フィールドノート

thecla.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2009年 02月 11日

2009年2月中旬 冬の多摩丘陵散歩

無事息子の中学受験も終わったので、久しぶりに息子を連れて出かける約束をして早起きしたのだが、天気予報をチェックすると曇りしかも気温もあまり上がらない。そこで遠出は週末に延期して、一人で多摩丘陵を少しだけ散歩した。

雲ってチョウは飛ばないだろうから、ゼフの越冬卵でも探すことにして、ある谷戸の寄ってみる。オオミドリシジミは、谷戸の貧弱なコナラのひこばえに産卵していることが多い。それも私の経験では北向きの谷戸か、北に向いた谷戸の側面が多い気がする。
早速谷戸の北向き斜面の貧弱なひこばえを探してみるとあったあった。
d0054625_20215864.jpg

オオミドリシジミ 越冬卵 RICHO Caplio GX8
それも複数の卵塊だ。しかもこの貧弱な枝には合計で10数個の卵がついていた。久しぶりにオオミドリらしい卵塊を見ることが出来てちょっとうれしい。

次に南向きの斜面に移動し、ムラサキシジミを探してみた。先月見つけた単独個体はいなくなっていたが、反対側の枝で生葉と枯れ葉の間にもぐりこんでいたムラサキシジミがいた。
d0054625_20262639.jpg

ムラサキシジミ 越冬中 RICHO Caplio GX8
枯れ葉を蛾の幼虫か何か綴ったようでしっかりと葉に枯れ葉がからみついている。枯葉の裏側を覗き込んでみると、もう1頭のムラサキシジミが静止していた。
d0054625_2028280.jpg

ムラサキシジミ 越冬中 RICHO Caplio GX8
この冬はムラサキ三兄弟の越冬個体探しをたくさんやったせいか、割と簡単に見つけることが出来るようになった気がする。

家に帰ると、バレンタインデーにはちょっと早いけれど娘がチョコレートケーキを焼いていてくれた。
d0054625_2031062.jpg

少し女房に手伝ってもらったらしいが、中々の出来だった。(親馬鹿かな)
今年は「ともチョコ」とやらがはやっているらしく友達と交換するらしい。
[PR]

by toshi-sanT | 2009-02-11 20:31 | | Trackback | Comments(18)
トラックバックURL : http://thecla.exblog.jp/tb/9326404
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by saunterA at 2009-02-11 23:02 x
おいしそうなチョコレートですね。
何回も「おいしい!」と言ってあげると、来年も作ってくれるかもしれませんよ~。(笑)
父親としては、これからも「お父さん」と「ともチョコ」だけ手作りで...と思いたいところですね?(笑)
Commented by banyan10 at 2009-02-11 23:39
オオミドリの卵塊は見事ですね。
これだけあれば、どこかで乱舞が見られそうですね。
Commented by thecla at 2009-02-11 23:39 x
saunterAさん、コメントありがとうございます。
「おいしいよ」と言ったら喜んでましたね~、お菓子作りは初めてだったようですが、面白さにはまったようです。
当分父用とともチョコ用だけ手作りを許可します、当然(爆)
Commented by thecla at 2009-02-11 23:41 x
banyanさん、コメントありがとうございます。
この後、テリ張りに良さそうな空間を探しに尾根に上がったのですが、イマイチ良い空間を見つけられませんでしたが、シーズンになったらもう一度探して見ようと思います。
その前に幼虫撮影かな、これだけあれば。
Commented by cactuss at 2009-02-12 00:05
オオミドリシジミの卵がこれだけの数が付いたのは見たことがありません。
こちらで探すと、ほとんど1卵ずつしか付いていません。
それでも6月中旬頃には多数がテリ張りしています。
Commented by thecla at 2009-02-12 00:19 x
cactussさん、コメントありがとうございます。
群馬では、ほとんど1卵づつですか。多摩丘陵近辺では、割と一つの枝に集中的に付いている感じなのですが・・・。
今年は、この周囲でテリ張りポイントを探すつもりです。
Commented by maeda at 2009-02-12 05:58 x
10卵も付いているのなら、幼虫観察にも適していると思います。
天気の悪い日用にとっておくと良いのでは。
Commented by ダンダラ at 2009-02-12 14:16 x
娘さん手作りのケーキですか、うれしいですね。
オオミドリの越冬卵がこれだけ見つかるとシーズンが楽しみですね。
オオミドリはテリ張りポイントが結構低い位置だから、うまいポイントが見つかるといい写真が撮れそうですね。
Commented by kenken at 2009-02-12 20:05 x
オオミドリは関東のほうが密度が高いようですねぇ~
こちらでは、1~2卵ずつ見ることが多いような・・・
maedaさんもお書きのように、雨の初夏に幼虫探索するのも面白いのではないでしょうか。
Commented by 愛野緑 at 2009-02-12 23:55 x
好きな虫探しの後に手作りケーキが待っていたとは。
良い休日でしたね!
Commented by thecla at 2009-02-13 00:07 x
maedaさん、コメントありがとうございます。
幼虫観察、ゼフの幼虫はそんなに気持ち悪くないタイプですから、良いアイディアですね。天気の悪い日用のメニューに入れておきます(^^;
Commented by thecla at 2009-02-13 00:09 x
ダンダラさん、コメントありがとうございます。
娘が初めて本格的にチャレンジしたケーキでしたから、おいしさも格段でした(^^;
オオミドリのテリ張りポイントは近くの別の場所でも見つけたので、そっちとあわせて今年の楽しみです。近いので財布にもやさしいですし。
Commented by thecla at 2009-02-13 00:13 x
kenkenさん、コメントありがとうございます。
オオミドリは多摩丘陵でしか探したことがありませんが、多摩丘陵では卵塊を良く見ます。密度は高い方なのでしょうね、その割りに良い写真が無いので今年は頑張らなきゃ(^^;
Commented by thecla at 2009-02-13 00:15 x
愛野緑さん、コメントありがとうございました。
近所のちょとした散歩でこれだけ色々見つけて子供が作ってくれたケーキ付きですから、サイコーの休日でした(^^;
Commented by clossiana at 2009-02-14 12:56
私はゼフの卵は北海道時代の経験しかありませんが、卵塊は見たことがなかったように思います。1~2卵でした。地域によって少しずつ違うんですね。
Commented by kmkurobe at 2009-02-14 19:51
ご無沙汰してます。私もゼフ卵犬の散歩の途中に探してみました。積雪のせいか2メートル以上の所についていることが多いような。あそこの広場ではメスアカ、オオミドリ、ウラジロだと思われる卵が観察できました
Commented by thecla at 2009-02-14 20:20 x
clossianaさん、コメントありがとうございます。
北海道も1~2卵ですか。関東だとオオミドリは条件が良いところではべたべた産んであるという記憶しかありません。
関東の低地はオオミドリ天国かもしれませんね。大体他のファボはいないですし。
Commented by thecla at 2009-02-14 20:22 x
kmkuorbさん、コメントありがとうございます。
こちらこそ、自分のブログの更新こそしているものの、バタバタしていることが多く、ROMばっかりです(^^;
積雪の多い地域だと、積雪の下にならない高さに産むと聞きますが、やっぱりそうなのですね。こっちのオオミドリはほとんど目線より下です。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 2009年2月中旬 2月のルー...      第5回 チョウ類の保全を考える集い >>