フィールドノート

thecla.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2010年 01月 17日

theclaさんの歴史散歩③ 松代城

この夏、松代城へ久しぶりに行ってみた。昔行った時は石垣しかなかったが、本丸の櫓門などが復元されていた。松代城は、武田信玄が山本勘助に命じて対上杉謙信に備えるために築かせた海津城でもある。
1622年に真田信之が上田から移封、明治まで真田家の城として続く。そういえば昔NHKのドラマでやっていた真田太平記のラストは真田信之の上田から松代への移封だった。
d0054625_20154384.jpg

太鼓門(大手側)
d0054625_20174760.jpg

松代城の復元図
松代の市街側はこの図の上側、下側は千曲川の旧河道になる。
d0054625_2028072.jpg

海津城址の碑
天守台跡に登り土塁越しに妻女山方面を見る。案外近い。
d0054625_2038880.jpg

天守台から妻女山方面
天守台から妻女山の反対側に目を向けると北不明門(搦手門)と枡形虎口、土塁が見える。
d0054625_20394424.jpg

枡形虎口に外側から入るとこんな感じ。
d0054625_20415554.jpg

櫓門と周囲の石垣上から集中砲火を受けることになる。
土塁北側、武田氏築城当時はこの土塁のすぐそばを千曲川の流れが流れていたか、湿地になっていたはず。
d0054625_20442853.jpg

振り返ると天守台。
d0054625_20445767.jpg

変にコンクリート製の天守閣が作られているより、石垣だけの方が古城の風情があるような気がするのだが・・・。
松代の町は、この他に真田宝物館、真田邸、文武学校などあって一日かけてゆっくり回っても良さそうだった。宝物館に真田太平記で出演者が着用した鎧が展示してあったのだが、20年以上経っているので一瞬「本物?」と思ってしまった(笑)

〔ムモンアカシジミ〕
蝶の写真がないのも寂しいので、松代城に行った翌日撮影したムモンアカシジミの画像。未公開だが既公開のものと同じアングルなので余り差がないが・・・。
d0054625_20524844.jpg

d0054625_20525773.jpg


※この城、どこかの城に似ていると思っていて、どこだろう、どこだろうと思っていたのだが、この記事を書いた後でふと気がついた。小諸城に似ているのだ。
全く違う構成なのだが、川側の大部分が自然の要害(小諸は段丘の入り組んだ崖、松代は多分千曲川沿いの湿地)でカバーし、大手側の正面のみを防御し時間を稼ぐという共通の設計思想と地形の生かし方(本城で前線基地なので時間を稼げば援軍が来る)を感じる。
本当に山本勘助という軍師がいて両城の縄張りをしたかどうかわからないが、少なくとも同一の設計思想によるものだと私は思う。
[PR]

by toshi-sanT | 2010-01-17 20:53 | 歴史


<< オフシーズン2009 ⑤オオイ...      オフシーズン2009 ④ヤリガ... >>