2015年 07月 10日

2015年7月上旬 道端のオオミドリシジミと防鹿テープ

7月最初の土曜日、雨レーダーで雨雲が去ったことを確認してゼフのポイントへ。日が差すまではいかなかったけれど少し明るくなった時に一度だけアイノミドリシジミの卍飛翔の撮影チャンスがあった。
d0054625_20494631.jpg

アイノミドリシジミ 卍飛翔 CANON EOS 70D SIGMA 17-70mm Macro(LEDライト)
片方しかフレームインしなかったけれどチョウの目線がくっきりわかるので気に入っている。

この日のメインは、ゴマシジミの保全地域で先日張った防鹿ネットの補強。どんよりと曇ってきたので、メイン作業のために移動することにした。数年前にオオミドリシジミのテリ張りを撮影した場所を通りかかると、アスファルトの路上でオオミドリシジミが卍飛翔しているのが見えた。

More 大慌てで・・・・
[PR]

# by toshi-sanT | 2015-07-10 21:24 | | Comments(3)
2015年 07月 03日

2015年6月下旬 甲州五目撮り

「祝 なでしこJAPAN決勝進出」
d0054625_2373250.jpg

ムシトリナデシコにアサマシジミ CANON EOS 70D SIGMA 17-70mm Macro(LEDライト)
W杯2連覇、期待します。

先週の日曜日、なでしこの準々決勝を見るため早起きした。ところがあまりに良い天気だったからか、気がついたらハンドルを握っていた。
アイノミドリシジミのポイントでしばらく待っていると1頭がテリ張りを始めた。ところがその後が続かないので、ひたすらテリを張っているだけ。テリ張り場所も高すぎて射程外。やっぱり早すぎたかと思ったら、もう1頭が現れ卍飛翔を始めた。
d0054625_23195183.jpg

アイノミドリシジミ 卍飛翔 CANON EOS 70D SIGMA 17-70mm Macro(LEDライト)

More その後、2回ほど・・・・
[PR]

# by toshi-sanT | 2015-07-03 23:50 | | Comments(6)
2015年 06月 21日

2015年6月 山梨のアサマシジミ

山梨のアサマシジミ、例年多数の個体を撮影出来る場所が今年は探さないと見つからない状態だった。
年々少しずつ環境が悪化しているのか、たまたま今年が少なかったのかわからないがちょっと心配だ。ただ、偶然見つけたものも含めて2か所ほど新しいポイントを見つけることも出来たし、探し方次第なのかもしれない。
d0054625_22402550.jpg

d0054625_22403485.jpg

アサマシジミ 開翅 CANON EOS 60D EF100mm F2.8L マクロ IS USM 6月7日
♂同士の誤求愛も見られた。
d0054625_2242330.jpg

アサマシジミ ♂同士の誤求愛 CANON EOS 60D EF100mm F2.8L マクロ IS USM 6月7日

More 飛翔など
[PR]

# by toshi-sanT | 2015-06-21 23:10 | | Comments(4)
2015年 06月 14日

2015年6月上旬 多摩丘陵のゼフィルス達②ミドリシジミ

今年の多摩丘陵のミドリシジミの発生は例年より早く、6月初旬には最盛期を迎え、♂♀とも多くの個体を見ることが出来た。

d0054625_1120632.jpg

ミドリシジミ♂ 開翅 CANON EOS 60D EF100mm F2.8L マクロ IS USM (外部ストロボ) 6月2日
雨上がりの朝、しっとりとした空気の中での開翅
d0054625_11271511.jpg

ミドリシジミ♂ 開翅 CANON EOS 60D EF100mm F2.8L マクロ IS USM 6月6日
d0054625_1128395.jpg

ミドリシジミ♂ 開翅 CANON EOS 70D SIGMA 17-70mm Macro 6月6日

More ♀も複数の型が開翅してくれた
[PR]

# by toshi-sanT | 2015-06-14 11:39 | | Comments(10)
2015年 06月 08日

2015年5月 多摩丘陵のゼフィルス達①

チョウの愛好家たちがゼフィルスと呼ぶ綺麗なシジミチョウの一群がある。我が家の近所の多摩丘陵でも5月~6月にかけて6種類のゼフィルス達が姿を見せてくれる。
その中でも今年は、アカシジミ、ウラナミアカシジミ、ミドリシジミの数が多かった。

〔アカシジミ〕
昨年も多かったが今年も多くの姿が見られた。
d0054625_22555161.jpg

アカシジミ 静止 CANON EOS 60D EF100mm F2.8L マクロ IS USM (外部ストロボ) 5月31日
めったに開翅しない(まれに開翅するらしいが、私はまだ見たことが無い)ので翅表を撮ろうとすると飛翔中を捉えるしかない。とりあえず、シャッター連写しながらデジイチを近付けて撮ってみる。
d0054625_2331387.jpg

アカシジミ 飛翔 CANON EOS 70D SIGMA 17-70mm Macro(LEDライト) 5月31日

〔ウラナミアカシジミ〕
今年はウラナミアカシジミがびっくりするほど多かった。林床のあちこちに止まっていた。
d0054625_2362831.jpg

ウラナミアカシジミ 静止 RICOH GR DIGITAL Ⅳ(内蔵ストロボ)
数が多い方が撮影機会も増えるので、翅表を捉えられる可能性も高まるというものだ。
d0054625_2372942.jpg

ウラナミアカシジミ♀ 飛翔 CANON EOS 70D SIGMA 17-70mm Macro(LEDライト) 5月30日
d0054625_239332.jpg

ウラナミアカシジミ♂ 飛翔 CANON EOS 70D SIGMA 17-70mm Macro(LEDライト) 5月31日

〔ミドリシジミ〕
近所のミドリシジミのポイントも今年は数が多かったので夕刻の卍飛翔の撮影を狙ってみた。数が多ければ楽勝だろうと思っていたが、数が多すぎても卍に他の個体が絡んで崩れてしまったり、曇ってしまうと低い位置に卍で降りてくる数が少なかったりして結構苦労した。それでも降りてくる時には降りてくるのでそれなりには撮影機会があった。
d0054625_23205110.jpg

ミドリシジミ 卍飛翔 CANON EOS 70D SIGMA 17-70mm Macro(LEDライト) 5月30日
d0054625_23243812.jpg

ミドリシジミ 卍飛翔 CANON EOS 70D SIGMA 17-70mm Macro(LEDライト&外部ストロボ) 5月31日
d0054625_2325333.jpg

d0054625_23252123.jpg

d0054625_23253890.jpg

d0054625_23255444.jpg

ミドリシジミ 卍飛翔 CANON EOS 70D SIGMA 17-70mm Macro(LEDライト) 5月31日
この時期、早起きが必要だが交通費がほとんどかからず美麗なチョウを撮ることが出来るのだからたまらない。来年も多くの姿を見せてほしいものだ。
[PR]

# by toshi-sanT | 2015-06-08 23:32 | | Comments(8)
2015年 05月 31日

2015年5月下旬 フジと富士

この週末の天気予報は土曜日が晴れ、日曜日が曇り・雨、活動できるのは土曜日だけのようだったので、ちょっと欲張った「はしご撮影」を計画した。
まずは、早朝、フジミドリシジミの生息地である某山へ登った。樹冠を見下ろせるポイントへ着くと、先着の撮影者の方が7名ほど、フジミドリももう活動を始めているそうだ。慌てて70Dに長玉を装着し撮影開始。
d0054625_15185448.jpg

フジミドリシジミ♂ 静止 CANON EOS 70D SIGMA APO 70-300mm Macro
かなり遠いところに止まることが多く、証拠写真レベルのものしか撮れない。それでも一度割と近くに止まって開翅してくれた。
d0054625_15223453.jpg

フジミドリシジミ♂ 開翅 CANON EOS 70D SIGMA APO 70-300mm Macro
少し擦れているがフジミドリらしい輝きを見ることが出来た。
d0054625_15263165.jpg

フジミドリシジミ♂ 飛翔 CANON EOS 70D SIGMA APO 70-300mm Macro
メスも止まっていたけれど残念ながら前翅の一部が欠けていた。
d0054625_15272787.jpg

フジミドリシジミ♀ 静止 CANON EOS 70D SIGMA APO 70-300mm Macro
時間経過とともに撮影者の数も増えてきた。一通り撮影は出来たが、必ずしも満足出来るものではない。どうしようかと思ったが当初計画通り、次の目的地に向かうことにして、撮影仲間への挨拶もそこそこ、下山した。

More 次は富士山
[PR]

# by toshi-sanT | 2015-05-31 21:30 | | Comments(14)
2015年 05月 16日

2015年5月中旬 東京都八王子市 初夏の蝶五目撮り

5月10日の日曜日は公共交通機関を使って高尾山麓へ出かけた。林道を進みウツギの花が咲いたポイントを覗くと多くの人がカメラを構えて取り巻いていた。長玉を持って来ていないので、そこはパスして林道を先へ進む。
オオイヌノフグリで吸蜜するカラスアゲハを見つけたが、吸蜜時間が短くシャッターを押す間もなく飛び上がったので、飛翔撮影に切り替えてパチリ。
d0054625_1612155.jpg

カラスアゲハ♂ 飛翔 CANON EOS 70D SIGMA 17-70mm Macro(LEDライト&外付ストロボ)
さらに先に進むと林道に水が流れているところでミヤマセセリの生き残りがいた。
d0054625_1631028.jpg

ミヤマセセリ 飛翔 CANON EOS 70D SIGMA 17-70mm Macro(LEDライト&外付ストロボ)
そのすぐ先にはサカハチチョウもいて、静止したところを広角で撮影。
d0054625_1643511.jpg

サカハチチョウ 静止 CANON EOS 70D SIGMA 17-70mm Macro(LEDライト&外付ストロボ)
午後になって、ウツギのポイントへ戻ると誰もいない、でもチョウも何もいない。

More 諦めようしていたら
[PR]

# by toshi-sanT | 2015-05-16 16:35 | | Comments(6)
2015年 05月 09日

2015年5月上旬 GW白馬行② イエローバンドと桜ギフ

白馬行2日目、早朝到着されたMさん一家にご挨拶。上の息子さんは、Mさんのおさがりデジイチで一緒に撮影されるそうだ。そう言えば、我が家にもそんな時代があったなあとちょっと懐かしく思いだした。

この日は、早朝より気温が高いので7時台にはヒメギフのポイントでスタンバイ。8時になるかならないかで早くもヒメギフ♂が飛び始めた。カメラを飛翔用設定で追いかけていると、林の中から出てきたもう1頭のヒメギフ♂と何度かからんだ後、地面に落ちた。♂同士の誤求愛だからすぐ離れるだろうと思いながら、そのままノーファインダーでシャッターを押し続けた。
からみが解けた後、そのうちの1頭が日光浴開翅、まずは綺麗なヒメギフチョウを押さえましょうということで100mマクロを構えるとKさんが「あれっ、ギフ」、「えっ」と合焦したファインダーに浮かび上がったのは、確かにギフ、しかもイエローバンドだった。
d0054625_826501.jpg

ギフチョウ(イエローバンド) 開翅 CANON EOS 60D EF100mm F2.8L マクロ IS USM (外部ストロボ)
と言うことは、その前の誤求愛のからみもバンドとヒメギフということになる。慌てて画像を見直すと・・・、レンズを上に向けすぎる悪癖が出て、肝心の被写体が画面の下で切れているものがほとんど。
d0054625_8341269.jpg

ギフチョウ(イエローバンド)に誤求愛するヒメギフチョウ CANON EOS 70D SIGMA17-70mm Macro(LEDライト)
これはこれで広角風で良いということにしよう。

もう1カットだけ、トリミングすれば使える画像があったので、大きくトリミングしてみた。

More トリミングしたものは?
[PR]

# by toshi-sanT | 2015-05-09 11:00 | | Comments(14)
2015年 05月 04日

2015年5月上旬GW白馬行その①

d0054625_2238981.jpg

毎年恒例のGWの白馬詣でに行って来た。今年の白馬は残雪が多い一方、急激に暖かい日が続いたせいか、樹上の花は終了間近かつ新緑が進み、雪解けした地面ではカタクリなどの花が一気に満開という状況らしい。ギフチョウも出始めたということなので、カタクリの花が綺麗なうちに出かけることにした。

高速の渋滞を避けるため朝4時に起きて下道を走り相模湖から中央道へ。途中のPAはすべてブタ込みなので一気に安曇野ICまで走り抜け、9時前に白馬へ到着。まずは朝早い時間から飛ぶヒメギフのポイントへ向かう。
ところが早朝から日が当たる場所は、多くが雪の下でカタクリもほとんど咲いていない。これでは駄目かと思ったら、少し離れた場所でヒメギフチョウが飛んでいるのが見えた。そこに行ってみると林縁にカタクリが咲いていた。何で去年まで気がつかなかったと考えていたら、ヒメギフチョウがカタクリに止まった。
d0054625_22522674.jpg

ヒメギフチョウ 吸蜜 CANON EOS 70D SIGMA 17-70mm Macro(LEDライト&外部ストロボ)
遠くに雪の稜線も入れることが出来たし気分良く、次のポイントへ移動した。
そこは林床がカタクリの絨毯になっているお気に入りの場所、そこで満開カタクリをバックに撮るのが今日の目的。
ポイントの着いて早々、ギフチョウがカタクリに来た。ただ少し羽化不全の個体で、それがなるべく目立たない角度で撮った。
d0054625_2393954.jpg

ギフチョウ 吸蜜 CANON EOS 70D SIGMA 17-70mm Macro(LEDライト&外部ストロボ)
うんこれは幸先良いじゃないと思ったが、後が続かない。気温が高いせいか飛び回るばかりで一切花に来ない。そこで満開カタクリの上を飛ぶ飛翔撮影に切り替えた。
d0054625_23141386.jpg

d0054625_23142225.jpg

ギフチョウ 飛翔 CANON EOS 70D SIGMA 17-70mm Macro(LEDライト)
昼前に一度だけ目の前で吸蜜を開始してくれた。絶好のチャンスだったが、飛翔設定のままだったので絞りが浅いまま撮ってしまった。背景がかなりボケたがこれはこれで良い雰囲気かもしれない。
d0054625_23173739.jpg

ギフチョウ 吸蜜 CANON EOS 70D SIGMA 17-70mm Macro(LEDライト&外部ストロボ)

その後はまた全く止まらなくなったので、他の場所へ移動するが、残雪が残っていたりで大した成果は無かった。暑い日は塒に換える前に吸蜜に来ることも多いので、その最終便狙いで元の場所へ戻る。
すると期待通り3時前後に吸蜜タイムがやってきた。
d0054625_232513.jpg

ギフチョウ 吸蜜 CANON EOS 70D SIGMA 17-70mm Macro(LEDライト&外部ストロボ)
そして、この日の最終便は、カタクリ絨毯の直前での吸蜜。
d0054625_23265169.jpg

ギフチョウ 吸蜜 CANON EOS 70D SIGMA 17-70mm Macro(LEDライト&外部ストロボ)
午後3時、背景のカタクリは木陰に入っているのでかえって落ち着いた色合いになったようだ。
イエローバンドには出会えなかったけれど、ど最終でイメージ通りの絵が撮れたので満足度は高い一日だった。
夜は、居酒屋でAさん、Mさん、Oさん、Oさんと5人で恒例の情報交換会で翌日に備えた。
[PR]

# by toshi-sanT | 2015-05-04 23:33 | | Comments(12)
2015年 05月 01日

2015年4月下旬 神奈川県北部の蝶

先週の日曜日は神奈川北部で蝶撮影。
〔ホソオチョウ〕
朝イチでホソオチョウを探したら1頭だけ♀が飛び出した。
d0054625_2352675.jpg

ホソオチョウ♀ 飛翔 CANON EOS 70D SIGMA 17-70mm Macro(LEDライト)
d0054625_2354060.jpg

ホソオチョウ♀ 開翅 CANON EOS 70D SIGMA 17-70mm Macro(LEDライト)
〔キタキチョウのカップル〕
越冬明けのキタキチョウのメスをオスが追尾。交尾には至らなかった。
d0054625_2374230.jpg

キタキチョウ 飛翔 CANON EOS 70D SIGMA 17-70mm Macro(LEDライト)
〔キアゲハ〕
キアゲハの♀が産卵しながら飛び回っていた。春型の♀はシャープで綺麗だ。
d0054625_2310886.jpg

キアゲハ 飛翔 CANON EOS 70D SIGMA 17-70mm Macro(LEDライト)
〔ウスバシロチョウ〕
フライング気味かと思ったが複数のウスバシロチョウを見ることが出来た。
d0054625_2312038.jpg

ウスバシロチョウ 飛翔 CANON EOS 70D SIGMA 17-70mm Macro(LEDライト)
d0054625_23124219.jpg

ウスバシロチョウ 飛翔 CANON EOS 70D SIGMA 17-70mm Macro(LEDライト&外部ストロボ)
ずいぶんと黒い個体がいるなと思ったら交尾済みのメスまでいた。
d0054625_23125671.jpg

ウスバシロチョウ 飛翔 CANON EOS 70D SIGMA 17-70mm Macro(LEDライト)

さて明日から5連休、どこへでかけようか。
[PR]

# by toshi-sanT | 2015-05-01 23:14 | | Comments(0)