<   2009年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2009年 10月 25日

theclaさんの歴史散歩② 春日山城 本与板城

今週は、天候、体調その他もろもろで新規画像が無いので、早くもオフシーズン企画を開始します。今オフシーズン企画は、色々撮影したけれど本記事に載せなかった画像を中心にしたいと思います。
第一弾は、随分間があいてしまいましたが、「歴史散歩」の第二弾になります。

〔春日山城〕
春日山城は壮大な山城なのだが、春日山神社の駐車場に車を止めると核心部だけ回ってくることが出来る。駐車場すぐ脇には上杉謙信公の銅像がある。
d0054625_21565248.jpg

謙信公銅像
春日山神社から直江屋敷跡に向かって登っていく尾根筋は、いくつかの空堀が尾根筋と直角に掘られている。V字型に断ち切るように空堀を切っているが、その掘割の斜面にカタクリやショウジョウバカマが咲き乱れていた。
d0054625_221178.jpg

虎口を越えると直江屋敷跡に出る。低い土塁で尾根上が三段に分かれている。三段全部、直江屋敷なら確かにTVで見るような広壮な屋敷になるのだが、実際のところはどうだったのだろう。
d0054625_22103390.jpg

直江屋敷付近の尾根道
直江屋敷のすぐ上が毘沙門堂跡になっている。毘沙門堂の前の土塁は日当たりが良く、カタクリの花が咲き乱れていた。
d0054625_2295986.jpg

毘沙門堂とカタクリの花
毘沙門堂からひと登りで本丸跡に出る。
d0054625_22125480.jpg

板に書いてある七言絶句は、能登七尾城攻めの際に詠んだと言われる「十三夜」だった。
本丸には、こんな春日山城全域の絵図面があった。
d0054625_22181045.jpg

御館の乱の際、上杉景虎に先立って本丸を押さえたのが景勝、兼続の勝因との話があるが、この絵図面を見るとそれが良くわかる。直江屋敷、景勝屋敷、二の丸、本丸と押さえると城の核心部は完全に押さえたことになる。しかも本丸裏の大井戸と二の丸にも井戸があるから、ここに籠もられると簡単には落とせないのだろう。
d0054625_22244958.jpg

二の丸から本丸を見上げる
d0054625_22254958.jpg

本丸裏の大井戸 今も水がたっぷり
d0054625_22282070.jpg

本丸から上越市街を望む 林が切れるところまでが春日山城の城域 こうして見ると壮大な山城であることがわかる。

〔本与板城〕
直江家の城で本与板城と与板城があって本与板城の方が古く常盤貴子演ずるおせんが生まれた頃は本与板城は本城(与板城は兼続が築いたらしい)だった。
うっそうとした杉林を間引いて整備中という感じ。このあたりはギフチョウが多いはずだから、2、3年したら城跡をギフチョウが多数飛ぶかもしれない。
d0054625_22403225.jpg

本与板城本丸(実城)、左手の空堀が大空堀だが、大分埋まってしまっているみたいであまり大空堀という感じはしない。
d0054625_2242580.jpg

与板城本丸から信濃川を望む 手前の土塁との間にも深い空堀が掘られている
d0054625_22422658.jpg

与板城マップ

チョウの写真が一枚もないとさすがに寂しいので、どこの城かは書かないが、土塁の前を飛ぶギフチョウ
d0054625_22442641.jpg

[PR]

by toshi-sanT | 2009-10-25 22:44 | 歴史 | Comments(4)
2009年 10月 17日

2009年10月中旬 秋の甲州五目撮り

先週末は、秋の甲州シジミ御三家巡りにでかけたので、その時撮影した「すんごいクロツ(異常型)」以外の蝶。

〔シルビアシジミ〕
最初に訪れたのは、シルビアシジミのポイント。ところが間の悪いことに草刈直後に当ってしまった。花も無いし、草刈直後の堤防斜面は、ヤマトシジミすらほとんど姿が見えない。
それでもミヤコグサのあったはずの場所を歩き回っていると、シルビアシジミの♂が足元から飛び出した。
d0054625_22142579.jpg

シルビアシジミ 静止 CANON EOS Kiss DX SIGMA 17-70mm Macro
草刈直後の堤防は、堤防全体の雰囲気を取り込むと絵になるが、いつもの感覚で縦広角にすると刈った直後の草がごちゃごちゃしてあまり良い感じにならない。
d0054625_22184047.jpg

シルビアシジミ 静止 CANON EOS Kiss DX SIGMA 17-70mm Macro
同じ状況を90mmマクロで撮る(F6.3)と大分ゴチャゴチャ感が減るが、もう少し開放で撮った方が良かったかもしれない。
d0054625_22254017.jpg

シルビアシジミ 静止 CANON EOS 40D TAMRON 90mm Macro
d0054625_22261971.jpg

シルビアシジミ 吸汁 CANON EOS 40D TAMRON 90mm Macro
かなり綺麗な個体だったので開翅に期待したが、開翅を撮影する前にマークしきれず見失ってしまった。

〔ヤマトシジミ〕
ヤマトシジミの♀は青くなっていた。
d0054625_2233397.jpg

ヤマトシジミ♀ CANON EOS 40D TAMRON 90mm Macro

〔ミヤマシジミ〕
次にミヤマシジミのポイントへ移動。青い♀を探したのだが、オレンジ紋が発達した♀がいただけだった。
d0054625_22393541.jpg

ミヤマシジミ♀ CANON EOS 40D TAMRON 90mm Macro
うっすらと青鱗がのっているようだが、これでもっと青鱗が多ければさぞ別嬪さんなのにと思うが仕方が無い。

〔クロツバメシジミ〕
ここでは異常型に出会ってしまいそっちをメインで撮っていたため、ノーマルなクロツはこんなのしか撮影しなかった。
d0054625_22554738.jpg

クロツバメシジミ 静止 CANON EOS Kiss DX SIGMA 17-70mm Macro

〔ツマグロキチョウ〕
最後にツマグロキチョウのポイントへ行く。エノコログサに静止秋型が静止すると秋らしい絵になる。ただどうしても背景がごちゃつくので開放気味にF4.0で撮影。
d0054625_2311075.jpg

ツマグロキチョウ 静止 CANON EOS 40D TAMRON 90mm Macro
本当はこういう時こそF2.8なのだろうが、角度が真横でないのでゴミ箱直行画像を生産しただけだった。
この日の締めくくりは、斜光線での広角で愛車と共に。
d0054625_2351746.jpg

ツマグロキチョウ 静止 RICHO Caplio GX8
[PR]

by toshi-sanT | 2009-10-17 23:06 | | Comments(10)
2009年 10月 12日

2009年10月中旬 甲州のすんごいクロツ

連休中日は、久しぶりのプチ遠征で甲州へ。例年この時期に行う秋のシジミ御三家のマイポイント巡り。
もちろんマイポイントといっても、地名程度の情報を頼りに自力で辿り着いた、つまり詳細に教えてもらったポイントではないということだけに過ぎないのだけれど、何となく愛着があって他にもっと良いポイントがあってもつい出かけてしまう。

結果は、シルビアは草刈直後に当ってしまい♂が1頭、しかも開翅は撮影出来ず。ミヤマシジミは盛期すぎ、オレンジの発達したメスがいたが青メスは見当たらず。う~ん、悪くないけどイマイチだなあと思いながら昨年見つけたクロツバメシジミのポイントへ移動。
石積みのツメレンゲの周囲をちらちらと飛んでいて、時期的にも中々良さそう。早速ツメレンゲの花に止まった個体に近付くと・・・・、斑紋が流れている個体。
d0054625_11582724.jpg

クロツバメシジミ異常型 CANON EOS 40D TAMRON 90mm Macro
他の個体に比べ一回り大きかったからヤマトシジミの斑紋流れかと思ったが、オレンジ紋や尾状突起らしきものもあるのでクロツバメシジミの異常型に間違いない。ドキドキしながら石積みを踏み外さないように慎重に接近。まずは右側の裏面をアップで。
d0054625_1253033.jpg

クロツバメシジミ異常型 CANON EOS 40D TAMRON 90mm Macro
墨で黒々と描いたような黒紋、ほのかなオレンジ紋と青紋、異常型だと正直あまり綺麗でないことも多いが、これは中々美しいのではないかと思う。
次に左側。
d0054625_12103466.jpg

クロツバメシジミ異常型 CANON EOS 40D TAMRON 90mm Macro
さてこうなってくると気なるのは、翅の表なのだが、表は普通のクロツと一緒だった。そこで、裏と表を一緒に写しこむことにした。
d0054625_1213351.jpg

クロツバメシジミ異常型 CANON EOS 40D TAMRON 90mm Macro
これが一番、クロツの異常型だということがわかる絵かもしれない。ツメレンゲで吸蜜中にも開翅したのでその瞬間も。
d0054625_12141943.jpg

クロツバメシジミ異常型 CANON EOS 40D TAMRON 90mm Macro

ある程度撮影できたので調子に乗って広角でも撮影した。
d0054625_12451142.jpg

クロツバメシジミ異常型 RICHO Caplio GX8
d0054625_12391239.jpg

クロツバメシジミ異常型 CANON EOS Kiss DX SIGMA 17-70mm Macro

これは珍しいものに当ったと思い意気揚々と引き揚げる途中、おかまを掘られてしまい車が全損してしまった。あんあまりブログで書くことではないのでこれ以上書かないが・・・、う~んショック。
[PR]

by toshi-sanT | 2009-10-12 12:42 | | Comments(50)
2009年 10月 10日

2009年10月中旬 連休初日は湘南の・・・・

連休初日は、遠出はせずに娘と一緒に湘南方面へでかけた。
神奈川の海岸線に来ると、やっぱりソテツが気になる。
d0054625_21423124.jpg

例の奴の食痕のように見えるのだが、成虫、幼虫とも見当たらなかった。娘に催促されるので、ちらっと見ただけだけれど。
青っぽいシジミチョウがいるとつい気になって見てしますが、結局こんなのばかりだった。
d0054625_21453321.jpg

ウラナミシジミ CANON EOS 40D TAMRON 90mm Macro
d0054625_2146711.jpg

ウラナミシジミ CANON EOS Kiss DX SIGMA 17-70mm Macro
d0054625_21463430.jpg

ヤマトシジミ♀ CANON EOS 40D TAMRON 90mm Macro

今年は、生しらすとアジたたきの2色丼にした。
d0054625_21484443.jpg

えっ、連休初日の目的は何かって、嫌だなあ、生しらすですよ(笑)

※クマソは本日青葉区でも見つかったそうだ。いよいよ神奈川内陸侵攻のようだ。そろそろ我が家の近くで見ることが出来るかもしれない。
[PR]

by toshi-sanT | 2009-10-10 21:50 | | Comments(6)
2009年 10月 09日

2009年10月上旬 王禅寺

先週は日曜日の午前中だけ時間があったので我が家の近く(といっても少し離れているが)にある王禅寺へ行ってみた。
日本最古の甘柿の品種と言われる禅寺丸柿が発見された寺として有名なのだが、今まで行ったことがなかった。
住宅街の中にあるのだが、山門周辺は別世界のように感じる。
d0054625_23264025.jpg

d0054625_23272835.jpg

本堂の脇に禅寺丸柿の原木があった。
d0054625_23283284.jpg

この柿の実にチョウが来たら面白いと思ってしばらく待ってみたらルリタテハがやってきた。
d0054625_233096.jpg

ルリタテハと禅寺丸柿 CANON EOS 40D TAMRON 90mm Macro
住宅街との境には桜が咲いていた。ジュウガツザクラだろうか。
d0054625_2324588.jpg


家の近くにこんな渋い場所があったとは今まで気がつかなかった。何かほっとするようなお寺だった。

明日から3連休、忙しい時期も終わり、少しは撮影に出られそうなので楽しみだ。さあどこに行こう。
[PR]

by toshi-sanT | 2009-10-09 23:35 | Comments(2)
2009年 10月 03日

多摩丘陵秋色々

例年のことながらこの時期はちょっと忙しくて週末にも影響があることが多い。従ってあまり遠出できず短時間家の周囲を散歩する程度になってしまう。それでもこのあたりは多摩丘陵のはずれだから、歩いてみると普通種だけどそれなりに楽しめる。

〔スジグロシロチョウ交尾〕
普通種であっても交尾シーンに出くわすとやっぱりうれしい。
d0054625_22531946.jpg

9月22日 CANON EOS Kiss DX SIGMA 17-70mm Macro
d0054625_2256337.jpg

9月22日 CANON EOS Kiss DX SIGMA 17-70mm Macro

〔スジグロシロチョウ交尾飛翔〕
このカップルを撮影していたところに複数のオスが絡んできた。
d0054625_2331023.jpg

9月22日 CANON EOS Kiss DX SIGMA 17-70mm Macro
最大は4頭のからみ
d0054625_2333733.jpg

9月22日 CANON EOS Kiss DX SIGMA 17-70mm Macro

〔スジグロシロチョウ交尾拒否〕
翌週は、求愛&交尾拒否を観察。
d0054625_2312588.jpg

9月27日 CANON EOS Kiss DX SIGMA 17-70mm Macro
求愛時に何故かストローを伸ばしていた。
d0054625_23124571.jpg

9月27日 CANON EOS Kiss DX SIGMA 17-70mm Macro

〔ツバメシジミ♂〕
綺麗なツバメシジミ♂がいたので、閉翅と開翅のベタ画像を撮影。
d0054625_23153627.jpg

ツバメシジミ♂ 閉翅 CANON EOS 40D TAMRON 90mm Macro(9月22日)
d0054625_2316658.jpg

ツバメシジミ♂ 開翅 CANON EOS 40D TAMRON 90mm Macro(9月22日)
この個体を撮影中、もう1頭のオスが飛び込んできて誤求愛。
d0054625_2317265.jpg

ツバメシジミ 誤求愛 CANON EOS 40D TAMRON 90mm Macro(9月22日)

〔ウラナミシジミ〕
産卵しているウラナミシジミがいた。
d0054625_23192546.jpg

ウラナミシジミ産卵 CANON EOS 40D TAMRON 90mm Macro(9月22日)

今週も色々あって遠出できない。明日は晴れるみたいだから、午前中だけでも少し撮影に出たいところだ。
[PR]

by toshi-sanT | 2009-10-03 23:21 | | Comments(14)