<   2006年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧


2006年 10月 29日

日本チョウ類保全協会主催 「絶滅の危機にあるチョウとその保全」展

「絶滅の危機にあるチョウとその保全」展に最終日の今日行ってきた。
子連れで行くことになったので、早い時間にと思い、9時過ぎに新宿御苑インフォメーションセンターへ向かった。
会場では、生息環境別にどんなチョウが生息しているか、保全への取り組み事例などををパネルと標本で示したもの、会員諸兄のチョウの生態写真などが展示されていた。
〔パネル展示〕
d0054625_2135862.jpg

d0054625_2145966.jpg

管理人も高山蝶の写真を3枚ほど提供させていただいた、だからという訳ではないが、パネルは綺麗でとてもわかりやすかったと思う。
〔生態写真〕
d0054625_21814.jpg

d0054625_2183291.jpg

こちらも2枚出品させていただいた。半切サイズに引き伸ばして大丈夫かなと思ったのだが、中々立派に見えた(^^)。
ただ今回他の会員諸兄の写真を見ていて、広角画像はもう少し引いて環境全体を入れた方がよいかもしれないと思った。自分は、つい、マクロの感覚で近付きすぎてしまう癖があるようだ。

今回、事務局のN氏と話をしたところ何人か新しい方が会員になってくださったそうだ。今回の展示会で少しでもチョウ類の保全に関心を持って支持していただける方の層が広がればうれしい。
末尾になりましたが、新しく会員になっていただいた方々、また生態写真の提供にご協力いただいた皆様、ありがとうございました。
[PR]

by toshi-sanT | 2006-10-29 21:16 | Comments(8)
2006年 10月 28日

2006年10月下旬 神奈川県川崎市

今日は、小学校の校庭でスパーボールすくい、フェイスペイント、竹馬などの昔遊びなどをやるイベントがあったので、娘を連れて行く。一緒に遊ぼうかと言ったのだが、父と遊ぶより、友達と一緒に遊ぶ方がいいというので、昼に迎えに行くことにして、それまでの間、いつもの森林公園に出かけることにする。
ムラサキシジミが出てくる陽だまりは、まだ日光の角度が良くないので、クロコノマチョウを探しに雑木林の方に行ってみた。クロコノマチョウは見つからなかったが、まだクロヒカゲがいた。
d0054625_22282440.jpg

クロヒカゲ RICHO Caplio GX8 露出補正+0.7
日が差してきたので、陽だまりに戻ると、3頭ほどのムラサキシジミが姿を見せた。気温が大分低くなったためか、現れる個体数も増え、翅を広げる機会も多くなったような気がする。
d0054625_22391444.jpg

ムラサキシジミ CANON EOSS Kiss D SIGMA APO 70-300mm
d0054625_22395449.jpg

ムラサキシジミ CANON EOSS Kiss D SIGMA APO 70-300mm
d0054625_2244810.jpg

ムラサキシジミ CANON EOSS Kiss D SIGMA APO 70-300mm
他のチョウはめっきり減ってしまったが、ムラサキシジミは雌も出てきて大分にぎやかになってきた。また、ムラサキシジミに混じり、ムラサキツバメもやってきて、おまけにサービス良く翅を広げてくれた。
d0054625_224857100.jpg

ムラサキツバメ CANON EOSS Kiss D SIGMA APO 70-300mm
直射日光が当たらない場所で開翅したので少しアンダー気味になったが、このほうがいい色になったかな。
30分ほどの間で次々と開翅するショータイムは終わり、活性も高まってしまったので、娘を迎えに行くために帰ることにした。
[PR]

by toshi-sanT | 2006-10-28 22:58 | | Comments(18)
2006年 10月 22日

2006年10月下旬 丹沢の堤防歩き

午前中、丹沢の近くの川の堤防を歩いた。
d0054625_20344795.jpg

ヒメジャノメ RICHO Caplio GX8
d0054625_20381932.jpg

キタテハ CANON EOSS Kiss D SIGMA APO 70-300mm
d0054625_20404368.jpg

ツマグロヒョウモン♂ RICHO Caplio GX8
堤防にはヤマトシジミが多く、青い鱗粉をのせた低温期型の雌もそこそこ見られた。
d0054625_20415029.jpg

ヤマトシジミ♀ CANON EOSS Kiss D SIGMA APO 70-300mm
堤防の石垣で、産卵している雌も見つけた。
d0054625_20422113.jpg

ヤマトシジミ産卵 CANON EOSS Kiss D SIGMA APO 70-300mm
今日一番青かったのは、翅が少し切れているこの個体だった。
d0054625_20425451.jpg

ヤマトシジミ♀ CANON EOSS Kiss D SIGMA APO 70-300mm
この時期♀に比べて不当に扱われる(笑)♂だが、秋の♂も綺麗だと思う。
d0054625_20431988.jpg

ヤマトシジミ♂ CANON EOSS Kiss D SIGMA APO 70-300mm
探し物はみつからなかったが、ダイエットの運動にはなったかな。
[PR]

by toshi-sanT | 2006-10-22 20:46 | | Comments(18)
2006年 10月 21日

2006年10月下旬 神奈川県川崎市

昨夜は、久しぶりに学生時代の友人と集まり飲んだので、体内のアルコールを抜くためと過剰摂取したカロリーを少しでも消費するため、いつも出かける公園まで歩いて出かけた。
ムラサキシジミが良くくる場所で、今日はウラギンシジミが翅を広げていた。
d0054625_2395467.jpg

ウラギンシジミ 開翅 CANON EOSS Kiss D SIGMA APO 70-300mm
しばらくして一瞬日が差すとムラサキシジミが降りてきた。逆光だったので縁毛の輝きを狙ってみることにした。
d0054625_23121982.jpg

ムラサキシジミ 静止 CANON EOSS Kiss D SIGMA APO 70-300mm
かすかに前翅の縁毛が紫に輝いているような気がするがどうだろう。
今日は、一回だけ翅を開いてくれたが、1枚シャッターを押すと同時に梢の上に舞い上がって姿を消してしまった。
d0054625_2314358.jpg

ムラサキシジミ 開翅 CANON EOSS Kiss D SIGMA APO 70-300mm

車だとすぐなのだが、歩くと結構時間がかかる。ただ、住宅地の間に畑が残っていたりして、たまにはこんなのも良いもんだ。少しはカロリー消費になったかな。
[PR]

by toshi-sanT | 2006-10-21 23:15 | | Comments(8)
2006年 10月 17日

日本チョウ類保全協会主催 「絶滅の危機にあるチョウとその保全」展

10月24日~29日、新宿御苑で、日本チョウ類保全協会主催 「絶滅の危機にあるチョウとその保全」展が開催されます。

  場所 : 新宿御苑アートギャラリー
  日程 : 10月24日~29日
  時間 : 9:00~16:30
  料金 : 無料(インフォメーションセンターは新宿御苑の入園料不要です)

会員の方々の素晴らしい生態写真が展示される予定ですので、近くへ行かれる方は是非お立ち寄りください。
なお、本ブログ管理人の撮影した写真もパネル展示等でいくつか使っていただく予定です。

また、急なお願いでしたが、撮影仲間の方々にもご協力いただきました。この場を借りてお礼申し上げます。
[PR]

by toshi-sanT | 2006-10-17 23:36 | Comments(8)
2006年 10月 14日

2006年10月中旬 神奈川県川崎市

今日は、午前中だけいつもの公園へ。
曇りがちだが、日が差すと陽だまりに、1頭のムラサキシジミが現れてくれた。
d0054625_15292667.jpg

秋の日差しに紫の輝きが眼を楽しませてくれる。
d0054625_15321463.jpg

d0054625_15371290.jpg

今日は、この1個体だけ、キチョウの姿も少なくなり、めっきり寂しくなってしまった。
[PR]

by toshi-sanT | 2006-10-14 15:38 | | Comments(20)
2006年 10月 09日

2006年10月上旬 ジュウガツザクラ

都心へでかけたついでに新宿御苑に寄ってみると、この季節に咲いている桜を見つけた。マメザクラとエドヒガンの交配によるジュウガツザクラだった。秋から冬にかけて少しづつ花をつけるそうだ。
秋の花は春のものに比べ小振りで、八重桜系なのだが、あまり派手ではなく、可愛らしい感じ。せっかくなのでRICHO Caplio R4で撮ってみた。
d0054625_2019534.jpg

d0054625_20193334.jpg

d0054625_2020599.jpg

今日はこれだけ。
[PR]

by toshi-sanT | 2006-10-09 20:24 | Comments(4)
2006年 10月 08日

2006年10月上旬 山梨のクロツバメシジミと・・・・・

三連休の中日、高速道路は混んでいるだろうなと思ったのだが、家族で山梨方面へ出かけることにした。ちょっと家を出るのが遅くなったので、中央道は大渋滞、結局山の中を抜けて上野原から中央道にのった。
子供達を公園で遊ばせている間に、クロツバメシジミのポイントへ向かうが、肝心のクロツバメシジミが中々見当たらない。それでも石垣のツメレンゲの回りをチラチラと飛ぶ黒っぽい小型のシジミチョウをやっと見つけることが出来た。
まずは、望遠マクロで撮影するが、どピーカンのため、露出が難しい。
d0054625_2083271.jpg

クロツバメシジミ  CANON EOSS Kiss D SIGMA APO 70-300mm
d0054625_20103851.jpg

クロツバメシジミ  CANON EOSS Kiss D SIGMA APO 70-300mm
次にGX8に変えて、青空を入れた広角写真を狙う。影を作らないようにするとGX8が苦手な手前が暗く、後ろが極端に明るい状況になってしまう。良い機会なので設定を色々変えて撮ってみた。
d0054625_2016214.jpg

クロツバメシジミ RICHO Caplio GX8 露出補正+0.7
d0054625_20181691.jpg

クロツバメシジミ RICHO Caplio GX8 露出補正+0.3
次にストロボを発光させてみることにした。
d0054625_20222121.jpg

クロツバメシジミ RICHO Caplio GX8 ストロボ発光
横からの光線に向きが変わったので、少しアンダーに補正をかけてストロボを発光させた。
d0054625_20325548.jpg

クロツバメシジミ RICHO Caplio GX8 ストロボ発光 露出補正-0.3
今日は、風が強いため、開翅してもすぐ風にあおられて閉じてしまうし、少し翅の表が痛んでいたので開翅はあきらめた。
同じ石垣でウラギンシジミのオスがしきりとストローを伸ばしていた。石は乾いているようなので吸い戻しかもしれないが、戻した水滴は確認できなかった。
d0054625_2044208.jpg

ウラギンシジミ 吸戻し? CANON EOSS Kiss D SIGMA APO 70-300mm

帰りに街道沿いのきのこ屋に寄ったら、良い香りが・・・・思わずその香りに誘われ奮発してしまった。
d0054625_20525212.jpg

頂き物の岩手誉生貯蔵酒とともに堪能した。やっぱり松茸には日本酒が合う。
[PR]

by toshi-sanT | 2006-10-08 21:02 | | Comments(14)