フィールドノート

thecla.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2008年 10月 11日

2008年10月上旬 多摩丘陵秋の蝶 常連さん

今週は、土日と用事があり出かけられないので先週撮影した中から秋の「常連さん」を。

〔ツマグロヒョウモン〕
キバナコスモスの多い場所では、ツマグロヒョウモンが多かった。近年の北上種の一種だが、この蝶は物寂しくなる秋にはうれしい被写体。
d0054625_13281924.jpg

ツマグロヒョウモン 吸蜜 RICHO Caplio GX8
d0054625_13293553.jpg

ツマグロヒョウモン 吸蜜 CANON EOS Kiss DX SIGMA 17-70mm Macro
d0054625_13305984.jpg

ツマグロヒョウモン 飛翔 CANON EOS Kiss DX SIGMA 17-70mm Macro

〔キアゲハ〕
たんぼ脇の彼岸花はもう時期遅れだったが、数本花が咲いている場所があり、キアゲハが絡んでいた。刈り入れ直前の稲をバックに撮ってみた。
d0054625_13341897.jpg

キアゲハ 飛翔 CANON EOS Kiss DX SIGMA 17-70mm Macro
d0054625_13343567.jpg

キアゲハ 飛翔 CANON EOS Kiss DX SIGMA 17-70mm Macro

〔ムラサキツバメ〕
ツマグロヒョウモンが多い、コスモス畑の脇にムラサキツバメの♀がいた。この秋の初撮影になる。翅裏は地味だけれど開くと紫色が綺麗だから、この秋も色々楽しませて欲しいものだ。
d0054625_13413489.jpg

ムラサキツバメ♀ 静止 CANON EOS 40D TAMRON 90mm Macro
d0054625_13424935.jpg

ムラサキツバメ♀ 静止 RICHO Caplio GX8

〔ウラギンシジミ〕
秋になると数が増えて、あちこちで目に付くようになる。秋型は翅先が尖って中々格好いい。
この時期だと、秋型の他にまだ翅の先端が丸い夏型も混じっている。
d0054625_1346167.jpg

ウラギンシジミ♂ 静止 RICHO Caplio GX8
d0054625_13482690.jpg

ウラギンシジミ♀ 開翅 CANON EOS 40D TAMRON 90mm Macro
d0054625_1348369.jpg

ウラギンシジミ♂ 開翅 CANON EOS 40D TAMRON 90mm Macro
我が家の近くにSLとその車両を置いてある公園がある。SLをバックにすることは出来なかったが、客車をバックに入れることは出来た。
d0054625_13524730.jpg

ウラギンシジミ♂ 開翅 RICHO Caplio GX8
一昔前のローカル線、すれ違い車両を待つ間にカメラ片手に撮るとこんな雰囲気になるだろうか。

もう少しするとムラサキシジミが多くなるはずだ。ヒルがいなくなって水色の輝きが撮影できるまで後1ヶ月。でもだんだん被写体が限られ寂しくなっていく。
[PR]

by toshi-sanT | 2008-10-11 13:58 | | Comments(14)
Commented by 虫林 at 2008-10-11 19:00 x
秋のインデアンサマーを思わせる良い天気に、日光を浴びたチョウ達の写真は温かみを感じます。色々と撮影されましたね。広角写真がいい雰囲気ですね。
Commented by clossiana at 2008-10-11 20:45
ムラサキシジミですが。。。私にはどうしてもムラサキツバメに見えるのですが。。。最初と2枚目のキアゲハは、こんなに広い感じで良く撮れるものですね。素晴らしいと思いました。
Commented by TGokuraku-TOMBO at 2008-10-11 21:00
ツマグロヒョウモン 自宅近くでも見ました。
ルリタテハも、でもカメラを持ってなかったので残念でした。
稲穂のうえのキアゲハの飛翔は綺麗ですね。
Commented by maeda at 2008-10-11 21:06 x
ムラツ、11月に東京へ行く予定なので、撮ろうと思います。
凄く楽しみです。
Commented by kmkurobe at 2008-10-11 21:44
道路端のウラギン雄、秋という感じがでていてすばらしいですね。明日からはこちらは木枯らしの予想。いよいよお仕舞いは近くなってきました。
Commented by thecla at 2008-10-11 22:49 x
虫林さん、コメントありがとうございます。
この日は、暑いくらいで良い天気だったので、複数の場所を回ってみました。
家の近所だと移動時間が短いので、遠征に比べ実質的な撮影時間は結構長いかもしれません。
Commented by thecla at 2008-10-11 22:56 x
clossianaさん、コメントありがとうございます。
おっと、手が滑ってしまいました。はい、完全無欠なムラサキツバメですね。何せマクロと同じ個体ですから(笑)
このキアゲハの場所は谷戸に水田を残していて、入り口に向かうと結構な広がり感があって、とても気持ちの良い場所です。
Commented by thecla at 2008-10-11 23:01 x
TOMBOさん、コメントありがとうございます。
ツマグロヒョウモンはパンジーでも発生するので、市街地近くでもたくさんいます。この時期絶好の被写体ですよ。
ちなみに私は家を出るときはほとんどの場合、コンデジを忍ばせています。ムラサキツバメなんて本屋の駐車場のマテバシイにいたりしますから。
Commented by thecla at 2008-10-11 23:03 x
maedaさん、コメントありがとうございます。
11月、東京ですか、集団越冬も見られるかもしれませんね。
一献やる時間はありますでしょうか。
Commented by thecla at 2008-10-11 23:06 x
kmkurobeさん、コメントありがとうございます。
白馬は、もう木枯らしですか。こちらはまだ長袖シャツ一枚でも暑いぐらいの時があり、1月、2月以外であれば何とか楽しめます。
Commented by kenken at 2008-10-12 06:25 x
この週末は、私も法事なんぞで動けなかったりします。お天気は良いようですが、まあ、たまには撮影を離れるのもよろしいかと。
稲穂バックのキアゲハ飛翔、えぇもんです。17-70mmの17mm側でしょうか、もう完全にレンズの使い勝手を習得されていますね。
ウラギン♀のこのアングルからの写真、最高の好みの1枚です。
Commented by 霧島緑 at 2008-10-12 20:51 x
ツマグロヒョウモンやムラサキツバメも「常連さん」になってしまいましたね。なんだか昔からの常連・ウラギンシジミの方が魅力的な気がしてきました。
Commented by thecla at 2008-10-12 23:20 x
kenkenさん、コメントありがとうございます。
貴殿も今週はお休みですか。私は、急に明日あいたのでどこかに行って見ようと思っています。
キアゲハはおっしゃるとおり、17mm側です。普通種だと余裕があるのか結構撮れますね(笑)
ウラギンは翅が痛みやすいので、痛みが目立たないこの角度が好きです。
Commented by thecla at 2008-10-12 23:22 x
霧島緑さん、コメントありがとうございます。
昔からの常連さん、ウラギンシジミ、どこにでもいますけど案外良い写真が撮れていないような気がします。
それといなくなった常連さんとしてはツマグロキチョウでしょうか。昔はこの時期、どこにでもいたのに。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 2008年10月中旬 秋の山梨...      2008年10月上旬 多摩丘陵... >>