2009年 02月 21日

オフシーズン企画 2008年の小遠征 北アルプスの夏休み②

〔タカネヒカゲ♀の開翅〕
今回一番うれしかったのは、タカネヒカゲの開翅を撮影できたこと。ただ、静止してじんわり翅を開くのではなく、動き回りながら翅を開閉するので、今見返してみると、これぞ「ザ・開翅」という絵が無いのが少し残念だ。
ただ、その分、撮影枚数だけはあるので、その中から何枚か出してみよう。
d0054625_17511754.jpg

タカネヒカゲ♀ 開翅 CANON EOS 40D TAMRON 90mm Macro
足元から飛んだというより跳ねた感じで草に止まったタカネヒカゲが、完全に翅を閉じずにパタパタやっていた。慌ててカメラを取り出して撮影したものがこれ。
この後も、歩き回ったり、跳ねるように飛んでは翅を時折パタパタし続けた。
d0054625_17595066.jpg

タカネヒカゲ♀ 開翅 CANON EOS 40D TAMRON 90mm Macro
d0054625_1755393.jpg

タカネヒカゲ♀ 静止 CANON EOS 40D TAMRON 90mm Macro
岩角に横倒し気味に静止した際にも翅が少し開き気味のままだった。
d0054625_18323161.jpg

タカネヒカゲ♀ 開翅 CANON EOS 40D TAMRON 90mm Macro
4枚の表が見えて全開に一番近いのがこれ。
d0054625_18333916.jpg

タカネヒカゲ♀ 開翅 CANON EOS 40D TAMRON 90mm Macro
片側だけだけれど、前翅と後翅がはっきり写ったのがこれかな。
[PR]

by toshi-sanT | 2009-02-21 18:55 | | Comments(14)
Commented by grassmonblue at 2009-02-21 20:07 x
何度見てもすばらしいし、うらやましいです。
それとtheclaさんの、うれしそうな息づかいが聞こえてきそうです。
体力に自信があればご一緒させてもらいたいくらいです。自信なし(泣)

ところで昨秋のオオウラギンスジヒョウモンについて少し調べてみました。
theclaさんの記録も引用させていただきましたが、ご了解願います。それと間違いも書いているかもしれませんので、見てください。m(__)m
Commented by banyan10 at 2009-02-21 20:57
今年こそと思う写真の数々ですね。
遠征時の天気は自信あったのですけどねえ。(笑)
Commented by nomusan at 2009-02-21 20:59 x
九州人にとって、本州の高山蝶はかなり縁が遠い蝶になります。
タカネヒカゲは後にも先にも1回だけ、見に行きました。もう10年近く前になりますか・・・。金曜日の最終の新幹線で大阪に行って、そこで友人と合流して夜中に走って明け方前に麓について明け方から登山。初めて見たときの感激はいまだに忘れられません。まだカメラを持ってない頃で・・・もしあの時カメラ持ってたらと思うととっても残念です。
で、夕方前に下山して野宿して翌日に、九州まで帰りました。いわゆる”週末信州”・・・。よくやったもんです(笑)。
Commented by thecla at 2009-02-21 23:13 x
grassmonblueさん、ありがとうございます。
ここは、前日一泊して朝暑くなる前に早めに登れば、傾斜はあまりきつくないので大丈夫かもしれませんので、一度考えてみられたらどうでしょうか。
オオウラギンスジの件、もちろん了解です。こういう風にまとめていただけると助かります(^^;
Commented by thecla at 2009-02-21 23:16 x
banyanさん、コメントありがとうございます。
山の上の天気は変わりやすいので行ってみないとわからないことがありますね。
昔蝶ヶ岳に登った時は、強風でテント内で明け方まで一睡も出来ず、翌日もガスって、何も撮影できず、よれよれになって下山したことがあります。この次はきっと良い天気ですよ。
Commented by thecla at 2009-02-21 23:19 x
nomusanさん、コメントありがとうございます。
九州から週末信州ですか、ハードスケジュールですね。でも私も今回は、夜中1時過ぎに家を出て、明け方から登ってその日のうちに下山しましたから同じようなものかも(^^;
北アルプスの山は、そうまでして行ってみたくなる魅力が一杯ですよね。
Commented by kenken at 2009-02-21 23:40 x
登山の末に得られる天上のカタルシスというやつですな・・・
峰にちらっと雪が写っているのがえぇもんです。
30数年前に1度だけ見に行ったきりですなぁ。
私も再び訪れてみるかどうか、体力的なチャンスはここ数年かな。
Commented by thecla at 2009-02-22 00:29 x
kenkenさん、コメントありがとうございます。
タカネヒカゲだけはちゃんと登山しないといけないのが、かえって良いのかもしれないですね。
最近、山の上は中高年の方が多いです。私なんぞまだまだ若造に見えますからしばらく大丈夫ですよ。
Commented by ダンダラ at 2009-02-24 09:58 x
タカネヒカゲは撮影にいくのに一番覚悟が要りますね。
私もそろそろ体力的に年齢制限に入りそうだし、同行する家内がやはり難しくなってきそうなので、今年か来年と思っていますが、もし皆さんで行かれるときはちょっとお声がけをお願いしますね。
Commented by thecla at 2009-02-24 23:12 x
ダンダラさん、コメントありがとうございます。
ダンダラさんの体力ならまだしばらく大丈夫なのでは?
高い山は天候が変わりやすいので、天気予報とにらめっこで直前出撃を決めていますが、皆で行くとなるとある程度見切り発車しないといけないですね。
ただ、仲間と一緒だと多少天気を外しても楽しめるから、今年まじめに撮影会を考えてみましょうか。でも私自身ものぐさなので、ぎりぎりになるかも(笑)
Commented by clossiana at 2009-03-01 11:04
タカネヒカゲを含めた昨年の高山蝶シリーズは圧巻でしたね。特にこの開翅シーンは初めてのことで衝撃的でした。皆さん同様に私ももう体力的には無理ですので、こうして楽しませて頂けて有り難いです。
Commented by thecla at 2009-03-01 16:00 x
clossianaさん、ありがとうございます。
槍方面の稜線は雲の中でしたが、この開翅だけでも行った甲斐がありました。
ちょっと昨日のある会合で、つい調子に乗って「今年も北アに登るだよ!」と宣言してしまいましたが、さあどうなることやら(笑)
Commented at 2009-03-06 10:27 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by thecla at 2009-03-08 11:19 x
非公開コメントさん、ありがとうございます。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 2009年3月初旬 多摩丘陵散歩      2009年2月中旬 2月のルー... >>