<   2010年 08月 ( 8 )   > この月の画像一覧


2010年 08月 31日

山梨県北杜市のゴマシジミの保全活動にご協力ください

山梨県北杜市に生息するゴマシジミの保全活動へご協力のお願い
 山梨県茅ヶ岳周辺には、かつてはゴマシジミが広く分布していましたが、近年急速に個体数を減らし、現在でも生息が確認されている場所はごく限られている状況です。
 そこで、この地域のゴマシジミの生息地である山梨県北杜市の2ヵ所(旧明野村で1ヶ所、旧須玉町で1ヶ所)で、2009年よりゴマシジミの生息環境の保全活動が、地元、 北杜市オオムラサキセンター、日本チョウ類保全協会により行われています。
 この保全活動では、ゴマシジミの生息に配慮した環境の維持・管理を行っており、草刈りの際に食草のワレモコウを残すように留意しているほか、寄主アリの調査なども行っています。
旧明野村の生息地では、地元の財産区管理会が、保全活動地域でのゴマシジミ採集を禁止する旨の看板を設置し、ゴマシジミを守る活動への協力をお願いしております。また、旧須玉町の生息地は、農地でもあり、棚田の畔が崩れやすいこともあるため、採集だけでなく写真撮影なども含め、地元農家の許可なく棚田に立入ることをご遠慮いただいております。(こちらも看板を設置しております)
 おかげさまで、昨年は、ワレモコウの生育状況も良好になり、特に旧須玉町では、活動区域でゴマシジミの産卵も多く観察できました。皆様のご理解・ご協力に厚くお礼申し上げます。
しかしながら、これらの地域のゴマシジミの発生は、いまだ厳しい状況に変わりはなく、同地域でゴマシジミが将来にわたって見られるよう、保全活動を進めてまいりますので、今後ともご理解・ご協力の程、よろしくお願い申し上げます。
また、保全活動を進めるにあたり、草刈りなどの管理活動にご協力いただけるボランティアを募集しております。本活動にご協力いただける方は、ご連絡をお願いいたします。


NPO法人 日本チョウ類保全協会
〒140-0014 東京都品川区大井1-36-1-301
TEL:080-5127-1696
北杜市オオムラサキセンター
 〒408-0024 山梨県北杜市長坂町富岡2812
TEL:0551-32-6648

d0054625_2375594.jpg

ゴマシジミ 半開翅 2009年長野県
この記事は、8月一杯記事の先頭に来るようにしていますので、通常の最新記事は↓にあります。
[PR]

by toshi-sanT | 2010-08-31 23:59 | Comments(0)
2010年 08月 29日

高山蝶おわりました ベニヒカゲ

ベニヒカゲがあちこちで見られるようになると高山蝶の季節もそろそろ終わり。シーズンの締めはやっぱりベニヒカゲの姿を見ないことには落ち着かない。8月13日に有休を取ったので、締めのベニヒカゲ撮影に出かけた。

ベニヒカゲは2,800m以上の山の上から車横付け可能な2,000mを下回る高原環境まで幅広く生息している。無理して高い山に登る気はないが、でもトリを飾るなら高山の雰囲気のある風景で撮りたいものだ。
ところが現地に着いてみると、山の上はどんよりとした雲に覆われていた。天気予報ではだんだん天候が回復するらしいので、車横付けポイントの様子を先に見ることにした。
車を停めて草地の様子を見るとベニヒカゲがパラパラと飛び出す。曇りで時間も早いからすぐ止まるので、まずはべた開翅を丁寧に撮影する。
d0054625_13315214.jpg

ベニヒカゲ 開翅 CANON EOS 40D EF100mm F2.8L マクロ IS USM 
次はコンデジでの撮影。
d0054625_13325848.jpg

d0054625_13331561.jpg

ベニヒカゲ 開翅 RICOH GR DIGITALⅢ
次は広角で撮影。人工物を避けるとお花畑の雰囲気。
d0054625_13361646.jpg

ベニヒカゲ 開翅 RICOH GR DIGITALⅢ 
でも実際は舗装道路とガードレールがすぐそばにある。
d0054625_13375085.jpg

ベニヒカゲ 開翅 RICOH GR DIGITALⅢ 
カメラのストラップの汗を吸いに止まったところを撮るとこんな感じ。
d0054625_13401569.jpg

ベニヒカゲ 吸汗 RICOH GR DIGITALⅢ(内蔵ストロボ使用) 

この頃になると山の上まではっきり見えるようになって来たが、今更山の上まで行く気がすっかり無くなってしまい、ムモンアカシジミ撮影に切り替えることにした。
結局ベニヒカゲの「高山らしい雰囲気」とは真逆の画像で締めることになってしまったが、ベニヒカゲ「らしい」絵ではあるので良いことにしておこう。
[PR]

by toshi-sanT | 2010-08-29 13:46 | | Comments(12)
2010年 08月 22日

高山蝶はじめました2010 ⑦ミヤマモンキチョウ

ミヤマモンキチョウも少し翅が痛んだ個体も多いのでアップでのマクロ撮影ではなく、広角や飛翔中心の撮影した。

〔広角〕
d0054625_1755481.jpg

ミヤマモンキチョウ 吸蜜 CANON EOS Kiss DX SIGMA17-70mm Macro
この絵、槍の見え具合の含めベストショットのはずだったが、飛翔用設定から変更する時にL+RAWのはずがミドルサイズで撮影してしまった(ToT)
d0054625_1759138.jpg

ミヤマモンキチョウ 吸蜜 RICOH GR DIGITALⅢ
ミヤマダイコンソウでの吸蜜機会が多いが、その花も終わりかけで花びらが風で飛んでしまったものも多い。
d0054625_1893343.jpg

ミヤマモンキチョウ 吸蜜 RICOH GR DIGITALⅢ (横通岳から大天井岳方面)

〔夕方〕
今回は山小屋泊まりだったのでビールで一杯やった後、晩飯までの間、もう一度外に撮影に出た。
太陽の位置が変わって槍ヶ岳方面は逆光になるし、稜線にも雲が湧くなるので稜線をすっきり入れて撮影したいなら午前中がベストタイムのようだ。
ただ、積乱雲がわく夏山の夕刻をバックにするのもそれなりに味があるかもしれない。
d0054625_18342270.jpg

RICOH GR DIGITALⅢ 
d0054625_18343424.jpg

RICOH GR DIGITALⅢ(内蔵ストロボ使用)

〔飛翔〕
槍ヶ岳バックの飛翔を狙ったが、意識しすぎて失敗したものがほとんどで使えるのはこの2枚くらい。
d0054625_18375061.jpg

CANON EOS Kiss DX SIGMA17-70mm Macro
d0054625_1838631.jpg

RICOH GR DIGITALⅢ

2日間にわたって北ア稜線のチョウ達(タカネヒカゲ、ミヤマモンキチョウ)と遊ぶことが出来たので2日目は昼前に下山を開始。
登りとさして変わらず4時間近くかかって登山口まで戻ると、後翅の青いリングが目立つクロヒカゲがいた。ストロボを焚いて青を強調すると登山道に別れを告げる良い絵になった。
d0054625_18451998.jpg

クロヒカゲ 静止 RICOH GR DIGITALⅢ(内蔵ストロボ使用)
[PR]

by toshi-sanT | 2010-08-22 18:45 | | Comments(20)
2010年 08月 15日

高山蝶はじめました ⑥タカネヒカゲ

完全に季節感が無くなってしまったが、強引に高山蝶シリーズを続けてしまおう。

タカネキマダラセセリを撮影した翌日(24日)から山小屋1泊で常念へ登った。登山口の駐車場を出たのが5時少し前、常念乗越へ着いたのが9時ちょい過ぎ。最後の急登で体力を温存するため休みながらゆっくり登ったため、前回より少し時間がかかったがその分着いてすぐ撮影を始めることが出来た。

梅雨明け後晴天が続き急速に季節が進んだようで、残念ながらタカネヒカゲの多くは色が薄くなったり、翅が欠けている個体がほとんどだった。また、気温が上がると敏感で近付けさせてくれないか、少し風が強かったので風に乗って目で追いきれない遠くへ飛んでいってしまうことが多く撮影には苦労した。
それでも2日あったので、比較的綺麗な個体中心に何度か撮影機会があった。
まずは、静止シーンを2つ。
d0054625_18434339.jpg

d0054625_18435747.jpg

タカネヒカゲ 静止 CANON EOS 40D EF100mm F2.8L マクロ IS USM 

次は、バックに槍ヶ岳を入れた広角画像。
d0054625_18455438.jpg

タカネヒカゲ 静止 RICOH GR DIGITAL Ⅲ
速報でアップしたものより少し遠目から写したもの、ちょっと傾いてしまったので5度ほど回転させている。
d0054625_18485589.jpg

タカネヒカゲ 静止 RICOH GR DIGITAL Ⅲ
かなり綺麗な個体でもう少し接近したかったが、ここまでしか寄らせてもらえなかった。
槍をバックにした飛翔も一度だけチャンスがあった。
d0054625_18513118.jpg

タカネヒカゲ 飛翔 CASIO EX-FC150

〔開翅〕
今回気がついたのだが、飛んで着地した後、翅をパタパタさせる個体が時々いた。着地してほんの数回なのだが近くに着地すればチャンスがある。
d0054625_19375593.jpg

d0054625_1938590.jpg

タカネヒカゲ 開翅 CANON EOS 40D EF100mm F2.8L マクロ IS USM 
少しピンが甘かったり、草がかぶったりしてしまっているが、注意して見れば、今後もチャンスがあるかもしれない。

次回は、ミヤマモンキチョウの予定。
[PR]

by toshi-sanT | 2010-08-15 19:40 | | Comments(10)
2010年 08月 10日

2010年8月上旬 信州のゴマシジミほか

高山蝶シリーズは更新が遅れているうちに周回遅れっぽくなってしまい、マイブログもだんだん季節感がなくなりつつある。
そこで高山蝶シリーズは一回お休みして先週末の季節感のあるものにしようと思う。

先週末は、土曜日に用事があり出かけたのは日曜日。最初は八ヶ岳でベニヒカゲを撮影しようと思ったのだが予報を見ると天気があまり芳しくない。曇り空ならゴマシジミの開翅、それも青い奴に好都合ではないかと勝手な妄想を膨らませながら信州へ車を走らせた。

昨年青いゴマを撮影したポイントに着くと足元からさっそく黒いゴマが飛び出した。天気は雲が少しかかって薄日が差す感じ。朝早いし飛んだ黒ゴマもすぐ静止する。まずは証拠写真と思って近付くとその少し先にブルーが見えた。
d0054625_2313573.jpg

ゴマシジミ 開翅 CANON EOS 40D EF100mm F2.8L マクロ IS USM 
昨年撮影したのより青が広くて綺麗な個体だった。回り込もうと思ったらさっきの黒ゴマが全開。
d0054625_23171254.jpg

ゴマシジミ 開翅 CANON EOS 40D EF100mm F2.8L マクロ IS USM
これはこれで渋くて良いが、やっぱり青い方を追いかけてしまう。この青い個体は、インターバルが長くちょっとイライラしたけれど時折開翅してくれた。
d0054625_2322781.jpg

ゴマシジミ 開翅 CANON EOS 40D EF100mm F2.8L マクロ IS USM
d0054625_23233493.jpg

ゴマシジミ 開翅 RICOH GR DIGITALⅢ
全開とはいかないけれどこれくらい開いてくれると楽しいものだ。
d0054625_23272288.jpg

ゴマシジミ 閉翅 CANON EOS 40D EF100mm F2.8L マクロ IS USM
裏面も典型的な黒ゴマよりも少し明るい。

時間が早いので飛んでもあまり遠くまで行かないので飛翔写真で翅表を狙う。
d0054625_23295167.jpg

d0054625_2330777.jpg

d0054625_23302814.jpg
 
d0054625_23304187.jpg

ゴマシジミ 飛翔 CANON EOS Kiss DX SIGMA 17-70mm Macro
この日青いのは2個体識別できた。最後の画像が青グレードの少し低い別個体。

ポイントに着いて一時間以上が経過、気温も上がってきて開翅する雰囲気が無くなった頃、少し先で別個体が一瞬のうちに交尾した。慌てて近付くと少し先のモミの葉に止まりちょっと変わった雰囲気の絵になった。
d0054625_23451670.jpg

ゴマシジミ 交尾 RICOH GR DIGITALⅢ

思ったより短時間で成果があったので、少し山に移動することにした。そこはオオゴマシジミの記録もあったりして、今まで気になりながら寄ったことが無い場所だった。
残念ながらオオゴマは見つからなかったが、キベリタテハとミヤマカラスアゲハは撮影出来た。
d0054625_23514594.jpg

キベリタテハ 吸水 CANON EOS 40D EF100mm F2.8L マクロ IS USM
d0054625_23515926.jpg

ミヤマカラスアゲハ 吸水 CANON EOS 40D EF100mm F2.8L マクロ IS USM
実はムモンアカも探索したのだが、いそうな所は見つけたものの雲っていたせいか姿は確認できず、高速の渋滞も気になったので早めに撤収を決めた。

ただ、やっぱり途中でミヤマシジミのポイントに寄ってしまい、結局大渋滞にはまってしまった。
d0054625_23555865.jpg

ミヤマシジミ 吸蜜 CANON EOS 40D EF100mm F2.8L マクロ IS USM
d0054625_23564677.jpg

ミヤマシジミ 飛翔 CANON EOS Kiss DX SIGMA 17-70mm Macro
d0054625_23572396.jpg

ツバメシジミ 交尾 RICOH GR DIGITALⅢ 
結果的には結構豪勢な五目撮りになったかな。
[PR]

by toshi-sanT | 2010-08-10 23:58 | | Comments(20)
2010年 08月 07日

高山蝶はじめました2010 ⑤クモマベニヒカゲ

信州遠征一日目の続き。
タカネキマダラセセリのポイントではクモマベニヒカゲも多かった。日が差している間は飛び回っているが、太陽が雲に隠れると静止して翅を開く。
d0054625_17373316.jpg

クモマベニヒカゲ 開翅 CANON EOS 40D EF100mm F2.8L マクロ IS USM 
クガイソウが咲き始めていて丁度良い吸蜜源になっていた。クガイソウは複数の花の集合体になっているから吸蜜を始めると長い時間吸い続けてくれるので撮影はしやすい。
動きながら吸蜜するのが難だが、翅と山の方向を合わせるようにタイミングを取りながら撮影。
d0054625_17432354.jpg

クモマベニヒカゲ 吸蜜 RICOH GR DIGITALⅢ
d0054625_17435679.jpg

クモマベニヒカゲ 吸蜜 RICOH GR DIGITALⅢ
後翅の白紋が透けて見えるのも悪くない。
d0054625_17445354.jpg

クモマベニヒカゲ 吸蜜 RICOH GR DIGITALⅢ
2頭仲良く吸蜜。
吸蜜以外は飛び回っていることが多いので、デジイチで飛翔も狙ってみた。
d0054625_1750034.jpg

d0054625_17493055.jpg

クモマベニヒカゲ 飛翔 CANON EOS Kiss DX SIGMA 17-70mm Macro
バックの穂高の稜線に雲がかかってしまっているが、それも穂高らしくてかえって良いかもしれない。

この日は、翌日の常念登山に備えてウォーミングアップのつもりだったのだが、結局登山道を上り下りしてウォーミングアップでは済まず、結構疲れてしまった(^^;
[PR]

by toshi-sanT | 2010-08-07 17:56 | | Comments(10)
2010年 08月 05日

高山蝶はじめました2010 ④タカネキマダラセセリ

休暇を2日とって7月23日~26日の4日間、北アを中心に信州へ遠征した。
遠征初日は稜線に登る前の足慣らし&靴慣らしでタカネキマダラセセリを撮影しに行くことにした。私の場合足の形が特殊なのか、しばらく上下動のある山道を歩くと足に合わないことがある。今回トレッキングシューズを新調したのでまずは適度に歩いて試す必要があったのだ。

幸い新しいトレッキングシューズは足に合ったようで、問題なく雪崩で倒壊したヒュッテ跡に新しく開業した山小屋まで往復できたし、目的のタカネキマダラセセリも撮影できた。
d0054625_23174993.jpg

タカネキマダラセセリ 吸蜜 CANON EOS 40D EF100mm F2.8L マクロ IS USM 
d0054625_23185185.jpg

タカネキマダラセセリ 半開翅 CANON EOS 40D EF100mm F2.8L マクロ IS USM
d0054625_23195169.jpg

タカネキマダラセセリ 閉翅 CANON EOS 40D EF100mm F2.8L マクロ IS USM
d0054625_232034.jpg

タカネキマダラセセリ 開翅 CANON EOS 40D EF100mm F2.8L マクロ IS USM 
オスの裏面と開翅のベタ画像。本当の目的はメスのベタ開翅だったのだが、メスはクガイソウでの吸蜜を撮影出来ただけだった。
d0054625_23215368.jpg

タカネキマダラセセリ メス 吸蜜 CANON EOS 40D EF100mm F2.8L マクロ IS USM 

広角での撮影機会もそこそこあった。 まずは河童橋方面をバックに。
d0054625_23235456.jpg

タカネキマダラセセリ 閉翅 RICOH GR DIGITALⅢ (内蔵ストロボ)
この日は山の上の方は雲がかかることが多く、稜線はすっきり見えない。
d0054625_23254820.jpg

タカネキマダラセセリ 閉翅 RICOH GR DIGITALⅢ
穂高の稜線にも雲がかかっているが、これはこれで良いかもしれない。
d0054625_23273924.jpg

タカネキマダラセセリ 閉翅 RICOH GR DIGITALⅢ
d0054625_23275047.jpg

タカネキマダラセセリ 開翅 RICOH GR DIGITALⅢ
目的のメスのベタ開翅を撮影出来なかったが、翌日以降のハードワークがあるし、初日としては十分な成果だったので無理せず早めに下山することにした。
[PR]

by toshi-sanT | 2010-08-05 23:30 | | Comments(8)
2010年 08月 01日

2010年8月上旬 おらはやっちまっただ~ キリシマミドリ空振り

今年の夏休みは北アの上まで登った甲斐があってしばらくブログネタには不自由しそうに無い。こんな時ほどダメ元で難易度の高いキリシマ狙いで丹沢の林道を歩いた。
結果は、暑い中片道2時間以上歩いただけに終わった。今年は不思議とグリーンの輝きに縁が無いのだが、やっぱり縁が無かった。
d0054625_2039477.jpg

コムラサキ RICOH GR DIGITAL Ⅲ(内蔵ストロボ)
キリシマがテリ張ってくれればと思ったところにはコムラサキだけだった。
d0054625_20411791.jpg

ミヤマカラスアゲハ CANON EOS 40D EF100mm F2.8L マクロ IS USM
かなり綺麗なミヤマカラスアゲハがいたのだが、じっくりと吸水してくれることは無く、やけくそでマクロで飛翔を撮ったら結構写っていた。

高速で目の前を掠めるグリーン、良く見たらアオバセセリだった。
d0054625_20434855.jpg

アオバセセリ CANON EOS 40D EF100mm F2.8L マクロ IS USM 
d0054625_2045122.jpg

アオバセセリ CANON EOS kIss D SIGMA APO 70 -300mm Macro
d0054625_20453153.jpg

アオバセセリ CANON EOS kIss D SIGMA APO 70 -300mm Macro

う~ん、まあたまにはこんな日もある。
[PR]

by toshi-sanT | 2010-08-01 20:45 | Comments(16)