<   2007年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2007年 08月 26日

2007年8月下旬 信州のベニヒカゲ 他

金曜日の夜、「日本チョウ類保全協会」の中村さんから「明日どこかに出かけるなら便乗させてください」との電話があった。
ちょうど息子も娘も用事があって一人で出かけることにしていたので、「信州にベニヒカゲを見に行こうと思っていますが、マニアックな場所で個体数もあまり多くないけれどいいですか。」というと、「いいですよ」とのことなのでご一緒することになった。
ベニヒカゲポイントに向かう途中の林道でゼフの♂が路上で卍飛翔をしていた。慌てて車を止め、カメラを取り出すが、飛翔用のKiss Dは故障中、仕方がないので70-300mmで撮影。
d0054625_18301031.jpg

アイノミドリシジミ 卍飛翔 CANON EOS Kiss DX SIGMA APO 70-300mm Macro
中村さんがネットを持っていたので捕獲してみるとアイノミドリシジミだった。良く見るとあまり高くない枝の上で何頭かのアイノがテリを張っている。300mmで撮影するが、さすがに8月の下旬、ボロボロだった。だが、良い時期に来て脚立を使えば絶好の撮影ポイントかもしれない。
また下草にはジョウザンミドリシジミの♀が止まっていた。
d0054625_1853474.jpg

ジョウザンミドリシジミ♀ CANON EOS Kiss DX SIGMA APO 70-300mm Macro
ベニヒカゲのポイントに着くと、チラチラと姿が見える。
d0054625_1921583.jpg

ベニヒカゲ 静止 CANON EOS Kiss DX TAMRON 90mm Macro
d0054625_196299.jpg

ベニヒカゲ 開翅 CANON EOS Kiss DX TAMRON 90mm Macro
ポイントまでの道すがら、中村さんにノアザミとノハラアザミの区別点を教わったが、ちょうどそのノハラアザミにオオチャバネセセリとベニヒカゲが吸蜜していた。
d0054625_19142990.jpg

草の中にもぐりこんで産卵行動をとる個体もいた。撮影には厳しい条件で、ピンが甘いが何とか腹部を曲げているところを撮影することが出来た。
d0054625_19243317.jpg

ベニヒカゲ 産卵行動 CANON EOS Kiss DX TAMRON 90mm Macro

午後からは、山を降りて山梨のゴマシジミの生息環境を確認して帰ることにした。「虫林花山の散歩道」の虫林さんに連絡を取り状況を伺う。ゴマシジミの姿は見られたそうだが、採集者も10名くらい入っているらしい。とても姿は拝めそうにないが、山梨北西部のゴマシジミの生息環境を私は見たことがないので、生息環境を見るだけでもいいやということで行ってみることにする。
途中でオオムラサキの交尾拒否行動を観察したのだが、距離が遠かったので大した写真にはならなかった。
ゴマシジミのポイントは、ワレモコウの数もそこそこ多く、オミナエシなどススキ草原を代表する植物も多く環境は中々良いように思えた。ただ、採集者が入れ替わり立ち代りやってくるから当然のことながら主役の姿は無い。山梨のゴマシジミの衰亡には、山村と里山の関わり方の変化による生息環境の整った場所の減少が大きな要因ではあるが、この段階まで来ると採集圧も馬鹿にならないのではないだろうか。
結局ここでは、オオムラサキだけを撮影した。
d0054625_20255897.jpg

オオムラサキ RICHO Caplio GX8
時間も遅くなったきたので、クロツバメシジミのポイントを覗いて帰ることにした。
d0054625_20284964.jpg

クロツバメシジミ 静止 CANON EOS Kiss DX TAMRON 90mm Macro

日本チョウ類保全協会では、この秋、10月、11月にミヤマシロチョウ生息調査(上信国境、八ヶ岳)、11月新宿御苑での展示会(今回は前回以上に写真の展示を増やしたいそうです。)等を行います。会員の皆様ご協力をお願いいたします。
※日本チョウ類保全協会はチョウ類の保全に関心のある方なら、どなたでも会員になれます。よろしければ、HP:「日本チョウ類保全協会」をご確認ください。

[PR]

by toshi-sanT | 2007-08-26 20:39 | | Comments(18)
2007年 08月 18日

2007年8月中旬 霧の富士山麓

夏風邪をひいてしまって先週はずっと調子が悪かった。なのであまり暑い中でかける気力はない。ところが、天気予報を見てみると富士山麓は、午前中日が差し、気温もあまり高くならないという。今年はまだゴマシジミを見ていないし、渋滞が始まる前に帰れるしちょうど良い。
途中の道では霧雨が降っていたが、ポイント周辺は曇っているだけ、しかも予報どおり薄日が差してきた。これはいいと思ったのだが、すぐに山の方から霧が降りてきてしまった。それでも霧の中、飛ぶクロシジミを見つけた。
d0054625_21122928.jpg

クロシジミ 静止 RICHO Caplio GX8
この直後から、霧雨状態となり、傘が必要なほどではないのだが、草はたっぷり水滴を付けてしまい草叢に突入する気が失せてしまった。幸い気温は高くないので周囲を広範に歩いて回ることにした。歩き回っていると霧の中でもアサマイチモンジやダイミョウセセリは姿を見せてくれた。
d0054625_2120159.jpg

アサマイチモンジ 開翅 CANON EOS Kiss DX TAMRON 90mm Macro
d0054625_2121179.jpg

ダイミョウセセリ 開翅 CANON EOS Kiss DX TAMRON 90mm Macro
霧雨があがると、クロシジミが多い場所に出た。残念ながらスレた個体が多いが、綺麗な個体を選んで撮影するが、全部同じような絵になってしまう。
d0054625_2123868.jpg

クロシジミ 静止 CANON EOS Kiss DX TAMRON 90mm Macro
一瞬霧が晴れても、すぐまた霧がかかるような状態で、ゴマシジミは全く姿を見せない。諦めて帰ろうと思ったとき、ふと背後のワレモコウを見るとゴマシジミが産卵していた。
d0054625_21314349.jpg

ゴマシジミ 産卵 CANON EOS Kiss DX TAMRON 90mm Macro
d0054625_21334923.jpg

ゴマシジミ 産卵 RICHO Caplio GX8
全体のバランスは上の写真の方が良いのだろうが、随分と大柄なおっかさんなので、その迫力を出してみたかった。
d0054625_21323337.jpg

ゴマシジミ 産卵 RICHO Caplio GX8
この個体は、長いこと何本ものワレモコウの花穂に執着を持って周りを飛び回ってくれ絶好の飛翔撮影のチャンスと思ったら、飛翔撮影用のKiss Dが故障してしまった。仕方がないので90mmMacroで飛翔を撮ってみる。一枚だけ、翅の表が写った。真っ黒な黒ゴマだ。
d0054625_21383163.jpg

ゴマシジミ 飛翔 CANON EOS Kiss DX TAMRON 90mm Macro
しばらく追いかけていると、開翅をしてくれた。
d0054625_21483474.jpg

ゴマシジミ 開翅 CANON EOS Kiss DX TAMRON 90mm Macro
d0054625_21485231.jpg

ゴマシジミ 開翅 CANON EOS Kiss DX TAMRON 90mm Macro
複数回の産卵も終わり、開翅を一回サービスしてくれた後、この個体は遠くへ飛び去ってしまった。そしてまた雲行きが怪しくなったので帰ることにした。
開翅画像は、ちょっと足場と向きが悪く今ひとつだが、ゴマが開いてくれたので良しとしよう。

※EOS Kiss Dの状態 CFの書き込みが全く出来ず、「Error99」という表示が出るばかり。CFを換えても駄目なので、修理に出すしかないようだ。
[PR]

by toshi-sanT | 2007-08-18 22:03 | | Comments(24)
2007年 08月 12日

2007年8月中旬 長野県東御市(2) ミヤマシロチョウの産卵

秋に何度か幼虫を観察している食樹(ヒロハノヘビノボラズ)を見て回る。何本か見るが、産卵行動をとっている♀は確認できない。そう簡単に見つかるわけも無いかと思いながら、一番楽な場所にあるヒロハノヘビノボラズを未練たらしく覗いてみると、葉に止まったり、また飛び立ったりしているミヤマシロチョウがいた。
産卵場所を探しているように見えるが、気にいった葉がないのか、中々産卵体制に入らずやきもきする。広角で撮って驚かすわけにはいかないから、長玉で飛翔を撮りながらじっくり待つ。
d0054625_20464599.jpg

ミヤマシロチョウ 産卵場所を探しての飛翔 CANON EOS Kiss DX SIGMA APO 70-300mm
やっと気に入った葉が見つかったのか、頭を下にし葉の先端部分に腹部を押し付け始めた。長玉、広角と一通り証拠写真を撮影するが、卵が小さいため、卵と一緒に写すことは難しい。
大きな卵塊をつくるので本格的に産卵を始めたらかなりの長時間産卵するはずなので、「落ち着け~、落ち着け~」と自分に言い聞かせながら、90mm Macroに換装しながら、卵と腹部が同時に写せるアングルを探しながら観察する。
大分卵塊も大きくなり、卵と母蝶を同時に画面に入れることが出来そうだ。
d0054625_20555186.jpg

ミヤマシロチョウ 産卵 CANON EOS Kiss DX TAMRON 90mm Macro
ただ。90mmくらいのマクロレンズだとちょうど手前の葉が邪魔になり産卵の姿を横から写すことが出来ない。葉をむしる訳にもいかないので、母蝶を驚かさないように邪魔な葉の前にGX8を持っていき撮ってみる。
d0054625_212692.jpg

ミヤマシロチョウ 産卵 RICHO Caplio GX8
十分接近できる条件で、手前に障害物がある場合にはこんな使い方もおもしろいかもしれない。
ミヤマシロチョウの産卵は今回初めて見たのだが、一卵、一卵を産む間隔が結構長い。広角での撮影もし放題なのだが、腹部を曲げているタイミングでの撮影時間はそんなに無く中腰でタイミングを計っているとかなり疲れる。それでもデジチ、コンデジの両方で環境を入れた産卵シーンを撮影できた。
d0054625_2112359.jpg

ミヤマシロチョウ 産卵 CANON EOS Kiss D SIGMA 17-70mm Macro
d0054625_21131633.jpg

ミヤマシロチョウ 産卵 CANON EOS Kiss D SIGMA 17-70mm Macro
d0054625_21155070.jpg

ミヤマシロチョウ 産卵 RICHO Caplio GX8
d0054625_2116849.jpg

ミヤマシロチョウ 産卵 RICHO Caplio GX8
最後まで観察したいところだったが、40分以上経っても終わらない。息子も炎天下でバテたいうので下山することにした。
帰りがけの駄賃でベニヒカゲを探してみたが、ソフトクリームを食べているときに見ただけだった。こちらは、まだ一週間くらい早い感じだった。
あまりにも暑いので、他の蝶の探索はせず、帰路にある「奈良原温泉」に入浴した。料金は400円、褐色の渋い小さな湯船だが、他には人もおらずのんびり出来た。
d0054625_21301010.jpg

ある方の真似をして足の舞

最後に息子の作品
d0054625_2131534.jpg

ミヤマシロチョウ 産卵 RICHO Caplio R4
スイスに行って以来、少しまた撮影する気になったようだ。
[PR]

by toshi-sanT | 2007-08-12 21:33 | | Comments(20)
2007年 08月 12日

2007年8月中旬 長野県東御市(1) ミヤマシロチョウ他

お盆の帰省ラッシュでどこも渋滞なのだが、関東の平地では35度とか36度の予想なので、近間に出ても暑さがこたえる。そこで早起き&渋滞地点のエスケープのための一般道利用で何とかなるのではないかと思い、息子を連れて信州の高原に出かけることにした。
ところが、やっぱりお盆の渋滞は甘くなく、結局渋滞に巻き込まれ高原の駐車場に着いたのは9時30分になってしまった。今年の夏は標高の高い場所では進みが遅いから、ミヤマモンキは無理でもミヤマシロならまだ見ることが出来るかもしれないと期待しながら、山靴に履き替えて、歩き出す。すると早速エルタテハが出迎えてくれた。
d0054625_23255181.jpg

エルタテハ CANON EOS Kiss DX SIGMA APO 70-300mm
例年ならそろそろベニヒカゲが出ていても良いのだが、残念ながら姿が見えない。予定より到着時間が遅くなったため、ベニヒカゲは帰りに探すことにして先を急ぐ。それにしても今年は例年より蝶の姿が少ない。フタスジチョウも1頭みかけただけだった。
d0054625_23304527.jpg

フタスジチョウ CANON EOS Kiss DX SIGMA APO 70-300mm
最初、数年前にミヤマシロが多かった場所へ向かったが、ちょうど山に雲がかかってしまい、全く姿が見られない。昨年秋に幼虫探しをした場所の方が日当たりが良さそうなのでそっちに移動する。すると期待通り、ミヤマシロチョウが現れ、マルバタケブキで吸蜜を始めた。
d0054625_2344343.jpg

d0054625_23442324.jpg

ミヤマシロチョウ 吸蜜(マルバタケブキ) CANON EOS Kiss D SIGMA 17-70mm Macro
かなり時期遅れだから、個体数はそれほど多くは無かったが、わりと花に止まって吸蜜をしてくれた。
d0054625_23514488.jpg

ミヤマシロチョウ 吸蜜(アザミ) CANON EOS Kiss DX SIGMA APO 70-300mm
d0054625_2352599.jpg

ミヤマシロチョウ 吸蜜(マツムシソウ) CANON EOS Kiss DX SIGMA APO 70-300mm
d0054625_23522392.jpg

ミヤマシロチョウ 吸蜜(ハクサンフウロ) CANON EOS Kiss DX SIGMA APO 70-300mm
久しぶりに息子の画像も載せておこう。
d0054625_02075.jpg

ミヤマシロチョウ 吸蜜(ハクサンフウロ) 息子撮影 RICHO Caplio R4
少し鱗粉が薄くなった個体が多いが、時期が時期なので仕方がない。吸蜜は十分撮影できたので、ひょっとしたら産卵が撮影できるのではないかと思い、秋に幼虫を観察した食樹を覗いてみることにした。
<続く>

明日はどこにも行かず、引きこもるにしたのでこのネタでもう一日引っ張ることにします(^^;
[PR]

by toshi-sanT | 2007-08-12 00:00 | | Comments(6)
2007年 08月 05日

2007年8月上旬 富士山麓のクロシジミ

昨年撮影したミヤマシロの場所が秋の調査では越冬巣が確認できなかったことを聞いた。そこで、今日は、八ヶ岳にミヤマシロの様子を見に行くつもりだった。ところが、スイスの疲れが残っていて、朝早く起きることが出来なかった。
中央道の渋滞はすでに始まっているし、どうもあまり長い距離を運転したくない。そこで富士山麓のクロシジミを見に行くことにした。
ポイントに着いて一回り、だが姿が見えない。こういう時はあせっても仕方がないので、煙草を一服、のんびり構えることにする。携帯灰皿片手に煙草をくわえながら周囲を見渡すと、花の先に銀色の影が見える。目的のクロシジミだった。カメラを構えて近付くが、つる草に足を絡めてしまい飛び立たせてしまった。しかし、すぐススキの葉に止まってくれたので今度は慎重に近付き撮影する。
d0054625_21264235.jpg

クロシジミ 静止 CANON EOS Kiss DX TAMRON 90mm Macro
良く見ていると、前脚で触覚をつくろうような動きをし始めた。何枚かシャッターを切ると触覚に前脚がちょうどかかっている場面が撮れた。なかなか愛嬌のある仕草だ。
d0054625_2129386.jpg

クロシジミ 触覚つくろい CANON EOS Kiss DX TAMRON 90mm Macro
その後周囲を探して回ると、先ほど撮り逃した吸蜜シーンも2度ほど撮影できた。
d0054625_2138518.jpg

d0054625_21383787.jpg

クロシジミ 吸蜜 CANON EOS Kiss DX TAMRON 90mm Macro
少し余裕が出来たのでGX8での広角も撮影した。
d0054625_21421324.jpg

クロシジミ 静止 RICHO Caplio GX8
d0054625_2143277.jpg

クロシジミ 吸蜜 RICHO Caplio GX8
他の蝶も探そうかと思ったのだが、あまりの暑さにめげて早々に引き上げてしまった。
[PR]

by toshi-sanT | 2007-08-05 21:47 | | Comments(16)
2007年 08月 04日

スイスの花と蝶2007 速報(2)その他の蝶

谷を挟んでマッターホルンをのぞむ高山帯で、サクラソウのようなピンクの花を見つけた。
d0054625_239317.jpg

Lychnis alpina CANON EOS Kiss D SIGMA 17-70mm Macro
図鑑で調べるとサクラソウではなく、ナデシコ科の花だった。

高山帯で出逢った派手目な小型のヒョウモンモドキの仲間。
d0054625_2224987.jpg

Hypodryas cynthia CANON EOS Kiss D SIGMA 17-70mm Macro
いかにも高山蝶という紋様であり、山を背景にすると引き立つ気がする。
d0054625_22242710.jpg

Hypodryas cynthia RICHO Caplio GX8

高山帯でよくみたモンキチョウの仲間(Colias)。アルプスの2,000m以上で見かけるColiasはほとんどフィコモネモンキチョウらしいから、これもフィコモネとしておく。
d0054625_22291078.jpg

フィコモネモンキチョウ? Colias phicomone? CANON EOS KIss DX TAMRON 90mm Macro

ツェルマットの村周辺から2,000m以上まで、アポロがいる場所には大きめで白っぽいブルーのシジミを良くみかけた。図鑑を見る限り、コリドンルリシジミに見える。止まっている花はミヤコグサの仲間でLotus corniculatusではないかと思う。
d0054625_2237682.jpg

コリドンルリシジミ? Lysandra coridon CANON EOS Kiss DX TAMRON 90mm Macro 
同じような場所では、ベニシジミの仲間も多かった。Heodes virgaurae フチグロベニシジミ(Lycaena hippothoe 勘違いでした)ではないかと思う。
d0054625_22482872.jpg

フチグロベニシジミ Heodes virgaurae ベニシジミの仲間 Lycaena hippothoe CANON EOS Kiss DX TAMRON 90mm Macro

ツェルマットの村近く、ヒョウモンモドキの裏面に良く似た蝶が吸水していた。
d0054625_22583497.jpg

ヒメフチグロヒョウモンモドキ Meritaea didyma CANON EOS Kiss DX TAMRON 90mm Macro
表面は、はっとするほど鮮やかなオレンジ。
d0054625_2258549.jpg

ヒメフチグロヒョウモンモドキ Meritaea didyma CANON EOS Kiss DX TAMRON 90mm Macro

マッターホルンのすぐ近くの高山草原で、コヒョウモンモドキの仲間が交尾しているのを見つけた。動かないので山を入れて広角撮影をするには最高の被写体だ。
d0054625_2352596.jpg

コヒョウモンモドキの仲間 Mellicta athalia ? RICHO Caplio GX8

「速報」はこれで終わりにし、オフシーズン中心に日記形式でスイスの花と蝶2007を再開する予定です。

※種類名は図鑑を見たものの自信がありません。
[PR]

by toshi-sanT | 2007-08-04 23:15 | スイス | Comments(12)