フィールドノート

thecla.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2008年 11月 15日

2008年11月中旬 湘南のムラサキツバメ

ムラサキツバメの集団越冬場所へ行ってみた。ここは周囲のマテバシイで発生したムラサキツバメが秋になると谷戸に集まってきて越冬集団を形成する。
今月の初めに訪れた時には、10頭程度の個体がアカガシの木に散在していたがそろそろ集団が形成されている頃だろう。
まずは、アオキの葉で集団を形成しているA地点の様子を見てみる。まだ小さな集団だけれど数等のムラサキツバメがいた。
d0054625_2133792.jpg

ムラサキツバメ 衆参越冬 CANON EOS kiss D SIGMA 70-300mm Macro
次に昨年大集団を作っていたアカガシのあるB地点に移動すると、先客が、fanseabさんだった。早速お話をうかがうと先週fanseabさんが撮影された越冬集団は移動してしまったようだ。アカガシの葉を丹念に見てみるとかなり高い位置に10頭程度の集団がいた。
d0054625_2113376.jpg

ムラサキツバメ 集団越冬 CANON EOS kiss D SIGMA 70-300mm Macro
日が当り暖かくなると1頭1頭と飛び立ち全ていなくなってしまった。この時期は気温が高いと飛び回る個体が多く、集団は安定していないのかもしれない。
飛び立った個体は梢の上に飛び上がってしまったが、しばらくすると低い位置に降りてくる個体もいた。
d0054625_21172420.jpg

ムラサキツバメ♀ 開翅 CANON EOS 40D TAMRON 90mm Macro
またたぶんシロダモの花だと思うのだが、ストローを伸ばし吸蜜する個体も見られた。
d0054625_21203955.jpg

ムラサキツバメ 吸蜜 CANON EOS 40D TAMRON 90mm Macro

〔ウラギンシジミ〕
ここではウラギンシジミもあちこちで越冬体勢に入っていた。
d0054625_21221514.jpg

ウラギンシジミ RICHO Caplio GX8
d0054625_2132596.jpg

ウラギンシジミ CANON EOS 40D TAMRON 90mm Macro
また、お気に入りの場所が似るのか3頭がかたまっていた場所もあった。
d0054625_21243068.jpg

ウラギンシジミ CANON EOS Kiss DX SIGMA 17-70mm Macro

〔ムラサキシジミ〕
ムラツは中々下に降りてこなかったが、ムラサキシジミはサービス良く撮影しやすい場所で翅を広げてくれる場合が多かった。ムラサキシジミのメタリック感はGX8よりもデジイチの方が良く出るので今日はデジイチでの広角にこだわってみた。
d0054625_21301248.jpg

ムラサキシジミ♀ 開翅 CANON EOS Kiss DX SIGMA 17-70mm Macro
d0054625_21304687.jpg

ムラサキシジミ♀ 開翅 CANON EOS Kiss DX SIGMA 17-70mm Macro

今日のムラツは、2ヶ所で合計20頭程度。昨年は11月末で大きな集団が4つ以上見られたから、これからまだ集結してくるのだろう。
昼近くになり、また少し雲ってきたので、もう一箇所回るというfanseabさんと別れて帰宅することにした。
[PR]

by toshi-sanT | 2008-11-15 21:36 | | Comments(12)
Commented by fanseab at 2008-11-16 14:11
昨日はお疲れ様でした。
ムラシ♀は拘って撮影されただけあって、印象的な色合いに仕上がって
いますね。第2ラウンドは惨敗でした(^^;;
Commented by banyan10 at 2008-11-16 17:37
湘南は暖かいので集団の形成も少し遅いのかもしれませんね。
ムラツの吸蜜はこんな花もあるのですね。
注意して観察する必要がありそうです。
Commented by furu at 2008-11-16 21:23 x
今は離合集散を繰り返して徐々に大きな集団になっていく時期なんでしょうね。
ウラギンのトリプル越冬は見事ですね。左の個体は夏型のような・・・??
Commented by thecla at 2008-11-16 22:31 x
fanseabさん、お疲れ様でした。
中々本命のムラツが降りてきてくれないのでムラシ♀と遊んでました(^^;
あれれ、第二ラウンドは惨敗でしたか。安定して集団越冬が観察できる場所は結構貴重なのかもしれないですね。
Commented by thecla at 2008-11-16 22:35 x
banyanさん、コメントありがとうございます。
この時期はちょっと暖かいとほとんどの個体が飛び出してしまうのかもしれません。
ムラツの吸蜜は今まで栽培種でしか見たことありませんでしたが、本来の生息環境からするとこの時期はこっちの方が主なのかもしれません。
ちなみに昨年は全くノーマークでした(^^;
Commented by thecla at 2008-11-16 22:38 x
furuさん、コメントありがとうございます。
ムラツはこの時期離合集散して大きくなるみたいですが、冬まっさかりでは、離合集散しながら分散していく面もあって中々興味深いですね。
確かに左のウラギン丸っこいような・・・・。角度かもしれませんが・・・、次行く時までじっとしていてくれないかな。
Commented by maeda at 2008-11-17 07:33 x
まだまだ蝶と遊べるとは良いですね。
今夜遅くから雪になりそうです。遂に冬が来ました。
Commented by kenken at 2008-11-17 19:57 x
おっと、fanseabさんとご一緒に撮影でしたか。
この季節、ムラツを楽しめるのは良いですねぇ~こちら、観察眼力不足でさっぱり見つけられません。観察眼の鋭いfanseabさんをスカウトしたいですね。(笑)
ムラツの越冬集団の形成が手に取るようです。♀の開翅、最高じゃないですかっ!めちゃくちゃ綺麗な個体ですね。翅の先端に紫鱗粉が散りばめられているのがたまらなく良いです。
ウラギン3頭ってのも興味深い観察です。私も休眠モードを解いて、探してみようかしら・・・
Commented by clossiana at 2008-11-20 08:51
集団が形成されていた場所の高さ、向き(方位)風当たりの具合、近くの水辺の有無等を教えて頂けますか?参考にさせて頂きたいのです。
Commented by thecla at 2008-11-20 22:56 x
maedaさん、亀レスになってしまって申し訳ありません。
北海道は大雪のようですね。こちらも寒いですが、週末ムラツとは十分遊べると思います。
Commented by thecla at 2008-11-20 23:03 x
kenkenさん、亀レスで申し訳ありません。
ムラツ観察は、もしかして同じポイントかなあと思っていたら、やっぱりそうでした。
アカカシの集団は私が見つけましたが、ウラギンは全部見つけてもらったもので楽ちんでした(^^;
ムラツ♀は、ふと気がつくと集団から飛び立った個体が目の前に止まっていました。結局この日は90mmの射程距離はこの1頭だけだったですから、ラッキーでした。
急に寒くなりましたが、この週末あたりは、どこかで開翅ですかな。
Commented by thecla at 2008-11-20 23:06 x
clossianaさん、コメントありがとうございます。
現地は、谷戸地形で北側に林、南側が湿地です。集団形成の高さはアカガシが3.5~4mくらい(昨年はほぼ同様の高さで3集団観察)、アオキは2.5mm(ただし、斜面のため樹高は2m弱です)くらいでしょうか。
ここでは昨年一番低い場所では1m程度の場所でも小集団を見ています。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 2008年11月下旬 無風の日...      2008年11月上旬 季節はず... >>