フィールドノート

thecla.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2009年 06月 14日

2009年6月中旬 川崎市のミドリシジミ

今週は、ミドリシジミのメスを中心にじっくり撮影するつもりで土日とも近所のミドリシジミの発生地へ出かけた。
結果を言うと早朝雲が多かったのとハンノキが少し伐採された影響か、昨年に比べ下に降りている個体が少なかった成果、目標とした「ベタ画像」に関しては消化不良に終わってしまった。

〔ミドリシジミ〕
d0054625_21402594.jpg

ミドリシジミ♀ 開翅(B型) CANON EOS 40D TAMRON 90mm Macro
d0054625_21435078.jpg

ミドリシジミ♀ 開翅(A型?) CANON EOS 40D TAMRON 90mm Macro
この個体、最初はO型かと思ったのだが、微妙に前翅に薄いA紋があるように見える、A型か?。いずれにせよ、向きも逆だし典型的なA型ではないので「ベタ画像」としては不合格。
d0054625_2145674.jpg

ミドリシジミ♀ 開翅(O型) RICHO Caplio GX8
これも左後翅の一部が欠けているし、表の鮮度も悪い。
d0054625_21463729.jpg

ミドリシジミ♀ 閉翅 CANON EOS 40D TAMRON 90mm Macro
実はこの個体、閉翅を撮影していたら、開翅前にうっかり飛ばしてしまった。飛んだ瞬間、目視ではAB型だったのでかなり残念だ。

オスに関しては、土日ともあまり良い撮影機会がなかった。ようやく良い感じで撮影出来たのはこんな個体だった。
d0054625_21491716.jpg

ミドリシジミ♂ 開翅(羽化不全) CANON EOS 40D TAMRON 90mm Macro
羽化不全の個体なのだが、前翅の先が折り返したようになっている。翅を伸ばしている時に前翅の先が何かに当ったままだったのだろうか。

〔その他の蝶〕
d0054625_2151379.jpg

ムラサキシジミ♀ 開翅 RICHO Caplio GX8
右前翅の先に少しこすれがあるが、第一化のとても綺麗な個体。
d0054625_21582048.jpg

ウラギンシジミ♀ 開翅 RICHO Caplio GX8
これも第一化でとても綺麗な個体だった。
d0054625_220892.jpg

モンシロチョウ 飛翔 CANON EOS Kiss DX SIGMA 17-70mm Macro

ということで、狙いの「ベタ画像」に関しては全滅。平地のミドリシジミはもうおしまい。さあ、どうしようか・・・・。
[PR]

by toshi-sanT | 2009-06-14 22:01 | | Comments(10)
Commented by banyan10 at 2009-06-15 11:37
翅の折れた雄は可哀想ですが、形状は格好いいですね。
左右対称で内側に曲っているのはどうしてか不思議です。
Commented by maeda at 2009-06-15 18:33 x
不思議な物で、狙うと思い通りに行かないのですが、期待せずに出かけると意外な物に出会ったりしますね。
私もそんな繰り返しです。
Commented by thecla at 2009-06-15 21:51 x
banyanさん、コメントありがとうございます。
最初はかなり擦れた個体かと思ったのですが、左右対称だから変だなと思ったら翅が折れ曲がっていました。
これほとんど左右対称です、羽化時に何かに当ったままだったのではないかと思うのですが・・・。
Commented by thecla at 2009-06-15 21:58 x
maedaさん、コメントありがとうございます。
このポイント、ミドリシジミが滅茶苦茶多いというわけでは無いのですが、昨年多くの個体を見ることが出来たので、てっきり楽勝だと思っていたのですが・・・・。
冬場に少しハンノキが切られた影響もあるかもしれません。
自然相手ですから、狙った通りにいかないのも楽しみの一つと・・・・中々思えませんが(笑)
Commented by chochoensis at 2009-06-16 19:15 x
theclaさん、=ムラサキシジミ=のあまりにも綺麗な写真に、度肝を抜かれました・・・ハッ!とする美しさ・・・見事です。
Commented by ダンダラ at 2009-06-16 21:03 x
課題のべた画像、撮影すればするほど難しさを感じますね。
なかなか思い通りの写真が撮れません。
ミドリシジミ♀のA型B型、難しいですね。
O型は青色鱗粉が見えますから、軽度のB型ではないでしょうか。
A型は拡大して、赤い鱗粉があるのを確認しないとはっきりとは分からないですね。
ムラサキシジミとウラギンシジミはきれいで素晴らしいです。
Commented by thecla at 2009-06-16 22:39 x
chochoensisさん、ありがとうございます。
この個体、新鮮な出たてのムラサキシジミってこんなに綺麗だったんだと改めて思うものでした。直射日光下ではなかったので黒い部分がしっとりと写ったというのもあるかもしれません。
Commented by thecla at 2009-06-16 22:43 x
ダンダラさん、コメントありがとうございます。
いやあ、ベタ画像は思った以上に難しいですね。A型もわずかの赤い鱗粉があるように見えますが、O型の青色鱗粉と同程度以下のようです。
いずれにせよ、典型的な型ではないのでベタ画像としては使えるものが皆無です。
♀全型のベタ画像、早くもギブアップっす(^^;
Commented by grassmonblue at 2009-06-18 15:17 x
♂の写真にはビっくり、はじめとんでもない個体変異かと思いました。
ここのムラサキシジミきれいです。ちょうどこの時期に羽化個体がでるんでしょうね。わたしも、ベストのムラシ画像はここでのもので、思い出しました。
Commented by thecla at 2009-06-20 20:32 x
grassmonblueさん、コメントありがとうございます。
このオス最初は大分痛んだ個体かと思ったら、左右対称で変な痛み方だなと思ったら翅が折れ曲がっていました。
羽化不全でもこんなのは初めて見ました。
ムラサキシジミはちょうどこの時期が第一化の時期のはずです。秋に比べ数も少ないのではないかと思うので、見つけるとカメラを向けたくなります。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 2009年6月下旬 甲州のアサ...      2009年6月上旬 北アのクモ... >>