フィールドノート

thecla.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2013年 06月 02日

2013年6月上旬 多摩丘陵の西風たち①

この週末は家の近くの多摩丘陵のゼフィルスを撮影することにした。まずはミドリシジミのいる谷戸のハンノキ林へ。
ここのミドリシジミは周囲より少し発生が遅く過去一番早く見たのは5月31日。今年は関東平地は通常より1週間ほど早めなので出てるかな~と思って林床を見て回ると、なんと翅を広げたA型のメスがいた。
d0054625_2239367.jpg

ミドリシジミ♀ 開翅 CANON EOS 40D EF100mm F2.8L マクロ IS US
出ていても♂の発生初期とばかり思っていたのでちょっとびっくり。このメスはおとなしく開翅をしてくれていたので広角でも撮影。
d0054625_2244283.jpg

ミドリシジミ♀ 開翅 RICOH GR DIGITALⅢ(LEDライト)

ミドリシジミが出ているならオオミドリも出ているだろうと、オオミドリのポイントを二か所ほど回るも姿形も無く空振り、ただサトキマダラヒカゲの求愛飛翔が撮れた。
d0054625_22492699.jpg

サトキマダラヒカゲ 求愛飛翔 CANON EOS 60D SIGMA 17-70mm Macro(LEDライト)

午後になって栗の花の多いポイントへ移動するとウラナミアカシジミが多かった。
d0054625_22534291.jpg

ウラナミアカシジミ 静止 CANON EOS 40D EF100mm F2.8L マクロ IS US
d0054625_22541942.jpg

ウラナミアカシジミ 静止 RICOH GR DIGITALⅢ
ウラナミアカシジミはなぜかLEDライトを当てるとすぐ飛んでしまう。そこで先にピントと露出を設定してからLEDライトと共に近づけると上手く撮影できた。ちょっとピンは甘いけど個人的にはオレンジの翅表が撮れて満足。
d0054625_22571956.jpg

d0054625_22571468.jpg

ウラナミアカシジミ 飛翔 CASIO EXLIM EX-FH100 (LEDライト)

まだ綺麗なアカシジミも栗の花で吸蜜していた。逆光なのでLEDとストロボの併用で撮影。
d0054625_2324326.jpg

アカシジミ 吸蜜 RICOH GR DIGITALⅢ(LEDライト&内蔵ストロボ)
だんだん雲が多くなってきたので撤収することにして最後にミドリシジミのポイントへ寄るとミドリシジミのオスを複数の撮影者の方が取り囲んでいた。日が陰ってしまい一向に開翅しないということなので駄目もとでLEDライトを照射。すると全開とまではいかないけれど、V字開翅。LEDライトを当てている間だけ開くので左手でLEDを照射しつつ右手のみでデジイチのシャッターを押す。
d0054625_2373821.jpg

ミドリシジミ♂ 半開 CANON EOS 40D EF100mm F2.8L マクロ IS US(LEDライト)

最後にミドリシジミ♂の翅表が少し撮影出来たけれどなんとなく消化不良。日曜日は午後から用事があるので9時くらいまでしか撮影に当てられないけれど天候次第で再チャレンジすることにしてこの日は帰宅した。
(続く)
[PR]

by toshi-sanT | 2013-06-02 23:10 |


<< 2013年6月上旬 多摩丘陵の...      2013年5月下旬 池畔のブルー >>