フィールドノート

thecla.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2009年 06月 ( 9 )   > この月の画像一覧


2009年 06月 30日

山形県にチョウセンアカシジミの撮影に訪れる皆様にお願い

山形県にチョウセンアカシジミの撮影に訪れる皆様にお願い

山形県は、チョウセンアカシジミの生息地として著名で、近年は撮影に訪れる方も増えてきました。保全活動も盛んに行われています。
 ところで、チョウセンアカシジミの生息地は人家の庭や田畑の周囲に多く、人が集中すると、どうしてもトラブルの発生しやすい条件が揃っています。そこで、地元の関係者と協議した結果、撮影にお越しの皆様には、2日前までに下記連絡先にお電話をいただき、その際、撮影に向いた生息地を口頭でご紹介するという試みを、小国町と川西町で、本年より始めることになりました。
 水田の畦などは、いくら挨拶をきちんとして注意して振舞っても、10人が歩けばそれなりに傷みます。こうした場所に人が集中することを未然に防ぎ、地元との良好な関係を維持していこうというのが今回の主旨です。以前から、通い慣れた自分だけのポイントとして足を運んでおられる方も多いことと思いますが、時代の変化に合わせた上記の主旨をご理解いただき、事前にそれぞれの連絡先にお電話を入れていただきますよう、よろしくお願いいたします。
 なお、他の市町村の生息地は規模が小さいため、まだこのような試みは始めませんが、状況が似通っていることに変わりはありませんので、撮影時にはくれぐれもご注意ください。山形県内では、県指定の天然記念物として、1977年よりいずれの生息地でも採集が禁止されています。
<連絡先>
小国町:小国町教育委員会(文化財担当) 0238-62-2141
川西町:相馬孝一郎(チョウセンアカシジミを守る会代表) 090-3755-3733
(文責・日本チョウ類保全協会 永幡嘉之)
d0054625_22275658.jpg

山形のチョウセンアカシジミ 2008年6月撮影

撮影者の皆様
山形のチョウセンアカシジミはこれから発生のピークを迎えます。撮影といえども田の畦など多くの撮影者が訪れれば痛む可能性が高くなります。管理人も先日棚田の草刈をした際に田の畦の脆弱さを実感しました。
また、今回紹介いただけると思われる生息地には管理人も昨年訪れましたが、いくつかの生息地の中でも撮影に適した場所で、色々な生態を撮影出来ました。是非この新しい試みにご協力ください。


※なお、本お願いは、6月末まで先頭にくるように設定しています。 最新の記事は↓にあります。
[PR]

by toshi-sanT | 2009-06-30 23:59 | Comments(2)
2009年 06月 30日

2009年6月下旬 山梨での五目撮り② 広角飛翔編

d0054625_22385338.jpg

ヒメシジミ♂ 静止 RICHO Caplio GX8
d0054625_22403654.jpg

ヒメシジミ♂ 飛翔 CANON EOS Kiss DX SIGMA 17-70mm Macro
d0054625_2241260.jpg

ヒメシジミ♂ 飛翔 CANON EOS Kiss DX SIGMA 17-70mm Macro
シジミチョウでも少しは、ノートリミングでそこそこの大きさに写るようになってきたような気がする。

d0054625_22432148.jpg

アサマシジミ♂ 静止 RICHO Caplio GX8
朝露の着いたシダに止まるアサマ、結構気に入っている。

d0054625_2333251.jpg

ヒオドシチョウ 開翅 RICHO Caplio GX8
のどかな山村。

d0054625_2342014.jpg

ウラナミアカシジミ 静止 CANON EOS Kiss DX SIGMA 17-70mm Macro(ストロボ発光)
d0054625_2351113.jpg

ウラナミアカシジミ 静止 CANON EOS Kiss DX SIGMA 17-70mm Macro(ストロボ発光)
林内で羽化直後のウラナミアカシジミが足元から飛び立って木の幹に静止した。ストロボを使ってみるとおもしろい雰囲気になった。

この日は、昼食後神奈川のキマリン探しに移動したが、ポイントに着く前に雨が落ちてきてそのまま高速を降りずに帰宅した。なかなか神奈川のキマリンは微笑んでくれない。もっとも他のついでに狙うという根性がいけないのかもしれないが・・・・。

※実は土曜日から「禁煙」始めました。今のところ4日目です。さあいつまで続くでしょうか(笑)
[PR]

by toshi-sanT | 2009-06-30 23:12 | | Comments(8)
2009年 06月 28日

2009年6月下旬 山梨での五目撮り①

土曜日は絶好の天気だったが用事があって遠出できず、そこで今日は昨年見つけた山梨のアサマシジミのポイント周辺で五目撮り。
〔ヒメシジミ〕
d0054625_211776.jpg

ヒメシジミ♀ 静止 CANON EOS 40D TAMRON 90mm Macro
d0054625_2122415.jpg

ヒメシジミ♂ 開翅 CANON EOS 40D TAMRON 90mm Macro

〔アサマシジミ〕
多数のヒメシジミの中にアサマシジミが少数混じるという感じ、メスは比較的新鮮だが、オスは」少し擦れた個体だけだった。昨年はもう少し個体数が多かったように思うのだが・・・・・。
d0054625_2155372.jpg

アサマシジミ♂ 開翅 CANON EOS 40D TAMRON 90mm Macro
d0054625_2163282.jpg

アサマシジミ♀ 吸蜜 CANON EOS 40D TAMRON 90mm Macro
d0054625_2171410.jpg

アサマシジミ♀ 吸蜜 CANON EOS 40D TAMRON 90mm Macro

〔ヒメシロチョウ〕
昨年、メスアカミドリを撮影した場所では、第二化のヒメシロチョウが出ていた。
d0054625_21113081.jpg

ヒメシロチョウ 静止 CANON EOS 40D TAMRON 90mm Macro

〔ヒオドシチョウ〕
コンクリートの農道の上にヒオドシチョウが静止していた。新鮮なヒオドシチョウは撮影チャンスがありそうで意外に無いので結構喜んで撮影した。
d0054625_2121253.jpg

ヒオドシチョウ 開翅 RICHO Caplio GX8

〔ウラナミアカシジミ〕
ゼフにも期待していたが、高いところでテリを張るメスアカと思しきゼフを見ただけでウラナミアカシジミしか撮影出来なかった。
d0054625_21174855.jpg

ウラナミアカシジミ 静止 CANON EOS Kiss DX SIGMA 17-70mm Macro

次回は同じ蝶たちの広角画像を中心に掲載することにしよう。
[PR]

by toshi-sanT | 2009-06-28 21:24 | | Comments(10)
2009年 06月 21日

2009年6月下旬 甲州のアサマシジミ他②

次にアサマシジミの飛翔にチャレンジ。今日は24mm、置きピン位置もシビア目に設定してみた。
相変わらず大外しや、フレームからはみ出しているものばかりだが、ノートリミングでも使えるものがちょっとあった。
d0054625_21133112.jpg

アサマシジミ♂ 飛翔 CANON EOS Kiss DX SIGMA 17-70mm Macro
ちょっとピンが甘いが生息地の環境がわかる飛翔。これもノートリで。
d0054625_21143835.jpg

アサマシジミ♂ 飛翔 CANON EOS Kiss DX SIGMA 17-70mm Macro
一番翅表の色が良く出たのはこれ、ただフレームの右下の外してしまったのでトリミングして。
d0054625_21275040.jpg

アサマシジミ♂ 飛翔 CANON EOS Kiss DX SIGMA 17-70mm Macro(トリミング)
ここまで撮影して時間はまだ9時半。他のアサマの産地を回っても良いのだが、つい調子に乗って神奈川である蝶を探すことに・・・・。

結果は思いっきり空振り。夕方までいたのだけれど姿すら見れずに終わってしまった。
探索中に普通種だけれど、交尾中の個体を2つ見つけることが出来た。
d0054625_21334284.jpg

モンキチョウ交尾 CANON EOS 40D TAMRON 90mm Macro
この交尾個体に別の♂が絡んだので飛翔用設定で撮影してみた。
d0054625_2135083.jpg

モンキチョウ交尾 CANON EOS Kiss DX SIGMA 17-70mm Macro
d0054625_21352422.jpg

モンキチョウ交尾 CANON EOS Kiss DX SIGMA 17-70mm Macro
次にヒメウラナミジャノメの交尾個体。
d0054625_21363698.jpg

ヒメウラナミジャノメ交尾 CANON EOS 40D TAMRON 90mm Macro

目的の蝶は空振りだったけれど、普通種とは言え、交尾を2つも撮影出来たので満足度はそれなりに高かった。
[PR]

by toshi-sanT | 2009-06-21 21:38 | | Comments(14)
2009年 06月 21日

2009年6月下旬 甲州のアサマシジミ他①

先週後半は出張があったりして少し疲れたので、昨年見つけた山梨のアサマシジミの状況を見に行くことにした。昨年見つけた時は夕方で短時間しか探せなかったので、今年は早い時間にちゃんと行ってみたかったのだ。
ゼフではないから、そんなに早く行く必要は無いのだが、早く目が覚めてしまったので、ポイントに着いたのは8時頃。車から降りてすぐメスが現れた。
d0054625_23415096.jpg

アサマシジミ♀ 開翅 CANON EOS 40D TAMRON 90mm Macro
d0054625_23372928.jpg

アサマシジミ♀ 開翅 RICHO Caplio GX8
オスは昨年よりはましだが少し擦れた個体が多い。それでも中には綺麗な個体も混じっているのでそれを選んで撮影する。
d0054625_2347080.jpg

アサマシジミ♂ 開翅 CANON EOS 40D TAMRON 90mm Macro
ナンテンハギで吸蜜しながら開翅していた個体もいた。
d0054625_2348083.jpg

アサマシジミ♂ 開翅 CANON EOS 40D TAMRON 90mm Macro
ワレモコウで開翅した個体。
d0054625_02476.jpg

アサマシジミ♂ 開翅 CANON EOS 40D TAMRON 90mm Macro

明日は一日雨みたいだから、大したネタがあるわけではないが、少し引っ張ってしまおう。
[PR]

by toshi-sanT | 2009-06-21 00:06 | | Comments(10)
2009年 06月 14日

2009年6月中旬 川崎市のミドリシジミ

今週は、ミドリシジミのメスを中心にじっくり撮影するつもりで土日とも近所のミドリシジミの発生地へ出かけた。
結果を言うと早朝雲が多かったのとハンノキが少し伐採された影響か、昨年に比べ下に降りている個体が少なかった成果、目標とした「ベタ画像」に関しては消化不良に終わってしまった。

〔ミドリシジミ〕
d0054625_21402594.jpg

ミドリシジミ♀ 開翅(B型) CANON EOS 40D TAMRON 90mm Macro
d0054625_21435078.jpg

ミドリシジミ♀ 開翅(A型?) CANON EOS 40D TAMRON 90mm Macro
この個体、最初はO型かと思ったのだが、微妙に前翅に薄いA紋があるように見える、A型か?。いずれにせよ、向きも逆だし典型的なA型ではないので「ベタ画像」としては不合格。
d0054625_2145674.jpg

ミドリシジミ♀ 開翅(O型) RICHO Caplio GX8
これも左後翅の一部が欠けているし、表の鮮度も悪い。
d0054625_21463729.jpg

ミドリシジミ♀ 閉翅 CANON EOS 40D TAMRON 90mm Macro
実はこの個体、閉翅を撮影していたら、開翅前にうっかり飛ばしてしまった。飛んだ瞬間、目視ではAB型だったのでかなり残念だ。

オスに関しては、土日ともあまり良い撮影機会がなかった。ようやく良い感じで撮影出来たのはこんな個体だった。
d0054625_21491716.jpg

ミドリシジミ♂ 開翅(羽化不全) CANON EOS 40D TAMRON 90mm Macro
羽化不全の個体なのだが、前翅の先が折り返したようになっている。翅を伸ばしている時に前翅の先が何かに当ったままだったのだろうか。

〔その他の蝶〕
d0054625_2151379.jpg

ムラサキシジミ♀ 開翅 RICHO Caplio GX8
右前翅の先に少しこすれがあるが、第一化のとても綺麗な個体。
d0054625_21582048.jpg

ウラギンシジミ♀ 開翅 RICHO Caplio GX8
これも第一化でとても綺麗な個体だった。
d0054625_220892.jpg

モンシロチョウ 飛翔 CANON EOS Kiss DX SIGMA 17-70mm Macro

ということで、狙いの「ベタ画像」に関しては全滅。平地のミドリシジミはもうおしまい。さあ、どうしようか・・・・。
[PR]

by toshi-sanT | 2009-06-14 22:01 | | Comments(10)
2009年 06月 11日

2009年6月上旬 北アのクモマツマキチョウ(詳報)

残雪の渓谷を飛ぶクモマツマキチョウ。その鮮やかなオレンジ色が気になって、この時期になると北アルプスの渓谷をつい訪ねたくなる。
ところが今年は週末が雨の天気が多く、巡りあわせが悪い年だと思って諦めかけていたら、日曜日の予報が晴れに変わった。kmkurobeさんに「明日行きます」とメールを入れ翌日に備え早々に就寝のはずだったが、ついW杯最終予選に目が行ってしまった。開始早々先取点を入れたのは良いのだが後は七転八倒、結局試合終了まで見てしまい、興奮状態のまま就寝。
翌日曜日早朝、興奮状態を引きずったまま起き、白馬まで車を走らせる。当然頭の中はオレンジが乱舞している。
車を止めると、kmkurobeさん、
虫林さんDodo boyさん、今回が初対面の蝶山人さんご夫妻が丁度出発するところだったので合流して歩き始める。
しばらく谷を遡ってポイントに着くと、
ダンダラさんbanyanさん、Nさん、cactussさん、栃木のOさん、ヘムレンさんmtanaさん蝶狂人さんがいらしていた。打ち合わせしていたわけでもないのにこんなに大勢の撮影仲間が集まったのは初めてだ。
挨拶もそこそこにザックからカメラを出してスタンバイ。ふと見ると虫林さんが渡渉している。昨夜からの興奮状態が続いていたからか、気がついたら裸足になって私も渡渉していた。
対岸に着いてすぐクモマツマキチョウのメスが飛んでいるのを見つけ追いかけていると、地面から飛び立ったオスが絡んで落ちた。早速交尾写真をゲットかと思ったのだが、メスは交尾拒否の姿勢。それでもオスは何度かアタックをかけるが結局交尾には至らなかった。

d0054625_22514345.jpg

クモマツマキチョウ 求愛行動 CANON EOS 40D TAMRON 90mm Macro (トリミング)
d0054625_22522259.jpg

クモマツマキチョウ 求愛行動 CANON EOS 40D TAMRON 90mm Macro (トリミング)
メスはオスが離れた後でもしばらく尾端を高く上げた交尾拒否姿勢のまま止まっていた。
d0054625_22553239.jpg

クモマツマキチョウ♀ 交尾拒否姿勢 CANON EOS 40D TAMRON 90mm Macro (トリミング)
良く見るとこのメスの尾端には何か付いているように見えるので、もしかしたら私の到着前にbanyanさん達が撮影したメスと同じ個体かもしれない。

ところでメスに振られたオス君は、まるで傷心を癒すかのようにしばらく周辺のハタザオで吸蜜し格好のモデルになってくれた。
d0054625_230591.jpg

クモマツマキチョウ♂ 吸蜜 CANON EOS 40D TAMRON 90mm Macro (トリミング)
この後1時間ほどの間は、時折オスが飛んできて吸蜜を繰り返した。
d0054625_23144321.jpg

クモマツマキチョウ♂ 吸蜜 CANON EOS 40D TAMRON 90mm Macro (トリミング)
d0054625_23152759.jpg

クモマツマキチョウ♂ 吸蜜 CANON EOS 40D TAMRON 90mm Macro (トリミング)
d0054625_23153951.jpg

クモマツマキチョウ♂ 吸蜜 CANON EOS 40D TAMRON 90mm Macro (トリミング)
この日は晴れて気温が高かったためか吸蜜時間が極めて短かったことと、少し慎重になりすぎて遠目から撮ることが多く少し不満が残った。ただうっかり最近凝っているベタ画像用の絞り込んだ設定で撮影してしまったことが幸いしてトリミングすれば使える画像が多かったことは怪我の功名かもしれない。

1時間ほどのショータイムの後はぱったり飛んでこなくなったのと食料、水の入ったザックを対岸に置いてきてしまったこともあってあまり雪解け水が入って増水しないうちに対岸に引き返した。
戻る際の川の水は、雪解け水が入ったからか、それとも興奮状態が冷めたためか、随分と冷たく感じた。
対岸に戻った後もほとんどクモマツマキチョウの撮影チャンスは無く時間ばかりが経っていく。それでも撮影仲間と色々話しながら待つことが出来たのでさして苦ではなかった。そのうち山の方から雲が降りてきたのと帰りの渋滞も気になるので下山することにした。

下山後、ちょっとだけミヤマシジミのポイントに寄って帰ったが、結局中央道の大渋滞に巻き込まれ家に帰るのが随分と遅くなってしまった。

〔その他の蝶〕
d0054625_2329213.jpg

ヤマキマダラヒカゲ 静止 CANON EOS 40D TAMRON 90mm Macro
d0054625_2329483.jpg

ミヤマシジミ 開翅 CANON EOS 40D TAMRON 90mm Macro
d0054625_23302512.jpg

ミヤマシジミ 吸蜜 CANON EOS 40D TAMRON 90mm Macro

最後になりましたが、ご一緒した皆さんお疲れ様でした。kmkurobeさん、またお世話になりありがとうございました。

〔おまけ〕
実は、今回の撮影行には秘密兵器を持っていった。
d0054625_23354816.jpg

春日山城跡で購入した「毘」の字入りのタオル。まずは1勝。
[PR]

by toshi-sanT | 2009-06-11 23:36 | | Comments(20)
2009年 06月 07日

2009年6月上旬 北アのクモマツマキチョウ

日曜日は北アのクモマツマキチョウを撮影に行って来た。撮影仲間も大勢集まって賑やかな撮影会になった。
ただ、帰りに中央道の大渋滞に巻き込まれ疲れてしまったので、詳細は後日書くことにして今日はこれだけ。
d0054625_23261626.jpg

クモマツマキチョウ 吸蜜 CANON EOS 40D TAMRON 90mm Macro
Kmkkurobeさんご案内ありがとうございました。参加者の皆様お疲れ様でした。
[PR]

by toshi-sanT | 2009-06-07 23:28 | | Comments(22)
2009年 06月 06日

2009年6月上旬 雨上がりの里山

今日は朝から雨、朝ゆっくり起きても雨。昼食を食べた後も雨。しかしふと気が付くと雨が上がっていた。ネットで雨雲の様子を確認するとしばらく大丈夫なようなのでカメラを持って近所のポイントを一回り。
いつものミドリシジミのポイントに行くがさすがに時間が遅く下に降りている個体はいなかった。栗の花ポイントに移動するとミドリシジミが吸蜜に来ていた。
d0054625_2158398.jpg

ミドリシジミ♂ 吸蜜 CANON EOS Kiss DX SIGMA 17-70mm Macro
この個体は、飛び移った先の栗の葉の上で開翅してくれたが、少し場所が高い。ただ手を伸ばせば届きそうなのでノーファインダーで撮影してみた。ただ大きく中心を外すことが多く、大幅にトリミングしないと使えないものばかりだった。
d0054625_2203628.jpg

ミドリシジミ♂ 開翅 CANON EOS 40D TAMRON 90mm Macro(トリミング)
d0054625_2233047.jpg

ミドリシジミ♂ 開翅 CANON EOS Kiss DX SIGMA 17-70mm Macro (トリミング)
次に昨年見つけたオオミドリのテリ張りポイントへ。残念ながら時間が遅く、高いところを飛ぶ個体を見ただけで先にこっちへ寄るべきだったかもしれない。ここではウラナミアカシジミを見つけたがあまり良い写真にならなかったので割愛。
最後にウラナミアカやミズイロオナガが多いポイントへ移動。少し探すとミズイロオナガが静止しているのを発見。
d0054625_2210103.jpg

ミズイロオナガシジミ 静止 CANON EOS 40D TAMRON 90mm Macro(ストロボ発光 トリミング)
この後、この個体はじわっと翅を開き始めた。後翅の白紋が中々綺麗な個体だ。ただ、足元は雨上がりの急な斜面で滑りやすく十分接近しきれずちょっと残念。
d0054625_2215968.jpg

ミズイロオナガシジミ 静止 CANON EOS 40D TAMRON 90mm Macro(ストロボ発光 トリミング)
そろそろ息子のバッシュを買いに行かないといけない時間なので帰ることにする。なんでもバスケ部にはいったらしい。帰りがけに田植えが終わったばかりの谷戸を背景にスジグロシロチョウを撮影。
d0054625_22182891.jpg

スジグロシロチョウ 吸蜜 CANON EOS Kiss DX SIGMA 17-70mm Macro
買った息子用のバッシュはなんと28.5cm、店にある一番でかいサイズは29cm、これ以上足大きくならないでね。高くつくから(笑)
[PR]

by toshi-sanT | 2009-06-06 22:23 | | Comments(12)