フィールドノート

thecla.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2008年 11月 29日

2008年11月下旬 無風の日でもルーミス祭りぢゃ!(2) 吸水と広角撮影

この日は2個体ほどが低い位置でうろうろしてくれたので、撮影機会は今までで一番と言って良いくらい多かった。
d0054625_101845.jpg

ルーミスシジミ 吸水 CANON EOS 40D TAMRON 90mm Macro
コケは生えているけれどヒルがいそうなじめじめした場所ではないので、地面に張り付いて撮影できる。
d0054625_10213447.jpg

ルーミスシジミ 吸水 CANON EOS 40D TAMRON 90mm Macro
コケを多めに入れるために少し遠目から撮ってみるとこんな感じ。
d0054625_1023191.jpg

ルーミスシジミ 吸水 CANON EOS 40D TAMRON 90mm Macro
今まで地面に降りての吸水はあまり良い絵が取れていなかったので正直うれしい。

ルーミスシジミは晴れていると割と簡単に開翅してくれるのだが、結構敏感で一定の距離以上近づくと逃げられてしまうことが多い。そのため広角撮影だと、一回か二回シャッターを切ると飛ばれてしまい、満足のいく絵が撮れていない。
この日は、朝が曇りで気温の上がり方がゆっくりしていたせいか、かなり接近できる機会があった。
d0054625_10362549.jpg

ルーミスシジミ 開翅 CANON EOS Kiss DX SIGMA 17-70mm Macro (17mm)
広角画像は、背景に左右されるので接近機会があれば良いというものでもない。これももっと青空とかが入れば良いのだろうが、ルーミスが開翅する林縁の環境という点ではOKということにしておこう。
この個体はこれだけ接近してもすぐ逃げなかったので、焦点距離を変えて遊んみた。
d0054625_10422566.jpg

ルーミスシジミ 開翅 CANON EOS Kiss DX SIGMA 17-70mm Macro (19mm)
d0054625_10423963.jpg

ルーミスシジミ 開翅 CANON EOS Kiss DX SIGMA 17-70mm Macro (28mm)
d0054625_10482161.jpg

ルーミスシジミ 開翅 RICHO Caplio GX8
こうして見ると19mmで撮ったものが一番バランスが良いかな。
他には縦位置での撮影機会もあった。
d0054625_10511593.jpg

ルーミスシジミ 開翅 CANON EOS Kiss DX SIGMA 17-70mm Macro

この日のルーミスシジミは10時頃から1時間ほどがショータイム。低い位置でちらちらしながら開翅、吸水などを繰り返していた。ある程度吸水や日光浴が終わると一度高い位置に飛び上がってしまった。

この後は、ムラツの越冬ポイントへ向かった。樹上で開翅しているムラツがいたので、脚立に乗って300mmで撮影、降りてみると脚立の上に尺取歩きをする生命体が・・・・・。
慌てて体じゅうをチェックするが被害は無し。前日のオフ会で、実はまだこの周辺でヒル目撃すらしていない「ヒルに嫌われる男」と豪語していたのだが・・・・。最も体に取り付かれていないのだから、まだ「ヒルにすら嫌われる男」かもしれないが。

こんな到着早々ヒルが出てくる場所は長居したくないので、越冬集団探しはやめて即撤収。
幸い撤収途中、アジサイの葉の上の小集団(3頭)を見つけ撮影した。
d0054625_1121459.jpg

ムラサキツバメ CANON EOS Kiss DX SIGMA 17-70mm Macro(ストロボ発光)
地上高は腰程度、ずいぶんと低い位置だ。もっとも片側は崖になっているからちょっと違うかもしれないが、今まで見たケースでは最も低い位置かもしれない。

ムラツ越冬集団探しは早々に撤収したので、家に帰り着いたのは3時前。渋滞無しで帰ることが出来るのはありがたい。
<了>
[PR]

by toshi-sanT | 2008-11-29 11:14 | | Trackback | Comments(20)
トラックバックURL : http://thecla.exblog.jp/tb/8989546
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by banyan10 at 2008-11-29 19:37
こんな苔の場所ありましたっけ?(笑)
土の上での吸水よりも雰囲気があっていいですね。
2枚目は翅の開きぐあいが抜群です。
広角は条件によって適したバランスも変ってきますね。
僕もGX100で距離を変えて撮るようにしています。
Commented by nomusan at 2008-11-29 19:41 x
なるほど、これだけ撮れれば2回に分けるのは充分に納得です(笑)。
私も2枚目が特にお気に入りです。思わずはっとしてしまいますね!
いや、これはええですねぇ~。
Commented by chochoensis at 2008-11-30 08:37
theclaさん、ルーミスの吸水!なんと素晴らしい!こういう写真を見るともう一度見てみたい誘惑に駆られます・・・1枚目も2枚目も素晴らしいと思います・・・。
Commented by thecla at 2008-11-30 14:28 x
banyanさん、コメントありがとうございます。
あるんですよ、いつもノーマークの場所に(笑)。無風の日だったからかもしれません。
広角もじっくり考える余裕があれば良いのですが、相手も生き物ですから一瞬のチャンスをどう捉えるかが難しいですよね。
ただ、パッと撮った時の方が良いケースもあるから不思議ですが(^^;
Commented by thecla at 2008-11-30 14:30 x
nomusanさん、そろそろネタが無くなる季節なのでちょっと引っ張ってみました。でも今まで一番シャッターチャンスがあったかもしれません。
2枚目は、ヒルを気にしつつも地面に這いつくばった甲斐があったようです(^^;
Commented by thecla at 2008-11-30 14:33 x
chochoensisさん、ありがとうございます。
湿った土の上だとためらってしまいますが、ちょっと砂利混じりの地面だったので這いつくばることが出来ました。
そちらからだとちょっと行きづらいかもしれませんが、行く度に発見があって楽しいですよ。もちろん空振りリスクもそれなりにありますが・・・。
Commented by maeda at 2008-11-30 15:49 x
すばらしいですね。
来年はルーを撮りにそちらに窺いましょうかね。
丁度良い機会があると良いのですが。
貴殿と一緒ならヒルも大丈夫かも。
Commented by kenken at 2008-11-30 19:36 x
クイックでルーミスにムラツ撮影、そして、なんと3時には帰宅ですか!ポイント離脱、「黄金の退け足」ですね。画像も凄いですが、退け足も凄いぞ、凄いぞ。なかなか後ろ髪引かれてこうはまいりません。(笑)
Commented by thecla at 2008-11-30 23:29 x
maedaさん、ありがとうございます。
来年は是非。天気次第ですが、一日粘れば何とかなるのではないでしょうか。羽田までなら帰りもそんなに混まないはずですし。
ヒルの方は、私は大丈夫でも昔周囲に被害者はおりましたから、何とも(笑)
Commented by thecla at 2008-11-30 23:32 x
kenkenさん、コメントありがとうございます。
帰る前にもう一度寄ろうかなどとも考えたのですが、雲が出てきたのと前日痛飲したもので、早めに帰ることにしました。
でもね、高速に乗る直前、良い天気になって、一瞬「しまった!」と(爆)
Commented by 虫林 at 2008-12-01 00:02 x
ルーミスシリーズを指をくわえて、よだれを流しながら見ています。
新しいポイントを見つけられたみたいでそれも凄いです。
今年は訪問できるかどうか微妙です。
Commented by clossiana at 2008-12-02 08:52
ルーミス、どれも綺麗ですが、その中では2枚目と3枚目と8枚目が好きです。ルーミスが大人しかったからでしょうか、何か写真に余裕を感じさせます。それにしても、あのお方に対して強いのは羨ましい限りです。脚立をよじ登ろうとするなんて、しぶといですね。
Commented by mtana2 at 2008-12-02 17:21 x
毎度のことながら、垂涎の画像が並んでいます。teclaさんは、本当にルーミスに強いですね~。
Commented by furu at 2008-12-02 22:07 x
3枚目は壺庭みたいな和の雰囲気が良いですね。ムラサキ兄弟の中では最も侘び寂びの似合う蝶です。
広角は私も19mmが良いと思います。
Commented by thecla at 2008-12-03 23:31 x
虫林さん、コメントありがとうございます。
ルーミスに関しては地の利があるので、あまり構えず出かけているのがかえって良いのかも。
新しいポイントだと思ったのですが、虫林さんもご存知のところでした(^^;
今年は、寒くなるのが早い気がするので、そろそろ条件を選ばないと厳しいかもしれません。
Commented by thecla at 2008-12-03 23:34 x
clossianaさん、ありがとうございます。
広角撮影時は、日が翳った時だったので随分とおとなしくしていてくれてラッキーでした。でもね、撮っている時は、そんなに余裕はありません(^^;
あのお方には強いいんでしょうかね、生理的には大嫌いなのですが・・・。
Commented by thecla at 2008-12-03 23:34 x
mtanaさん、ありがとうございます。
やっぱり、あのお方より、ルーミスに強いと言っていただける方が気分がいいですね(笑)
Commented by thecla at 2008-12-03 23:37 x
furuさん、ありがとうございます。
びっしり生えたコケがちょっと良い感じでしょう。この丁度良い場所では長居してくれず3カットくらいしか撮れていません。
いつも広角撮影時に焦点距離を変えて撮れればよいのですが、相手も生き物だから、そうは上手くはいかないですよね。
Commented by ダンダラ at 2008-12-04 13:06 x
ムラツポイントでの蛭、たぶん同じ場所だと思いますが、あそこは蛭の巣窟なんです。
脚立の上でうごめいていたのは、たぶん靴のそこにでもついていたのではないでしょうか。私の時には靴の底の溝に3匹くらいがへばりついていました。
私的には1・2枚目が好みかな。2枚目はルーミス独特のブルーがギラッという感じで光っていて良いですね。
Commented by thecla at 2008-12-04 23:19 x
ダンダラさん、コメントありがとうございます。
ムラツの場所は、同じ場所だと思います。なるほど靴の底ですか。あそこでは、この前2~3頭のルーミスを見て、吸水しそうな場所もあって良いかなと思っていたのですが、ヒルの巣窟だと真冬になるまでは行く気がしないくなりました(^^;
2枚目、私もお気に入りなのでうれしいです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 2008年 11月下旬 紅葉と蝶      2008年11月下旬 無風の日... >>