<   2011年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2011年 12月 26日

クリスマス・クマソ

本当はこの週末は年賀状作成に忙しいはずだったのだが、PCクラッシュ時に年賀状ソフトの住所録のバックアップを取っていなかったことが判明。全部入力し直す根性も無く、来た年賀状に返事をすればいいや、と現実から逃避して三浦半島へ向かった。

ポイントに着くと既にカメラを持った方が二人。midoriさんとnaoggioさんだった。ここ数日寒いからもういないかもしれないと思ったが、複数個体が見られるようだ。
しばらくするとだんだん気温が上がって来て開翅する個体も見られるようになった。
d0054625_21295986.jpg

クロマダラソテツシジミ♂ 開翅 RICOH GR DIGITALⅢ
このオスは左側が少し羽化不全。やっぱりこの寒さの影響で翅が伸びきらない個体も多い。それでも綺麗な♀が開翅を披露してくれた。
d0054625_22013100.jpg

d0054625_2202919.jpg

d0054625_2204654.jpg

クロマダラソテツシジミ♀ 開翅 CANON EOS 40D EF100mm F2.8L マクロ IS USM
ソテツのオレンジの実を入れて撮ってみた。
d0054625_2221522.jpg

クロマダラソテツシジミ♂ 静止 RICOH GR DIGITALⅢ

クマソに混じってウラナミシジミもいたのでカメラを向ける。後翅が欠けているせいもあるが少し斑紋が乱れているように見える。
d0054625_2262815.jpg

ウラナミシジミ 静止 RICOH GR DIGITALⅢ
d0054625_22172483.jpg

ウラナミシジミ 静止 RICOH GR DIGITALⅢ
反対側から撮ると普通のウラナミシジミに見えるが、少し斑紋が乱れているように見えなくもない。
ちなみに翅表はこんな感じ。
d0054625_22174460.jpg

ウラナミシジミ 開翅 CANON EOS 40D EF100mm F2.8L マクロ IS USM

まだクマソの羽化は続いているようだが、年を超えることは可能だろうか。
[PR]

by toshi-sanT | 2011-12-26 22:52 | | Comments(10)
2011年 12月 18日

企画展・写真展(日本チョウ類保全協会主催)の御案内

企画展・写真展(日本チョウ類保全協会主催)

『チョウが消えてゆく~絶滅の危機にあるチョウを守る~』

1.日時・会場
 ・12月13日(火)~12月18日(日)9:00~16:30 (最終日は15:00まで)
 ・新宿御苑インフォメーションセンター内「アートギャラリー」
  (新宿御苑新宿門近く)
   http://www.env.go.jp/garden/shinjukugyoen/2_guide/access.html
 ・入場無料

2.内容
 ・チョウ類の保全に関するパネル展示
 ・東日本大震災による昆虫への影響に関するパネル展示
 ・会員によるチョウ類の生態写真展
 ・ミニ講演会
  「チョウの写真撮影法」   (佐々木幹夫氏)
  「絶滅危惧のチョウを守る」 (中村康弘氏)
  12月17日(土) 1回目 11:00 ~ 11:45 2回目 13:00 ~ 13:45 
          3回目 15:00 ~ 15:45
  12月18日(日) 1回目 11:00 ~ 11:45 2回目 13:30 ~ 14:15
        各講演 定員 先着30名まで

 チョウの保全やチョウの生態写真の撮影などに関心のある方は、ぜひご来場く
ださい。

企画・写真展の終了までは最新の記事は↓になります。
[PR]

by toshi-sanT | 2011-12-18 17:20 | Comments(2)
2011年 12月 11日

2011年夏の思い出④ ヤリガタケシジミ(アサマシジミ)

オオイチ詣での翌週も結局上高地へ。まずは既知のヤリガタケシジミ(アサマシジミ)のポイントでちゃっちゃと撮ってあちこち探索する予定にしていた。
ところが、朝からピーカンで1頭の♂を見つけるも全く開かない。しかも時々見失ってしまうため時間だけが経っていく。
それでも何とか翅表を撮影。
d0054625_22585714.jpg

d0054625_22592253.jpg

ヤリガタケシジミ♂ 開翅 CANON EOS 40D EF100mm F2.8L マクロ IS USM(外部ストロボ)
さあ、移動しようと思ったら、♀を見つけてしまった。ヤリガタケシジミの♀は未撮影だったので慎重に撮影。
d0054625_2354293.jpg

ヤリガタケシジミ♀ 静止 CANON EOS 40D EF100mm F2.8L マクロ IS USM
しばらく待っていると開翅してくれた。
d0054625_2375345.jpg

ヤリガタケシジミ♀ 開翅 CANON EOS 40D EF100mm F2.8L マクロ IS USM
気がつくと太陽が雲に隠れており、少し離れたところでさっきの♂が全開していた。
d0054625_23141262.jpg

d0054625_23142850.jpg

ヤリガタケシジミ♂ 開翅 CANON EOS 40D EF100mm F2.8L マクロ IS USM
ピーカン時は自分の影に入れたり、帽子で影を作ったり苦労していたのが嘘のよう。
d0054625_23172645.jpg

d0054625_2317463.jpg

ヤリガタケシジミ♂ 開翅 RICOH GR DIGITALⅢ
d0054625_23192099.jpg

ヤリガタケシジミ♀ 開翅 RICOH GR DIGITALⅢ
雲が多くなったのとすっかり時間が経ってしまったこともあり、翌日予定していた槍沢上部の探索は諦め、八ヶ岳へ向かうことにして下山することにした。メスも撮影出来たからこのポイントは今年で卒業、来年は新しいポイント探しをしようと思う。

河童橋近くまで降りてくると、なんとオオイチモンジの♀が笹原の上に舞い降りて全開。絶好のチャンスと思ったが、カメラをザックの中にしまっていた。慌ててザックをおろしカメラを取り出し近づくが既に翅を半分立てておりいつ飛び立ってもおかしくない状況で遠目から数枚撮るのが精一杯だった。
d0054625_23292676.jpg

オオイチモンジ♀ CANON EOS 40D EF100mm F2.8L マクロ IS USM
何があるかわからないから、フィールドにいる間はカメラをすぐ取り出せる状況にしていないと後で後悔する羽目になる。う~ん残念。
[PR]

by toshi-sanT | 2011-12-11 22:46 | | Comments(10)