フィールドノート

thecla.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2008年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2008年 10月 23日

2008年10月中旬 湘南ドライブ

先週の日曜日、娘が生しらす丼が食べたいというので2人で湘南方面へドライブへ出かけた。
昼食時まではまだ時間があるので、息子の合格祈願のお守りを買った後、周囲を散歩した。この神社は三女神が祭神で学業に効果があるかどうかよくわからないがまあいいだろう。
ここでは、まだ数頭のアサギマダラがいた。
d0054625_23241545.jpg

アサギマダラ 吸蜜 CANON EOS 40D TAMRON 90mm Macro
マリーゴールドの花壇にはイチモンジセセリやウラナミシジミが来ていた。ふとkenkenさんがコンデジの特性を活用した絵を撮影されていることを思い出し、いつも使うGX8の広角側ではなくテレ端で撮影してみた。
d0054625_23294092.jpg

ウラナミシジミ 吸蜜 RICHO Caplio GX8
d0054625_2330915.jpg

ウラナミシジミ 吸蜜 RICHO Caplio GX8
いつも撮るデジイチの絵とは異なるいかにもデジカメという雰囲気で、結構楽しめる。
頭の上には時々トンビがやってくる。かなり低い位置まで降りてくる時があるので90mmでも撮影できた。
d0054625_23345725.jpg

トンビ CANON EOS 40D TAMRON 90mm Macro
トンビと遊んでいたら、紫色のシジミチョウが視界をよぎったので花壇に向かうとムラサキツバメがマリーゴールドの花に止まっていた。
ストローは伸ばしておらず単に静止しているだけだったが、翅を開いてくれた。
d0054625_2339228.jpg

ムラサキツバメ♀ 開翅 CANON 40D TAMRON 90mm Macro
d0054625_2341242.jpg

ムラサキツバメ♀ 開翅 RICHO Caplio GX8
ちょっと翅が痛んでいるけれどこの秋初めての紫色の開翅だからうれしい。
ちょうどお腹もすいてきたので、主目的の生しらす丼を食べに移動。
d0054625_2345031.jpg

生しらす丼 CANON EOS Kiss DX SIGMA 17-70mm
生しらすを載せただけのシンプルなどんぶりだけれど私は、これが大好きだ。
[PR]

by toshi-sanT | 2008-10-23 23:59 | | Comments(8)
2008年 10月 18日

2008年10月中旬 秋の山梨五目撮り② クロツバメシジミ他

〔クロツバメシジミ〕
シルビアシジミの撮影会の時に虫林さんに別のクロツバメシジミのポイントを教えていただいたので、シルビアの撮影の後寄ってみた。ポイントの石積みの上を歩くとちらちらとクロツバメシジミが飛んでいて、ツメレンゲの花に止まった。
d0054625_2084812.jpg

クロツバメシジミ 静止 CANON EOS 40D TAMRON 90mm Macro
残念ながらストローは伸ばしていないので静止しているだけだけれど、ツメレンゲの綺麗な花と一緒に撮れたのでまずは満足。
ツメレンゲの花は丁度咲き出したばかりでまだつぼみのものも多い。そのつぼみを付けたツメレンゲで産卵している個体も多く見られた。
d0054625_20155093.jpg

クロツバメシジミ 産卵 CANON EOS 40D TAMRON 90mm Macro
d0054625_2016278.jpg

クロツバメシジミ 産卵 CANON EOS 40D TAMRON 90mm Macro
d0054625_20473485.jpg

クロツバメシジミ 飛翔 CANON EOS Kiss DX SIGMA 17-70mm Macro
ここの石積みは急傾斜で高度感があるので、斜面で撮影するとちょっとスリルがある。その代わり広角で撮影すると結構迫力が出る。
d0054625_2023719.jpg

クロツバメシジミ 静止 RICHO Caplio GX8
d0054625_20301773.jpg

クロツバメシジミ 開翅 RICHO Caplio GX8(右上部分はぼかしています)
虫林さん、良いポイントを教えていただきありがとうございました。

〔ミヤマシジミ〕
クロツのポイントへ行く前にいつものミヤマシジミのポイントに寄ってみた。去年は丁度良かったのだが今年はタイミングを外したのか、ボロボロのオスがいただけだった。
d0054625_20342423.jpg

ミヤマシジミ♂ 吸蜜 CANON EOS 40D TAMRON 90mm Macro

〔ツマグロキチョウ〕
クロツバメシジミを撮影した後、昨年ツマグロキチョウを撮影した場所へ行ってみた。キタキチョウに混じって1頭だけツマグロキチョウがいた。
d0054625_20415257.jpg

ツマグロキチョウ 静止 CANON EOS 40D TAMRON 90mm Macro
d0054625_20445217.jpg

ツマグロキチョウ 静止 RICHO Caplio GX8

〔クロコノマチョウ〕
ツマグロキチョウのポイントには今年もクロコノマチョウがいた。
d0054625_20462785.jpg

クロコノマチョウ 静止 CANON EOS 40D TAMRON 90mm Macro

秋の山梨、ぐるっと一回りするとやっぱり楽しい。
[PR]

by toshi-sanT | 2008-10-18 20:51 | | Comments(10)
2008年 10月 13日

2008年10月中旬 秋の山梨五目撮り① シルビアシジミ

この3連休は、色々用事があって出かけられないはずだったが、最終日がポコッと開いた。せっかく開いたので、今年まだ撮影できていないシルビアシジミの開翅を狙って山梨へ出かけた。

まずは、昨年見つけたマイポイントへ向かう。今年はまだこのポイントでシルビアを見ていないので、是非確かめておきたいのだ。
ポイントへ着いてぐるっと一回りするが、シルビアシジミの姿は無い。またやってしまったかと思ったが、気温が上がってくるとヤマトシジミに混じってシルビアらしい姿が見えた。ちょっと擦れているがシルビアシジミのオスだった。今年はこのポイントでは全く姿を見ていないから少し心配していたのだが、まずは一安心。
d0054625_2210579.jpg

シルビアシジミ♂ 開翅 CANON EOS 40D TAMRON 90mm Macro
青空と秋らしい雲を入れて広角で撮影してみた。
d0054625_2218066.jpg

シルビアシジミ♂ 静止 CANON EOS Kiss DX SIGMA 17-70mm Macro
少し擦れた個体だが、複数いるようでその後も何回か開翅を撮影できた。しかし、モニターを見るとほとんど露出オーバーで飛んでしまっていた。ピーカンで少し斜光線になるせいか、少し擦れた個体は-1/3補正では全然駄目なようだ。
慌てて-1.0に露出補正を直すと割と綺麗なオスが開翅してくれた。
d0054625_2220271.jpg

シルビアシジミ♂ 開翅 CANON EOS 40D TAMRON 90mm Macro
逆光気味で撮影すると、斜光線だからか翅が透けてちょっと変わった雰囲気になった。
d0054625_22215395.jpg

シルビアシジミ♂ 開翅 CANON EOS 40D TAMRON 90mm Macro 
オスは撮影できたから、次にメスを探すと新鮮な個体が飛び出しすぐ静止した。一瞬青黒く見えたので、もしかしたら青鱗が乗ったメスかもしれない。
d0054625_22272394.jpg

シルビアシジミ♀ 静止 CANON EOS 40D TAMRON 90mm Macro
d0054625_22294199.jpg

シルビアシジミ♀ 静止 CANON EOS Kiss DX SIGMA 17-70mm Macro
一向に翅を開く気配がないが飛びそうも無いので、手をかざして影を作ると翅を開いてくれた。
d0054625_22312689.jpg

シルビアシジミ♀ 開翅 CANON EOS 40D TAMRON 90mm Macro
次に思い切って体全体で影を作ると、全開状態になった。
d0054625_22325170.jpg

シルビアシジミ♀ 開翅 CANON EOS 40D TAMRON 90mm Macro

この後一気に気温が上昇し、一向に止まらなくなったので、他の蝶を探して移動することにした。<続く>
[PR]

by toshi-sanT | 2008-10-13 22:39 | | Comments(18)
2008年 10月 11日

2008年10月上旬 多摩丘陵秋の蝶 常連さん

今週は、土日と用事があり出かけられないので先週撮影した中から秋の「常連さん」を。

〔ツマグロヒョウモン〕
キバナコスモスの多い場所では、ツマグロヒョウモンが多かった。近年の北上種の一種だが、この蝶は物寂しくなる秋にはうれしい被写体。
d0054625_13281924.jpg

ツマグロヒョウモン 吸蜜 RICHO Caplio GX8
d0054625_13293553.jpg

ツマグロヒョウモン 吸蜜 CANON EOS Kiss DX SIGMA 17-70mm Macro
d0054625_13305984.jpg

ツマグロヒョウモン 飛翔 CANON EOS Kiss DX SIGMA 17-70mm Macro

〔キアゲハ〕
たんぼ脇の彼岸花はもう時期遅れだったが、数本花が咲いている場所があり、キアゲハが絡んでいた。刈り入れ直前の稲をバックに撮ってみた。
d0054625_13341897.jpg

キアゲハ 飛翔 CANON EOS Kiss DX SIGMA 17-70mm Macro
d0054625_13343567.jpg

キアゲハ 飛翔 CANON EOS Kiss DX SIGMA 17-70mm Macro

〔ムラサキツバメ〕
ツマグロヒョウモンが多い、コスモス畑の脇にムラサキツバメの♀がいた。この秋の初撮影になる。翅裏は地味だけれど開くと紫色が綺麗だから、この秋も色々楽しませて欲しいものだ。
d0054625_13413489.jpg

ムラサキツバメ♀ 静止 CANON EOS 40D TAMRON 90mm Macro
d0054625_13424935.jpg

ムラサキツバメ♀ 静止 RICHO Caplio GX8

〔ウラギンシジミ〕
秋になると数が増えて、あちこちで目に付くようになる。秋型は翅先が尖って中々格好いい。
この時期だと、秋型の他にまだ翅の先端が丸い夏型も混じっている。
d0054625_1346167.jpg

ウラギンシジミ♂ 静止 RICHO Caplio GX8
d0054625_13482690.jpg

ウラギンシジミ♀ 開翅 CANON EOS 40D TAMRON 90mm Macro
d0054625_1348369.jpg

ウラギンシジミ♂ 開翅 CANON EOS 40D TAMRON 90mm Macro
我が家の近くにSLとその車両を置いてある公園がある。SLをバックにすることは出来なかったが、客車をバックに入れることは出来た。
d0054625_13524730.jpg

ウラギンシジミ♂ 開翅 RICHO Caplio GX8
一昔前のローカル線、すれ違い車両を待つ間にカメラ片手に撮るとこんな雰囲気になるだろうか。

もう少しするとムラサキシジミが多くなるはずだ。ヒルがいなくなって水色の輝きが撮影できるまで後1ヶ月。でもだんだん被写体が限られ寂しくなっていく。
[PR]

by toshi-sanT | 2008-10-11 13:58 | | Comments(14)
2008年 10月 04日

2008年10月上旬 多摩丘陵秋の蝶 お客さん

今週はちょっと疲れて遠出する気力が無いが、メタボ対策もしなければならないので自宅近くの多摩丘陵を歩くことにした。
例年この時期になると渡りの途中のアサギマダラの姿が多摩丘陵でも見ることが出来る。そろそろ来ていないかと寄ってみると期待通り複数のアサギマダラがやってきていた。
d0054625_20511992.jpg

アサギマダラ 吸蜜 CANON EOS 40D TAMRON 90mm Macro
d0054625_20541264.jpg

アサギマダラ 飛翔 CANON EOS Kiss DX SIGMA 17-70mm Macro(トリミング)
d0054625_20531910.jpg

アサギマダラ 飛翔 CANON EOS Kiss DX SIGMA 17-70mm Macro
アサギマダラはゆっくり飛んでくれるので、マクロレンズでも飛翔を狙ってみた。
d0054625_20554335.jpg

アサギマダラ 飛翔 CANON EOS 40D TAMRON 90mm Macro
アサギマダラのポイントには、オオウラギンスジヒョウモンもいた。9月下旬に撮影したものとは別個体のようだ。
d0054625_20581448.jpg

オオウラギンスジヒョウモン CANON EOS 40D TAMRON 90mm Macro
ウラナミシジミの数も増えてあちこちでその姿を見かけた。
d0054625_21254682.jpg

ウラナミシジミ 開翅 CANON EOS 40D TAMRON 90mm Macro
d0054625_21274822.jpg

ウラナミシジミ 開翅 CANON EOS Kiss DX SIGMA 17-70mm Macro
マンションを背景に入れられる場所にもいたので、ちょっとこだわってみた。
d0054625_21264813.jpg

ウラナミシジミ 開翅 CANON EOS Kiss DX SIGMA 17-70mm Macro
d0054625_21292820.jpg

ウラナミシジミ 飛翔 CANON EOS Kiss DX SIGMA 17-70mm Macro
産卵している個体もいた。
d0054625_21302424.jpg

ウラナミシジミ 産卵 CANON EOS 40D TAMRON 90mm Macro
産卵シーンもマンションを入れて。
d0054625_2131293.jpg

ウラナミシジミ 産卵 CANON EOS Kiss DX SIGMA 17-70mm Macro
日差しは強くて結構暑かったが、湿度は低くさわやかだった。
[PR]

by toshi-sanT | 2008-10-04 21:37 | | Comments(12)