フィールドノート

thecla.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2009年 01月 25日

2009年1月下旬 房総のルーミスシジミ -越冬集団消滅 そして・・・・

あまり気温は上がりそうもないが、またしばらく何かと用事があって出かけられないので、久しぶりに房総のルーミスシジミの様子を見に行ってきた。
変に暖かい日を挟んで冷え込んだり、雨が降ったりしたからどうなっているのかちょっと気になったのだ。
今年はスタッドレスを履いていないので、路面の凍結を気にして遅めに家を出たので、ポイントに着いたのは10時頃。早速、越冬集団がいた葉を見るが・・・・・、なんと影も形もなくなっていた。
d0054625_18512275.jpg

ルーミスシジミの越冬集団が見られた葉 CANON EOS Kiss D SIGMA APO 70-300mm Macro
越冬集団があった葉の周りを見渡すと、少し上の葉で越冬している2頭は健在だった。(画像は掲載できるレベルではないので割愛)
14日には、ブログ仲間が確認しているので、その後10日ほどで忽然と姿を消してしまったことになる。

仕方が無いので周囲を探していると、カメラを持った方がやってきた。お話を伺って見るとトンボをメインに撮影されていて、関西にいる友人からルーミスの越冬集団が見つかったよとの話を聞いて以前にルーミスを見た場所にやってこられたそうだ。

二手に分かれて単独越冬個体を探していると、その方が単独越冬個体が見つけてくれた。高さは2mちょっと、脚立を使えばちょうど良い高さだった。
d0054625_1964021.jpg

ルーミスシジミ 単独越冬 CANON EOS 40D TAMRON 90mm Macro
日光が大分当るようになって来たのでもしかしたら開翅するかもしれないと期待して待つが、触覚は前方に揃えて倒したままで、一向に活性が高まらない。今日の気温は低すぎるのかもしれない。
先ほどの方は、ヤゴを撮影するため別の場所に行くとのことでお別れし、もう少し粘ってみる。脚立にのって広角撮影をしながら活性が高まるのを待っていると、うっかり脚立から足を滑らし落下してしまった。2段の脚立だからなんてことないが、その拍子に枝を揺らしてしまったらしく、肝心の越冬個体がいなくなってしまっていた。

ひょっとして近くに止まってやいないかと探すがどこに飛んでいってしまったのか、さっぱりわからなくなってしまった。この日唯一の撮影しやすい個体を行方不明にしてしまったのでかなり落ち込んだ。
気を取り直して、他の個体も探したが、私の探索能力では見つけれらなかった。この時、前に林の中でムラサキシジミの越冬個体を見つけたことを思い出した。今まで見つけたルーミスの越冬個体は全て林縁ばかりだったが、ムラサキシジミも林内で越冬しているなら、ルーミスが越冬していても良いではないか。
そこで、林の中に分け入り登ってみた。しばらく進むと、林の中の小空間に出た。ちょうど目の高さに一部が枯れたカシの葉が、「そうこんな葉がルーミスは好みなんだよなあ~」と近づいてみると、ルーミスが越冬していた。それも2頭も。
d0054625_19211758.jpg

ルーミスシジミ 集団越冬(2頭) CANON EOS 40D TAMRON 90mm Macro
わずか2頭だけだけれど、従来の観察地点とは全く別の場所だから、弱い集団性があることの追加の証拠にはなるのではないかと思う。

高さは、私の目の高さくらいだから、地上高1.7m程度。川面からは十数mくらい登ったところで林縁ではなく林内の小空間。

d0054625_19284697.jpg

ルーミスシジミ 集団越冬(2頭) RICHO Caplio GX8
d0054625_19291515.jpg

ルーミスシジミ 集団越冬(2頭) RICHO Caplio GX8
日が当ってくると日の当る方向に少し体を傾けた。
d0054625_19301044.jpg

ルーミスシジミ 集団越冬(2頭) RICHO Caplio GX8
ザックを下においてきてしまったので、のどの渇きと空腹を癒すために、一度下に降り戻ってくると、位置が変わってお見合いをするような位置関係になっていた。
d0054625_19415874.jpg

ルーミスシジミ 集団越冬(2頭) RICHO Caplio GX8
ひょっとしたら開翅するかもと期待したが、結局元の位置関係に戻ってしまった。
d0054625_1932133.jpg

ルーミスシジミ 集団越冬(2頭) CANON EOS kiss DX SIGMA 17-70mm Macro
d0054625_19322763.jpg

ルーミスシジミ 集団越冬(2頭) RICHO Caplio GX8
画面の真ん中少し下の黒い筋が川、結構高度感がある。
ちょうどこの越冬個体に日が当らなくなったので、開翅はあきらめて帰ることにした。帰り際に飛ばしてしまった越冬個体の場所に戻ると、同じ葉に戻っていたので一安心。

それにしても、ひょっとしたらとは思っていたものの、林の中の小空間にも越冬個体がいたのには驚いた。これからはもう少し探索範囲を広げないといけないかもしれない。
[PR]

by toshi-sanT | 2009-01-25 19:05 | | Comments(26)
Commented by maeda at 2009-01-25 21:03 x
ルーはひょっとして夏より冬の方が観察しやすかったりして?
Commented by fanseab at 2009-01-25 21:45
よくぞ、こんな場所の2頭集団を発見できましたね!
越冬ルーミス探索の経験が活きた結果でしょう。
最後の絵はこの集団が好む環境がよく表現されていると思います。
Commented by thecla at 2009-01-25 22:03 x
maedaさん、コメントありがとうございます。
夏は、ヒルも多いし滅多に翅も開かないので、秋から冬の方が良いようです。
特に真冬は、開翅は見れないかもしれませんが、越冬個体を見つければじっくり観察できるのでいいかもしれません。
Commented by cactuss at 2009-01-25 22:03
あの斜面は結構、急だったと思いますが、よく探し当てましたね。
林の中で越冬しているルーミスもいるとなると成虫の数は多いのかもしれませんね。3月頃にまた、行ってみたいと思います。
Commented by thecla at 2009-01-25 22:06 x
fanseabさん、コメントありがとうございます。
駄目もとで探してみたら、こんなところにもおりました。当たり前ですけど、観察できる越冬場所は、ごく一部だということが良くわかりました。
ただ、他に3つ単独越冬個体がいたはずなのですが、そっちは見つけられませんでした。
しかし、私が見つけるのはみんな低い場所ですね、金が落ちていないか探しているわけではないのですが(笑)
Commented by thecla at 2009-01-25 22:08 x
cactussさん、コメントありがとうございます。
あの斜面は急ですが、登りだけなら何とかなりますし、少し登った上に獣道みたいなふみ跡がありました。
ただ下りは危険なので、ぐるっと回り込むことになります。
Commented by banyan10 at 2009-01-25 22:53
集団の消失は残念ですが、林の中の集団は見事な発見ですね。
今度行く時は更に高い脚立を持って行こうかと考えていたのですが、必要なくなったようです。(笑)
数は少なくても集団の広角はいいですね。
Commented by thecla at 2009-01-25 23:06 x
banyanさん、コメントありがとうございます。
とりあえず、高い脚立は不要になりましたが、飛散しただけでまた戻ってきてくれたら、必要かもしれません。
山の中にも脚立を持っていきましたが、土が軟らかいので、一段しか上がれない上、2回くらい落ちそうになりました(^^;
集団の広角いいでしょう、ただ林の中の木漏れ日なので、シャッター切った割にはイマイチのものが多かったです。
Commented by kenken at 2009-01-25 23:19 x
なかなか深い観察です。林内でも発見とな・・・
今回の報告を見ていると、なんだか紀伊半島でも探し出せるような気がしてなりませんが、行っても見つからないような気もするし・・・
Commented by thecla at 2009-01-25 23:37 x
kenkenさん、コメントありがとうございます。
この林、ちょっと歩いた感じでは、2次林っぽい感じで、ここが特異なのかもしれません。
原生林だとこんな空間は無いかもしれませんし、倒木が出来たらその隙間がこんな感じになるのかもしれませんが・・・・。
Commented by furu at 2009-01-26 00:13 x
今シーズンは次々と新しい展開が出てきて飽きさせませんね。
実は高所の集団を広角撮影するための秘密兵器の準備を進めていたのですが、必要なくなりましたね。(^^;) 来シーズンはマイポイントの方でも探してみようと思います。
Commented by clossiana at 2009-01-26 07:30
そうですか、あっちの集団は無くなっていましたか。温度が高い日もあったので気にはなっていたのですが。。。新しい集団の発見はお見事です。やはり集合性は持っているのかな?近い内に行ってみたいです。
Commented by 虫林 at 2009-01-26 12:00 x
ご苦労様でした。
ルーミスの集団が消滅していたとは驚きました。天候の影響も可能性が高いですが、もしかしたら、野鳥にでもやられたのかもしれませんね。
樹林内の小空間での集団の発見は素晴らしいですね。樹林内は未知の空間ですから、これから検討する価値があることを示唆してくれました。
Commented by thecla at 2009-01-26 23:32 x
furuさん、コメントありがとうございます。
集団越冬という衝撃的な事実がわかってからは、この寒い時期の楽しみが増えたような気がします。
来年のこの時期どうなっているかちょっと楽しみです。新ポイントもちょっと早めに探してから本命へということも出来るかもしれないですね。
Commented by thecla at 2009-01-26 23:34 x
clossianaさん、コメントありがとうございます。
てっきりまだあの集団は健在だとばかり思っていたのでちょっとショックでした。ただ、そのせいで他のものを探す気合が入ったのかもしれません。
行くときは、お知らせください。この場所少しわかりにくいので。
Commented by thecla at 2009-01-26 23:39 x
虫林さん、ありがとうございます。
あの状態だと鳥に見つかったら一網打尽でしょうね。でも、あの場所には随分執着していたので、また一つでもいから戻ってきてくれたらなんて方に期待してしまいます。
この林の中は入ってみると思ったより透けていて、風も当りにくいし他にも可能性あるかもしれません。ただ地面が柔らかいので脚立は気をつけないとめり込んでひっくり返ります。
今行けば、転倒後で場所がわかるかも(^^;
Commented by papilabo at 2009-01-27 02:45
とうとう集団がなくなってしまったのですね。残念です。去年はあの辺りを横切っていくかわいいエナガの集団を撮りたくて夢中だったのですが、かわいい小鳥たちもルーミスにとっては驚異だったかもしれませんね。これまで無事だったことがかなりラッキーだったのかもしれません。
林の中…私も3度に一回くらいは少しだけうろついていたのですが、一度もルーを見つけたことがありませんでした。やっぱりいたんですね。
2段とはいえ、脚立…危なかったですね。ご無事でなによりです。
Commented at 2009-01-27 08:41
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2009-01-28 12:03 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2009-01-28 17:42
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by thecla at 2009-01-28 23:13 x
非公開コメント1さん、私信いたしました。
Commented by thecla at 2009-01-28 23:14 x
非公開コメント2さん、了解いたしました。
ちょっと軽率な書き方でした。反省しています。
Commented by thecla at 2009-01-28 23:14 x
非公開コメント2さん、UP楽しみにしています。
Commented by thecla at 2009-01-28 23:48 x
papilaboさん、コメント順番間違えました。申し訳ありません。
越冬集団いなくなってしまっていました。ついこれまで無事だったのだからしばらく大丈夫だろうと思ってしまっていましたが、単なる思い込みだったみたいです。
林の中は前から気になって覗いてみてはいたのですが、その時は見つかりませんでした。こういうのは不思議なもので今までは見えていなかっただけなのかもしれません。いると思って探すと違うのかも。
脚立、低いので大したことないのですが、結構あせりました(^^;
Commented by ダンダラ at 2009-01-29 15:01 x
林の中の方は私も気になっていたのですが、入り込む所まではいきませんでした。
素晴らしい発見だと思います。さすがですね。
Commented by thecla at 2009-01-30 23:16 x
ダンダラさん、コメントありがとうございます。
ダンダラさんも林の中はやはり気になっておられましたか。
ルーミスの場合「風」というファクターが重要だったら、林の中の方が少ないよなあ~なんて思っていました。
ただ、単なる思い付きだったので、本当に見つけた時はびっくりしました(^^;
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< オフシーズン企画 2008年の...      多摩丘陵の冬 >>