フィールドノート

thecla.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2018年 04月 09日

2018年3月の蝶

今年は3月に入って急に暖かくなり一気に春本番となった。愛用していたSIGMA 17-70mmにだいぶガタがきたので、今春よりTAMRON 10-24mmに広角レンズを変更、その試運転も兼ねて近所の谷戸へ出かけた。
d0054625_2339446.jpg

コツバメ CANON EOS 70D TAMRON 10-24mm LED 3月18日 神奈川県
10mm側で撮ったが、小さいコツバメもそれなりの大きさになるまで近づけるし、広い画角を生かせたらおもしろいかもしれない。ただ10mmだと少し歪みが出るのがやはり気になるがそれも含めて今シーズンは使い方を考えようと思う。
ちなみにここでのコツバメ、3月18日は今までで一番早い日にちだった。




①房総のルーミス
d0054625_23461251.jpg

ルーミスシジミ 吸蜜 NIKON 1V3 1 NIKKOR VR 10-20mm LED
d0054625_2346256.jpg

ルーミスシジミ 吸蜜 CANON EOS 60D EF100mm F2.8L マクロ IS USM(外部ストロボ)
天気は絶好だったのだが、越冬明け直後だったようで活動的な個体が少なく、長く吸蜜していたのはボロボロの個体だけ、比較的きれいな個体は一瞬だけ吸蜜に来ただけだった。

その翌週再訪したが、気温があまり上がらず活動個体が極端に少なくさっぱりだった。
d0054625_2353941.jpg

ルーミスシジミ CANON EOS 70D TAMRON 10-24mm LED
まあこの時期としてはきれいな個体だったので良しとしよう。

この日は、ルーミスシジミよりトラフシジミの方が目についた。しかも一回だけ開翅してくれた。
d0054625_23562674.jpg

トラフシジミ 開翅  CANON EOS 60D EF100mm F2.8L マクロ IS USM
残念ながら全開とはいかなかったけれどこっちの方がうれしかったりして(^^;

②神奈川のギフチョウ
神奈川のギフチョウも飛び始めたと聞いたので休暇を取って出かけてみた。
例年発生の早い尾根に行くと3頭ほどのギフチョウが入れ替わり立ち代わり表れてくれて、春の一日のんびりと過ごした。
d0054625_04947.jpg

d0054625_042115.jpg

ギフチョウ 飛翔 CANON EOS 70D TAMRON 10-24mm LED 3月26日 神奈川県

③富士川のギフチョウ
完全にフライングかと思ったが何とか一枚だけ撮影できた。
d0054625_0624.jpg

ギフチョウ CANON EOS 60D EF100mm F2.8L マクロ IS USM
年々状況が厳しくなっているだけに今年も出会えただけで良しとしよう。
d0054625_081459.jpg

d0054625_082894.jpg

スギタニルリシジミ♀ 飛翔 NIKON 1V3 NIKKOR VR 10-30mm (LEDライト)
LEDライトで妖しく光るスギタニルリシジミの♀の翅表、今年の春は副産物に恵まれている。喜んで良いのか、悲しむべきなのか・・・・・、まあいいっか、深く考えてもしょうがない。

拙ブログをご訪問¥いただいている皆様、更新が滞っていて申し訳ありません。ぼちぼち更新して参りますので今シーズンもよろしくお願いいたします。
[PR]

by toshi-sanT | 2018-04-09 00:12 |


<< 2018年4月の蝶 北信の蝶たち      2017年に撮影した蝶その① ... >>