<   2005年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2005年 10月 30日

写真の整理(1)-「あれっ」

 今日もあまり天気が良くない。加えて色々用事もあり、家族全員風邪気味のこともあり、どこにも出かけなかった。そこで先週と同様ちょっと写真の整理をしていたら、いくつか「あれっ」というものを見付けた。
 「あれっ、その1」 真夏の春型
 夏の上高地でヒヨドリバナに訪れているチョウの中に、見慣れない模様のチョウがいた。近付いて良く見るとサカハチチョウだった。しかし、黒地に白い八の字模様ではなく、赤いまだら模様の春型だった。大分くたびれているとはいえ、時期は7月の末、意外な出会いだった。
d0054625_2116544.jpg

サカハチチョウ春型 2005年7月29日 上高地

 「あれっ、その2」 エルタテハと思ったら
 同じく、夏の上高地。エルタテハが飛来して地面に静止した。近付いてファインダーを覗き込むと・・・ヒオドシチョウだった。図鑑等によると、この時期は通常夏眠に入っているらしい。一部の変わり者が贅沢にも避暑にやってきたのだろうか。それともここ上高地でも発生しているのだろうか。
d0054625_21234245.jpg

ヒオドシチョウ 2005年7月29日 上高地

 「あれっ、その3」 カワラナデシコでの吸蜜
 今年8月、ブログ仲間の間でカワラナデシコでのチョウの吸蜜が話題になっていた。カワラナデシコは非常にきれいな花なのだが、花の構造なのかチョウが吸蜜に訪れるシーンはめったに見ない花だ。
 そこで私も、いままで見たことがないなどとコメントをしていたのだが、写真を整理していると・・・、コキマダラセセリがカワラナデシコを訪れている写真があった。おまけに、ストローを伸ばしているところまでしっかり写っている。撮影した日付を見たら7月23日・・・・あれっ。
d0054625_21395345.jpg

コキマダラセセリ 2005年7月23日 岡谷市
[PR]

by toshi-sanT | 2005-10-30 21:47 | | Comments(6)
2005年 10月 22日

写真の整理-息子の作品

朝少し寝坊して起きたら小雨が降っていた。今日は特段やることもないので、今年撮影した写真を少し整理することにした。
整理していると、「たまには僕のも載せてよ」と息子がいうので、何枚か載せてみることに。小学校3年生にしては結構まともに撮れていると思うのだが・・・・これって親バカでしょうか?
d0054625_201326.jpg

ヒメギフチョウ(静止) 2005年5月 群馬県赤城

d0054625_201554.jpg

ヒメギフチョウ(吸蜜) 2005年5月 群馬県赤城

d0054625_2052831.jpg

ミヤマモンキチョウ(吸蜜) 2005年7月 長野県東御市

d0054625_207582.jpg

ミヤマモンキチョウ(雄・雌吸蜜) 2005年7月 長野県東御市

d0054625_20225113.jpg

クモマベニヒカゲ(吸蜜) 2005年7月 長野県上高地

d0054625_20344083.jpg

マツムシソウ 2005年8月 山梨県山梨市
[PR]

by toshi-sanT | 2005-10-22 20:46 | | Comments(10)
2005年 10月 16日

10月中旬 山梨県のクロツバメシジミ

 金曜日に若い者に混じって、ちょっとだけフットサルをやったら、体がぼろぼろになった上に足の親指の爪も痛めてしまった。今週当たり、東御市に紅葉見物も兼ねて出かけようと思ったのだが、長時間山道を歩くのが難しくなってしまった。
 そこで、ブログ仲間から情報をいただいた山梨のクロツバメシジミを観察に出かけることにする。前日の予報より前線の進みが遅いのか、朝から雨が降っていたが、笹子トンネルを抜け甲府盆地に入ると幸い雨はあがっていた。
 女房と子供たちを近くの公園でキックボードで遊ばせている間に、ツメレンゲの群落があるポイントに出かけてみる。
 天気が悪いためか、クロツバメシジミの姿は見えない。周囲を歩き回って、アキノエノコログサに静止している個体を見つけることが出来た。
d0054625_20395170.jpg

 堤防の石垣の上に静止すると、小さいのと翅の色が石の色と良く似ているため、ちょっと目を離すと見失ってしまう。ただ曇っているためか、すぐ別の場所に静止してくれるため、足場は悪いが、追いかけるのは容易だった。
 クロツバメシジミのように小さいシジミチョウには、高倍率ズームマクロは分が悪い。結局コンデジの方が良く撮れているケースが多い。またコンデジはファインダーを直接覗く必要がないため、地面すれすれの角度でも撮れる。
d0054625_20471598.jpg

 また、翅を広げると、真っ黒なためかえって遠くからでも良くわかる。後翅の先にほんのわずか青い模様が見えるのが渋い。
d0054625_2049156.jpg

 本当は、ツメレンゲの花で吸蜜しているシーンが撮りたかったが、残念ながら、そのチャンスはなかった。そこで、花が咲いていないのが残念だが背景に食草のツメレンゲを写し込んで我慢する。
d0054625_2102845.jpg

 あまり女房と子供たちをほったらかしにしているわけにも行かないので、公園に戻ることにする。公園で、青みの強いヤマトシジミを見つけた。これって今話題の低温期型でしょうか。
d0054625_2124620.jpg

 その後、雨が降り出したので、温泉に入り、キノコをいくつか買って帰った。
[PR]

by toshi-sanT | 2005-10-16 21:17 | | Comments(6)
2005年 10月 01日

10月上旬 神奈川県横浜市都筑区

 今日は子供二人の授業参観日、参観が終わった後もあまりに天気が良いのと、息子が自転車で遊びたいというので近所の公園に出かける。この公園は、住宅、マンションの狭間にのさな流れに沿った遊歩道になって子供が自転車で走り回るには中々良い。
 子供の後ろを写真を撮りながら歩いてついていく。遊歩道の両側の草地には、ウラナミシジミが多数飛んでいた。
d0054625_21534194.jpg

ウラナミシジミ
 広角で背景を入れてみるとこんな感じ。
d0054625_21551095.jpg

 ウラナミシジミに混じってツバメシジミ雄を見つけた。翅を開くとはっとするほど美しい。
d0054625_21562155.jpg

ツバメシジミ開翅
 また、ヤマトシジミの雌に求愛行動をする雄を見つけた。後ろから翅を広げてアピールするが、残念ながら振られてしまったようだ。
d0054625_21565616.jpg

ヤマトシジミ求愛行動
 他には、ツマグロヒョウモンの雄がテリでも張っているのか、同じ場所を飛び回っている。雌ほどではないが割りとゆっくり飛ぶのでファインダーを覗きながらマニュアルでピント合わせをしてみる。
d0054625_2285014.jpg

d0054625_229215.jpg

 日差しは強かったが、風が強く湿度も低かったためか割とさわやかな散歩であった。
[PR]

by toshi-sanT | 2005-10-01 22:14 | | Comments(10)