フィールドノート

thecla.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2015年 05月 09日

2015年5月上旬 GW白馬行② イエローバンドと桜ギフ

白馬行2日目、早朝到着されたMさん一家にご挨拶。上の息子さんは、Mさんのおさがりデジイチで一緒に撮影されるそうだ。そう言えば、我が家にもそんな時代があったなあとちょっと懐かしく思いだした。

この日は、早朝より気温が高いので7時台にはヒメギフのポイントでスタンバイ。8時になるかならないかで早くもヒメギフ♂が飛び始めた。カメラを飛翔用設定で追いかけていると、林の中から出てきたもう1頭のヒメギフ♂と何度かからんだ後、地面に落ちた。♂同士の誤求愛だからすぐ離れるだろうと思いながら、そのままノーファインダーでシャッターを押し続けた。
からみが解けた後、そのうちの1頭が日光浴開翅、まずは綺麗なヒメギフチョウを押さえましょうということで100mマクロを構えるとKさんが「あれっ、ギフ」、「えっ」と合焦したファインダーに浮かび上がったのは、確かにギフ、しかもイエローバンドだった。
d0054625_826501.jpg

ギフチョウ(イエローバンド) 開翅 CANON EOS 60D EF100mm F2.8L マクロ IS USM (外部ストロボ)
と言うことは、その前の誤求愛のからみもバンドとヒメギフということになる。慌てて画像を見直すと・・・、レンズを上に向けすぎる悪癖が出て、肝心の被写体が画面の下で切れているものがほとんど。
d0054625_8341269.jpg

ギフチョウ(イエローバンド)に誤求愛するヒメギフチョウ CANON EOS 70D SIGMA17-70mm Macro(LEDライト)
これはこれで広角風で良いということにしよう。

もう1カットだけ、トリミングすれば使える画像があったので、大きくトリミングしてみた。

More トリミングしたものは?
[PR]

# by toshi-sanT | 2015-05-09 11:00 | | Comments(14)
2015年 05月 04日

2015年5月上旬GW白馬行その①

d0054625_2238981.jpg

毎年恒例のGWの白馬詣でに行って来た。今年の白馬は残雪が多い一方、急激に暖かい日が続いたせいか、樹上の花は終了間近かつ新緑が進み、雪解けした地面ではカタクリなどの花が一気に満開という状況らしい。ギフチョウも出始めたということなので、カタクリの花が綺麗なうちに出かけることにした。

高速の渋滞を避けるため朝4時に起きて下道を走り相模湖から中央道へ。途中のPAはすべてブタ込みなので一気に安曇野ICまで走り抜け、9時前に白馬へ到着。まずは朝早い時間から飛ぶヒメギフのポイントへ向かう。
ところが早朝から日が当たる場所は、多くが雪の下でカタクリもほとんど咲いていない。これでは駄目かと思ったら、少し離れた場所でヒメギフチョウが飛んでいるのが見えた。そこに行ってみると林縁にカタクリが咲いていた。何で去年まで気がつかなかったと考えていたら、ヒメギフチョウがカタクリに止まった。
d0054625_22522674.jpg

ヒメギフチョウ 吸蜜 CANON EOS 70D SIGMA 17-70mm Macro(LEDライト&外部ストロボ)
遠くに雪の稜線も入れることが出来たし気分良く、次のポイントへ移動した。
そこは林床がカタクリの絨毯になっているお気に入りの場所、そこで満開カタクリをバックに撮るのが今日の目的。
ポイントの着いて早々、ギフチョウがカタクリに来た。ただ少し羽化不全の個体で、それがなるべく目立たない角度で撮った。
d0054625_2393954.jpg

ギフチョウ 吸蜜 CANON EOS 70D SIGMA 17-70mm Macro(LEDライト&外部ストロボ)
うんこれは幸先良いじゃないと思ったが、後が続かない。気温が高いせいか飛び回るばかりで一切花に来ない。そこで満開カタクリの上を飛ぶ飛翔撮影に切り替えた。
d0054625_23141386.jpg

d0054625_23142225.jpg

ギフチョウ 飛翔 CANON EOS 70D SIGMA 17-70mm Macro(LEDライト)
昼前に一度だけ目の前で吸蜜を開始してくれた。絶好のチャンスだったが、飛翔設定のままだったので絞りが浅いまま撮ってしまった。背景がかなりボケたがこれはこれで良い雰囲気かもしれない。
d0054625_23173739.jpg

ギフチョウ 吸蜜 CANON EOS 70D SIGMA 17-70mm Macro(LEDライト&外部ストロボ)

その後はまた全く止まらなくなったので、他の場所へ移動するが、残雪が残っていたりで大した成果は無かった。暑い日は塒に換える前に吸蜜に来ることも多いので、その最終便狙いで元の場所へ戻る。
すると期待通り3時前後に吸蜜タイムがやってきた。
d0054625_232513.jpg

ギフチョウ 吸蜜 CANON EOS 70D SIGMA 17-70mm Macro(LEDライト&外部ストロボ)
そして、この日の最終便は、カタクリ絨毯の直前での吸蜜。
d0054625_23265169.jpg

ギフチョウ 吸蜜 CANON EOS 70D SIGMA 17-70mm Macro(LEDライト&外部ストロボ)
午後3時、背景のカタクリは木陰に入っているのでかえって落ち着いた色合いになったようだ。
イエローバンドには出会えなかったけれど、ど最終でイメージ通りの絵が撮れたので満足度は高い一日だった。
夜は、居酒屋でAさん、Mさん、Oさん、Oさんと5人で恒例の情報交換会で翌日に備えた。
[PR]

# by toshi-sanT | 2015-05-04 23:33 | | Comments(12)
2015年 05月 01日

2015年4月下旬 神奈川県北部の蝶

先週の日曜日は神奈川北部で蝶撮影。
〔ホソオチョウ〕
朝イチでホソオチョウを探したら1頭だけ♀が飛び出した。
d0054625_2352675.jpg

ホソオチョウ♀ 飛翔 CANON EOS 70D SIGMA 17-70mm Macro(LEDライト)
d0054625_2354060.jpg

ホソオチョウ♀ 開翅 CANON EOS 70D SIGMA 17-70mm Macro(LEDライト)
〔キタキチョウのカップル〕
越冬明けのキタキチョウのメスをオスが追尾。交尾には至らなかった。
d0054625_2374230.jpg

キタキチョウ 飛翔 CANON EOS 70D SIGMA 17-70mm Macro(LEDライト)
〔キアゲハ〕
キアゲハの♀が産卵しながら飛び回っていた。春型の♀はシャープで綺麗だ。
d0054625_2310886.jpg

キアゲハ 飛翔 CANON EOS 70D SIGMA 17-70mm Macro(LEDライト)
〔ウスバシロチョウ〕
フライング気味かと思ったが複数のウスバシロチョウを見ることが出来た。
d0054625_2312038.jpg

ウスバシロチョウ 飛翔 CANON EOS 70D SIGMA 17-70mm Macro(LEDライト)
d0054625_23124219.jpg

ウスバシロチョウ 飛翔 CANON EOS 70D SIGMA 17-70mm Macro(LEDライト&外部ストロボ)
ずいぶんと黒い個体がいるなと思ったら交尾済みのメスまでいた。
d0054625_23125671.jpg

ウスバシロチョウ 飛翔 CANON EOS 70D SIGMA 17-70mm Macro(LEDライト)

さて明日から5連休、どこへでかけようか。
[PR]

# by toshi-sanT | 2015-05-01 23:14 | | Comments(0)
2015年 04月 26日

2015年4月中旬・下旬 多摩川のギンイチモンジセセリ

2週続けて、多摩川の河川敷のギンイチモンジセセリを見に行った。

〔4月19日〕
天気予報と違って、空は曇って日が差さず気温も低い。これは厳しいかと思ったが、太陽が顔を出した一瞬、足元からギンイチモンジセセリが飛び出した。
d0054625_22494655.jpg

ギンイチモンジセセリ 静止 CANON EOS 70D SIGMA 17-70mm Macro
d0054625_22522756.jpg

ギンイチモンジセセリ 静止 RICOH GR DIGITALⅣ(内蔵ストロボ)
d0054625_22535293.jpg

ギンイチモンジセセリ 開翅 CANON EOS 70D SIGMA 17-70mm Macro(LEDライト)
d0054625_22581393.jpg

ギンイチモンジセセリ 飛翔 CANON EOS 70D SIGMA 17-70mm Macro(LEDライト)

〔4月25日〕
翌週も多摩川の河川敷へ。いきなり交尾中のカップルに出会った。
d0054625_2313723.jpg

ギンイチモンジセセリ 交尾 RICOH GR DIGITALⅣ(内蔵ストロボ)
交尾が解けた後のメスをしばらく追いかけた。
d0054625_2333160.jpg

ギンイチモンジセセリ♀ CANON EOS 70D SIGMA 17-70mm Macro(LEDライト)
d0054625_238484.jpg

ギンイチモンジセセリ♀ CANON EOS 70D SIGMA 17-70mm Macro(LEDライト&外部ストロボ)
d0054625_237136.jpg

d0054625_2391545.jpg

d0054625_239246.jpg

ギンイチモンジセセリ♀ CANON EOS 70D SIGMA 17-70mm Macro(LEDライト)
土手のノヂシャで吸蜜する個体がいた。
d0054625_2393828.jpg

d0054625_23131769.jpg

ギンイチモンジセセリ 吸蜜 CANON EOS 70D SIGMA 17-70mm Macro(LEDライト)
半日くらい遊ぶなら、この時期の多摩川はちょうど良い。
[PR]

# by toshi-sanT | 2015-04-26 23:15 | | Comments(6)
2015年 04月 24日

2015年4月中旬 都心のツマキチョウ

近年、ショカツサイなど外来のアブラナ科が都心部でも増えているため、ツマキチョウが都心部でも良く見られるようになった。そこで、先週の土曜日は都会のツマキチョウを撮りに行った。
〔街中の風景を飛ぶツマキチョウ〕
d0054625_21181741.jpg

d0054625_2118283.jpg

d0054625_2119611.jpg

d0054625_21191555.jpg

CANON EOS 70D SIGMA 17-70mm Macro (LEDライト)
〔♂同士の追尾飛翔〕
d0054625_2123513.jpg

d0054625_21244433.jpg

d0054625_21245839.jpg

CANON EOS 70D SIGMA 17-70mm Macro (LEDライト)
〔求愛飛翔〕
d0054625_2126411.jpg

d0054625_21261520.jpg

CANON EOS 70D SIGMA 17-70mm Macro (LEDライト)
〔産卵〕
d0054625_21265592.jpg

CANON EOS 70D SIGMA 17-70mm Macro (LEDライト)
〔菜の花の上を飛ぶ〕
d0054625_21281985.jpg

CANON EOS 70D SIGMA 17-70mm Macro (LEDライト)

昔、某大学の寮の脇に諸葛菜が多数生えていた。その頃、諸葛菜を食草にしている寮生は生息していたようだがツマキチョウは見た記憶が無いから、やっぱり最近増えているのだろう。

この日は昼で切り上げ、その後は、ピザ&ビール・ワイン、車を使わないで良いとこんな楽しみもある。
春の一日、カメラ片手に都心を散策(昼から一杯)、いいかもしれない。
[PR]

# by toshi-sanT | 2015-04-24 21:32 | | Comments(4)
2015年 04月 18日

2015年4月中旬 富士川のギフチョウ

先週の日曜日は、富士川のギフチョウを見に行った。日差しは十分あったが気温が上がらず林道上を飛ぶ姿が少し見られた程度だった。
d0054625_23313088.jpg

ギフチョウ 静止 CANON EOS 70D SIGMA17-70mm Macro(LEDライト)
飛び上がったところ
d0054625_2332420.jpg

ギフチョウ 飛翔 CANON EOS 70D SIGMA17-70mm Macro(LEDライト)
d0054625_233302.jpg

ギフチョウ 飛翔 CANON EOS 70D SIGMA17-70mm Macro(LEDライト)
落ちた杉の枝の周囲を飛ぶギフチョウ
d0054625_2351387.jpg

数は多くなかったけれど、今年も姿を見ることが出来ただけでも良かった。
[PR]

# by toshi-sanT | 2015-04-18 23:51 | | Comments(4)
2015年 04月 11日

2015年3月下旬 菜の花と越冬明けの蝶たち

菜の花の甘い香りが漂う中、ぼけ~っとしていると、越冬明けの蝶たちが入れ替わり立ち替わりやってくる
d0054625_7564882.jpg

d0054625_757177.jpg

テングチョウ CANON EOS 70D SIGMA 17-70mm Macro(LEDライト&外部ストロボ)
d0054625_7571148.jpg

ウラギンシジミ CANON EOS 70D SIGMA 17-70mm Macro(LEDライト)
d0054625_7582384.jpg

d0054625_7583197.jpg

ルリタテハ CANON EOS 70D SIGMA 17-70mm Macro(LEDライト)
d0054625_802511.jpg

菜の花に止まるルリタテハ CANON EOS 70D SIGMA 17-70mm Macro(LEDライト)
吸蜜かと思ったが、ストローは伸ばしていないようだった。

このところ週末は天気が悪い日が続いて、ストレスが蓄積してきた。せめて、あ~した、天気になあ~れ!
[PR]

# by toshi-sanT | 2015-04-11 08:02 | | Comments(4)
2015年 04月 05日

2015年3月下旬 春のルーミス

先週の土曜日は、絶好のルーミス日和だろうと思って房総半島まで出かけた。ところが、前日の予報とは異なり、午前中は曇り模様で時折薄日が差すものの気温が上がらず蝶の姿は全く見られない。
これは、早めに下山して海鮮丼でも食べて帰るかと思いつつも天気予報を確認、すると12時のところに晴れマークがついていた。そこで、天気予報を信じて待っていると、だんだん日が差しはじめ、高所にルーミスシジミが舞う姿も見られ、1頭がふらりと地上まで降りてきた。
d0054625_9483114.jpg

ルーミスシジミ 開翅 CANON EOS 60D EF100mm F2.8L マクロ IS USM
その後も時折、降りてくる個体がいる程度で期待したヒサカキなどでの吸蜜などの撮影機会は無かったが、崩壊地をバックに飛ぶ姿などが見られた。
d0054625_953505.jpg

d0054625_9541218.jpg

d0054625_9542932.jpg

d0054625_9544826.jpg

ルーミスシジミ 飛翔 CANON EOS 70D SIGMA 17-70mm Macro(LEDライト)
この冬はここで越冬態勢に入っている個体を見つけることが出来なかったので、越冬明けの個体を複数確認できたのでほっとした。また、斜面崩壊で良くルーミスシジミが集まったヒサカキやアセビもその多くが無くなってしまい、撮影条件は前に比べると悪くなってしまったが、以前と同じような環境の場所には、同じように降りてきていた。
ということは、この冬、越冬個体を見つけれられなかったのは、やっぱり見る目が無かったということなのだろう。

昨日、某所にて、大伴旅人の酒を讃むる歌十三首の解説を聞きました。かなりデカダンな感じですが、そのうちの一首目、「験なきものを思はずは一坏(つき)の 濁れる酒を飲むべくあるらし」を実践してみました。
ただ、濁り酒が手元に無かったので古酒の琥珀色を濁れるの代用にしていますが・・・。
d0054625_1365783.jpg

[PR]

# by toshi-sanT | 2015-04-05 18:00 | | Comments(4)
2015年 03月 29日

2015年 3月下旬 神奈川のギフチョウ

3月最後の金曜日、あまりにも天気が良いので、つい仕事をナニして、石砂山まで出かけてしまった。と言うのは嘘で、週末だと人が多いので、あらかじめ休暇を取って予定通り出かけたのだった。

山頂に9時過ぎに着くともうギフチョウが飛んでいた。山頂には私以外には、一組3名の撮影者だけ、さすがに平日は人が少ない。地面にしか止まらないので一通り皆が静止画像を撮影した後、飛翔写真を撮り始めた。山頂でご一緒した方から、飛翔写真の設定を聞かれたので、自己流だけれど私の設定を伝えると一気に飛翔写真の撮影会になった。
先日ひねった足首が心配だったので、周遊コースを想定し少し開けたところで待ち伏せ、飛んできたところを撮影することにしたが、結構これがはまった。
d0054625_15545846.jpg

d0054625_1621628.jpg

d0054625_1622650.jpg

ギフチョウ 飛翔 CANON EOS 70D SIGMA 17-70mm Macro (LEDライト)
ミヤマセセリとギフが追いかけっこをしていたところをパチリ。ただし入ったのはミヤマセセリだけ。
d0054625_1644734.jpg

ミヤマセセリ 飛翔 CANON EOS 70D SIGMA 17-70mm Macro (LEDライト&外部ストロボ)
この山頂からは林越しに富士山の頭がちらりと見える。そこで富士山の見える位置に待ち伏せ場所を変更。
d0054625_1673981.jpg

ギフチョウ 飛翔 CANON EOS 70D SIGMA 17-70mm Macro (LEDライト)
林の間にわずかに白い富士山が写ったけれど、ぱっと見にはわからないのが残念。
山頂では、スミレの花が2株だけ咲いていたが、そのうちの1株で1度だけ吸蜜してくれた。
d0054625_161106.jpg

ギフチョウ 吸蜜 CANON EOS 70D SIGMA 17-70mm Macro (LEDライト&外部ストロボ)
11時過ぎにパタッと回ってこなくなったので、モミジイチゴの花での吸蜜を狙って場所を移動した。一度飛んできたが、吸蜜せずに飛び去り、その後しばらく待っても姿を現さないのであきらめて下山することにした。
すると不思議なもので、登山口近くのタチツボスミレで吸蜜する個体がいた。良く見ると交尾済みの♀だった。
d0054625_16192781.jpg

ギフチョウ♀ 吸蜜 CANON EOS 70D SIGMA 17-70mm Macro (LEDライト)
飛び上がったところ。
d0054625_1620514.jpg

ギフチョウ♀ 飛翔 CANON EOS 70D SIGMA 17-70mm Macro (LEDライト)

帰りに春キャベツと大根のキムチを購入、ビールで乾杯、いよいよ楽しいシーズンの開幕だ。
[PR]

# by toshi-sanT | 2015-03-29 16:24 | | Comments(12)
2015年 03月 23日

2015年3月下旬 多摩丘陵の春②

先週末は、複数の知り合いの方が発表されるので鱗翅学会の春の集いに出ようと思っていた。ところが前日の金曜日の夜、階段を一段踏み外し足首をひねってしまった。一瞬しゃがみこんで動けなくなるほどだったが、しばらくすると痛みも収まり問題なく家まで帰れた。
ただ寝る頃に痛み出し、翌朝になるとほとんど歩けなくなり一日寝込んでしまった。翌日曜日の朝起きてみるとまだ痛いが歩けるようになった。近所のドラックストアで足首のサポーターを購入し、少し歩いてみた。本当は、安静にしていた方が良かったのかもしれないけれど、陽光が差す中、じっとしていられなかったのだ。
d0054625_23422066.jpg

アンズの花 CANON EOS 70D SIGMA 17-70mm Macro(LEDライト&外部ストロボ)
d0054625_23413131.jpg

ノジスミレ CANON EOS 70D SIGMA 17-70mm Macro(LEDライト&外部ストロボ)
菜の花の上でワカバグモがアブを捕食していた。
d0054625_23432079.jpg

ワカバグモ 捕食 CANON EOS 70D SIGMA 17-70mm Macro(LEDライト&外部ストロボ)
d0054625_23445962.jpg

テングチョウ CANON EOS 70D SIGMA 17-70mm Macro(LEDライト)
d0054625_23452871.jpg

d0054625_23453462.jpg

キタキチョウ CANON EOS 70D SIGMA 17-70mm Macro(LEDライト)
d0054625_23471559.jpg

モンシロチョウ CANON EOS 70D SIGMA 17-70mm Macro
d0054625_23483345.jpg

スジグロシロチョウ CANON EOS 70D SIGMA 17-70mm Macro
[PR]

# by toshi-sanT | 2015-03-23 23:48 | Comments(12)