フィールドノート

thecla.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2008年 10月 13日

2008年10月中旬 秋の山梨五目撮り① シルビアシジミ

この3連休は、色々用事があって出かけられないはずだったが、最終日がポコッと開いた。せっかく開いたので、今年まだ撮影できていないシルビアシジミの開翅を狙って山梨へ出かけた。

まずは、昨年見つけたマイポイントへ向かう。今年はまだこのポイントでシルビアを見ていないので、是非確かめておきたいのだ。
ポイントへ着いてぐるっと一回りするが、シルビアシジミの姿は無い。またやってしまったかと思ったが、気温が上がってくるとヤマトシジミに混じってシルビアらしい姿が見えた。ちょっと擦れているがシルビアシジミのオスだった。今年はこのポイントでは全く姿を見ていないから少し心配していたのだが、まずは一安心。
d0054625_2210579.jpg

シルビアシジミ♂ 開翅 CANON EOS 40D TAMRON 90mm Macro
青空と秋らしい雲を入れて広角で撮影してみた。
d0054625_2218066.jpg

シルビアシジミ♂ 静止 CANON EOS Kiss DX SIGMA 17-70mm Macro
少し擦れた個体だが、複数いるようでその後も何回か開翅を撮影できた。しかし、モニターを見るとほとんど露出オーバーで飛んでしまっていた。ピーカンで少し斜光線になるせいか、少し擦れた個体は-1/3補正では全然駄目なようだ。
慌てて-1.0に露出補正を直すと割と綺麗なオスが開翅してくれた。
d0054625_2220271.jpg

シルビアシジミ♂ 開翅 CANON EOS 40D TAMRON 90mm Macro
逆光気味で撮影すると、斜光線だからか翅が透けてちょっと変わった雰囲気になった。
d0054625_22215395.jpg

シルビアシジミ♂ 開翅 CANON EOS 40D TAMRON 90mm Macro 
オスは撮影できたから、次にメスを探すと新鮮な個体が飛び出しすぐ静止した。一瞬青黒く見えたので、もしかしたら青鱗が乗ったメスかもしれない。
d0054625_22272394.jpg

シルビアシジミ♀ 静止 CANON EOS 40D TAMRON 90mm Macro
d0054625_22294199.jpg

シルビアシジミ♀ 静止 CANON EOS Kiss DX SIGMA 17-70mm Macro
一向に翅を開く気配がないが飛びそうも無いので、手をかざして影を作ると翅を開いてくれた。
d0054625_22312689.jpg

シルビアシジミ♀ 開翅 CANON EOS 40D TAMRON 90mm Macro
次に思い切って体全体で影を作ると、全開状態になった。
d0054625_22325170.jpg

シルビアシジミ♀ 開翅 CANON EOS 40D TAMRON 90mm Macro

この後一気に気温が上昇し、一向に止まらなくなったので、他の蝶を探して移動することにした。<続く>
[PR]

by toshi-sanT | 2008-10-13 22:39 | | Comments(18)
Commented by 虫林 at 2008-10-13 23:12 x
シルビアシジミの開翅はとても綺麗ですね。メスは青鱗がのっていてこれまた素晴らしいです。このところシルビアから離れていたので、まだ元気な姿を見て嬉しく思いました。
Commented by thecla at 2008-10-13 23:20 x
虫林さん、ありがとうございます。
撮影会の前週にここで空振ってしまったので、もう一回チャレンジしてみました。もっとも駄目だったら、即移動のつもりでしたが(笑)
今年は草刈の仕方が変わったと聞いて心配していましたが、今年もここ健在でした。
Commented by ダンダラ at 2008-10-13 23:38 x
シルビアの♀は光線の加減で青みがかって、♂と比べても遜色ない感じに見えますね。
シルビアが健在なようで安心しました。
Commented by thecla at 2008-10-13 23:50 x
ダンダラさん、コメントありがとうございます。
最初は擦れたオスでも健在なのが確認できれば良いやと思っていたのですが、やっぱり別嬪さんのメスがいるとうれしいものですね。
ただ、ここ背が高いミヤコグサは刈られてしまい、産卵などのシーンはあまり撮影しやすい状況では無くなってしまいました。
Commented by maeda at 2008-10-14 05:52 x
♂のブルーも夏より深い色になった感じでしょうか。
♀は同じ時期のヤマトより青みが少ないのですね。
Commented by banyan10 at 2008-10-14 13:21
シルビアはこの時期にも結構綺麗な個体もいるのですね。
この雌のようなグラデーションがかかった感じの青もいいですね。
Commented by ヘムレン at 2008-10-14 20:57 x
うわ~。。メスの開翅・・綺麗ですね。
影を作ったほうが開くんですね(^^)。。う~ん、素晴らしいです。
来年も姿をみせてくれそうですね。
Commented by kenken at 2008-10-14 23:06 x
奇遇ですねぇ~私も3連休の最終日がぽこっと空いたのでシルビア撮影に出かけました。さらに、やることも同じですね。体で影を作ってやると結構開翅してくれたりします。この画像、体で影を作りながらの撮影ではないかな?結構難しいでしょう。私も同じように格闘しておりました。
Commented by thecla at 2008-10-14 23:17 x
maedaさん、コメントありがとうございます。
オスは-1.0で補正したので少し暗めになったせいかもしれません。
ピーカン、直射日光、斜光線という三重苦だったので、ちょっと飛び古した個体はぶっ飛んでしまいました。
メスはもっと青いのを狙っていたのですが、こんなもんでした。
Commented by thecla at 2008-10-14 23:20 x
banyanさん、コメントありがとうございます。
昨年も丁度この時期、オスの綺麗な開翅を撮影していますし、気温も少し下がって撮影には良い条件かもしれません。
ただ、年によってタイミングは微妙で、昨年良かったミヤマシジミはボロのオスが1頭いただけでした。
Commented by thecla at 2008-10-14 23:22 x
ヘムレンさん、コメントありがとうございます。
ちょっと控えめなブルーで綺麗でしょう。もっと青いのも期待しましたが、これはこれで綺麗なもんです。
影は飛ばしてしまうこともありますから、最後の手段ですね(笑) ただ、長時間静止している場合は、やっちゃいます、せっかちなもんで(^^;
Commented by thecla at 2008-10-14 23:26 x
kenkenさん、奇遇ですね。やはりこの時期、蝶好きは同じようなことを考えてしまうのでしょうか。
おっしゃるとおり、手でV字開翅を誘引→手を引っ込めて撮影→体全体と影を作って全開翅→飛ばれて大慌てで追いかける、てな感じでした(^^;
交尾にならんかなと思って追跡しましたが、一瞬目を離したすきにロストしてしまいました。
Commented by kmkurobe at 2008-10-15 08:35 x
シルビアの翅表特に青雌の美しさにはビックリ・・・・・すばらしい撮影ですね。
これは来年は再挑戦しないといけませんね。それにしてもまだまだ新鮮この上ない個体が飛んでいるのですね。
Commented by clossiana at 2008-10-15 12:40
シルビアの棲息が確認出来て良かったですね。しかも雌の綺麗な開翅まで。。。青みがいいですね。何であれ棲息しているからこそですから、この後もずっと。。と思いますね。
Commented by thecla at 2008-10-15 23:36 x
kmkurobeさん、ありがとうございます。
適期は、季節の進みによって微妙にずれると思いますが、白馬が寂しくなった頃丁度良いのではないでしょうか。たぶんこの時期だと程度の差はあっても青鱗がのっていると思うので是非来年再挑戦してみてください。
Commented by thecla at 2008-10-15 23:39 x
clossianaさん、ありがとうございます。
自分で探し出したポイントは、条件が多少悪くてもちょっと愛着があっていてくれるとうれしいものです。
撮影会で色々楽しんだ後ですから、余裕もありましたしね。この感じだと来年もまた楽しめることでしょう。
Commented by 愛野緑 at 2008-10-16 20:55 x
開翅してくれないときは影を作れば良いのですね。勉強になりました。
今までシルビアを見たのは1度しかなく、開翅してくれませんでした。
雄も綺麗ですが綺麗な♀で驚きました。
Commented by thecla at 2008-10-18 00:10 x
愛野緑さん、コメントありがとうございます。
シルビアはうす曇気味の方が開くみたいですから、影を作るのは効果的だと思います。
この時期は、あまり暑くなく、昨年も綺麗なオスを撮影しているので撮影には向いているのではないでしょうか。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 2008年10月中旬 秋の山梨...      2008年10月上旬 多摩丘陵... >>