フィールドノート

thecla.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:野の花や山菜( 5 )


2007年 03月 18日

2007年3月中旬 東京都町田市

まだちょっと肩が痛いが、風邪も大分良くなったので、昨年の今時分早春の蝶を観察した公園に家族を連れて出かけてみる。
日差しは、中々暖かかったが、風が強く寒い。昨年テングチョウ、モンキチョウ、ナミアゲハなどが飛んでいた場所にも、今日は何もいない。仕方がないので、少しだけ花の写真を撮って帰った。
d0054625_20284624.jpg

コブシ CANON EOS Kiss DX TAMRON 90mm Macro
d0054625_20295271.jpg

マンサク CANON EOS Kiss DX TAMRON 90mm Macro
d0054625_2030751.jpg

ホトケノザ CANON EOS Kiss DX TAMRON 90mm Macro
樹上に猛禽類の姿が見えたが遠くて撮れない。70-300mmを置いてきたことをちょっと後悔。トビとはちょっと違い、直線的に飛ぶような気がするが、やっぱりトビかな?(mtanaさんよりノスリではないかとご教示いただきました)
d0054625_20304414.jpg

トビかな? ノスリ CANON EOS Kiss DX TAMRON 90mm Macro

ハリギリの芽のふくらみ具合は、昨年の方がよいぐらいだった。最近の寒の戻りで、去年とあまり変わらないペースに戻りつつあるのだろうか。
[PR]

by toshi-sanT | 2007-03-18 20:52 | 野の花や山菜 | Comments(4)
2007年 02月 17日

2007年2月中旬 玉縄桜

近所の公園で「玉縄桜」が開花を始めたということなので行ってみた。
玉縄桜はソメイヨシノから出た早咲きの品種で、普通のソメイヨシノより1ヶ月以上早く咲く。
d0054625_21453945.jpg

ソメイヨシノより少しピンク色が濃いような気がする。
d0054625_21464137.jpg

この公園は大きな芝生広場があって小さな子供を遊ばせるのには良いところだ。
d0054625_21483888.jpg

d0054625_21485681.jpg

我が家の子供達も小さい頃は良く連れてきたのだが、最近は来たことがなかった。久しぶりに来てみると、マテバシイが多いことに気が付いた。残念ながら越冬個体は見つからなかったが、秋にムラサキツバメを探してもおもしろいかもしれない。
[PR]

by toshi-sanT | 2007-02-17 21:56 | 野の花や山菜 | Comments(18)
2007年 01月 13日

2007年1月中旬 梅が咲いた

晴れて少し暖かだったので、午前中だけカメラ片手にいつもの公園へ出かけた。このところ忙しい日々が続いていたので、少し歩いて外の空気を吸うと良い気分転換になる。
日当たりが良い場所では、もう梅が咲き始めていた。
d0054625_2241225.jpg

d0054625_2244158.jpg


年末にムラサキシジミが枯れ葉の下に静止していた場所にも行ってみたが、残念ながら姿は見られなかった。越冬場所ではなかったのかもしれない。
d0054625_227498.jpg

2006年12月30日

まだまだこれから寒くなる時期だが、少しづつ日は長くなっていく。
[PR]

by toshi-sanT | 2007-01-13 22:09 | 野の花や山菜 | Comments(8)
2006年 05月 10日

2006年5月上旬 連休の信州番外編 白馬周辺の花々

〔ネコノメソウ〕
d0054625_23194072.jpg

木漏れ日の中のネコノメソウを撮影したら、ちょっと変わった雰囲気になった。

〔コブシの花と白馬三山〕
d0054625_23261942.jpg

コブシの花から右に、八方尾根のスキー場、白馬鑓、杓子、あっ白馬岳が切れちゃった。

〔ちょっと変わったミズバショウ〕
白馬村のある湿原、白い苞が2枚あるミズバショウがあるというので探してみた。まだ五分咲き程度だったが、何とか見つけることが出来た。
d0054625_2391216.jpg

白い部分が多いので、普通のミズバショウよりも清楚な感じがする。
真上から見るとこんな感じ。
d0054625_2314543.jpg

これは別の株、ほぼ同じところから2枚の白い苞が出ているのがよくわかる。
d0054625_23175376.jpg

これは普通のミズバショウだが、水面に影が映って、「逆さミズバショウ」になった。
d0054625_2323296.jpg

以上
[PR]

by toshi-sanT | 2006-05-10 23:29 | 野の花や山菜 | Comments(16)
2006年 04月 02日

4月上旬 富士川のギフチョウ-番外編

ギフチョウを待つ間、林床の植物を撮影しながら時間を潰した。この季節は、春に咲く花、土から顔を出す新芽、結構楽しい。
d0054625_20344035.jpg

ナガバノスミレサイシン
d0054625_2035512.jpg

ミツマタ 和紙の原料
d0054625_20353813.jpg

ヤブレガサ
東北あたりでシドケとして珍重されるモミジガサの近縁種。丁度ギフチョウの季節に雑木林の林床で顔を出す。モミジガサに比べて、香りが少なく、アクが強いが、天ぷらにするとキク科の香りと独特のぬめり感が結構いける。

充実した撮影の後、汗を流しに日帰り温泉に行った。一風呂浴びた後、温泉施設内の食事処に寄ったが、メニューを見て見慣れない品名を見つけた。
「せりそば」何だ?
とりあえず注文して、出てきたのがこれ。
d0054625_20445640.jpg

なるほど、ざるそばの上に軽く湯がいたセリが山盛り。口に含むとそばと一緒にセリの香が口いっぱいに広がる春の一品。湯上りにはいいかもしれない、気に入った。

※前回から、画像を今までより一回り大きくしてみました。
[PR]

by toshi-sanT | 2006-04-02 20:50 | 野の花や山菜 | Comments(10)