フィールドノート

thecla.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2005年 08月 21日

8月下旬 長野県某所&東御市(1) ベニヒカゲ

息子と一緒にキャンプに出かける。ベニヒカゲの舞うキャンプ場で一泊する予定だ。
高速を走っていると思ったより天気が良い。それで以前から気になっていた場所に寄ってみることにする。何でも橙色部分に黒紋が全く無いベニヒカゲが稀にいるらしい。
適期も細かいポイントも不明だが、歩いて行くと道端に2頭のベニヒカゲが見えた。そのうち1頭を追いかけていくと林床のササに静止した。
今日初のベニヒカゲなので慎重に近づきファインダーをのぞき込むが、何か違和感がある。
前翅の橙紋の中の黒紋が無く、橙色一色だ。
d0054625_19395581.jpg

紋無しベニヒカゲ(静止)

同じ場所で撮った普通のベニヒカゲと比較すると良くわかる
d0054625_19453435.jpg

紋有りベニヒカゲ(吸蜜)

その後、翅を開くのを狙っていたが、一瞬眼を離した隙に飛び上がり、風に乗って遠くへ飛び去ってしまった。
その後もパラパラとベニヒカゲがやってくるが、中々止まらない上に紋有りの普通のベニヒカゲばかり。加えて強風のせいか翅をほとんど開かない。
結局あきらめて下山したが、気になるのは思ったより個体数が少なかったこと。単にポイントが悪かっただけなら良いのだが。

その後、東御市のキャンプ場に移動する。途中ワイパーが効かなくなるほどの豪雨にあったが、幸いキャンプ場に着く頃には雨も上がっていた。
テントを張った後、付近を散策すると夕方5時近いにもかかわらずまだ少しベニヒカゲが飛んでいて、静止したメスに対する求愛行動?も観察できた。
d0054625_20192993.jpg

ベニヒカゲの求愛行動?は初めて観察するが、雄が雌に頭突きをくれているようにしか見えない。
d0054625_20165167.jpg

これにて本日の撮影は終了。明日は何が観察できるかな。
ただ、子供とはいえ、1~2人用のテントではちょっと無理があった。もう少し大きなテントを買わなければ。
d0054625_20232398.jpg

ベニヒカゲが舞うキャンプ場の風景
[PR]

by toshi-sanT | 2005-08-21 20:32 |


<< 8月下旬 群馬県嬬恋村(2) ...      山梨県 >>