フィールドノート

thecla.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2013年 04月 27日

2013年4月下旬 多摩丘陵のアオバセセリ

GW初日、信州方面は気温が低いようなので多摩丘陵のアオバセセリを見に行くことにした。
ヒメウツギの花は例年より1週間以上早く満開になっており後は主役を待つばかり。ヒメウツギの花に日が当たりだした9時半ころ、第一便のアオバセセリがやってきた。
d0054625_2058225.jpg

アオバセセリ 吸蜜  CANON EOS 40D EF100mm F2.8L マクロ IS US (外部ストロボ)
とても綺麗な個体で、花は満開だけれど蝶はちょうど出始めたばかりのようだ。とりあえず未発生、フライングということは無いのでひと安心、あとは何度か姿を見せてくれるだろう。
第一便が山に孵った後、Sippoさんから電話、昨日この場所を紹介していたのだ。第一便が早めに来たので後は楽勝だろうと思っていたら、あれれっ、第二便が来ない、やっと来たと思ったら短時間で山に帰ってしまった。午後になっても状況は芳しくなく、やっちまったかなあ~と思った頃、ふと見ると日影のヒメウツギの花にアオバセセリの姿。しかも30分以上、滞在してくれたのでじっくり撮ることが出来、案内役としてはほっとしたというのが正直なところ(笑)
良い機会なのでSippoさんの撮影設定を伺うと、えっ、と思うくらい露出をプラス補正されているそうだ。しかも補正度合いを何度も調整している。
d0054625_21481533.jpg

アオバセセリ 吸蜜  CANON EOS 40D EF100mm F2.8L マクロ IS US (外部ストロボ)(露出補正無し)
d0054625_2149587.jpg

アオバセセリ 吸蜜  CANON EOS 40D EF100mm F2.8L マクロ IS US (自然光)(露出補正無し)
ちょっと真似してみようと思ったが、普段は-2/3に設定したままほったらかしだから、せいぜい露出補正を±0に戻すのが精一杯で、プラス補正の世界に踏みこめなかった。

〔広角編〕
長い時間、あちこちで吸蜜してくれるので、目の前に来た時が絶好の広角撮影のチャンス。まずはLEDライトを使ったもの。
d0054625_2155854.jpg

d0054625_2156819.jpg

アオバセセリ 吸蜜 CANON EOS Kiss DX SIGMA17-70mm Macro(LEDライト使用)
次は、LED+ストロボ発光で。
d0054625_21574962.jpg

d0054625_21571936.jpg

アオバセセリ 吸蜜 RICOH GR DIGITALⅢ (内蔵ストロボ+LEDライト)

GW初日は近所のアオバセセリと楽しく遊ぶことが出来た。さあ、明日以降はどこへ行こうか。
[PR]

by toshi-sanT | 2013-04-27 23:36 |


<< 2013年4月下旬 白馬のギフ...      2013年4月中旬 信州のヒメ... >>