2008年 12月 20日

オフシーズン企画 今年の小遠征 山形編① チョウセンアカシジミ色々

今年は昨年のように大遠征はしなかったが、一泊程度の小遠征には行った。そろそろ野外のチョウの撮影機会もめっきり少なくなったので、お蔵入りというわけではないのだが、何となく使いそびれた画像を使ってみよう。

まずは、6月21~22日の山形遠征。どピーカン過ぎたためチョウセンアカシジミの開翅撮影に苦労したのと他のゼフが不作だったのが誤算だったが、チョウセンアカシジミの個体数は多く撮影していて楽しかった。
d0054625_14312445.jpg

チョウセンアカシジミ 羽化直後 CANON EOS 40D TAMRON 90mm Macro
まだ翅の柔らかい羽化直後の個体が翅を伸ばしていた。もう少し前に気がつけば良かったのだが、気がついたときにはほぼ翅が伸びきっていたのが少し残念。
d0054625_14332233.jpg

チョウセンアカシジミ 羽化直後 CANON EOS 40D TAMRON 90mm Macro
d0054625_14373221.jpg

チョウセンアカシジミ 静止 CANON EOS 40D TAMRON 90mm Macro
d0054625_14374239.jpg

チョウセンアカシジミ 静止 CANON EOS 40D TAMRON 90mm Macro
半逆光だと表の赤紋が少し透けて中々美しい。
d0054625_14523578.jpg

チョウセンアカシジミ 静止 CANON EOS Kiss DX SIGMA 17-70mm Macro
あえて周りの風景が入らないように広角で撮影してみた。こうしてみると普通のゼフみたいだ。
d0054625_14403158.jpg

チョウセンアカシジミ 交尾 CANON EOS 40D TAMRON 90mm Macro
ちょうど最盛期近くに当ったためか、昼過ぎ頃からあちこちで交尾個体が観察出来た。
d0054625_1445334.jpg

チョウセンアカシジミ 産卵 RICHO Caplio GX8 (愛車とのツーショット、背景は加工しています)
産卵は午前中から乱舞が始まる夕刻までそれこそ幹、枝を問わずべたべたと産んでいた。

〔天敵〕
下草から飛び立った個体が食樹の根元のくもの巣に引っかかった。
d0054625_14493015.jpg

チョウセンアカシジミ 天敵につかまる CANON EOS 40D TAMRON 90mm Macro
翅をバタバタさせて逃げようとするがあえなくクモに摑まってしまった。しかも翅は全開状態、開翅が撮影できず苦労していただけに複雑な気分だった。
[PR]

by toshi-sanT | 2008-12-20 14:58 | | Comments(12)
Commented by banyan10 at 2008-12-20 17:10
羽化直後の翅が伸びきる前って見つけるのは難しいですね。
僕も他の蝶で2〜3回見ていますが、これくらいの状態でした。
それにしても羽化直後は輝いていますね。
Commented by maeda at 2008-12-20 17:59 x
チョウアカもきちんと撮っておきたいポイントがあるのですが、なかなか行けそうにありません。でも撮っておかないと。
Commented by fanseab at 2008-12-20 20:46
1枚目がいいですね。翅全面にピントが来ていないことで、
却って瑞々しさが強調されているように思います。
シジミの羽化直は本当に素晴らしいです。最後の画像も貴重ですね。
Commented by thecla at 2008-12-20 21:07 x
banyanさん、コメントありがとうございます。
野外で羽化直後から翅が伸びていくところを見たいものですが、中々難しいです。
これくらいでも、傷一つない状態ですから十分満足ですけれど。
Commented by thecla at 2008-12-20 21:09 x
maedaさん、コメントありがとうございます。
そういえば、オフ会の時にもそんなことをおっしゃっていたような気が。
でも撮っておかなければと思いながら行けないところのなんと多いことでしょうか。
Commented by thecla at 2008-12-20 21:11 x
faneseabさん、コメントありがとうございます。
この羽化直個体、食樹の根元で日陰だったため絞り込めませんでした。
その分かえって柔らかな翅の雰囲気が出てよかったかもしれません。
Commented by hirokou at 2008-12-20 22:26 x
僕も一枚目の写真好きです!
背景の色と触覚、目、足、翅の粒状感が際立っていいですねぇ。
愛車をバックの産卵シーンも自分にとってはいい一枚でしょうね(^.^)
Commented by clossiana at 2008-12-21 14:04
これだけの作品がアップもせずにいるなんて、かなりの贅沢だと思います。最後の写真は痛ましい光景ですが自然の厳しさをよくとらえられていて、こういう場面はこの種では初めて見ました。
Commented by thecla at 2008-12-21 22:03 x
hirokouさん、コメントありがとうございます。
一枚目、羽化直の柔らかさが出て、私自身も結構気に入っております。
愛車バックは、本人以外にはどうでも良い画像かもしれませんけど(^^;
Commented by thecla at 2008-12-21 22:10 x
clossianaさん、コメントありがとうございます。
6月、7月あたりは、更新が追いつかずだんだん時期遅れになってしまうので少しオフシーズン用にとっておきました、山形編あと一回分くらいあります(^^;
最後の画像は、食樹の根元のブッシュにクモの巣がたくさんあって、失速するようにもぐり込んだと思ったらひかかっていました。たぶん、年に何頭も犠牲になっていそうです。
Commented by kenken at 2008-12-22 08:01 x
3枚目は翅裏全体にピントがばっちりです。
図鑑に使えそうな生態写真ですね。(笑)
ん、♀かな?
Commented by thecla at 2008-12-22 22:40 x
kenkenさん、ありがとうございます。
来シーズンは、図鑑に使えそうな生態写真(笑)にこだわりそうです。
たぶん♀だと思うのですが・・・。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 2008年12月下旬 冬至のル...      「チョウが消えてゆく〜絶滅危惧... >>