2008年 12月 21日

2008年12月下旬 冬至のルーミス-集団越冬の観察①


12月も下旬になると何かと忙しくなってきた。もしかしたら今年の撮り納めになるかもしれないので、ブログ仲間のclossianaさんpapilaboさんmtanaさんたちが撮影したルーミスシジミの集団越冬を撮影しに出かけることにした。

そして、なんと朝7:30にはポイントにいた。理由は①目覚ましを1時間間違えた、②越冬場所の推測はしているのだが違った場合が怖くて時間をとっておきたい、③木漏れ日が当る状況では、照葉樹の葉は目がチカチカして静止中のルーミスを探しにくい、ということなのだが、もちろん最大の理由は①。
さて、真っ先に推測していたポイントに行き、カシの葉を見上げるとすぐに越冬集団は見つかった。ムラツのように体を横倒しにすることもなく、葉の上に体を立たせている。過去単独個体が休止しているのを観察したことがあるが、それが複数集まったような感じだった。
d0054625_23424391.jpg

ルーミスシジミ集団越冬 CANON EOS Kiss DX SIGMA APO 70-300mm Macro
その場所は、毎年開翅個体を撮影しているピンポイントの場所。昨年もそうだし、今年も11月上旬にはチェックしたはずの場所。うれしい反面、自分の目の節穴ぶりにはあきれた。
d0054625_23464100.jpg

ルーミスシジミ集団越冬 CANON EOS Kiss DX SIGMA APO 70-300mm Macro
越冬集団は1枚の葉に5頭、左手の葉にいるはずのもう1頭の姿はなかった。
着いて5分もしないうちに見つけることが出来たのは良いが、こんな時間では動きがありそうもない。気温が早くから上がる予想だったはずが、大して気温は高くなく吐く息は白い。また前日降雨があったらしく地面はびっしょり濡れている。
これでは、地表近くの温度が上がるまでは時間がかかりルーミスが下に降りてくるにはかなり時間が必要であり、このままでは時間をもてあましてしまう。
どうしようかと思っているとcactussさんが、暇をもてあましそうな状態だったので助かった。しばらく雑談しながら待つが空は雲が出てきて太陽が隠れ気味でますます条件が悪くなった感じ。そこで川の対岸に渡って他の越冬個体を探してみることにした。
2段の脚立を持って低い位置の枝を探すが見つからず、枯葉に隠れたムラサキシジミを見つけただけだった。しかも翅の先しか見えないので少し角度を変えようと思ったら、うっかり飛ばしてしまった(^^;
そうこうするうちに今度は生暖かい風と4段の脚立とともに
banyanさんが登場。
相変わらず曇り気味だが少し薄日が差してきたのと、待つのに飽きてきたので下に降りている個体がいないか、脚立を持って探索に出る。こんな時複数だと気が楽だ。
大分気温も上がったから何となく降りている予感がして注意しながら歩いていると、絶好の場所に開翅個体がいた。「いた~」と声を出してから近づくとファインダーの中の姿はどう見てもムラサキシジミ。やってしまった。
d0054625_011583.jpg

ムラサキシジミ 開翅 CANON EOS 40D TAMRON 90mm Macro
しかも、その直後不用意に歩いていると少し先の潅木の葉からルーミスが飛び立った。しまった予感の元はこいつだったのかと思ったが後の祭り。
その後、全員で集団越冬の場所に戻ると、集団は4頭に減っていた。1頭いつの間にか飛び出したらしい。その後もせっかちな私はちょろちょろと探索に出ては戻りを繰り返した。2度ほど下に降りているルーミスを見るものの全て撮影する前に逃げられてしまった。

その間に越冬集団は隣の葉に1頭増えていた。そして時間は12時、いつの間にか日が差す時間が多くなった反面、日が当る場所が限られてきた。それでも気温は大分上昇したからまた開翅個体を探しに出ると、今度はばっちり開翅している個体を発見。皆を呼んでやっと開翅個体を撮影できた。
d0054625_0253656.jpg

ルーミスシジミ 開翅 CANON EOS 40D TAMRON 90mm Macro
しかもこの冬一番の綺麗な個体だった。

さて残るは越冬集団に動きがあるのをじっくり待つ。するとどこからか1頭飛んできて5頭の集団になった。しかも飛来した個体は集団の脇で開翅してくれた。
d0054625_0305353.jpg

ルーミスシジミ集団越冬 CANON EOS Kiss DX SIGMA APO 70-300mm Macro
しかもこの飛来個体、右前翅の感じからさっきの開翅個体と同一個体のように見える。
d0054625_0311275.jpg

ルーミスシジミ集団越冬 CANON EOS Kiss DX SIGMA APO 70-300mm Macro
飛来個体は、開翅したまま落ち着きの良い場所を探すように動き、それに刺激を受けたのか他の個体も動き出したと思ったら、結局1頭がはじき出されてしまった。
d0054625_0331174.jpg

ルーミスシジミ集団越冬 CANON EOS Kiss DX SIGMA APO 70-300mm Macro

<続く>
[PR]

by toshi-sanT | 2008-12-21 23:59 | | Comments(20)
Commented by cactuss at 2008-12-23 07:43
先日は越冬場所を教えてもらったり、開始個体がいるのを知らせてもらったり、大変ありがとうございました。お陰様で期待以上に撮影することができました。今年はずいぶんフィールドでご一緒しましたね。数えてみると6回だと思います。その内の4回は特に約束もしない状態でお会いしているので、行動パターンが似ているのでしょうか。また、来年もお会いするかと思いますが、よろしくお願いします。
Commented by banyan10 at 2008-12-23 17:39
お疲れさまでした。
探索隊のおかげで集団の観察に専念できました。(^^;
cactussさんが戻って来たのは下向きの個体と言っていたので開翅は別個体と思いましたが、普通に考えると活発な個体が再び飛び出したということでしょうかね。
途中で帰ったので、続くとなると最後にすごいシーンがあるのではと不安になります。(笑)
Commented by maeda at 2008-12-23 18:42 x
この場に参加しておられたのですね。
こんなチャンスに一人だけ、ずるいなあ、私も行きたい!
Commented by furu at 2008-12-23 18:44 x
7時半、早っ!!
私が行った時より暖かかった分、動きが活発だったようですね。
先週は、誰かが脚立くらい持ってきてるだろうと他力本願で出掛けましたが、写真展と重なっていることを完全に忘れてました。(^^;)
Commented by fanseab at 2008-12-23 20:28
他の方のブログと一緒に拝見して楽しませて頂きました。
1頭だけでも観察できれば、素晴らしいと思うのに、贅沢と言うか、凄いですね。4段脚立の場合は、撮影仲間と一緒のほうが、安心で良いですね。
Commented by thecla at 2008-12-23 21:48 x
cactussさん、お疲れ様でした。
一回、不用意に飛ばしてしまったので、低い場所での開翅個体を見つけることが出来てほっとしました。
今年はよくお会いしたと思ったら、6回もでしたか。そのうち2回が静岡と房総ですから、行動パターンが似ているのもあるでしょうが、cactussさんの行動力ゆえでしょう。
Commented by thecla at 2008-12-23 21:51 x
banyanさん、お疲れ様でした。
私せっかちなもので、一箇所にじっとしていられず、うろうろしていました。複数でいくと性格に合わせて(笑)分業できるからいいですね。
最後のシーンは、何が出てくるでしょうか、と引っ張っておいて大したことないかも(^^;
Commented by thecla at 2008-12-23 21:54 x
maedaさん、コメントありがとうございます。
しっかり参加しておりましたよ、しかも朝一番で(笑)
毎年見られるとは限らないから、天気予報はイマイチでしたが駆けつけてしまいました。
今まで誰も観察していないのでわかりませんが、来年もムラツの様に同じ場所で見れたらすごいですね。
Commented by thecla at 2008-12-23 21:57 x
furuさん、コメントありがとうございます。
ちょっとなんぼなんでも早すぎましたね(笑) 別に渋滞するわけでもないのでこんなに早く行く必要は無いのですが、目が覚めてしまうと一刻も早く見たくなってしまいました。
写真展と重なっていなかったら・・・・当然脚立持参で合流だったことでしょう。
Commented by thecla at 2008-12-23 21:58 x
fanseabさん、コメントありがとうございます。
私の脚立は2段のものなので高い脚立があって助かりました。でも軽いから脚立持ってうろうろ出来ます。
そうですね、4段脚立はちょっと恐怖感があります。
Commented by mtana2 at 2008-12-23 22:20 x
いや~、この時期、こんなに楽しめるのですね。若しや、厳冬も楽しめそうな気がしてきました。集団は、ちょこちょこ動きがあるようで興味深いです。
Commented by thecla at 2008-12-23 22:49 x
mtanaさん、コメントありがとうございます。
私は、ひょっとしたらルーミスの耐寒性は割りと高いのではないかと思っています。
根拠は、ルーミスの方が朝早い時間から活動している個体が多い気がしているからです。10度ちょっとでも大丈夫なのではないかと。
厳冬期には、まだ撮影できていませんが、今年は行ってみようと思っています。
Commented by kenken at 2008-12-23 23:02 x
その日、夜は池袋にいましたが、さすがに日程的にルーミスは無理でした・・・が、無理してでも行くべきだったか・・・
12/22は東京で仕事でしたが、妙に暖かかったです。そして、急激に寒くなって・・・ルーミスどうなってるのか気になりますね。厳冬期の継続調査が待たれます。
Commented by clossiana at 2008-12-24 14:53
朝7時半到着。気合いが感じられます。拙ブログへのコメントの中の葉の色の件ですが、出来ましたら昨年と今年のデータを教えて頂けませんか。観察日と観察頭数(緑の葉と一部枯れた葉のそれぞれについて)だけで結構ですので。宜しくお願いします。
Commented by chochoensis at 2008-12-24 19:38 x
theclaさん、随分早くから出かけられたのですね!現地に7時半とは驚きました・・・それでも確かな成果があってよかったですね・・・。撮影には脚立の効果が偉大なのだと言う事を知りました・・・素晴らしい写真にため息が出ます・・・。
Commented by thecla at 2008-12-24 23:15 x
kenkenさん、コメントありがとうございます。
私は近いですから、条件が多少悪そうでも「え~い、行っちゃえ行っちゃえ」ののりでいけますが、遠方からだと中々難しいですよね、まして仕事が絡むとなると。
厳冬期の継続観察ですか、・・・でも私一応受験生の父なので、どうしようかな(笑)
Commented by thecla at 2008-12-24 23:17 x
clossianaさん、いえいえただの阿呆です(笑)
ご依頼の件ですが、全部写真には撮ってあるはずなので週末にでも調べてお知らせいたします。
Commented by thecla at 2008-12-24 23:20 x
chochoensisさん、だから目覚ましのセット間違えたんですって(爆)
ここのルーミスはブッシュが伸びてきたので脚立が必要になってきました。2段程度でもあると無いとは大違いですね。
ただ越冬集団撮影には2段ではちょっと厳しいかもしれません。ただでかい脚立は持ち運びが大変なので、ちょっと悩みます。
Commented by 虫林 at 2008-12-25 14:01 x
今年はルーミスで盛り上がっているようで、楽しそうだな。
こちらでもムラシの撮影でも四苦八苦の状態ですので、羨ましく拝見しました。小生もルーミス詣に早く行きたいものです。
Commented by thecla at 2008-12-25 23:25 x
虫林さん、コメントありがとうございます。
11月に二回ほど行っているのでもういいかなと思っていたのですが、集団越冬のニュースが飛び込んでいてもたってもいなられなくなってしまいました。
一度わかるとすぐ探せますが、最初に見つけたpapilaboさんはやっぱりすごいと思いました。
甲府のムラシ、拝見しましたが、厳しい環境の中でもいるんですね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 2008年12月下旬 冬至のル...      オフシーズン企画 今年の小遠征... >>