フィールドノート

thecla.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2010年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2010年 05月 30日

な~んも飛ばん

この週末は、職場環境が少し変わったりしたので、遠出をする元気が無かった。雲って気温も上がらず、結局撮影出来たのコチャバネセセリだけ。
d0054625_17344849.jpg

コチャバネセセリ RICOH GR DIGITALⅢ

これではあまりにも寂しいので早速十勝遠征からの蔵出し、それも飛んでいるものを。
d0054625_17371466.jpg

ジョウザンシジミ 飛翔 CASIO EX-FC150 (2010年5月15日)
アカマダラの飛翔は連続写真風につなげてみた。
d0054625_17383027.jpg

アカマダラ メス 飛翔 CASIO EX-FC150 (2010年5月16日)

今年はこのパターンが増えなければ良いが・・・・・。来週末は天気になあ~れ。
[PR]

by toshi-sanT | 2010-05-30 17:43 | | Comments(16)
2010年 05月 23日

今週は完全休養日

土曜日は好天に恵まれた娘の小学校の運動会。娘も6年生だから、これが最後の小学校の運動会になるのでちょっとセンチな気分になったりした。
翌日の日曜日は朝から雨、横浜IC近くのアウトレットモールに買い物に出かけたくらいで完全休養日。

ということで、この週末は画像の仕入れは無し。早速十勝遠征の隠し画像を使うのも癪なので、タイミングを逸してしまった5月7日に撮影した5月のチョウ達を紹介しようと思う。

〔ウスバシロチョウ〕
この日の最大の目的はウスバシロチョウ。例年は多くの個体がいて楽しませてくれるところなのだが、今年は発生が遅れている上に個体数も少なかった。
d0054625_21205470.jpg

ウスバシロチョウ 吸蜜 CANON EOS 40D EF100mm F2.8L マクロ IS USM
d0054625_21214016.jpg

ウスバシロチョウ 吸蜜 RICOH GR DIGITAL Ⅲ

〔コツバメ〕
コツバメがまだいたので、広角とパスト連写での飛翔を撮影した。
d0054625_21324073.jpg

コツバメ 静止 RICOH GR DIGITAL Ⅲ
d0054625_21331716.jpg

コツバメ 飛翔 CASIO EX-FC150

〔ウラギンシジミ〕
ウラギンシジミもパスト連写で。
d0054625_21341817.jpg

ウラギンシジミ 飛翔 CASIO EX-FC150

〔ツマキチョウ〕
ツマキチョウはまだオスが飛び回っていた。
d0054625_2135353.jpg

ツマキチョウ 飛翔 CANON EOS Kiss DX SIGMA 17-70mm Macro

〔クロコノマチョウ〕
越冬明けのクロコノマチョウが林縁に出てきた。
d0054625_21365616.jpg

クロコノマチョウ 静止 CANON EOS 40D EF100mm F2.8L マクロ IS USM(外部ストロボ)
ちょっと露出アンダーでピンも甘いけど。
d0054625_2138238.jpg

クロコノマチョウ 飛翔 CASIO EX-FC150

〔スジグロシロチョウ〕
いつもなら黒系アゲハがやってくるツツジポイントも花がほとんど咲いておらず、スジグロシロチョウの求愛と交尾拒否が撮影出来ただけだった。
d0054625_21462439.jpg

d0054625_21434875.jpg

d0054625_2144170.jpg

d0054625_21441254.jpg

スジグロシロチョウ 求愛(拒否)CANON EOS Kiss DX SIGMA 17-70mm Macro
今年は、春型の黒系アゲハ撮影のタイミングを逃してしまったかもしれない。
[PR]

by toshi-sanT | 2010-05-23 21:45 | Comments(6)
2010年 05月 17日

2010年5月中旬 春の十勝遠征

GWの前、マイレージをチェックしていたら有効期限が切れる寸前、急遽、maedaさんに連絡を取ると都合良くご案内いただけるとのこと、速攻でポチッと十勝遠征を決めてしまった。
遠征スタートは、なんと機材トラブルで機体変更、結局一時間遅れになってしまった。
d0054625_210898.jpg

バスで移動し格納庫前で別の機体に乗る
空港で迎えに来ていただいたmaedaさんと合流し駐車場に行くと、白樺が芽吹いていない。今年は本当に季節の進みが遅い。
d0054625_2133674.jpg

どうなることかと思ったが、アポイのヒメチャは未発生と判断し断念した以外は、春の北海道特産種を堪能することが出来た。

〔ジョウザンシジミ〕
最大の目的はジョウザンシジミ。最初に案内していただいたのはガレ場のポイント。天候不順の影響で個体数が少なく3頭ほどしか見られなかったが、そのうち2頭が交尾個体だった。

ジョウザンシジミ 交尾 CANON EOS 40D EF100mm F2.8L マクロ IS USM
ガレ場の環境を入れての広角撮影もできた。
d0054625_21105336.jpg

ジョウザンシジミ 交尾 RICOH GR DIGITALⅢ
この日は気温が上がるのが遅れ、かえって飛行機の遅延がかえって幸いしたのかもしれない。

次に河川敷のポイントに移動して青いジョウザンを探すが黒い個体ばかり。翌日は朝から河川敷ポイントで青いジョウザンを探すとハタザオの仲間で吸蜜する個体が見つかった。
d0054625_21471318.jpg

ジョウザンシジミ 吸蜜 CANON EOS 40D EF100mm F2.8L マクロ IS USM
同じ個体にストロボを当てるとメタリックな感じになる。
d0054625_2148446.jpg

ジョウザンシジミ 開翅 CANON EOS 40D EF100mm F2.8L マクロ IS USM(外付ストロボ)
羽化直後の個体の静止がいたので、内蔵ストロボを指で半分塞いで河川敷環境と共に撮影したらスポットライトに当ったような感じになった。
d0054625_21493382.jpg

ジョウザンシジミ 静止 RICOH GR DIGITALⅢ(内蔵ストロボ)

〔エゾヒメシロチョウ〕
初日の夕方、飛び回るエゾヒメシロチョウを追いかけていると寝ぐらを探すのか時々静止した。
d0054625_21544295.jpg

エゾヒメシロチョウ 静止 CANON EOS 40D EF100mm F2.8L マクロ IS USM

〔アカマダラ〕
アカマダラは「小さい」、「ハエみたいに飛ぶ」と聞いていてはいたが、実際に見てみると確かに予想以上に小さかった。
d0054625_22142268.jpg

アカマダラ♂ 開翅 CANON EOS 40D EF100mm F2.8L マクロ IS USM
アカマダラは何と言っても春型の♀が赤紋が広がって美しい。是非撮影したいと思っていたのだが、2日目の午後、2日目に合流したNoreenさんに見つけてもらって撮影できた。
d0054625_2219389.jpg

アカマダラ♀ 吸蜜 RICOH GR DIGITALⅢ
♀は、本当に赤い部分が広く、「赤マダラ」という名前が良く似合っている。

〔チャマダラセセリ〕
道東はチャマダラセセリが多いと聞き期待していたが、今年の天候不順のせいで出会えないかもしれないと途中で覚悟した。ところがmaedaさんが依頼してくれていたK先生から情報が入り、移動。駄目かもしれないと覚悟していただけに楽しく撮影出来た。
d0054625_22352335.jpg

チャマダラセセリ 開翅 CANON EOS 40D EF100mm F2.8L マクロ IS USM
素早さと小ささで最初のうちは飛ばれてしまうとすぐ見失っていたが、目が慣れてくると少しは追えるようになった。すると目の前で2頭が絡み♂が後ろから近付いたと思ったら交尾が成立した。
d0054625_22395430.jpg

チャマダラセセリ 交尾成立直後 CANON EOS 40D EF100mm F2.8L マクロ IS USM
d0054625_22432651.jpg

チャマダラセセリ 交尾 RICOH GR DIGITALⅢ

今回の遠征は、天候不順にも係らず、2日間で撮りたかった蝶がほとんど撮影出来た。多分一人で行ったらこの半分どころかほとんど撮影にならなかったと思う。また、Noreenさんや、karatakaさんにもお会い出来た。しかもモール温泉で汗を流した後、2日連続で「あ~こりゃこりゃ」、十勝の休日を本当に堪能出来た。
maedaさん今回は本当にお世話になりました。またK先生、初対面にも係らず貴重な情報ありがとうございました。
d0054625_22583130.jpg

こりゃこりゃの後、空港行きバスに乗る直前、帯広駅前の夕暮れ

※写真の整理がまだ終わっていないので他の画像はオフシーズンまでとっておくかもしれませんが、なにぶん今年は天候不順で空振りも多いかもしれず突然ネタを引っ張り出すかもしれません。まあこのアバウト感がmy blogということで(笑)
[PR]

by toshi-sanT | 2010-05-17 23:02 | | Comments(32)
2010年 05月 09日

2010年5月上旬 多摩丘陵のアオバセセリ

来週ちょっと遠出を考えているので今日は近間の多摩丘陵でアオバセセリを撮りに出かける。午前中だけだったが何度かチャンスがあった。
d0054625_23294440.jpg

アオバセセリ 吸蜜 CANON EOS 40D EF100mm F2.8L マクロ IS USM(外部ストロボ使用)
d0054625_23295647.jpg

アオバセセリ 吸蜜 CANON EOS 40D EF100mm F2.8L マクロ IS USM(外部ストロボ使用)
広角での撮影チャンスもあった。
d0054625_23305362.jpg

アオバセセリ 吸蜜 RICOH GR DIGITALⅢ(内蔵ストロボ使用)
実はこの日の目的は新兵器のFC150を使ってアオバセセリの表面を撮ることだった。何とか一度だけ撮影に成功したが、残念ながら日陰でしかチャンスが無かったためピンが甘いのと止まりきっていない感じ。
d0054625_23341583.jpg

アオバセセリ 飛翔 CASIO EX-FC150
今年は発生が遅れているようだから、山の方へ行けばこの後もまだチャンスがあるかもしれない。

FC150は、私の手には小さすぎ置きピンでの飛翔撮影が上手くいかないため、静止からの連写以外は、相変わらずデジイチを使っている。歩留まりは相変わらず悪いがたまにはまるとデジイチの方が迫力ある絵になる気がする。
d0054625_2338027.jpg

アオスジアゲハ 飛翔 CANON EOS Kiss DX SIGMA 17-70mm Macro

今日は「母の日」、我が家では「女房の日」になるので特別なビンテージのワインを開けた。
d0054625_2339350.jpg

というのは嘘で、ベルーナの毎月のお任せ便3本の中に入っていただけのもの(^^;
1989年、あの頃はバブル真っ盛り、「今日より明日の方が良くなる」ことが心から信じられた時代。懐かしいと言えば懐かしい。そんなことを思うのもおじさんになった証拠だろうか。
[PR]

by toshi-sanT | 2010-05-09 23:42 | | Comments(30)
2010年 05月 08日

2010年5月上旬 GW白馬行その② 花とヒメギフチョウ

遠征2日目、kenkenさん、nomusanさん、pekeyamaさんと一緒に昨年ヒメギフの交尾を撮影したポイントでギフを狙うも気温が高すぎ飛び回るヒメギフを眺めるのみ。早々に諦めて、kmkurobeさんと合流、桜に来るヒメギフを狙うことににした。
d0054625_21524713.jpg

ヒメギフチョウ 吸蜜 桜(オオヤマザクラ?) CANON EOS Kiss D SIGMA APO 70-300mm Macro
d0054625_2153377.jpg

ヒメギフチョウ 飛翔 CANON EOS Kiss D SIGMA APO 70-300mm Macro
桜に来るヒメギフチョウを追いかけているとダンダラさんと一緒に、ma23さんノゾピーさんとお会いできた。昨年のオオゴマ撮影の時以来だと思うので、ごく短時間だったがうれしかった。

桜に来るショータイムが終わると、ma23さん、ノゾピーさんの関西組とダンダラさんが帰宅、nomusanさん、pekeyamaさんは今日中に木曽方面へ移動されるとのことで挨拶し、別れる。夜の宴会まで時間があったのとカタクリでの吸蜜シーンがまともに撮れていなかったので、気温が高いのでダメ元で夕方の一発狙いで五竜方面へ移動した。
ポイントに着くとカタクリの花は本当に良い感じに咲いていた。逆光だけどここに来れば良いのにと思いながらカタクリの花などを撮影しながら待つ。
d0054625_2213921.jpg

カタクリ CANON EOS Kiss DX SIGMA 17-70mm Macro
d0054625_22165436.jpg

フクジュソウ CANON EOS 40D EF100mm F2.8L マクロ IS USM
ところが主役が一向に姿を現さないまま時間だけが経っていく。このカタクリポイントに日が当たるのは4時頃までなのでタイムアップも近い。やっぱり駄目かとあきらめて帰りかけた時、1頭のヒメギフチョウが現われカタクリで吸蜜してくれた。
d0054625_22273638.jpg

ヒメギフチョウ 吸蜜 CANON EOS 40D EF100mm F2.8L マクロ IS USM
さらに満開カタクリが咲く斜面へ。
d0054625_22284142.jpg

ヒメギフチョウ 吸蜜 RICOH GR DIGITALⅢ
西日が入ってフレアが出まくりだが、ここまで出るとかえって幻想的な絵になったかもしれない。

この日の夜は、kmkurobeさんご夫妻、蝶の生態写真のSAさん、kenkenさん、蝶山人さんご夫妻と一緒に楽しい宴会。どうも今回の遠征は宴会の合間に写真を撮っていたような気がしなくもない(爆)

最終日は、ギフチョウ狙いで白馬村をうろつくも一度姿を見ただけで成果なし。戦意喪失しかかったところで
ヘムレンさんとお会いし、昼食後柳の下のどじょう狙いで一緒に五竜へ移動。
2匹目のどじょうというわけにはいかなかったが、飛翔写真とカタクリ吸蜜を撮影出来た。
d0054625_22393141.jpg

ヒメギフチョウ 飛翔 CASIO EX-FC150
d0054625_22415617.jpg

ヒメギフチョウ 吸蜜 CANON EOS 40D EF100mm F2.8L マクロ IS USM(外部ストロボ使用)
d0054625_22404330.jpg

ヒメギフチョウ 吸蜜 CANON EOS 40D EF100mm F2.8L マクロ IS USM(外部ストロボ使用)
ギフチョウは撮れなかったけれど、宴会とヒメギフ三昧の楽しいGWになった。
[PR]

by toshi-sanT | 2010-05-08 22:43 | | Comments(18)
2010年 05月 05日

2010年5月上旬 GW白馬行その① ヒメギフチョウの産卵

今年のGWは、初日(1日)に家族で映画を見に行き2日から毎年恒例のGW白馬行。ただ、子供達も大きくなりそれぞれの用事があるため、家族ではなく単騎出撃となった。
早朝白馬へ着き、昨年撮影したポイントを覗いてみると、あららっ、完全に雪の下、とてもGW中に発生することは無さそう。
そろそろ時間なのでkmkurobeさんにメールで教えていただいた集合場所へ向かう。集合場所には。kenkenさんnomusanさんpekeyamaさん、luehdrofさん、蝶山人さんご夫妻がいらした。Nomusanさん、pekeyamaさん、luehdorfさんとは初めて直接お会いすることになった。
d0054625_20413153.jpg

集合場所から見た後立山連峰
Luehdorfさんは、他にご用があるようで、他のメンバーと共に、姫川の下流へ向かう。
ポイント手前でダンダラさんご夫妻と偶然合流、ますます賑やかな撮影会になる。ポイントに着くとカタクリは満開で花は絶好のコンディション、斜面一面カタクリの絨毯。
d0054625_20423713.jpg

カタクリ咲く斜面 RICOH GR DIGITALⅢ
ところが、ヒメギフチョウの個体数は予想以上に少ない。大した写真も撮れないまま、転進しようとした頃、1頭の♀が産卵行動を取っていた。
d0054625_21131056.jpg

ヒメギフチョウ 産卵行動 CANON EOS 40D EF100mm F2.8L マクロ IS USM
d0054625_21133696.jpg

ヒメギフチョウ 産卵行動 CANON EOS 40D EF100mm F2.8L マクロ IS USM
気に入ったウスバサイシンの葉に当らないのか中々産卵を始めなかったが、一度始めると2回ほど産卵シーンを撮影させてくれた。
d0054625_2115403.jpg

ヒメギフチョウ 産卵 CANON EOS 40D EF100mm F2.8L マクロ IS USM
d0054625_21161322.jpg

ヒメギフチョウ 産卵 CANON EOS 40D EF100mm F2.8L マクロ IS USM
咲き乱れるカタクリを背景に広角でも撮影できた。
d0054625_2118126.jpg

ヒメギフチョウ 産卵 RICOH GR DIGITALⅢ
d0054625_21182768.jpg

ヒメギフチョウ 産卵 RICOH GR DIGITALⅢ

この日は一日ここで粘ったが、結局これ以上の写真は撮れず撤収。夜みそらの居酒屋で、kenkenさん、nomusanさん、pekeyamaさんと最大の目的とも言える宴会。
d0054625_20414564.jpg

さらにkmkurobeさん、ダンダラさんも合流し楽しい一夜となった。

<続く>
[PR]

by toshi-sanT | 2010-05-05 21:23 | | Comments(22)