<   2015年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2015年 04月 26日

2015年4月中旬・下旬 多摩川のギンイチモンジセセリ

2週続けて、多摩川の河川敷のギンイチモンジセセリを見に行った。

〔4月19日〕
天気予報と違って、空は曇って日が差さず気温も低い。これは厳しいかと思ったが、太陽が顔を出した一瞬、足元からギンイチモンジセセリが飛び出した。
d0054625_22494655.jpg

ギンイチモンジセセリ 静止 CANON EOS 70D SIGMA 17-70mm Macro
d0054625_22522756.jpg

ギンイチモンジセセリ 静止 RICOH GR DIGITALⅣ(内蔵ストロボ)
d0054625_22535293.jpg

ギンイチモンジセセリ 開翅 CANON EOS 70D SIGMA 17-70mm Macro(LEDライト)
d0054625_22581393.jpg

ギンイチモンジセセリ 飛翔 CANON EOS 70D SIGMA 17-70mm Macro(LEDライト)

〔4月25日〕
翌週も多摩川の河川敷へ。いきなり交尾中のカップルに出会った。
d0054625_2313723.jpg

ギンイチモンジセセリ 交尾 RICOH GR DIGITALⅣ(内蔵ストロボ)
交尾が解けた後のメスをしばらく追いかけた。
d0054625_2333160.jpg

ギンイチモンジセセリ♀ CANON EOS 70D SIGMA 17-70mm Macro(LEDライト)
d0054625_238484.jpg

ギンイチモンジセセリ♀ CANON EOS 70D SIGMA 17-70mm Macro(LEDライト&外部ストロボ)
d0054625_237136.jpg

d0054625_2391545.jpg

d0054625_239246.jpg

ギンイチモンジセセリ♀ CANON EOS 70D SIGMA 17-70mm Macro(LEDライト)
土手のノヂシャで吸蜜する個体がいた。
d0054625_2393828.jpg

d0054625_23131769.jpg

ギンイチモンジセセリ 吸蜜 CANON EOS 70D SIGMA 17-70mm Macro(LEDライト)
半日くらい遊ぶなら、この時期の多摩川はちょうど良い。
[PR]

by toshi-sanT | 2015-04-26 23:15 | | Comments(6)
2015年 04月 24日

2015年4月中旬 都心のツマキチョウ

近年、ショカツサイなど外来のアブラナ科が都心部でも増えているため、ツマキチョウが都心部でも良く見られるようになった。そこで、先週の土曜日は都会のツマキチョウを撮りに行った。
〔街中の風景を飛ぶツマキチョウ〕
d0054625_21181741.jpg

d0054625_2118283.jpg

d0054625_2119611.jpg

d0054625_21191555.jpg

CANON EOS 70D SIGMA 17-70mm Macro (LEDライト)
〔♂同士の追尾飛翔〕
d0054625_2123513.jpg

d0054625_21244433.jpg

d0054625_21245839.jpg

CANON EOS 70D SIGMA 17-70mm Macro (LEDライト)
〔求愛飛翔〕
d0054625_2126411.jpg

d0054625_21261520.jpg

CANON EOS 70D SIGMA 17-70mm Macro (LEDライト)
〔産卵〕
d0054625_21265592.jpg

CANON EOS 70D SIGMA 17-70mm Macro (LEDライト)
〔菜の花の上を飛ぶ〕
d0054625_21281985.jpg

CANON EOS 70D SIGMA 17-70mm Macro (LEDライト)

昔、某大学の寮の脇に諸葛菜が多数生えていた。その頃、諸葛菜を食草にしている寮生は生息していたようだがツマキチョウは見た記憶が無いから、やっぱり最近増えているのだろう。

この日は昼で切り上げ、その後は、ピザ&ビール・ワイン、車を使わないで良いとこんな楽しみもある。
春の一日、カメラ片手に都心を散策(昼から一杯)、いいかもしれない。
[PR]

by toshi-sanT | 2015-04-24 21:32 | | Comments(4)
2015年 04月 18日

2015年4月中旬 富士川のギフチョウ

先週の日曜日は、富士川のギフチョウを見に行った。日差しは十分あったが気温が上がらず林道上を飛ぶ姿が少し見られた程度だった。
d0054625_23313088.jpg

ギフチョウ 静止 CANON EOS 70D SIGMA17-70mm Macro(LEDライト)
飛び上がったところ
d0054625_2332420.jpg

ギフチョウ 飛翔 CANON EOS 70D SIGMA17-70mm Macro(LEDライト)
d0054625_233302.jpg

ギフチョウ 飛翔 CANON EOS 70D SIGMA17-70mm Macro(LEDライト)
落ちた杉の枝の周囲を飛ぶギフチョウ
d0054625_2351387.jpg

数は多くなかったけれど、今年も姿を見ることが出来ただけでも良かった。
[PR]

by toshi-sanT | 2015-04-18 23:51 | | Comments(4)
2015年 04月 11日

2015年3月下旬 菜の花と越冬明けの蝶たち

菜の花の甘い香りが漂う中、ぼけ~っとしていると、越冬明けの蝶たちが入れ替わり立ち替わりやってくる
d0054625_7564882.jpg

d0054625_757177.jpg

テングチョウ CANON EOS 70D SIGMA 17-70mm Macro(LEDライト&外部ストロボ)
d0054625_7571148.jpg

ウラギンシジミ CANON EOS 70D SIGMA 17-70mm Macro(LEDライト)
d0054625_7582384.jpg

d0054625_7583197.jpg

ルリタテハ CANON EOS 70D SIGMA 17-70mm Macro(LEDライト)
d0054625_802511.jpg

菜の花に止まるルリタテハ CANON EOS 70D SIGMA 17-70mm Macro(LEDライト)
吸蜜かと思ったが、ストローは伸ばしていないようだった。

このところ週末は天気が悪い日が続いて、ストレスが蓄積してきた。せめて、あ~した、天気になあ~れ!
[PR]

by toshi-sanT | 2015-04-11 08:02 | | Comments(4)
2015年 04月 05日

2015年3月下旬 春のルーミス

先週の土曜日は、絶好のルーミス日和だろうと思って房総半島まで出かけた。ところが、前日の予報とは異なり、午前中は曇り模様で時折薄日が差すものの気温が上がらず蝶の姿は全く見られない。
これは、早めに下山して海鮮丼でも食べて帰るかと思いつつも天気予報を確認、すると12時のところに晴れマークがついていた。そこで、天気予報を信じて待っていると、だんだん日が差しはじめ、高所にルーミスシジミが舞う姿も見られ、1頭がふらりと地上まで降りてきた。
d0054625_9483114.jpg

ルーミスシジミ 開翅 CANON EOS 60D EF100mm F2.8L マクロ IS USM
その後も時折、降りてくる個体がいる程度で期待したヒサカキなどでの吸蜜などの撮影機会は無かったが、崩壊地をバックに飛ぶ姿などが見られた。
d0054625_953505.jpg

d0054625_9541218.jpg

d0054625_9542932.jpg

d0054625_9544826.jpg

ルーミスシジミ 飛翔 CANON EOS 70D SIGMA 17-70mm Macro(LEDライト)
この冬はここで越冬態勢に入っている個体を見つけることが出来なかったので、越冬明けの個体を複数確認できたのでほっとした。また、斜面崩壊で良くルーミスシジミが集まったヒサカキやアセビもその多くが無くなってしまい、撮影条件は前に比べると悪くなってしまったが、以前と同じような環境の場所には、同じように降りてきていた。
ということは、この冬、越冬個体を見つけれられなかったのは、やっぱり見る目が無かったということなのだろう。

昨日、某所にて、大伴旅人の酒を讃むる歌十三首の解説を聞きました。かなりデカダンな感じですが、そのうちの一首目、「験なきものを思はずは一坏(つき)の 濁れる酒を飲むべくあるらし」を実践してみました。
ただ、濁り酒が手元に無かったので古酒の琥珀色を濁れるの代用にしていますが・・・。
d0054625_1365783.jpg

[PR]

by toshi-sanT | 2015-04-05 18:00 | | Comments(4)