フィールドノート

thecla.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2007年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧


2007年 03月 26日

2007年3月下旬 今年の富士川の初○○は

久しぶりに休暇をとった。子供達は塾の春期講習とかで一人で出かけられる。しかも天気予報は快晴、気温も20℃くらいまで上昇する見込みだ。
神奈川では先週からダンダラ模様の蝶が出ていたし、富士川でも今日飛ばないわけはないと考えて出かけた。
ポイントに着くとカタクリもヤマザクラも花を開いていて後は主役を待つばかり。
d0054625_21201337.jpg

カタクリ CANON EOS Kiss DX SIGMA APO 70-300mm
d0054625_21213670.jpg

ヤマザクラ CANON EOS Kiss DX SIGMA APO 70-300mm
気温も徐々に上がりいい感じになってきた。アカタテハでウォーミングアップしつつ待つ。
d0054625_21234259.jpg

アカタテハ CANON EOS Kiss DX SIGMA APO 70-300mm
ところが、主役が一向に現れない。ミツマタの咲く陽だまりにも姿は無い。
d0054625_21271464.jpg

ミツマタ RICHO Caplio GX8

結局2時頃まで待ったが、カタクリが日陰になってしまったため、下山した。このまま帰るのも何なので山里を散策したみることにした。
山里にも春は来ていて、ソメイヨシノも咲き始めていた。
d0054625_21302498.jpg

ソメイヨシノ CANON EOS Kiss DX SIGMA APO 70-300mm
d0054625_21325630.jpg

キチョウ CANON EOS Kiss DX SIGMA APO 70-300mm
d0054625_21474284.jpg

諸葛菜とモンシロチョウ CANON EOS Kiss DX SIGMA APO 70-300mm
※諸葛孔明が兵糧用に栽培したという伝説のある諸葛菜(ムラサキハナナ)、大学の寮の脇に一杯生えていて、友人と煮て食べてみたが、しわかった記憶がある。

え、富士川の初○○は何かって、初カタクリですよ、カタクリ。このネタ去年も使ったなあ(^^;
※スイセン画像は、ボツにしました~(^^;
[PR]

by toshi-sanT | 2007-03-26 21:48 | Comments(18)
2007年 03月 24日

2007年3月下旬 東京都町田市

週末の天気予報はあまり芳しくなかったので、昨日は飲みに行ってしまった。ところが、朝起きてみると薄日が差しているし、天気予報でも午前中は晴れに変わっていた。
「しまった」と思ったがもう遅い、そこで多摩丘陵にミヤマセセリ、コツバメなど早春の蝶の観察に出かけてみることにした。
着いてみると、気温はそこそこ高いが、うす曇といった感じで時折うっすらと日が差す程度だった。
それでも、幸先良くミヤマセセリが姿を見せてくれた。まずは、90mm Macroでじっくりと撮ってみる。
d0054625_17152286.jpg

ミヤマセセリ 静止 CANON EOS Kiss DX TAMRON 90mm Macro
次にGX8に切り替えたが、地面に張り付くように静止している蝶は広角では撮りにくい。真後ろではなく、少し斜めから撮ったほうが良いかもしれない。
d0054625_17202460.jpg

ミヤマセセリ 静止 RICHO Caplio GX8
d0054625_17205376.jpg

ミヤマセセリ 静止 RICHO Caplio GX8
次に姿を見せたのは、モンキチョウとベニシジミ。どちらも、今年初めての撮影だ。
d0054625_1725388.jpg

モンキチョウ 静止 CANON EOS Kiss DX TAMRON 90mm Macro
d0054625_17282096.jpg

モンキチョウ 静止 RICHO Caplio GX8
ベニシジミは、F2.8で撮ってみた。F2.8で撮るにはもう少し空間に広がりがあった方が効果があるのかもしれない。
d0054625_17325894.jpg

ベニシジミ 静止 CANON EOS Kiss DX TAMRON 90mm Macro
結局、天気は時折薄日が差す程度の曇り空、しかも、だんだん雲が厚くなってきたのであきらめて帰ることにした。
残念ながら、もうひとつの目的のコツバメは姿すら見ることが出来なかった。
[PR]

by toshi-sanT | 2007-03-24 17:41 | | Comments(18)
2007年 03月 21日

2007年3月下旬 神奈川県相模原市 今年の初ギフ

久しぶりに天気の良い休日。女房と娘は私の風邪がうつってしまいダウン。そこで2人に十分休養をとってもらうことを口実に、元気な息子を連れて出かけることにした。
そろそろ富士川か、それとも太平洋岸T地点かと張り切っていたのだが、前日飲みに行ってしまい少し寝坊してしまった。そこで、10日に出ていたという情報のある神奈川のギフチョウを見に行くことにした。
山頂に着くと先客は1名だけ、思ったより人が少ない。その代わり風も冷たく、ギフチョウどころか何もいない。しばらく待つとやっと越冬明けのヒオドシチョウが現れたので、時間つぶし代わりにカメラを向ける。
d0054625_16422035.jpg

ヒオドシチョウ CANON EOS Kiss DX TAMRON 90mm Macro
ギフチョウがやってくるのは、気温が上がる昼前かなと思っていたら、大人数のグループがファミリーで登ってきて、狭い山頂が人で一杯になってしまった。この状態だと思うように撮影できないので、3年前にじっくり撮影できた小ピークへ移動することにした。
d0054625_17101560.jpg

移動途中で見つけたウスビタガの繭(抜け殻) RICHO Caplio GX8
小ピークに着いても残念ながらギフチョウの姿は無かった。ここで駄目なら仕方がないので、昼食をとりながら待つことにする。ちょうど食べ終わったころどこからともなく1頭のギフチョウが現れた。今年初めて見るギフチョウだ。
d0054625_16535389.jpg

ギフチョウ CANON EOS Kiss DX TAMRON 90mm Macro
雑木林の中をぬって飛ぶギフチョウを見るとやっと春が来たなあという感じがする。
丁度登ってきたご夫婦が、ギフチョウを見るのは初めてだということなのでしばらく一緒に観察することにした。
d0054625_16562657.jpg

ギフチョウ 前から CANON EOS Kiss DX TAMRON 90mm Macro
とりあえずマクロで何枚か取れたので、息子が撮影している脇から邪魔にならないよう、70-300mmの方で撮ってみる。
d0054625_16583875.jpg

ギフチョウ 斜め前から CANON EOS Kiss D SIGMA APO 70-300mm
ずっと90mm Macroで撮っていて70-300mmに切り替えるとびっくりするほど遠くからでも撮れることに気付く、やっぱり長玉は楽だ。
18-55mmでの飛翔写真も今回初めて試してみたが、ノーファインダーだとどうも画面に収まらずちょん切れたようなものばっかりだった。もう少し慣れれば、使えるようになるかもしれないのでしばらくはこれで頑張ってみようと思う。
息子撮影の画像はというと・・・・、やばっ、今日のベストショットかもしれない。
d0054625_1772615.jpg

息子撮影のギフチョウ RICHO Caplio R4

1時頃になると少し日がかげることが多くなり、風も冷たくなったので早々に退散することにした。いよいよ蝶のシーズンが始まった。休日前日に飲みに行くのは控えなくては。
[PR]

by toshi-sanT | 2007-03-21 17:19 | | Comments(37)
2007年 03月 18日

2007年3月中旬 東京都町田市

まだちょっと肩が痛いが、風邪も大分良くなったので、昨年の今時分早春の蝶を観察した公園に家族を連れて出かけてみる。
日差しは、中々暖かかったが、風が強く寒い。昨年テングチョウ、モンキチョウ、ナミアゲハなどが飛んでいた場所にも、今日は何もいない。仕方がないので、少しだけ花の写真を撮って帰った。
d0054625_20284624.jpg

コブシ CANON EOS Kiss DX TAMRON 90mm Macro
d0054625_20295271.jpg

マンサク CANON EOS Kiss DX TAMRON 90mm Macro
d0054625_2030751.jpg

ホトケノザ CANON EOS Kiss DX TAMRON 90mm Macro
樹上に猛禽類の姿が見えたが遠くて撮れない。70-300mmを置いてきたことをちょっと後悔。トビとはちょっと違い、直線的に飛ぶような気がするが、やっぱりトビかな?(mtanaさんよりノスリではないかとご教示いただきました)
d0054625_20304414.jpg

トビかな? ノスリ CANON EOS Kiss DX TAMRON 90mm Macro

ハリギリの芽のふくらみ具合は、昨年の方がよいぐらいだった。最近の寒の戻りで、去年とあまり変わらないペースに戻りつつあるのだろうか。
[PR]

by toshi-sanT | 2007-03-18 20:52 | 野の花や山菜 | Comments(4)
2007年 03月 17日

奥州大吟醸 古歌葉

今日は、朝雪が舞う寒い一日。おまけに先週からの風邪のため体調が万全でない。インフルエンザではないのだが、右肩、背中、腰が痛くつらいので、買い物に出る以外は家でゴロゴロして過ごした。
そういうわけで、何も画像がないのだが、丁度頂き物の日本酒が届いた。
「奥州大吟醸 古歌葉」という岩手のお酒だ。
d0054625_20383015.jpg

「古歌葉」とは、江刺にある奥州藤原三代の金山の名前。
また、この地にある金塊塚には、
奥州藤原氏の埋蔵金のありかを示すという伝説のある歌、「朝日さす夕日輝く樹の本に黄金萬倍漆億々」
が刻まれており、この歌が地名の由来ともされているらしい。

こんな日は、藤原三代の黄金伝説とともに、黄金色と黒のダンダラ模様にも思いをはせながらの一杯もよかろう。

原料米    : 江刺金札米
精米歩合  : 40%
日本酒度  : +5
[PR]

by toshi-sanT | 2007-03-17 20:52 | Comments(12)
2007年 03月 11日

香港の蝶(3)

香港出張の帰りの土曜日、午後の飛行機を待つ間、自然が残っているピークまで出かけた。
この冬の香港は、異常低温注意報が出るなど日本と違って寒い冬のようだ。
この日も、朝起きると曇り、高層ビルの上の方はもやっているありさま。ただTVの天気予報では21度くらいまで気温は上がるようだ。九龍あたりの観光にしようかどうしようかと思っていると、うっすらと青空が見え薄日も差してきたので、9時頃ホテルをチェックアウトし、山の上に上がることにした。
山の上に着くと、うっすらとガスっており、地面も濡れている。レストランで朝食をビールで流し込んでいるうちに、薄日が差して来た。せっかく来たのだから、昨秋に色々撮影できた場所まで行ってみる。
d0054625_2152057.jpg

ハイビスカスなどを撮影してしばらく待つが、曇り空のせいか、蝶の姿は一向に見えない。
頭の先にとがった飾りのようなものがついた鳥は時々姿を見せる。
d0054625_218390.jpg

頭の先が尖った鳥 CANON EOS Kiss D SIGMA APO 70-300mm
昼過ぎにはここを出ないといけないので、諦めてレストランで飲んだくれて帰ろうと思い道を戻っていると、綺麗な蝶が木の周りを舞ってい、産卵しているように見えた。植物は、日本のサルトリイバラに似ているなと思ったら、どうもトラガの仲間のようだ。
d0054625_21182169.jpg

トラガ 産卵 CANON EOS Kiss D SIGMA APO 70-300mm
白い花に来ているものもいて、ヒョウシャクガのようだ。(種名は、fanseabさんに教えていただきました。ありがとうございます。)
d0054625_21204153.jpg

ヒョウシャクガ 吸蜜 CANON EOS Kiss D SIGMA APO 70-300mm
戻る途中、崖のような急な沢が流れ落ちている場所があり、大型のシロチョウが舞っていた。今日初めて見る蝶だ。中々降りてこないので、300mmで飛翔中を撮ってみる。何とか大幅にトリミングして一枚使えるものがあった。
d0054625_21242320.jpg

タイワンモンシロチョウ? 飛翔 CANON EOS Kiss D SIGMA APO 70-300mm
見ていると崖に静止したのだが、遠すぎて300mmでも射程外だった。ふと左手の茂みにブラック系のアゲハが見えた。モンキアゲハのようだ。
d0054625_21272759.jpg

モンキアゲハ 吸蜜 CANON EOS Kiss D SIGMA APO 70-300mm
丁度、空も晴れてきて日が差し暑くなってきたので、時間までこの場所で粘ってみることにする。
すると、日本のミヤマカラスアゲハのような色合いの蝶が飛んできて、崖に止まり吸水をはじめた。後翅のルリ色の斑紋が見えるのでルリモンアゲハだろうか。
d0054625_21355882.jpg

ルリモンアゲハ 飛翔 CANON EOS Kiss D SIGMA APO 70-300mm
ただ、ちょっと遠すぎるのでもう少し降りてこないかなと思っていたら少しだけ低い位置に止まりなおしてくれた。
d0054625_21375579.jpg

ルリモンアゲハ 吸水 CANON EOS Kiss D SIGMA APO 70-300mm
d0054625_21402559.jpg

ルリモンアゲハ 吸水 CANON EOS Kiss D SIGMA APO 70-300mm
もっと近くへ降りてきてくれないかと思ったが、残念ながら時間切れ、慌てて空港へ向かった。

今回は少し気合を入れて、デジイチとSIGMA 70-300mmを持っていったのだが、証拠写真的なものしか撮れなかった。ただ、コンデジだけだとどうしようも無い距離でしか撮れなかったので、わざわざ持っていった甲斐があったともいえるかもしれない。
ちなみにトリミングしない元画像はこんな状況だった。
d0054625_2145462.jpg

[PR]

by toshi-sanT | 2007-03-11 21:46 | 外国の蝶 | Comments(18)
2007年 03月 04日

2007年3月上旬 湘南

天気予報では、今日は気温も高くなり絶好の好天。今年は暖冬なので、ひょっとしたら神奈川でもギフが出ているかもしれない。
と思ったのだが、先週一人で出かけてしまったし、来週は来週で週末にかかる出張があるため、家族で湘南方面へのドライブとなった。
湘南なら、ちょっとした公園に寄って、モンキチョウ、モンシロチョウ、ベニシジミあたりが撮影できるだろうと思い、ちょっと早起きして道が混まないうちに出ることにした。

河津桜は、もう盛りを過ぎていたが、まだ綺麗な花を付けている樹もあった。
d0054625_2015896.jpg

龍神を見て、あっ「神龍(シェン・ロン)」だあ~などと子供と一緒に阿呆なことをやって遊んだりしてしまった。
d0054625_201358.jpg

昼食は、本日最大の目的のひとつ、「しらす丼」。これは、しょうがと大葉を抜いた子供用。
d0054625_2062470.jpg

もう少し暖かくなると、生しらすを食べさせる店もあるのだが、今日は釜揚げしらすで我慢。これはこれで大ぶりのしらすが美味しい。

蝶の撮影の方はどうだっかというと。
気温が上がったためか、どこからともなくムラサキツバメが登場。越冬明けだが尾状突起もそろっていて結構綺麗な個体だった。
d0054625_2013545.jpg

ムラサキツバメ雌 CANON EOS Kiss DX TAMRON 90mm Macro
d0054625_20132312.jpg

ムラサキツバメ雌 RICHO Caplio GX8
今年の野外での成虫撮影第一号は、越冬明けのムラサキツバメだった。

さて、今年の新成虫第一号を探していると、こんなん出ました~。
d0054625_20223749.jpg

ツマグロヒョウモン雄 CANON EOS Kiss DX TAMRON 90mm Macro
翅がまだ柔らかい感じがしたので、今日蛹から羽化した個体ではないかと思う。幼虫越冬のはずだから、2月のうちから摂食をしていたことになる。パンジーの花が多かったから、その葉を食べていたのではないかと思うのだが、それにしても3月上旬に新成虫が出ているとは。
d0054625_20282110.jpg

ツマグロヒョウモン雄 CANON EOS Kiss DX TAMRON 90mm Macro
それにしても、3月上旬にモンキチョウやモンシロチョウより前に、ツマグロヒョウモンを撮影することになるとは思わなかった。

2007年3月4日 ツマグロヒョウモン 初見 神奈川県湘南地方
[PR]

by toshi-sanT | 2007-03-04 20:31 | | Comments(22)
2007年 03月 03日

いわな酒

先日、新潟に行ったとき酒蔵で「いわな酒」を売っていた。2合の日本酒がついて1,000円。
d0054625_20505138.jpg

中を開けると、真空パックのいわなが入っている。
d0054625_20511110.jpg

これをちょっとあぶって、熱燗に漬ける。今日の夕食は、ひな祭りだったのでちらしずし、これがすし飯にも合い、中々いける。

もうひとつ、あゆ酒も購入した。これは、今年初のギフ撮影の後に祝い酒にしようと思う。賞味期限は3月末だが、今年は大丈夫だろう。

急にPCがDVDを認識しなくなってしまった。酷使しているのでそろそろガタがきはじめたのかもしれない。
そこで、外付けのDVDと320Gのハードディスクを購入、画像データと大事なファイルを外付けHDにバックアップすることにした。両方合わせて2万円ほどし、痛い出費だが、データが吹っ飛んでしまうよりましだ。
これで、本体PC、外付けHD、DVDと大事な写真は3重に保存できる。ちょっとHD容量に余裕が出来たので今年は一部RAW撮影にもチャレンジしてみようと思う。
[PR]

by toshi-sanT | 2007-03-03 21:20 | Comments(6)