<   2009年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2009年 01月 25日

2009年1月下旬 房総のルーミスシジミ -越冬集団消滅 そして・・・・

あまり気温は上がりそうもないが、またしばらく何かと用事があって出かけられないので、久しぶりに房総のルーミスシジミの様子を見に行ってきた。
変に暖かい日を挟んで冷え込んだり、雨が降ったりしたからどうなっているのかちょっと気になったのだ。
今年はスタッドレスを履いていないので、路面の凍結を気にして遅めに家を出たので、ポイントに着いたのは10時頃。早速、越冬集団がいた葉を見るが・・・・・、なんと影も形もなくなっていた。
d0054625_18512275.jpg

ルーミスシジミの越冬集団が見られた葉 CANON EOS Kiss D SIGMA APO 70-300mm Macro
越冬集団があった葉の周りを見渡すと、少し上の葉で越冬している2頭は健在だった。(画像は掲載できるレベルではないので割愛)
14日には、ブログ仲間が確認しているので、その後10日ほどで忽然と姿を消してしまったことになる。

仕方が無いので周囲を探していると、カメラを持った方がやってきた。お話を伺って見るとトンボをメインに撮影されていて、関西にいる友人からルーミスの越冬集団が見つかったよとの話を聞いて以前にルーミスを見た場所にやってこられたそうだ。

二手に分かれて単独越冬個体を探していると、その方が単独越冬個体が見つけてくれた。高さは2mちょっと、脚立を使えばちょうど良い高さだった。
d0054625_1964021.jpg

ルーミスシジミ 単独越冬 CANON EOS 40D TAMRON 90mm Macro
日光が大分当るようになって来たのでもしかしたら開翅するかもしれないと期待して待つが、触覚は前方に揃えて倒したままで、一向に活性が高まらない。今日の気温は低すぎるのかもしれない。
先ほどの方は、ヤゴを撮影するため別の場所に行くとのことでお別れし、もう少し粘ってみる。脚立にのって広角撮影をしながら活性が高まるのを待っていると、うっかり脚立から足を滑らし落下してしまった。2段の脚立だからなんてことないが、その拍子に枝を揺らしてしまったらしく、肝心の越冬個体がいなくなってしまっていた。

ひょっとして近くに止まってやいないかと探すがどこに飛んでいってしまったのか、さっぱりわからなくなってしまった。この日唯一の撮影しやすい個体を行方不明にしてしまったのでかなり落ち込んだ。
気を取り直して、他の個体も探したが、私の探索能力では見つけれらなかった。この時、前に林の中でムラサキシジミの越冬個体を見つけたことを思い出した。今まで見つけたルーミスの越冬個体は全て林縁ばかりだったが、ムラサキシジミも林内で越冬しているなら、ルーミスが越冬していても良いではないか。
そこで、林の中に分け入り登ってみた。しばらく進むと、林の中の小空間に出た。ちょうど目の高さに一部が枯れたカシの葉が、「そうこんな葉がルーミスは好みなんだよなあ~」と近づいてみると、ルーミスが越冬していた。それも2頭も。
d0054625_19211758.jpg

ルーミスシジミ 集団越冬(2頭) CANON EOS 40D TAMRON 90mm Macro
わずか2頭だけだけれど、従来の観察地点とは全く別の場所だから、弱い集団性があることの追加の証拠にはなるのではないかと思う。

高さは、私の目の高さくらいだから、地上高1.7m程度。川面からは十数mくらい登ったところで林縁ではなく林内の小空間。

d0054625_19284697.jpg

ルーミスシジミ 集団越冬(2頭) RICHO Caplio GX8
d0054625_19291515.jpg

ルーミスシジミ 集団越冬(2頭) RICHO Caplio GX8
日が当ってくると日の当る方向に少し体を傾けた。
d0054625_19301044.jpg

ルーミスシジミ 集団越冬(2頭) RICHO Caplio GX8
ザックを下においてきてしまったので、のどの渇きと空腹を癒すために、一度下に降り戻ってくると、位置が変わってお見合いをするような位置関係になっていた。
d0054625_19415874.jpg

ルーミスシジミ 集団越冬(2頭) RICHO Caplio GX8
ひょっとしたら開翅するかもと期待したが、結局元の位置関係に戻ってしまった。
d0054625_1932133.jpg

ルーミスシジミ 集団越冬(2頭) CANON EOS kiss DX SIGMA 17-70mm Macro
d0054625_19322763.jpg

ルーミスシジミ 集団越冬(2頭) RICHO Caplio GX8
画面の真ん中少し下の黒い筋が川、結構高度感がある。
ちょうどこの越冬個体に日が当らなくなったので、開翅はあきらめて帰ることにした。帰り際に飛ばしてしまった越冬個体の場所に戻ると、同じ葉に戻っていたので一安心。

それにしても、ひょっとしたらとは思っていたものの、林の中の小空間にも越冬個体がいたのには驚いた。これからはもう少し探索範囲を広げないといけないかもしれない。
[PR]

by toshi-sanT | 2009-01-25 19:05 | | Comments(26)
2009年 01月 17日

多摩丘陵の冬

ちょっと風邪をひいてしまったりして、最近は近所の多摩丘陵を少し散歩する程度しかしていない。

〔カワセミ〕 CANON EOS Kiss DX SIGMA APO 70-300mm Macro
我が家の近くの公園には人懐っこいカワセミがいて、よく楽しませてくれる。
d0054625_23112424.jpg

2009年1月10日
d0054625_23133338.jpg

2009年1月17日
d0054625_2314928.jpg

2009年1月17日
d0054625_23141971.jpg

2009年1月17日
d0054625_23142855.jpg

2009年1月17日 いっぺんに2匹の小魚をくわえていた

〔スイセン〕 CANON EOS 40D TAMRON 90mm Macro
d0054625_23161338.jpg

2009年1月11日

〔フクジュソウ〕 CANON EOS Kiss DX SIGMA APO 70-300mm Macro
d0054625_23172812.jpg

一週間たつと、スイセンの盛りが過ぎた代わりに、フクジュソウが咲き出していた。

〔ムラサキシジミ〕 RICHO Caplio GX8
d0054625_23181913.jpg

別の場所では、ムラサキシジミが越冬していた。高さは2mちょっとで南向きの湿地脇。すぐ脇にうってつけの枯れ葉があるのに、その横の青い葉で越冬していた。体はムラツのように完全に横倒しにはなっていないものの今まで見た中では一番斜めに体を倒していた。

多摩丘陵にはそこそこ自然が残っているから、短時間でもそれなりには楽しめる。
[PR]

by toshi-sanT | 2009-01-17 23:13 | Comments(14)
2009年 01月 10日

オフシーズン企画 今年の小遠征 山形編② チョウセンアカシジミ開翅とその他

初日はどピーカンで暑すぎたせいか、チョウセンアカシジミの産卵、交尾、乱舞など他のシーンは十分すぎるほど撮影できたのだが、開翅シーンはほとんど撮影できなかった。
翌日は、前日同様気温は高かったが、時折うす雲がかかる天候で、それが良かったのか、前日がうそのようにあちこちで翅を開いてくれた。
〔チョウセンアカシジミ開翅〕
d0054625_22323332.jpg

チョウセンアカシジミ 開翅 CANON EOS 40D TAMRON 90mm Macro
チョウセンアカシジミの場合、半開状態で翅の裏と表の赤紋がちらりと見えているの状態が一番「らしい姿」という気がする。
d0054625_22362342.jpg

チョウセンアカシジミ 半開翅 CANON EOS 40D TAMRON 90mm Macro
d0054625_22372574.jpg

チョウセンアカシジミ 半開翅 CANON EOS 40D TAMRON 90mm Macro
d0054625_22373982.jpg

チョウセンアカシジミ 半開翅 CANON EOS 40D TAMRON 90mm Macro
d0054625_23301572.jpg

チョウセンアカシジミ 半開翅 RICHO Caplio GX8 (画面左側は少し加工しています)

〔チョウセンアカシジミ飛翔〕
d0054625_23311788.jpg

青空に舞うチョウアカ CANON EOS Kiss DX SIGMA 17-70mm Macro

〔ムカシヤンマ〕
他のゼフを探して歩いているとヤンマが飛んできてTシャツの袖にへばりつくように止まった。こんな経験は今まで無いので一瞬あせったが、ちょうど左袖だったので、そーっとGX8を取り出し、撮ってみた。
d0054625_2242121.jpg

ムカシヤンマ RICHO Caplio GX8
トンボはあまり詳しくないのだが、この時期の山形でこんな止まり方をするのはムカシヤンマくらいのものらしいなので間違いないだろうと思う。

〔ホシミスジの交尾〕
昨年の山形は、ブログ仲間が訪れた時と違って、他のゼフは超不作。いてもアカシジミ、ウラナミアカシジミ、ミズイロオナガシジミといったところばかり、これじゃ多摩丘陵と変わらんなあと思いながらも下草に目を凝らしながら歩いていると、変な格好のホシミスジがいた。
ひょっとしてまたクモか何か天敵に捕まったシーンかと思ったら、もう1頭のホシミスジが下にいる、つまり交尾中の個体だったのだ。
d0054625_23313690.jpg

ホシミスジ 交尾 CANON EOS 40D TAMRON 90mm Macro
d0054625_23321587.jpg

ホシミスジ 交尾 RICHO Caplio GX8

〔山菜料理〕
一泊した民宿での山菜料理。右からアイコとジャガイモの煮物、ワラビに刻みギョウジャニンニクのせ、シオデのおひたし。他にきのこが2品。最近米沢牛とかよりも、こういう素朴な料理が好みになってきた。
d0054625_23344348.jpg


山形にチョウの撮影に行ったのは今回が初めてだったが、食い物は美味いし、とても良いところだった。機会があれば是非再訪したい場所だ。でも今年は大河ドラマが直江兼続だから、来年以降の方が良いかな。
[PR]

by toshi-sanT | 2009-01-10 23:42 | | Comments(12)
2009年 01月 04日

撮り納めもやっぱりルーミス(2008年12月28日 続報)

ちょっと間が空いてしまったが、年末のルーミス撮影でのその他の画像。今回は初めてRAWでの撮影・現像にもトライしてみた。

〔単独個体A〕
横倒しで静止していた個体を上から広角で撮るとこんな感じだった。
d0054625_14331576.jpg

ルーミスシジミ 単独越冬 CANON EOS Kiss DX SIGMA 17-70mm Macro(ストロボ発光)
d0054625_14342868.jpg

ルーミスシジミ 単独越冬 RICHO Caplio GX8
逆に真下から広角レンズで見上げるように撮るとこうなる。
d0054625_14371928.jpg

ルーミスシジミ 単独越冬 CANON EOS Kiss DX SIGMA 17-70mm Macro(RAW撮影)
普段見ない角度なので谷の上の青空が見える。

静止位置に日が十分当ると、この個体はもぞもぞと動き出し、その場で回転、翅に日が良く当る角度で翅を開き始めた。
d0054625_14402521.jpg

ルーミスシジミ 開翅 CANON EOS 40D TAMRON 90mm Macro(RAW撮影)

同じ状況を広角で撮影するとこんな感じになる。先ほどの静止時の画像に比べ青空の面積が少ないが、その分、静止時にはずっと下から撮っていたことがわかる。
d0054625_14432430.jpg

ルーミスシジミ 開翅 CANON EOS Kiss DX SIGMA 17-70mm Macro(RAW撮影)
この後、この個体は一度飛び上がってしまったが、すぐ低い位置に降りてきてたっぷりと開翅してくれた。ブログ仲間4人(grassmonblueさん、ダンダラさん、虫林さん、霧島緑さん)が来たのはちょうどこの時のこと。
d0054625_14504179.jpg

ルーミスシジミ 開翅 CANON EOS 40D TAMRON 90mm Macro(RAW撮影)
d0054625_14505527.jpg

ルーミスシジミ 開翅 CANON EOS 40D TAMRON 90mm Macro(RAW撮影)
d0054625_14514173.jpg

ルーミスシジミ 閉翅 CANON EOS 40D TAMRON 90mm Macro(RAW撮影)
RAWでの調整の仕方がまだわからないが、あまり手を入れない場合、普段のJPEG設定より少し派手な色合いになるような気がする。

〔単独個体B〕
d0054625_1455592.jpg

ルーミスシジミ 単独越冬 RICHO Caplio GX8

〔集団越冬個体〕
d0054625_14573735.jpg

ルーミスシジミ 集団越冬(7頭) CANON EOS Kiss DX SIGMA APO 70-300mm Macro
1頭が翅を一瞬だけ開いたものも撮れた。
d0054625_14593787.jpg

ルーミスシジミ 集団越冬(7頭) CANON EOS Kiss DX SIGMA APO 70-300mm Macro

〔2009年1月2日の状況〕
Kiss DXでISO1600で撮るとちょっとノイズが多い気がしたので、40Dに長玉を装着してもう一度行ってみた。すると残念なことに7頭の集団は、4頭になってしまっていた。
d0054625_1531776.jpg

ルーミスシジミ 集団越冬(4頭) CANON EOS 40D SIGMA APO 70-300mm Macro(ISO1600)
大した絵にならないことはカメラを変えても一緒だった(笑)
昨年末の暖かい日に一部が飛び出したようだ。ただ、同じ枝の左上に2個体が静止していたので、この枝周辺には相当執着があるようだ。

単独越冬個体Bは、朝方は全く同じ場所、同じ姿勢で越冬していた。日が当りにくい場所なのでそのまま春までいるのではないかと思っていたのだが、午後見てみるといなくなっていた。
この日は、ごく一部の個体しか活動中の個体を見なかったので意外だが、いつの間にか動いてしまったのは事実。強いてあげれば、この日は風が強く、静止場所の枝にも風が直に当っていたことくらい。かなり気温が低い日(10℃ちょっと)でも一部活動することと風の直撃は嫌う可能性があるのかもしれない。

この日は、調子に乗って他の場所も含めてルーミスの越冬個体を探して見たが、全て空振り、この間がたまたまだったようだ。
その代わり、林の中でのムラサキシジミの越冬個体(写真の出来が悪いので載せません)、ムラサキツバメの越冬個体を発見した。
d0054625_1517665.jpg

ムラサキツバメ 越冬 CANON EOS Kiss DX SIGMA 17-70mm Macro
(林道沿い、庇のようになっていた葉を少しどけて撮影したもの)
[PR]

by toshi-sanT | 2009-01-04 15:18 | | Comments(11)
2009年 01月 01日

あけましておめでとうございます

d0054625_151481.jpg

昨年、拙ブログにご訪問いただいた皆様ありがとうございます。本年は拙ブログも5シーズン目になりますが、引き続き皆様よろしくお願いいたします。

〔昨年のお気に入り画像10〕
順番は撮影順です。

①ヒオドシチョウ 飛翔 2008年3月22日 神奈川県 CANON EOS Kiss DX SIGMA 17-70mm Macro
昨年の初ギフチョウを見に行った日、山頂でギフチョウを待つ間、越冬開けのヒオドシチョウを撮影した。ギフチョウは目撃だけで撮影できなかったが、春が来たことを実感できた。
d0054625_142383.jpg

②ヒメギフチョウ 吸蜜 2008年4月20日 長野県 CANON EOS Kiss DX SIGMA 17-70mm Macro
満開のカタクリとヒメギフチョウの組み合わせを狙って出かけたのだが、カタクリは少し時期遅れ、天気も今ひとつでチョウの姿も少なかったが、開けた空間でのカタクリのじゅうたんのイメージが少しだけ出たかなと思っている。
d0054625_191398.jpg

③ギフチョウ 交尾 2008年5月6日 長野県 CANON EOS Kiss DX SIGMA 17-70mm Macro
昨年もGWは家族旅行で白馬へ出かけた。最終日、帰る間際に交尾個体を見つけ撮影することが出来た。
d0054625_1133854.jpg

④クモマツマキチョウ 吸蜜 2008年6月7日 長野県 CANON EOS 40D TAMRON 90mm Macro
クモマツマキチョウに会えずそろそろ帰ろうかなどと思った時、1頭のメスが飛んできてくれた。マクロレンズで背景に渓流の流れを入れてみた。
d0054625_1175091.jpg

⑤チョウセンアカシジミ 飛翔 2008年6月21日 CANON EOS Kiss DX SIGMA 17-70mm Macro
山形では、初めてチョウセンアカシジミを撮影することが出来た。あまりに良い天気すぎて開翅撮影に苦労したのも思い出だが、やっぱり夕刻の乱舞が忘れられない。
d0054625_1203585.jpg

⑥タカネヒカゲ 開翅 2008年7月20日 長野県 CANON EOS 40D TAMRON 90mm Macro
昨年の夏には久しぶりに北アルプスに一人で登った。中でも印象に残っているのはタカネヒカゲの開翅を撮影できたこと。開閉しながら歩く個体を撮影したもので写真の出来としては満足いくものではないが、滅多に見れるものではないだろうから十分だろう。
d0054625_1252244.jpg

⑦オオイチモンジ 飛翔 2008年7月21日 長野県 CANON EOS Kiss DX SIGMA 17-70mm Macro
山から降りた翌日は上高地へ回った。吸水集団は見ることが」出来なかったが、あちこちでその姿を見ることが出来た。オオイチモンジが滑空している姿はまさに北方の王者の風格がある。
d0054625_1274113.jpg

⑧ベニヒカゲ 交尾 2008年8月2日 長野県 RICHO Caplio GX8
八ヶ岳にクモマベニヒカゲを撮影しに行った際、ベニヒカゲの交尾個体を見つけた。
d0054625_1323965.jpg

⑨クロツバメシジミ 静止 2008年9月28日 山梨県 RICHO Caplio GX8
シルビアシジミの撮影会の後、虫林さんにクロツのポイントへ案内していただいた。石積みからふらふらと離れる個体がいたので追いかけていくと、こんなちょっと変わった絵が撮れた。
d0054625_1405622.jpg

⑩ルーミスシジミ 越冬 2008年12月28日 千葉県 CANON EOS 40D TAMRON 90mm Macro
昨年の撮り納めにルーミスシジミの集団越冬を撮影しにいった。その際、単独で越冬している個体を見つけた。地上高1.5mほどの位置で横倒しになっていた。過去に見た越冬中の個体は全て葉の面に対して立った状態ばかりだったが、この個体は珍しく横倒しになっていたので印象深い。
d0054625_1452262.jpg


昨年は、年初に東北方面と北アルプスに行ってみようと書いていましたが、山形のチョウセンアカシジミ、北アルプスの高山蝶を撮影することが出来ました。

今年の目標も特段立てていませんが、昨年で体力に自信を持ったので今年も北アルプスの稜線に立ってみたいと思っています。
[PR]

by toshi-sanT | 2009-01-01 01:46 | Comments(38)