フィールドノート

thecla.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2009年 04月 13日

2009年4月中旬 富士川のギフチョウとスギタニルリシジミ

日曜日は、最初、千葉に行こうかとも考えたのだが、曇りの予報なので毎年恒例の富士川詣でにした。今年は一回も行っていないので少し落ち着かない気がしたのと、あわよくばスギタニルリの♀を狙ってみるつもりなのだ。
〔ギフチョウ〕
まずは、横浜のEさん、アッキーマッキーさんと一緒にいつもと違うポイントへ行ってみる。杉林の中の陽だまりに静止した個体を撮影した。
d0054625_2341384.jpg

ギフチョウ 静止 CANON EOS 40D TAMRON 90mm Macro
手前の草が邪魔であんまり良い写真ではないが、この後が続かないなあと思っていると、虫林さんがいらしたので、一緒にいつものポイントへ戻ることにした。こちらでは、そこそこ個体数は見られるものの気温が高く飛び回るばかりで一向に止まらない。そこで飛翔写真に切り替えるが、この日はどうも距離感が合わず全然駄目。
d0054625_23123280.jpg

ギフチョウ 飛翔 CANON EOS Kiss DX SIGMA 17-70mm Macro
今日は産卵狙いだったのだが、怪しい動きをするメスはいたものの結局産卵シーンは撮影できず、虫林さんとスギタニルリのポイントへ移動することにした。

〔スギタニルリシジミ〕
今日の目的は中々撮影機会のないスギタニルリシジミの♀の開翅。今まで見たことないからどんな条件で開くのか良くわからないが、直感的に気温が高く吸水を繰り返す日中は、太陽光を受けて体温を上げる必要はないから、あんまり開かないような気がする。
特にギフが止まらないような気温の高い日は、日が傾いて山に隠れるまでの3時から4時頃に開くチャンスがあるのではないかと勝手なことを考えてみた。

ポイントに着くと何頭かのスギタニルリシジミが吸水している。中にメスが混じっていないか探していると中に少し深い藍色で翅の外側が黒っぽく見える個体が混じっていた。止まっても翅を開く気配がないから飛翔を撮影して確認してみる。一枚だけ小さく写っているものをモニターで確認するとやっぱり♀だった。
d0054625_23332366.jpg

スギタニルリシジミ♀ 飛翔 CANON EOS Kiss DX SIGMA 17-70mm Macro
吸水中の画像を確認してみると前翅が少し切れていてその隙間から♀であることがわかる絵があった。
d0054625_23345234.jpg

スギタニルリシジミ♀ 吸水 CANON EOS 40D TAMRON 90mm Macro(ストロボ発光)
残念ながらこの個体は見失ってしまったので他の個体を探すがどうも♂ばかりのようだ。しかし、♀らしき個体を探してばかりいて他の個体はまともに撮影していなかったのと吸水に夢中な個体がいたので広角でじっくり撮ることにする。
d0054625_23385077.jpg

スギタニルリシジミ♂ 吸水 RICHO Caplio GX8
後ろにこれからバリアングル液晶を使って広角接写をしようとしている虫林さんが写って中々面白い絵になった。

そろそろ当初狙っていた時間になったので虫林さんと一緒に♀を探しながら待っていると怪しげな個体が降りてきて少し高いところに止まったと思ったら、開翅してくれた。ただ90mmでは遠すぎるし、300mmは車に忘れてきてしまったことに気づく。しまったと思っていたら、90mmでも撮影可能な距離に降りてきてV字開翅を披露してくれた。
d0054625_2344441.jpg

スギタニルリシジミ♀ 開翅 CANON EOS 40D TAMRON 90mm Macro
全開まではいかずに翅を閉じてしまったが、先ほどの個体より綺麗な個体なので裏面も丁寧に撮影することにした。
d0054625_23473550.jpg

スギタニルリシジミ♀ 裏面 CANON EOS 40D TAMRON 90mm Macro
しばらく待っていると再びV字開翅モード。
d0054625_2351424.jpg

スギタニルリシジミ♀ 開翅 CANON EOS 40D TAMRON 90mm Macro
開いているのが顔の高さより少し下くらいなので、手を伸ばしてノーファインダーで見下ろす形で撮影してみた。
d0054625_2352484.jpg

スギタニルリシジミ♀ 開翅 CANON EOS 40D TAMRON 90mm Macro

この後しばらくして、太陽が山の陰に入りタイムアップ、虫林さんと別れ家路に着くことにした。
ギフチョウでは不完全燃焼だったが、狙ったものが狙ったとおりに(本当か?)撮れた満足度の方が高かった。
虫林さん、お付き合いいただきありがとうございました。たぶん一人だったら早々に諦めて帰っていたと思います(^^;

スギタニルリ♀の開翅、暑い日のタイムアップ寸前が開翅タイム、誰か騙されてみる気ありません(笑)
[PR]

by toshi-sanT | 2009-04-13 23:57 | | Trackback | Comments(16)
トラックバックURL : http://thecla.exblog.jp/tb/9594469
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by hagi-w-shogo at 2009-04-14 00:52
メスの開翅…すばらしいです。今度は粘ってみます(笑)
大きさはどうですか?自分の記憶では富士川(に限らず温暖な地域)のスギタニは東京と比べてすごい大きいイメージがあるのですが。
Commented by maeda at 2009-04-14 06:20 x
♀はなかなか下に降りてこないため、見る機会が少ないのですが、そのポイントでは多いようですね。
そんなチャンスは滅多にないので、貴重です。
Commented by clossiana at 2009-04-14 08:04
「暑い日のタイムアップ寸前」は何となくわかるような気がします。図鑑に♀の吸水が夕方見られたとの記録が記載されていますから。私は逆に飛び始めの頃が狙い目かな?と思っています。
Commented by ダンダラ at 2009-04-14 12:10 x
ギフの撮影に加えて、スギタニ雌の開翅撮影成功とは充実した一日でしたね。
暑い日のタイムアップ寸前・・貴重な情報ですね。雌は早朝は降りてこないのかな。
そういえば以前私がメスの開翅を撮ったときもヒメギフの撮影が終わって下に降りてきたときでした。
機会があれば狙って見ます。
Commented by banyan10 at 2009-04-14 17:44
最後は見事ですね。
ノーファインダーでも綺麗に撮れていますね。
スギタニの雌の翅表、一度夕方に挑戦してみます。(^^;
Commented by 虫林 at 2009-04-14 18:47 x
ご苦労様でした。それからスギタニのメスの開翅はごっつあんでした(笑)。とにかく、落石が危険でヒヤヒヤものでしたね。
メスの飛翔もしっかり撮影されていたとはすばらしい!
Commented by thecla at 2009-04-14 22:53 x
hagi-w-shogoさん、ありがとうございます。
全部ではないですが、うん?ルリシジミ?と思うような大き目の個体が混じっていたように思いますが、小さな個体もいました。
Commented by thecla at 2009-04-14 22:55 x
clossianaさん、コメントありがとうございます。
タイムアップ寸前というのは、どうしてもスギタニ一本狙いでいけない貧乏性の私が、ギフの様子を見てからという都合の良い仮説です(^^;
たぶん気温が上がらない朝もねらい目なんでしょうね。
Commented by thecla at 2009-04-14 23:05 x
ダンダラさん、コメントありがとうございます。
早朝でも同じだと思うのですが、ギフとかヒメギフの副産物狙いだと遅い時間だと都合がいいなあと思ったのと、貴ブログでの開翅が山を降りた後だったことも参考にさせていただきました(^^;
Commented by thecla at 2009-04-14 23:07 x
banyanさん、ありがとうございます。
もう少し真上から撮れれば良かったのですが、これが限界でした。ルーミスの時みたいに脚立を持っていれば良かったのですが。
夕方狙いだと他のものも狙えるのでリスク少ないですよ(笑)
Commented by thecla at 2009-04-14 23:11 x
虫林さん、お疲れ様でした。
ちょうどスギタニ雌のお立ち台は落石の心配が少ない場所で良かったですね。ちょっとヒヤヒヤしましたけれど。
雌の開翅狙いと言ったものの全然自信がなかったのですが言ってみるもんですね(笑)
Commented by chochoensis at 2009-04-15 09:10 x
theclaさん、=スギタニ♀開翅写真=見事ですね!!!「暑い日のタイムアップ寸前!」・・・ですか・・・それで今まで撮影できなかったんだ・・・日中、高いところに居るとばかり思い込んでいたのもいけなかったのかな???参考になります・・・。
Commented by kenken at 2009-04-15 19:26 x
 いつも拝見しておりますが、ROMにて失礼しております。
 私も先日、ポイントに着くと、もう飛び回っていて、急遽飛翔写真で遊ぶことにしたりしました。この日は、気温高かったですね。
 スギタニの♀、えぇもんですねぇ~こんなにブルーの部分が大きかったかなという印象です。
 私、重くても、いつも300mmを持ち歩くようにしていますが、肩が凝りますねぇ~首の強化訓練をしているようです。(笑)
Commented by thecla at 2009-04-15 22:59 x
maedaさん、コメント飛ばしてしまいました。申し訳ありません。
この日は、少なくとも2個体いましたから全体の数の割には多いのかもしれません。
今年は、結構あちこちのブログに♀の開翅が並ぶのではないかとそんな気がしています。
Commented by thecla at 2009-04-15 23:01 x
chochoensisさん、コメントありがとうございます。
雌は飛んでいる時良く見ると少しメタリックな輝きと黒い帯が視認できます。しつこくマークしていれば思ったよりチャンスがあるのかもしれません。
Commented by thecla at 2009-04-15 23:05 x
kenkenさん、コメントありがとうございます。
今年は気温が高い日が多くてギフも着くなりぶんぶん飛び回っていることが多いですね。デジタルになって飛翔で遊べるのでこんな時にも楽しめます。
私、300mmは最近ザックの中に放り込んでいる時が多いので、肝心な時に車の中だったりします。やっぱり常時持ち歩いていないと駄目ですね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 2009年4月中旬 新潟・白馬遠征①      2009年4月中旬 神奈川県川... >>