フィールドノート

thecla.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2014年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2014年 07月 25日

高山蝶はじめました2014

海の日、上高地から沢を登ったタカネキマダラセセリ。
d0054625_0323560.jpg

d0054625_033181.jpg

この週末は天気が良さそうなのでいっちょ登るかも・・・・
[PR]

by toshi-sanT | 2014-07-25 00:33 | | Comments(12)
2014年 07月 19日

2014年7月上旬 甲州はずし旅② アサマシジミに癒される

d0054625_23354191.jpg

オオムラサキを諦めてゼフの卍飛翔に目標変更し、翌週も続けて甲州へ。ところが、飛ばない、数も少ない、姿を見せても高いところにとまるだけ、しかも厚い雲がかかってしまい日差しも全くなくなった。結局2週続けての大はずしになり、曇りでも撮れるアサマシジミのポイントへ移動した。
ここのアサマシジミは6月上旬から発生していて1か月が経っていたが、♂♀ともまだ鮮度が良いものも混じっていた。
d0054625_093763.jpg

アサマシジミ♀ 開翅 CANON EOS 70D SIGMA17-70mm Macro(LEDライト)
d0054625_0101824.jpg

アサマシジミ♀ 飛翔 CANON EOS 70D SIGMA17-70mm Macro(LEDライト)

交尾カップルに新鮮な♂がしつこく乱入していた。
d0054625_0154062.jpg

d0054625_017353.jpg

アサマシジミ 交尾個体+♂ CANON EOS 70D SIGMA17-70mm Macro(LEDライト)
♂の乱入がおさまった後、少し背景が抜けた場所に移ってくれた。
d0054625_7474871.jpg

アサマシジミ 交尾 CANON EOS 70D SIGMA17-70mm Macro(外部ストロボ)

目的のチョウは空振りだったが、梅雨時のアサマシジミと遊べて助かった。
[PR]

by toshi-sanT | 2014-07-19 00:21 | | Comments(6)
2014年 07月 12日

2014年6月下旬 甲州はずし旅①

今年の梅雨はオオムラサキをがっつり撮ろうと思って、大光量LEDライトも調達、休暇まで取って昨年撮影したオオムラサキのポイントへ出かけた。が、樹液が全く出ていないし、オオムラサキも少数の♂が飛んでいるだけ、仕方がないので富士山をバックにベニシジミを撮る。
d0054625_21425481.jpg

d0054625_2143780.jpg

ベニシジミ CANON EOS 70D SIGMA 17-70mm Macro (LEDライト)
仕方がないので、アサマシジミを探しに移動。まだ綺麗な♂が飛んでいたので、LEDライトで妖しく光らせて撮った。
d0054625_2145438.jpg

アサマシジミ 飛翔 CANON EOS 70D SIGMA 17-70mm Macro (LEDライト)
田植えが終わった稲田の上ではモンキチョウの♂♀が絡んでいた。
d0054625_21474757.jpg

モンキチョウ 飛翔 CANON EOS 70D SIGMA 17-70mm Macro (LEDライト)
d0054625_21482691.jpg

モンキチョウ 飛翔 CANON EOS 70D SIGMA 17-70mm Macro (外部ストロボ)
偶然だけれどLEDライトとストロボの光源の特徴がはっきりと出た2枚になった。

次に瑞牆山が見えるところへ移動。今回は、百名山シリーズで瑞牆山を背景に取り込むことにした。
d0054625_21535485.jpg

ヒメシジミ 飛翔 CANON EOS 70D SIGMA 17-70mm Macro (外部ストロボ)
d0054625_21591441.jpg

d0054625_21595961.jpg

モンキチョウ 飛翔 CANON EOS 70D SIGMA 17-70mm Macro (LEDライト)

まあ、こんな日もあると思ったら、翌週、その②もやってしまった・・・・・。
[PR]

by toshi-sanT | 2014-07-12 22:14 | | Comments(8)
2014年 07月 01日

渋いチョウセンアカシジミ

裏翅の地色もオレンジ紋もどちらもくすんだ芥子色になるタイプのチョウセンアカシジミを見ることが出来た。
d0054625_2212682.jpg

チョウセンアカシジミ CANON EOS 60D EF100mm F2.8L マクロ IS USM
翅表の色を確認したいのだが、開翅しやすい時間帯ではないので、シャッターを押しながらカメラを近付けるという人力パスト連写(笑)で飛び出すところにチャレンジ、1カットだけ撮れた。
d0054625_2261055.jpg

チョウセンアカシジミ 翅表 CANON EOS 70D SIGMA 17-70mm Macro(外部ストロボ)
翅表の色もオレンジではなく芥子色だった。オレンジの面積も広いタイプの通常個体と比較してみると色の違いがはっきりわかる。
d0054625_22113673.jpg

チョウセンアカシジミ 飛翔 CANON EOS 70D SIGMA 17-70mm Macro(外部ストロボ)
夕方、芥子色個体とノーマル型の個体との交尾を見ることが出来た。両者の色の違いが良くわかる。
d0054625_22135697.jpg

チョウセンアカシジミ 交尾 CANON EOS 70D SIGMA 17-70mm Macro(LEDライト)

チョウセンアカシジミの生息地はどこも遠くて毎年通うというわけにはいかないが、奥が深くて魅力的だ。

6年前に撮影した画像を今回改めて見直して気がついた。産卵中の個体が裏面地色が芥子色というか黄土色、オレンジ紋も少し明るい気もするが芥子色だった。
d0054625_22225328.jpg

チョウセンアカシジミ 産卵 2008年6月21日 撮影

この個体の翅表、確認する機会は無かったが、どんな色だったのだろうか。
[PR]

by toshi-sanT | 2014-07-01 22:25 | | Comments(6)