<   2013年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2013年 01月 27日

オフシーズン2012 ⑤ミヤマシロチョウ

昨年は上信国境のミヤマシロチョウの発生数が多く、特に群馬側が大発生だった。信州側でミヤマモンキチョウとミヤマシロチョウを撮影した後、「週末・がさがさ団」のdodo boyさん、「蝶にあそぶ」、のma23さんを群馬側の発生地へ案内した。
ただ、天気は下り坂で、ガスもかかってきた。少し足を速めなければと思うのだが、「あっテガタチドリだ」なんてつい撮影してしまう、しかもLEDまで使って(笑)
d0054625_15434270.jpg

テガタチドリ RICOH GR DIGITALⅢ(LEDライト)
案の定、群馬側のポイントに着くころには日は完全に陰り、ガスが次々上がってくるし少し気温も下がっているようだ。それでも、吸蜜しているメスもいた。
d0054625_1632449.jpg

ミヤマシロチョウ♀ 吸蜜 RICOH GR DIGITALⅢ(LEDライト)
メギの葉には卵塊が複数付いているのが見つかるが、産卵行動を取っているメスは残念ながら見つからない。その代わり、良く見るとあちこちに交尾中のカップルが見つかる。
d0054625_165680.jpg

d0054625_1653011.jpg

ミヤマシロチョウ 交尾 RICOH GR DIGITALⅢ(LEDライト)
ガスって気温が低いせいか、個体数が多いためか、交尾中のカップルの隣にもう1頭のメスが邪魔するように絡んでいたりするおもしろい光景も見られた。
d0054625_16193936.jpg

d0054625_16195671.jpg

ミヤマシロチョウ 交尾 RICOH GR DIGITALⅢ(LEDライト)
さらにma23さんが、蛹殻がすぐ脇にある交尾個体を見つけてくれた。羽化直後に交尾したのだろう。
d0054625_1622476.jpg

ミヤマシロチョウ 交尾 RICOH GR DIGITALⅢ(内蔵ストロボ)
d0054625_16225073.jpg

ミヤマシロチョウ 交尾 RICOH GR DIGITALⅢ(LEDライト)
産卵シーンが撮れなかったのは残念だけれど、空模様が本格的に怪しくなってきたので大慌てで下山、車に乗って走りだすのと本降りになるのがほぼ同時だった。

最後にちょっとショッキングな画像。
ハイマツの枯れた枝の下側に白いものがちらちら動いていたので近づいてみると・・・、
d0054625_16275047.jpg

羽化に失敗したミヤマシロチョウだった。
d0054625_1628160.jpg

蛹の割れ方が小さかったのでか、胴体の脱出に失敗、翅も固まりだしてしまったようだ。まだ動いていたが、どうしようもない。無事成虫として羽化し大空に舞い上がるのは大変なんだということが良くわかる。
[PR]

by toshi-sanT | 2013-01-27 20:00 | | Comments(8)
2013年 01月 14日

2013年1月 冬の多摩丘陵散歩

今年は寒いし、越冬蝶を見つけられないのか、はたまた数が少ないのか、とにかくこの冬は観察対象が無い。それでも正月太りの解消のために、GR DIGITALⅢ片手に近所の多摩丘陵を歩いた。
d0054625_0163765.jpg

別に何の変哲もない多摩丘陵の雑木林だが、歩いているとなんとなく気分が落ち着いて気持ちが良くなる。一言で言えば、こんな風景が好きなんでしょうな。
尾根筋にあるコナラのひこばえ、谷筋だったらいかにもオオミドリの卵が付いていそうな枝を少し探したらミズイロオナガシジミの越卵が見つかった、それも2つも。
d0054625_0215594.jpg

ミズイロオナガシジミ 越冬卵 RICOH GR DIGITALⅢ(LED) 2013年1月6日
翌週になったら森林公園の駐車場では、はやくも蠟梅の花が咲き良い香りが漂っていた。
d0054625_0241547.jpg

d0054625_024243.jpg

ロウバイ RICOH GR DIGITALⅢ(LED&内蔵ストロボ) 2013年1月12日
まだまだチョウが飛ばない寒い季節が続くが、ロウバイの花が咲くと一日一日春が近付いてくることに気付く。
[PR]

by toshi-sanT | 2013-01-14 00:26 | Comments(8)
2013年 01月 06日

オフシーズン2012 ④北アのタカネキマダラセセリ♀(マクロ編)

北アルプスのタカネキマダラセセリ、今までこの沢を登ると何故か穂高には常にガスがかかっていた。しかもオスの時期に当たることが多く、メスのまともな写真はほとんど撮れていなかった。
そこで2012年は、メス狙いでタイミングを一呼吸遅らせて、沢を登ってみた。狙い通りポイントでは、綺麗なメスが出迎えてくれた。
d0054625_0058100.jpg

タカネキマダラセセリ♀ 閉翅 CANON EOS 40D EF100mm F2.8L マクロ IS US
d0054625_015299.jpg

タカネキマダラセセリ♀ 開翅 CANON EOS 40D EF100mm F2.8L マクロ IS USM(外付ストロボ)
d0054625_06943.jpg

タカネキマダラセセリ♀ 開翅 CANON EOS 40D EF100mm F2.8L マクロ IS US
d0054625_07752.jpg

d0054625_072292.jpg

タカネキマダラセセリ♀ 吸蜜 CANON EOS 40D EF100mm F2.8L マクロ IS USM(外付ストロボ)
しばらぅメスを追いかけていると、オスが求愛でからんだが、交尾は成立しなかった。
d0054625_084312.jpg

タカネキマダラセセリ 求愛 
交尾を撮影出来なかったのは残念だが、この沢でのタカネキマダラセセリは、ほぼ一通り撮影できたように思う。この後は、もう少し上の沢までつめてみたいと思う。
[PR]

by toshi-sanT | 2013-01-06 06:46 | | Comments(4)
2013年 01月 01日

あけましておめでとうございます

新春を迎え皆さまのご多幸を心よりお祈り申しあげます。
d0054625_17175718.jpg

昨年、拙ブログに訪問いただいた皆様、誠にありがとうございます。本年は拙ブログも9シーズン目に入ります、引き続き熱意だけはもって更新して参りますので引き続き皆様宜しくお願いいたします。

〔昨年のお気に入り画像より〕
①クロマダラソテツシジミ
d0054625_17253478.jpg

2012年1月 神奈川県
昨年の始まりは、1月3日のクマソ撮影でした。ダウンジャケットを着込んで寒さに震えながら南方のチョウを正月早々撮るというシュールな状況でシーズンの始まりでした。後で使おうと思っているうちに記事にするのを忘れてしまったので、この写真いきなり初公開になります。

②ギフチョウ
d0054625_17304710.jpg

2012年4月 新潟県
数年前に見つけたカタクリ群落ですが、色々とタイミングが悪く、何年も満開時に遭遇出来ずにいました。昨年の大雪で季節の進みが遅れたのが幸いしてカタクリの花期とギフチョウのタイミングがぴったり合ってくれました。
満開のカタクリ群落とギフチョウの組み合わせ、毎年撮ろうとしているのですが、まだ「これっ!」というのものが撮れていません。この写真ももう少し花の数が多いところに止まってくれると良かったのですが。

③ギフチョウ(イエローバンド)
d0054625_1843267.jpg

2012年5月 長野県
昨年のGWは、イエローバンドのギフチョウが桜やスミレに吸蜜に来る場面が撮影出来ました。スミレの吸蜜だと花の背が低いのでごちゃごちゃした背景になりやすいのですが、この写真は、うまい具合に背の高い花に止まってくれた上に開放で撮影したので背景もすっきりして、スミレ吸蜜でのベストショットになりました。

④アオバセセリ
d0054625_18491543.jpg

2012年5月 神奈川県
近所の公園のアオバせせりも昨年は一週間以上発生が遅れましたが、いつものウツギの花にやって来てくれました。LEDライトを照射しながらの撮影です。

⑤クモマツマキチョウ
d0054625_18531659.jpg

2012年6月 長野県
昨年はクモマツマキチョウの砂地での吸水を初めてみました。吸水が終わっても静止していたので、残雪の残る山を背景に撮影しました。翅表のオレンジ、裏面の唐草模様、新緑の林、残雪の山の4点セットです。

⑥ウラナミアカシジミ
d0054625_18574041.jpg

2012年6月 神奈川県
近所に残る雑木林ではウラナミアカシジミが多く見られます。マンションのすぐ側でも発生しているので、マンションを背景に撮りこんでみました。

⑦キマダラルリツバメ
d0054625_1911472.jpg

2012年6月 福島県
キマダラルリツバメの瑠璃色の翅表が撮りたくて、会津地方まで出かけました。初めて訪れた場所でしたが、良いポイントを見つけられたのか、LEDライトを照らして瑠璃色を写しとることが出来て大満足でした。

⑧ミヤマシロチョウ
d0054625_20223159.jpg

2012年7月 群馬県
昨年の夏は、群馬県のミヤマシロチョウが大発生していました。食樹は、長野県側ではヒロハノヘビノボラズがメインですが、群馬県側ではメギになります。メギの木で交尾しているカップルを見つけたのでLEDライトをあてながらパチリです。

⑨タカネキマダラセセリ
d0054625_20262028.jpg

2012年7月 長野県
タカネキマダラセセリのメスが撮りたくて、上高地から岳沢を登りました。日が差してくると穂高連峰をバックにグンナイフウロで綺麗なメスが吸蜜を始めてくれました。ピンが山側に持っていかれないように、LEDライトでピンを拾って、ストロボまで光らせて意外と苦労した一枚です。

⑩モンキチョウ
d0054625_20294879.jpg

2012年8月 山梨県
もう何年目になるでしょうか、8月の暑い盛りに山梨県のゴマシジミの保護地に通うのは。里山の棚田の上を飛ぶモンキチョウのカップルに癒されました。

では、昨年のNo1は何かと聞かれたら、すんごいクロツ2号ももちろんなのですが、やっぱりこれの発刊にこぎつけたことでしょうか。
d0054625_212390.jpg

大したことはしておりませんが、ここ3年ほど多少はお手伝いさせていただいたものが世に出るというのは感慨深いものです。

さて、今年の抱負ですが、昨年試してみたLEDライトをもっと色々試してみようと思います。特についつい珍蝶を追いかけてしまいますが、今年は普通種の美しさもこんな風に(↓)表現出来ればと思っています。
〔番外編 ベニシジミ+LED〕
d0054625_21212453.jpg

2012年7月 神奈川県

また、LEDライトで花を撮るのが楽しくなったので、野草専用の別館「フィールドノート(別館)」も作ってしまいました。こちらは月1回程度の更新予定ですが、よろしかったら見てみてください。(コメント等は本館にお願いします。)
[PR]

by toshi-sanT | 2013-01-01 01:00 | Comments(62)