<   2006年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧


2006年 11月 25日

2006年11月下旬 房総半島のルーミスシジミ

明日、新しい車が来る。今の車は息子が産まれたときに購入したので、10年乗ったことになる。大きな故障も無く、あちこちへ良く付き合ってくれた。そこで愛車の乗り納めも兼ねて、房総半島へルーミスシジミを見に行くことにした。
現地には、ちょっと早く着き過ぎたため、日が当たっていないところが多い。しばらく待つとやっと全体に日が当たりだし、梢を白っぽいシジミチョウが舞うのが見えるが、斜面の下側は影になっており、一向に降りてこない。
ずっと見上げていると首が痛くなったので少し別の場所を探してみるが、ムラサキシジミのオスが1頭現れただけだった。仕方がないので、先ほどの場所に戻ると、潅木の葉に水色の輝きが見える。
d0054625_19424838.jpg

ルーミスシジミ 開翅 CANON EOSS Kiss D SIGMA APO 70-300mm
ちょっと鱗粉が剥げているが、春に比べると綺麗な水色だ。次に翅の表と裏を同時に写すことにチャレンジしたが、周囲が暗い中にスポットのように日が当たるため、、露出オーバーになりやすい。アンダーに露出補正をしていたのが、使えるのはこの一枚だけだった。
d0054625_19464730.jpg

ルーミスシジミ 半開翅 CANON EOSS Kiss D SIGMA APO 70-300mm
次にちょうど黄葉した葉に静止した個体を見つけた。葉の上を移動しながら何かを吸っているような仕草をしていた。家に帰ってPCで確認してみるとストローを伸ばしていた。
d0054625_21132693.jpg

ルーミスシジミ 吸水 CANON EOSS Kiss D SIGMA APO 70-300mm
d0054625_21144339.jpg

ルーミスシジミ 開翅 CANON EOSS Kiss D SIGMA APO 70-300mm
黄葉した葉に水色の翅が映えて秋らしい写真になった。
気温が上がってくると活性が高まるのか、あまり低い位置には降りてこず、見上げる高さを舞うようになってしまった。それでも、時々300mmなら撮影できる高さに止まる。
d0054625_21224256.jpg

ルーミスシジミ 静止 CANON EOSS Kiss D SIGMA APO 70-300mm
葉の枯れた部分に止まると銀色の裏面は見事な保護色になり、ちょっと目を離すとどこに止まったかわからなくなってしまう。
d0054625_21234323.jpg

ルーミスシジミ 静止 CANON EOSS Kiss D SIGMA APO 70-300mm
ルーミスシジミの翅の表の色をイメージどおり出すのは難しい。光のコントラストが強すぎると水色が飛んでしまうし、アンダーに過ぎるとくすんだ色合いになってしまう。↓は全て露出補正-1 2/3で同じ個体を撮影したもの。ちょっと昼過ぎの日差しを意識しすぎてアンダーにしすぎてしまったが、これはこれでおもしろい色合いになったかもしれない。
d0054625_21283060.jpg

d0054625_21293519.jpg

d0054625_21295823.jpg

広角接写はことごとく失敗してしまったが、目的だった秋の開翅撮影は十分出来たので、愛車の使い納めとしては上々だった。
[PR]

by toshi-sanT | 2006-11-25 21:47 | | Comments(22)
2006年 11月 23日

使い損ねた写真(2) カラスシジミ

8月上旬の乗鞍高原、夕方活動するゼフを探して宿周辺を散策していると吸蜜しているカラスシジミを見つけた。
d0054625_1947521.jpg

カラスシジミ 2006年8月1日 長野県乗鞍高原 CANON EOSS Kiss D SIGMA APO 70-300mm
d0054625_19482080.jpg

カラスシジミ 2006年8月1日 長野県乗鞍高原 CANON EOSS Kiss D SIGMA APO 70-300mm
じっと吸蜜しているのでGX8での広角撮影も出来た。
d0054625_1949594.jpg

カラスシジミ 2006年8月1日 長野県乗鞍高原 ROCHO Caplio GX8
d0054625_1949426.jpg

カラスシジミ 2006年8月1日 長野県乗鞍高原 ROCHO Caplio GX8
上高地でも昨年見かけたあたりを探したのだが、今年は見つけることが出来ずにがっかりしていたのでうれしかった。
[PR]

by toshi-sanT | 2006-11-23 20:06 | | Comments(17)
2006年 11月 18日

2006年11月中旬 八ヶ岳のミヤマシロチョウ調査

日本チョウ類保全協会主催のミヤマシロチョウ越冬巣調査のお手伝いに行ってきた。
久しぶりに早起きして中央道を八ヶ岳に向かう。朝食を摂るため、途中のPAに寄ると、甲斐駒が朝日に輝いていたが、寒い。
d0054625_22411054.jpg

甲斐駒
最寄のICで集合、調査方法についての打ち合わせの後、調査地へ向かう。今回の参加者は私も含め6名、2名づつの3グループに分かれて、食樹および越冬巣の調査を行うことになった。
調査地へ着くころには、日も差し、心配したほど寒くは無かった。食樹のヒロハノヘビノボラズを探し、胸高直径、樹高などを記録しGPSで位置を特定していくと同時に、越冬巣の個数も記録していく。
葉がほとんど落葉しているため、見通しは良く、食樹は次々と見つかる。だが、その割には越冬巣の数は少ない。ついていても一つであり、一本の木で複数の越冬巣が見つかることはほとんど無い。
葉が落ちているので明るく感じるが、落葉松や他の潅木が繁茂し、半分以上が被覆されている食樹がほとんどのようだった。
〔八ヶ岳ミヤマシロチョウ越冬巣の様子〕
d0054625_2303831.jpg

d0054625_2311191.jpg

d0054625_2313595.jpg

大きな巣は、どうも越冬巣ではなく、今年の成虫が形成した古い巣で、越冬巣は思っていたより小さいものが多く、数も想像していたより少ない。また、環境も思っていたより暗く、吸蜜植物も少ないと想像された。
卵塊で産卵する種類では、一回の産卵で♀が消費するエネルギーは膨大であり、食樹周辺に十分な吸蜜源がないと、「エネルギー補給が十分に行われない=1卵塊の産卵数の減少」、「メスの移動距離が長くなる=天敵等による被捕食確率の上昇」、などにより産卵密度が減ると考えられる。
したがって、落葉松の成長、潅木の繁茂などで環境が暗くなり、吸蜜植物が減少したことが、食樹が多いにも関わらずミヤマシロチョウが数を減らした最大の理由ではないかと思われた。(以上、事務局Nさんの仮説の100%受け売りです)

今後も日本チョウ類保全協会では、八ヶ岳のミヤマシロチョウの生息状況について継続的に調査を行い、保全への具体的な提言を行っていく予定とのことです。皆様のご協力、ご支援をいただければ幸いです。 ⇒日本チョウ類保全協会HP

最後になりましたが、寒い中参加された会員の皆様、お疲れ様でした。また、事務局Nさん、調査の準備をはじめ、ありがとうございました。

d0054625_0252274.jpg

ミヤマシロチョウ 2006年7月22日 八ヶ岳
[PR]

by toshi-sanT | 2006-11-18 23:36 | | Comments(16)
2006年 11月 15日

香港の蝶(2)

白い斑紋の目立つタテハチョウが目に付いたが、中々止まらない。やっと止まったと思ったら木の上、翅をぺタッと開いて止まっているがいかんせん距離が遠いし、角度もない。
コンデジを200mmの望遠にしてノーファインダーで撮るのが精一杯だが、イナズマチョウの仲間だろうか。(オジロイナズマ♀だそうです)
d0054625_22564728.jpg

オジロイナズマ♀
園地の中央のハイビスカスが植えてあるあたりに戻り、シジミチョウの類でもいないかと探すことにした。ウラナミシジミのようなシジミチョウがいるが残念ながら翅が傷んでいた。前日の朝食後深センの駅前の花壇を覗いたときに見たシジミチョウと同じ種類のようだ。
d0054625_2257533.jpg

クロマダラソテツシジミ♀ (撮影は深セン)
そろそろ空港へ向かう時間がせまってきたため撤収しようと思った瞬間、目の前のハイビスカスの葉に1頭のシジミチョウが止まった。なんとなくゼフに近い翅裏の紋様だなと思い撮影する。
d0054625_2311068.jpg

マネアトラフシジミ♀
後でよく見ると尾状突起が上に伸びているので、ひょっとしたら4本あるのかもしれないが良くわからなかった。
実は、撮影中同じ種類の個体がすぐ近くに止まったので喜んでそちらの個体のほうをアップで撮影したが、こちらは尾状突起が欠落していた。最初の個体に絞って撮影すべきだったと思ったが、もう後の祭り。
d0054625_2313570.jpg

マネアトラフシジミ♀ 上とは別の個体
最後に園地の周りを一回りしてから帰ることにすると、日本のコジャノメに似たジャノメチョウを見つけた。
d0054625_2324013.jpg

ヒトツメジャノメ雨季型
ケーブルカーの駅に戻りレストランで昼食でもとってから空港に向かおうと思ったのだが、Fさんから裏の暗い乾季型とかいうヤマトシジミがいるはずとの言葉を思い出した。そこで帰りがけの駄賃にケーブルカー駅前の植え込みを見てみると青いシジミチョウがいた。
中々止まらなかったが、半開翅と産卵シーンが撮れた。
d0054625_2332816.jpg

ヤマトシジミ 乾季型 半開翅
d0054625_2334881.jpg

ヤマトシジミ 乾季型 産卵
裏の斑紋がやけに薄い気もするが、裏の地色も日本のものに比べると暗い気もする。また翅の表も結構青い気がする。これが乾季型だとすると低温だけでなく、乾燥といった条件も影響するのかもしれない。
結局、時間があやしくなり、昼食は空港でとるはめになったが、短時間で何種類かの初めて見るチョウを撮影できたので十分満足して帰国することが出来た。
Fさん本当にありがとうございました。

※(1)と同様、またFさんに同定していただきました。Fさんありがとうございます。
[PR]

by toshi-sanT | 2006-11-15 23:08 | | Comments(14)
2006年 11月 12日

香港の蝶(1)

先日、中国まで出張した。香港から帰国なのだが、帰国便は土曜日の午後便、荷物の中にはコンデジを忍ばせてある。また、「探蝶逍遥記」のFさんからは、先日お会いした際にすぐ行けるポイントを聞いてある・・・・、ということで午前中いっぱいくらいで行ける場所に行ってみた。
香港駅のチェックインカウンターでチェックインし、荷物を預けた後、夜景で有名な観光地へ。出張中、中華料理を食べ過ぎた体のカロリー消費のためにも少し、ハイキングコースを歩くことにする。
いつもそうなのかわからないが、この日はとても風が強かった。その強い風に乗って、ツマベニチョウや紫色のマダラチョウが姿を見せるが、止まらずに風に乗って飛び去ってしまう。
その中にゴマダラチョウのような斑紋のチョウがゆるやかに飛ぶが、木の高いところに止まるだけで中々近くに来てくれず、証拠写真くらいしか撮れない。
d0054625_2281819.jpg

それでもやっと近くに止まってくれた個体がいた。翅が大分傷んでいるが、翅の付け根の赤い斑紋が目立つ。アカネシロチョウではないかと思う。
d0054625_2242724.jpg

アカネシロチョウ RICHO Caplio R4
しばらくハイキングコースを歩くと公園のような場所に出た。ここには、ハイビスカスなども植えてあり、中々良さそうだ。
良く見ると、白い大きな斑紋を持った紫の蝶が、木の周りを飛んでいる。一瞬葉に止まってはすぐ飛び立つので、遠い上にコンデジの合焦スピードが追いつかない。それでも一回だけ少し長く静止してくれ、2回ほどシャッターを押すことが出来た。メスアカムラサキの♂のようだ。
d0054625_22153930.jpg

メスアカムラサキ RICHO Caplio R4
風が強く木の枝も揺れるため、翅の表が写ったほうは、ピントがあっていないが仕方ない。
d0054625_2217041.jpg

ちょっと周囲の草叢を探してみると、オレンジ色がかったジャノメチョウがいた。(ジャノメチョウと思ったらシジミタテハでした。)
d0054625_2218324.jpg

ヒョットコシジミタテハ
これも同じ個体で少しピントがあっていないが、色合いはこっちの方が実際に近い気がする。
d0054625_2221527.jpg

この草叢では、他に大型のジャノメチョウとクロボシセセリのようなセセリを見たのだが、撮影する前に逃げられてしまった。
次にハイビスカスを植えてある場所で花に来る蝶を待つことにする。一瞬キシタアゲハ?と思われる後翅が黄色いアゲハも飛んできたのだが、花に止まらず飛び去った。その時、目の前に巨大なキマダラセセリのようなセセリが止まった。キバネセセリくらいの大きさはあっただろうか。しばらくハイビスカスの葉の上に静止していたので広角で撮ってみた。
d0054625_22311147.jpg

ベスタネッタイアカセセリ
d0054625_22355255.jpg

ベスタネッタイアカセセリ
                                                     <続く>

引っ張るほどの出来のものはあまりないのですが、管理人としては初めての南方での撮影だったので、後一回引っ張ります。
最後になりましたが、Fさん貴重な情報ありがとうございました。

※Fさん、シジミタテハとネッタイアカセセリの同定ありがとうございました。
[PR]

by toshi-sanT | 2006-11-12 22:42 | | Comments(12)
2006年 11月 04日

オフシーズン企画 使い損ねた写真① 『祭りの終わり秋の風』

もう11月、撮影できる種類も極めて限られ、毎週同じような画像が並ぶようになってしまいました。そこで、オフシーズン企画として週一更新で、今年撮影したものの中から、タイミングを失して使い損ねた画像を中心に紹介したいと思います。
皆様、お付き合いください。

第一回は、ちょっと気取ってタイトルをつけてみました。まずは、画像をご覧ください。一応2枚組のつもりです。
d0054625_21422375.jpg

d0054625_2142456.jpg

2006年7月30日 長野県松本市 RICHO Caplio GX8

梓川沿いの林道で、絶好の場所にオオイチモンジが吸水していると思って、慌ててカメラを構えファインダーを覗きながら匍匐前進、しかし何か翅の紋様が不自然なのです。
d0054625_21562486.jpg

そう、オオイチモンジの屍骸だったのです。
長雨のせいで斃死したのでしょうか、それとも砂防工事用の車両との交通事故でしょうか、後翅の青い紋様はまだはっきりとしていました。
d0054625_2158781.jpg

道の真ん中にこのまま放置するのも気が引けたので、道の端にそっと置きました。ちょうど梓川の川面を吹く風にあおられるさまが、真夏の日差しの中にもかかわらず、秋の気配が忍び寄っているような感じがして、カメラを向けたのが最初の2枚となったわけです。
ちょっとやらせではありますが、滅多に撮影できるものではないと思い、オフシーズン企画の第一弾としました。

※明日から一週間、仕事で出張に出ます。帰ってきたら、秋も一層深まっていることでしょう。
[PR]

by toshi-sanT | 2006-11-04 22:06 | | Comments(14)
2006年 11月 03日

2006年11月上旬 神奈川県川崎市

3連休だが、高速は混みそうだし、子供が風邪気味でもあるので、家でのんびり過ごすことにする。そこで午前中だけ、いつもの公園で定点観測。
いつもの観察ポイントの陽だまりに着くと、紫色のシジミチョウが低い位置を飛んでいた。ちょうどツワブキの葉に止まったので近付いて見ると、尾状突起が見える。
早速のムラサキツバメのお出ましだった。
d0054625_21374999.jpg

ムラサキツバメ♀ 開翅 CANON EOSS Kiss D SIGMA APO 70-300mm
d0054625_21383155.jpg

ムラサキツバメ♀ 開翅 CANON EOSS Kiss D SIGMA APO 70-300mm
しばらく飛んでは止まり、葉についた朝露を吸っている。ちょうど逆光になるので縁毛の輝きを狙ってみるが、角度が悪いのか単なる露出アンダーの失敗作になっただけだった。
その時、急に翅を開いたので、あわてて位置を変えて撮影する。
d0054625_21433642.jpg

ムラサキツバメ♀ 開翅&吸水 CANON EOSS Kiss D SIGMA APO 70-300mm
家に帰ってPC画面で見るとストローを伸ばしたままだし、水滴も見える。
d0054625_2152948.jpg

ムラサキツバメ♀ 開翅&吸水 Caplio GX8
ちょっとピントが甘いが、葉の先端に集まった朝露を吸っている感じが良く出たことにしておこう。
10時頃になるとムラサキシジミも日光浴に現れた。越冬明けのように大分スレた個体だったが、光の角度のせいか不思議な輝きになった。
d0054625_223093.jpg

ムラサキシジミ 開翅 CANON EOSS Kiss D SIGMA APO 70-300mm
その後、公園内を一周して戻ると、コンデジで撮影していた方がいた。ムラサキシジミが飛んだ瞬間、視線が合い、挨拶すると、「Tさんですか」。えっ、なんと「探蝶逍遥記」のFさんだった。70-300とGX8の装備からひょっとしてと思われたそうだ。お会いするのは初めてだが、ブログやメールで会話をしていたため、初対面という気がしない。ムラサキシジミが飛ぶの眺めながら、香港の蝶情報など貴重な情報をいただいた。
d0054625_22343234.jpg

ムラサキシジミ 開翅 CANON EOSS Kiss D SIGMA APO 70-300mm
のんびりした秋の午前中、Fさんにもお会いできたし、良い休日となった。
[PR]

by toshi-sanT | 2006-11-03 22:37 | | Comments(12)