈をするわけではないはずなので大丈夫だと信じています。
Commented by thecla at 2008-09-25 23:12 x
ヘムレンさん、ありがとうございます。
クロコムラは山梨でも場所によっては見ることが出来るようですが、たぶんここは確率が低いはずなので相当ラッキーだったのだと思います。
この美しさが中々写真だと表現しづらいのが難点です。
Commented by thecla at 2008-09-25 23:14 x
kmkurobeさん、コメントありがとうございます。
私もこんなところでクロコムラに会えると思っていなかったのでびっくりしました。
日曜日、私も楽しみにしています。
Commented by chochoensis at 2008-09-26 21:49 x
theclaさん、ミヤマも素敵ですが、=クロコムラサキ=が凄いです。居るところには居るものなのですね・・・驚いています。先日のことを思い出しました・・・。
Commented by furu at 2008-09-27 18:12 x
タイトルと1枚目の画像に危うくだまされるところでした。よく見るとヤマトですね。
クロコムラサキはまだ見た事も探しに行った事もありませんが、出来れば今回のように予想外の場所で偶然会いたいですね。
Commented by nomusan at 2008-09-27 20:49 x
何とも言えないもどかしさ・・・・
不用意に飛ばしてしまった、思わぬ蝶・・・・・
共感を持って拝読させていただきました(笑)。

3枚目のミヤマシジミの♀、橙斑が発達してますね?
綺麗だぁ・・・。
Commented by ainomidori443zeph at 2008-09-27 21:51
クロコムラサキ撮影おめでとうございます。静岡あたりでは多いようですが山梨では珍しいのでしょうね。奥多摩でもノーマルしか見たことないですものね。
Commented by thecla at 2008-09-27 22:29 x
chochoensisさん、コメントありがとうございます。
先日は一生懸命探してやっと出会えたのに、今回は予想外の場所での出会いでした。会えるときはこんなものなんでしょうけど不思議なもんです。
Commented by thecla at 2008-09-27 22:32 x
furuさん、コメントありがとうございます。
この♀、最初おっと思って、一瞬騙されたのです(^^;
クロコムラサキは、予想外の場所で出会うと、一瞬何蝶だかわかりませんよ(笑)
Commented by thecla at 2008-09-27 22:36 x
nomusanさん、共感いただきありがとうございます。
吸水しているときはおとなしいのに、飛ばしてしまうと、スイッチが入ったように敏感になってしまって、本当にもどかしかったですよ。
ミヤマシジミメスはこれで青鱗がのっていれば最高なのですが、もう少し秋が深まったら探しに行きたいと思います。
Commented by thecla at 2008-09-27 22:42 x
愛野緑さん、ありがとうございます。
クロコムラサキは山梨でも山の方に入れば多いところもあると思うのですが、さすがにこんな平地だと珍しいはずと思ってます(^^;
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 2008年9月下旬 山梨県 シ...      2008年9月下旬 神奈川県川... >>