<   2008年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧


2008年 04月 30日

2008年4月下旬 今年も白馬

白馬へ例年と同じく連休後半に家族で行くことになっていた。ところが蝶狂人さんからメールで今年のカタクリは早く咲いていて連休後半までもたないかもしれないという知らせをいただいた。
また、29日にあった用事も無くなったので急遽白馬まで行ってみることにした。
ポイントに向かって歩いていると、どこかで見覚えのある車が向こうからやってくる。もしやと思うとダンダラさんの車だった。banyanさんとも合流の予定とのことで、結局ダンダラさん、初対面の「小さな生き物たちの記録」の幻四郎さん、banyanさん、同行のNさん合計5人での撮影会となった。
朝方冷え込んだためか中々ギフは飛ばずこれはフライングかとやきもきしたが、それでも本来飛び出す時間帯になると姿を見せてくれたのでほっとする。
カタクリに止まるのじっと待っていると1個体が期待どおりカタクリの花に止まってくれた。ただ吸蜜ではなく、カタクリの花に静止しただけですぐ飛び立ってしまった。
d0054625_2387100.jpg

ギフチョウ 静止 CANON EOS 40D TAMRON 90mm Macro トリミング
これなら今日羽化する個体もいるだろうし、十分チャンスがあるだろうと思っていたら気温がぐんぐん上がり、飛び回るばかりとなった。仕方が無いので飛翔写真を撮りながらひたすら待つ。
d0054625_2311217.jpg

ギフチョウ 飛翔 CANON EOS Kiss DX SUGMA 17-70mm Macro トリミング
d0054625_23142672.jpg

ギフチョウ 飛翔 CANON EOS Kiss DX SUGMA 17-70mm Macro トリミング
今までだったら指をくわえてただ待つしかなかったが、飛翔にトライするようになったおかげでこんな時でも退屈しなくなった。
結局昼過ぎまで一向にチャンスが無く、皆はヒメギフ狙いで転進したが、私だけもう少し一人でカタクリの前で粘ることにした。
しばらく待っていると一瞬だけカタクリに止まってくれた。ところがこの個体、カタクリへの止まり方が下手なのか花弁の上にぶつかるように止まってしまった。
d0054625_23185272.jpg

ギフチョウ 静止 CANON EOS 40D TAMRON 90mm Macro
角度も悪いし、頭が花弁に隠れて駄目だと思ったのだが、家に帰って大きくしてみると、少し動きのある絵になっていて満開カタクリの雰囲気も出ているので、当初予定したイメージとは全然違うが、まあ良しとしておこう。
ちなみに静止するまでの飛翔中も撮影していたのでそちらも横長にトリミングして載せておこう。
d0054625_23254273.jpg

ギフチョウ カタクリ群落の中の飛翔 CANON EOS Kiss DX SUGMA 17-70mm Macro トリミング
d0054625_23262894.jpg

ギフチョウ 飛翔(カタクリへの静止) CANON EOS Kiss DX SUGMA 17-70mm Macro トリミング
その後もしばらく粘ったが、ギフチョウの姿自体が見えなくなったので、ヒメギフのポイントに移動することにした。
<続く>
[PR]

by toshi-sanT | 2008-04-30 23:34 | | Comments(16)
2008年 04月 26日

2008年4月下旬 新潟の白花カタクリ

新潟まで白花カタクリを撮影に行ってきた。
d0054625_1837220.jpg

白花カタクリ CANON EOS 40D TAMRON 90mm Macro
d0054625_18374754.jpg

白花カタクリ CANON EOS Kiss DX SIGMA 17-70mm Macro
d0054625_18375854.jpg

白花カタクリ CANON EOS Kiss DX SIGMA 17-70mm Macro
d0054625_18382279.jpg

白花カタクリ RICHO Caplio GX8
別の場所で、もうひとつの白花カタクリを見つけた。こちらは、花弁の模様が無く純白だ。
d0054625_18454740.jpg

白花カタクリ(個体2) CANON EOS 40D TAMRON 90mm Macro

えっ、本当は何しに行ったのかって、やだなあ、カタクリですよ、カタクリ。まあ、最初のカタクリポイントで、先週同様「西久保たんぼへようこそ」の霧島緑さんと偶然会ったりしましたけど。
d0054625_18373379.jpg

コツバメ CANON EOS 40D TAMRON 90mm Macro
d0054625_18464321.jpg

ギフチョウ 静止 CANON EOS 40D TAMRON 90mm Macro
残念ながらカタクリもサクラも吸蜜撮影チャンスは無く、桜の花びらの散った地面の上を飛ぶ姿が精一杯だった。
d0054625_18411562.jpg

ギフチョウ 飛翔 CANON EOS Kiss DX SIGMA 17-70mm Macro
d0054625_18414133.jpg

ギフチョウ 飛翔 CANON EOS Kiss DX SIGMA 17-70mm Macro(ノートリミング)
新潟も甘くないということか・・・。
[PR]

by toshi-sanT | 2008-04-26 23:59 | | Comments(8)
2008年 04月 20日

2008年4月下旬 今年も中信のカタクリとヒメギフチョウ

今日は娘を連れて毎年行くらくちんポイントのヒメギフチョウを見に行った。どうも今年消化不良に終わっているカタクリ吸蜜をデジイチ広角で撮るのが目的だがさあどうなるだろう。
天気を少し心配したが、中央道も八ヶ岳あたりから日が差し出しいい感じ。ただ、山が近づくと雲が多くなってきたが、それでも10時くらいになれば晴れそうな気配。満開の桜を車の中から見物しながらポイントに向かう。ポイント周辺に来ると桜はまだつぼみ、逆にカタクリの花にはちょうど良さそうだ。
駐車場に車を止めた瞬間、こちらに向かって手を振る人が、「西久保たんぼへようこそ」の霧島緑さんだった。挨拶をして状況をうかがうと予想に反してカタクリは最盛期を過ぎてしまっているらしい。
のんびり待っていると、日が差し出すとともにヒメギフチョウが現れた。
d0054625_20564780.jpg

ヒメギフチョウ 静止 CANON EOS 40D SIGMA APO 70-300mm Macro
花が大分痛んできた割には、中々綺麗な個体でうれしい。
しばらくするとカタクリで吸蜜するようになったが、ちょっと遠い。ここはカタクリの群落を保護しているので長玉で狙うしかない。
d0054625_20595079.jpg

ヒメギフチョウ 飛翔 CANON EOS 40D SIGMA APO 70-300mm Macro トリミング
偶然、飛び立つところも撮れた。
d0054625_2114562.jpg

ヒメギフチョウ 飛翔 CANON EOS 40D SIGMA APO 70-300mm Macro トリミング
天候はどちらかというとうす曇、時折日が差すとそこそこヒメギフチョウが飛ぶ。飛翔写真を撮りながら近くのカタクリに止まるのを待つ。
d0054625_216578.jpg

ヒメギフチョウ 飛翔 CANON EOS Kiss DX SIGMA 17-70mm Macro
何本かのタバコを灰にしたころ手を伸ばしてノーファインダーなら広角接写できる位置で吸蜜を始めた。
d0054625_2112572.jpg

ヒメギフチョウ 吸蜜 CANON EOS Kiss DX SIGMA 17-70mm Macro
背景にカタクリがほとんど入らないのが不満だが、ノーファインダーにしてはうまくいったほうではないかと思う。
少し余裕ができたので、引き続き待っていると、今度はファインダーをのぞきながら撮れる位置に止まった。
d0054625_21122914.jpg

ヒメギフチョウ 吸蜜 CANON EOS Kiss DX SIGMA 17-70mm Macro トリミング
同じ個体を縦位置で撮ったのが一番イメージに合う画像になったのでちょっと大き目で貼っておこう。
d0054625_2117388.jpg

ヒメギフチョウ 吸蜜 CANON EOS Kiss DX SIGMA 17-70mm Macro
その後、完全に曇ってしまい全くカタクリに来なくなってしまった。霧島緑さんは撤収するということなので、私もちょっとだけ粘って帰ることにした。
そろそろ帰ろうとした時、日が差し、ヒメギフが地面に静止した。娘を呼んで撮影させようとしたら、その個体はすぐ近くのカタクリに止まってくれた。
d0054625_21255021.jpg

ヒメギフチョウ 吸蜜 CANON IXY DIGITAL 800 IS (娘撮影)
同じ個体を私は長玉で。
d0054625_21281372.jpg

ヒメギフチョウ 吸蜜 CANON EOS 40D SIGMA APO 70-300mm Macro (父撮影)

天気は今ひとつで飛んでいる個体数も決して多くはなかったが、十分に楽しめた一日だった。
[PR]

by toshi-sanT | 2008-04-20 21:30 | | Comments(12)
2008年 04月 19日

2008年4月中旬 先週末の番外編

<土曜日の番外編> スギタニルリシジミ
ギフチョウを見に行った後、少し時間があったのでスギタニルリシジミも見に行った。少し時期が遅いのか、吸水ポイントでは姿を見なかったが、帰る途中で2頭ほどのスギタニルリシジミが林道上をいったりきたりしていた。マクロ、広角、飛翔と一通り遊び相手になってもらった。
d0054625_20182124.jpg

スギタニルリシジミ 吸水 CANON EOS 40D TAMRON 90mm Macro
d0054625_20191275.jpg

スギタニルリシジミ 静止 CANON EOS Kiss DX SIGMA 17-70mm Macro
d0054625_20212984.jpg

今回は、置きピン位置を20-30cm、24mmで接近戦を挑んでみた。大量の何が写っているかわからない画像を作ってしまったが、2枚くらいいい感じのがあった。
スギタニルリシジミ 飛翔 CANON EOS Kiss DX SIGMA 17-70mm Macro
d0054625_20202825.jpg

スギタニルリシジミ 飛翔 CANON EOS Kiss DX SIGMA 17-70mm Macro
今回息子がデジイチで撮ってみたいというので、Kiss DにSIGMA 28-200mm Macroを付けて持たせてみた。ギフは良いシャッターチャンスが無かったようだが、スギタニルリシジミは結構まじめに撮っていたようだ。
d0054625_20334048.jpg

スギタニルリシジミ(息子撮影) CANON EOS Kiss D SIGMA 28-200mm Macro
夢中になって撮影している姿がおかしかったので撮ってみたが、私もこんな格好なのかな(笑)
d0054625_20343257.jpg


<日曜日の番外編>
カタクリで吸蜜するギフチョウを撮りに新潟まで出かけたのだが、今ひとつの成果の帰り道、曇り空にもかかわらず、撮影チャンスがあった。
d0054625_20383851.jpg

ギフチョウ 吸蜜 CANON EOS 40D TAMRON 90mm Macro
d0054625_20392233.jpg

ギフチョウ 吸蜜 CANON EOS Kiss DX SIGMA 17-70mm Macro
というのは嘘で、実はやらせ画像。
帰り道、もう気温も低くなってギフチョウは飛ばないよな~と思いながら歩いていると、目の前に翅を閉じたギフチョウが静止していた。羽化不全なのか、事故なのか、よく見ると左後翅がなく飛べないようだ。手乗りにしてカタクリの花に近づけるとストローを伸ばし蜜を吸いたそうなのでカタクリに移らせて↑の画像となった次第。
d0054625_2047333.jpg

ギフチョウ 手乗り CANON EOS Kiss DX SIGMA 17-70mm Macro
[PR]

by toshi-sanT | 2008-04-19 20:47 | | Comments(10)
2008年 04月 15日

2008年4月中旬 新潟のギフチョウ初訪問

新潟は、私の家からは結構遠いし、高速代もかかるので今まで縁遠かった。ただ、ブログ仲間の記事を見ているとカタクリを背景に撮るには良いところのようなのでいつかは行きたいと思っていた。
ただ、遠いのでいつものようなアバウトな条件でポイント探しに出かけるには勇気がいる。木曜日に休暇を取ったので、どうしようかと思っていたら、
「愛野緑の撮影記録」の愛野緑さんも木曜日が休みだとのことなので同行をお願いした。
ところが肝心の木曜日が雨になってしまった。ただ、幸いなことに日曜日なら愛野緑さんも休みだとのことで改めて日曜日に仕切りなおしとなった。

愛野緑さんに案内していただきカタクリが多いポイントへ着くと、カタクリはもうほとんど終わり、カンアオイの新芽も開いているものが結構ある。数枚葉をめくってみると卵があった。
d0054625_223623100.jpg

ギフチョウ 卵 RICHO Caplio GX8
まだ綺麗なカタクリもあるのでここで待つのも良いが、時間も早いので少し離れた別のポイントの様子も見てみることにした。そこでもカタクリは終わりかけだが、最初の場所よりも綺麗な花が多い。しばらく待っていると早速ギフチョウが飛び出した。残念ながらカタクリには止まらなかったが今後に期待が持てる。その後、時折パラパラとギフチョウが現れるが中々カタクリには止まってくれず、止まっても地面が多い。ただメスは綺麗な個体も多いのでそれなりに楽しい。
d0054625_2243167.jpg

ギフチョウ♀ 静止 CANON EOS 40D TAMRON 90mm Macro
それでも今日の目的はカタクリ群落の中での広角だから、ひたすら待つ。すると1頭のメスがカタクリに止まったので、斜面の上側からのアプローチになるので蝶の向きが今いちだが、まずはちょっと遠目から1枚。
d0054625_22493343.jpg

ギフチョウ 吸蜜 カタクリ CANON EOS Kiss DX SIGMA 17-70mm Macro
次にもっと接近して1枚、いい感じに近づけたと思ったら、ブッシュの枝が邪魔してしまっていた(ToT)。
d0054625_22514234.jpg

ギフチョウ 吸蜜 カタクリ CANON EOS Kiss DX SIGMA 17-70mm Macro
他には、ピンクのマキノスミレにも良く吸蜜にきたが、蜜量が少ないのか一瞬で飛び立ってしまい満足いく絵が撮れない。結局遠目から押さえたものしか撮影できなかった。
d0054625_22555071.jpg

ギフチョウ 吸蜜 マキノスミレ CANON EOS 40D TAMRON 90mm Macro
d0054625_2257189.jpg

ギフチョウ 吸蜜 マキノスミレ CANON EOS 40D TAMRON 90mm Macro

ふと気が着くと、産卵衝動に駆られたメスをみつけたので、ストーカーのように追跡することにした。ところが、徐々に雲が多くなり、たまに日が差すだけとなって地面に静止することが多くなってしまった。仕方がないので、広角接写をしながらじっくりと追い回す。
d0054625_2341910.jpg

ギフチョウ 静止 RICHO Caplio GX8
d0054625_235389.jpg

ギフチョウ 静止 RICHO Caplio GX8
結局、この個体は産卵しないまま梢に飛び上がってしまった。

後は飛翔写真を撮りながらカタクリに来るチャンスを待ったが、完全に太陽が隠れ気温も下がってしまったので断念して新規ポイント探しに転進した。
d0054625_23121487.jpg

ギフチョウ 飛翔 CANON EOS Kiss DX SIGMA 17-70mm Macro ノートリミング
d0054625_23122491.jpg

ギフチョウ 飛翔 CANON EOS Kiss DX SIGMA 17-70mm Macro トリミング

ポイント探しのほうはというと、カタクリが多く撮影しやすそうな場所を見つけることができた。もっともギフチョウそのものを確認したわけではないが、カンアオイは多くあったからきっと大丈夫だろう。来シーズン、本当に良い場所かどうか確認する楽しみができた。

最後になりましたが、同行いただいた愛野緑さん、運転までしていただき本当にありがとうございました。
[PR]

by toshi-sanT | 2008-04-15 23:17 | | Comments(17)
2008年 04月 12日

2008年4月中旬 富士川のギフチョウ

今日は、息子が通う塾が休みなので、久しぶりに息子とギフチョウを見に行くことにしていた。
・・・だが、3月末、息子が通う塾が休みなので、「ギフチョウ見に行こうか~」・・・、雨で断念。4月10日、有休とって新潟で満開カタクリにギフチョウ!の予定が・・・・、雨で断念。
不安だ・・・・、案の定途中の高速では雨まで降る始末、現地についてもどんよりとした曇り、雨男×2かという不安が頭をもたげる。
しばらく待っていると、薄日が差してきた。気温自体は高いから、これならいけるかもしれない。
ギフチョウを待ちながら、カンアオイの葉をめくってみるともう卵が産んである。
d0054625_2033432.jpg

中々飛ばないなと思っていると目の前にギフチョウのメスがふわりと降りてきて静止した。
d0054625_1957866.jpg

ギフチョウ♀ 静止 CANON EOS Kiss 40D SIGMA APO 70-300mm Macro
日光浴の後は、スミレで吸蜜
d0054625_2023138.jpg

ギフチョウ♀ 吸蜜 CANON EOS Kiss 40D SIGMA APO 70-300mm Macro
この個体は、スミレでの吸蜜を数回繰り返した後、産卵先を探すように何度も下草に止まっては離れを繰り返したが、カンアオイに止まることなく梢の上に飛び上がってしまった。
その後も、一瞬日が差すが長続きせず、飛んでも近づけない場所だったりして300mmで飛翔を狙うのが精一杯。
d0054625_2095115.jpg

ギフチョウ 飛翔 CANON EOS Kiss 40D SIGMA APO 70-300mm Macro トリミング
d0054625_2010226.jpg

ギフチョウ 飛翔 CANON EOS Kiss 40D SIGMA APO 70-300mm Macro トリミング

大丈夫、雨男ではなかった。

※今日、おみやげにタラノメを頂きました。そこで、タラノメご飯を。
d0054625_21543020.jpg

タラノメを素焼きに(今回は大きかったので少し蒸し焼き)して小さく刻み塩を軽くふって炊きたてご飯に混ぜるだけ。これ結構いけます。
[PR]

by toshi-sanT | 2008-04-12 20:17 | | Comments(18)
2008年 04月 05日

2008年4月上旬 都心の春の蝶

今日は快晴、絶好のギフ日和!・・・・、だが朝9時、・・・・・・渋谷にいた。
息子の塾の試験があり、初めての会場なので送っていくことになっていたのだ。午後2時過ぎには迎えに来ないといけないから、それまでの間、都内の植物園で時間をつぶすことにした。
桜は盛りを過ぎているが、花吹雪の中を歩くのはやはり気持ちがいい。この時期はつい山の方に行ってしまうことが多いので、休日に都内の桜を見るのは久しぶりだ。
d0054625_1811213.jpg

今日は特段の目的があるわけでもないので、Kiss DX&SIGMA17-70mmの一本だけ、それでも広角からマクロまで幅広くカバーしてくれるから散歩がてらにはちょうど良い。
ここに来るのは学生の時以来、そういえば友人でここに住み込んでいたいた奴がいたな・・・、なんて思いながら懐かしく思い出しながら歩いていると、モンシロチョウが交尾しながら飛んでいるのを見つけた。
d0054625_182421100.jpg

モンシロチョウ 交尾飛翔 CANON EOS Kiss DX SIGMA 17-70mm Macro トリミング
d0054625_18251852.jpg

モンシロチョウ 交尾飛翔 CANON EOS Kiss DX SIGMA 17-70mm Macro トリミング
ちょうどツツジの植え込みに静止したので、マクロと広角でじっくり撮影する。
d0054625_18265767.jpg

モンシロチョウ 交尾 CANON EOS Kiss DX SIGMA 17-70mm Macro
d0054625_1827754.jpg

モンシロチョウ 交尾 CANON EOS Kiss DX SIGMA 17-70mm Macro
これで何とか格好がついたから、早めに出てヨドバシカメラにでも寄ることにして出口に向かうと、ツマキチョウが飛んでいた。
d0054625_18495326.jpg

ツマキチョウ 飛翔 CANON EOS Kiss DX SIGMA 17-70mm Macro トリミング
気がつくと桜の木の近くで、2頭のツマキチョウとモンシロチョウが絡んでいた。
d0054625_18533982.jpg

ツマキチョウ&モンシロチョウ 飛翔 CANON EOS Kiss DX SIGMA 17-70mm Macro
d0054625_1855996.jpg

モンシロチョウ 飛翔 CANON EOS Kiss DX SIGMA 17-70mm Macro トリミング
背景に桜も入って春らしい飛翔写真になったかな。

ヨドバシカメラでは、SILKYPIXを購入した。RAW画像でなくとも、JPEG画像でも現像パラメーターを使っての処理ができるようだ。JPEG画像で少し試してから、今年は一部RAW画像もトライしてみようと思う。
[PR]

by toshi-sanT | 2008-04-05 19:06 | | Comments(17)