フィールドノート

thecla.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2009年 04月 20日

2009年4月中旬 新潟・白馬遠征①

18~19日は、ギフ・ヒメギフ撮影に新潟・白馬方面へ遠征した。
最初の目的地は、昨年愛野緑さんと一緒に見つけた中越の丘陵。林床にカタクリが敷き詰めていてとても良い感じの場所だった。
今年は、カタクリの開花が早いからも満開のカタクリという訳にはいかないだろうが、昨年は時間が遅くギフチョウの姿を見ていないので、一回この目で確かめてみないといけない。
現地に着いてみるとカタクリは花期遅れどころか完全に終了、実を付けているものばかり。ちょっと読みが甘かったようだ。
それでもオスが何頭か飛び始め、あちこちで日光浴を始めたので広角で撮影する。
d0054625_222822100.jpg

ギフチョウ♂ 開翅 RICHO Caplio GX8
この個体、最初は随分擦れた個体だと思ったのだけれど、尾状突起は揃っているし翅自体はあまり痛んでいない。ただ後翅の赤紋もオレンジ色に近く全体にくすんだというか脱色したような感じ。ひょっとしてイエローテールとかいうタイプか?とも思ったのだけれど赤紋も完全なオレンジではないので良くわからない。

このポイントはカタクリが終わってしまうと他の吸蜜植物がほとんど無い。ただオオイワカガミが花を付けていたので、これに来ると花の柄も長いし絵になるかもと思っていたら、本当にやってきた。
d0054625_2313978.jpg

ギフチョウ♂ オオイワカガミで吸蜜 CANON EOS 40D TAMRON 90mm Macro
その後も二度ほど吸蜜にやってきたので、広角でも撮影した。
d0054625_23102135.jpg

ギフチョウ♂ オオイワカガミで吸蜜 CANON EOS Kiss DX SIGMA 17-70mm Macro

その後は、急に吸蜜に来なくなり周囲を飛び回ることが多くなったので、飛翔写真をねらってみる。尾状突起が欠けた個体が多いのが残念だが、珍しくトリミングなしで使えそうなものがあった。
d0054625_23151857.jpg

ギフチョウ♂ 飛翔 CANON EOS Kiss DX SIGMA 17-70mm Macro
d0054625_23152970.jpg

ギフチョウ♂ 飛翔 CANON EOS Kiss DX SIGMA 17-70mm Macro

ギフの飛翔を追いかけて大汗をかいたころ愛野緑さんがご家族連れでいらした。挨拶をして様子をうかがうと産卵行動をする雌を目撃されたが、結局カンアオイに当らず飛んでしまったとのこと。
そこで産卵狙いに目標を切り替えると同時にカンアオイが多い場所を探すことにした。少し離れた場所に移動するとカンアオイが道の両脇に多い場所があった。しかも綺麗な雌が産卵したそうな行動をしている。
慎重に追いかけると道端では産卵せず、斜面を少しずつ下っていく。芽を出しているカンアオイはそこそこあるのだが気に入らないらしく産卵を始めない。結局斜面も結構急なので追跡しきれず断念。
そんなことを繰り返すが、斜面がきついと追跡もしんどいし、ブッシュも多いので遠くから眼で追うのも難しい。
そこで反対側の緩い斜面を降りてみるとこっちもカンアオイが良い感じで生えていた。すると、地面を叩くように飛ぶ雌が現れた。30分ほど待っているとつに産卵を始めた。
d0054625_23274295.jpg

ギフチョウ 産卵 CANON EOS 40D TAMRON 90mm Macro
もう少し大きな葉が周囲にはあるのにその中でも一番小さな芽吹きに産卵している。そのため卵を一緒に写すことはできなかったが、この2年ほどふられ続きのギフの産卵が撮影できてうれしい。
d0054625_23312464.jpg

ギフチョウ 産卵 RICHO Caplio GX8
広角でも卵は写らないが、根元の曲がった木を背景だから雪国のギフの産卵らしい絵になったのでまあ良いだろう。
d0054625_23364030.jpg

ギフチョウ 産卵直後の卵 RICHO Caplio GX8

結局2時間ほど追い掛け回してやっと産卵が撮影できたことになる。時間的にはまだ昼前だから、他の場所に転進しようかなどと考えながら最初のポイントに戻ると、綺麗な雌が産卵したそうに飛んでいた。
d0054625_23362119.jpg

ギフチョウ♀ 開翅 CANON EOS 40D TAMRON 90mm Macro
こいつが産んだら絵になるなと思って追跡を始める。しかし、結局長時間ストーカーになっただけで徒労に終わってしまった。
まだ時間はあるのだが、今日は白馬へ移動しkmkurobeさんのお宅で一献傾けることにしているので、早めに切り上げ移動することにした。

<続く>
[PR]

by toshi-sanT | 2009-04-20 23:11 | | Comments(20)
Commented by cactuss at 2009-04-21 00:56
日曜日は楽しい観察会でしたね。
オオイワカガミでの吸蜜、飛翔、産卵とすばらしいですね。
特にオオイワカガミでの吸蜜はまだ、撮影した事がないので、うらやましいです。
Commented by maeda at 2009-04-21 07:27 x
今年の新潟も低地では一斉に発生して、あっという間に時期が終わったようですね。標高を上げるとまだまだいけたのではと思います。
昔が懐かしい!
Commented by ダンダラ at 2009-04-21 12:08 x
オオイワカガミでの吸蜜は先日新潟で撮影しましたが、裏側から、しかも手前に花があるという悪条件で完全に証拠写真になってしまいました。
それでも、この花での吸蜜は初めてなので喜んでいましたが、ここにきたらこんなにきれいな写真が・・・(T_T)
お見事です。
Commented by 虫林 at 2009-04-21 13:26 x
先日は疲れ様でした。
前日はすばらしい成果だったのですね。
どの写真もため息が出てしまいます。はじめの写真は確かにイエローテールモドキの面白い色彩ですね。
おめでとうございます。
Commented by banyan10 at 2009-04-21 17:41
オオイワカガミの吸蜜は良い組合せですね。
山形では湿原に多くの葉がありましたが、咲くのはまだまだ先のようでした。
産卵シーンも見事です。今年はまだ産卵の目撃もありません。(^^;
Commented by chochoensis at 2009-04-21 18:53
流石ですね・・・=オオイワカガミ=の吸蜜!最高です!!!こういう素敵な写真・・・いつか撮影してみたいです。素晴らしいです。
Commented by thecla at 2009-04-21 23:05 x
cactussさん、先日はお疲れ様でした。
天気も良かったし、本当に楽しかったですね。
オオイワカガミでの吸蜜は初めて見たのでちょっとドキドキしながら撮影しました。
Commented by thecla at 2009-04-21 23:07 x
maedaさん、コメントありがとうございます。
今年は、蝶の発生もそうですが、それ以上にカタクリがあっという間に終わってしまったようです。
最初は早々に切り上げて、転進しようと思ったのですが、産卵狙いに切り替えたもので結局同じ場所に居座ってしまいました。根本的にものぐさなのかもしれません(^^;
Commented by thecla at 2009-04-21 23:10 x
ダンダラさん、コメントありがとうございます。
カタクリの花が完全に終わってしまっていて、オオイワカガミしか咲いていないという状況だったので最初はかなりあせりました。
その中で来てくれたので、結構あせって撮影してしまい、広角は飛翔設定のままだったりします。
カタクリより蜜が少ないのか吸蜜時間が短かったように思います。
Commented by dragonbutter at 2009-04-21 23:14
実は私も19日は中越でした。写真のグレードは雲泥の差がありますが。(汗)
真珠のような卵、無事育ってほしいですね。続きも楽しみにしてます。
Commented by thecla at 2009-04-21 23:14 x
虫林さん、先日はお疲れ様でした。
今年はカタクリでの吸蜜にはさっぱり縁がないのですが、オオイワカガミの方が撮影機会が少ないはずなので、こっちの方が良いかもしれないですね。
最初の個体は何か脱色したような変な色合いでした。
Commented by thecla at 2009-04-21 23:20 x
banyanさん、コメントありがとうございます。
オオイワカガミは花期がカタクリより少し遅いみたいですね。まだ開いていないものも多く見られました。
私、ヒメギフの産卵はよく撮影していますが、ギフにはここしばらく振られっぱなしだったので「やった~」という気分です。
ただヒメギフに比べごちゃごちゃしたところに産むのでなかなか難しいですね。
Commented by thecla at 2009-04-21 23:23 x
chochoensisさん、ありがとうございます。
イワカガミの花自体も好きな花なので、もっと群生している中で吸蜜してくれたら、もっと良い絵になるのではと思っていたのですが、それは無理でした。ちょっと贅沢言い過ぎですかね(笑)
Commented by thecla at 2009-04-21 23:25 x
dragonbutterさん、コメントありがとうございます。
奇遇ですね、中越に遠征されていましたか。今年は私が行った場所より標高を上げないといけなかったようですが、オオイワカガミと産卵が撮影できたので読みの甘さがかえって好結果になったのかもしれません(^^;
Commented by kmkurobe at 2009-04-21 23:26
先日はおつかれさまでした。本当に楽しい時間を過ごすことができました。前日もやはり素晴らしい成果を上げられていたのですね。コンデジの特性を最大限に活用されてますね。素晴らしいですね。今後の参考にさせていただきます。
Commented by 愛野緑 at 2009-04-21 23:33 x
先日はお疲れ様でした。
私もあのあと♀を見つけ後をつけましたが、良さそうな芽に止まるのですが産卵せずに離れてしまいました。
食草を探しながら飛んでいるギフを追っていると、幼虫が育つ範囲に十分な食草があるか測っているように思えてきました。

オオイワカガミの吸蜜シーンもしっかりピントがきていて、濃いめのピンクが印象的です。
Commented by thecla at 2009-04-21 23:47 x
kmkurobeさん、先日はご案内いただきありがとうございました。
前夜の一献も含め楽しい時間を過ごさせていただきました。
ギフ、ヒメギフの産卵時には手だけ伸ばして地面すれすれに置けるコンデジが本当に役立つように思います。
Commented by thecla at 2009-04-21 23:50 x
愛野緑さん、先日はお疲れ様でした。
あのカタクリポイントはカンアオイがあまり多くないので雌のお気に召さないのでしょうかね。
私も結局あそこでの追跡は徒労に終わりました(^^;
Commented by clossiana at 2009-04-22 08:16
ギフの産卵、オオイワカガミでの吸蜜、撮影おめでとう御座居ます。
私はルーミスの産卵を狙っていたのですが。。産卵どころか殆ど見かけませんでした。
Commented by thecla at 2009-04-23 23:10 x
clossianaさん、ありがとうございます。
今年は、ルーミスの産卵も狙うぞと思っていましたが、予定していた日が天気が悪かったりして不戦敗になりそうです(^^;
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 2009年4月中旬 新潟・白馬...      2009年4月中旬 富士川のギ... >>