フィールドノート

thecla.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2007年 11月 11日

スイスの花と蝶2007(2) パルの谷①

7月23日、スイス滞在2日目。前日早く寝てしまったのと時差ボケで、朝まだ暗いうちから目が覚めてしまった。シャレーの窓から外を見ると、朝日を浴びたマッターホルンが見える。
d0054625_124159.jpg

マッターホルン CANON EOS Kiss DX TAMRON 90mm Macro
まだ少し雲が残っているが、昨日より良い天気になりそうだ。朝食を食べながらどのハイキングコースを歩くか考えたが、娘も頑張って歩くというので、今回一番のハードコースを行くことにする。
このコースは、下からひたすら歩いて登らないといけないコースなのだが、上部のヒュッテ食事が美味しい上、途中の谷コース、ヒュッテ裏手の高山植物が綺麗なのだ。おそらくパルも多いと思われ、前日のエーデルワイスの丘と並んで歩きたかったコースだった。
日本で確認したYahoo!の天気予報、現地のTVの予報とも週半ばで天候が崩れる予報だったので、行きたいコースから順番に行くのが良さそうだった。

ツェルマットの村を抜けると、U字谷の斜面広がるアルプの草原を歩くようになる。アザミをはじめ様々な花が咲き乱れいかにもアポロがいそうだと思っていると、大型の白い蝶が滑空してくる。白一色ではなく、黒い紋様と赤い星が見え、すぐにアポロとわかる。
他にも2個体ほど舞っているが、中々止まってくれない。そこで、斜面の見通しの良い場所に陣取って様子を見ることにする。しばらく見ていると、近くに止まったので慌てて近付く。
d0054625_12415689.jpg

アポロウスバアゲハ Parnassius apollo 静止 CANON EOS Kiss DX TAMRON 90mm Macro
後翅が前翅と重なって赤い星がはっきりと見えないのが残念だが、何はともあれ待望のアポロの初撮影だ。その後数回シャッターチャンスがあり、必ずしも満足がいく写真が撮れたわけではなかったが、今日のコースは長いので先を急ぐことにした。

<P. Apollo>
d0054625_12473496.jpg

アポロウスバアゲハ Parnassius apollo 吸蜜 CANON EOS Kiss DX TAMRON 90mm Macro
d0054625_12541470.jpg

アポロウスバアゲハ Parnassius apollo ♀ 静止 CANON EOS Kiss DX TAMRON 90mm Macro
図鑑を見るとアポロのメスは全体の黒化するようだからこちらはメスのようだ。

<アルプのその他の蝶>
d0054625_12595197.jpg

コリドンルリシジミ Lysandra coridon (Chalk-hill Blue) 半開翅 CANON EOS Kiss DX TAMRON 90mm Macro
d0054625_130544.jpg

コリドンルリシジミ Lysandra coridon (Chalk-hill Blue) 開翅 CANON EOS Kiss DX TAMRON 90mm Macro
この蝶は、少し大型のシジミチョウで、翅型も少し鋭角的でアルプの草原に良く似合う。アポロの生息域でよく見かけた。
d0054625_1311416.jpg

セイヨウシロジャノメ Melanargia galathea (Marbled White)
エゾシロチョウ、アポロと一緒に良く飛んでいて、ちらりと見える紋様が、アポロのように見え一瞬ドキリとすることが多かった。冷静に見れば大きさが全然違うのだが・・・・。

<続く>

by toshi-sanT | 2007-11-11 13:25 | スイス | Comments(22)
Commented by kmkurobe at 2007-11-11 16:51
いきなりのマッターホルンすばらしい描写ですね。感動物です。
パルももちろんですが、以前から一度みたいと思っていた。シロジャノメいいですね。うーんヤッパリ一度生でみたいですね・・・・・
Commented by nomusan at 2007-11-11 17:35 x
おお~! すごいぞすごいぞ!! もひとつすごいぞ!
いや、朝焼けのマッターホルン、圧倒的な存在感ですね!
そして・・・アポロですかぁ・・・。いや、素晴らしいです。
シロジャノメもええなぁ~・・・。これはええもん見せていただきましたぁ!
Commented by thecla at 2007-11-11 17:59 x
kmkurobeさん、ありがとうございます。
1年前から予約して、マッターホルンビューのシャレーを確保したんですよ。夕方はマッターホルン眺めながら飲んだくれておりました。
シロジャノメはアポロと同じ場所にいるので、これ以外にはまともに撮れていません。今考えるとおもっと撮っておけばよかったですね。
Commented by thecla at 2007-11-11 18:02 x
nomusanさん、ありがとうございます。
時差ボケの頭も、朝焼けマッターホルンで一気にすっきりしました。
この日の日記は、サブタイトルが「パルの谷」ですから、もうちょっと出てきますので、お楽しみに(^^;
Commented by maeda at 2007-11-11 18:44 x
シロジャノメを見てどきっとする感覚、これは現地に行って経験しないと分からない感覚です。
私もフランスで探していたときに同じ感覚でした。何度か騙されましたよ。
朝日のマッターホルンはさすがにすてきですね。
Commented by thecla at 2007-11-11 19:28 x
maedaさんもシロジャノメでドッキリされていましたか。
遠目で飛んでいるのを見ると一瞬あれっ、まさかと思って近寄ってしまいますよね。全然違うのに。
Commented by 6422j-nozomu2 at 2007-11-11 20:12
家族揃ってスイス旅、エエ思い出が出来ましたね。シーズンオフネタとしては最上です。ジャノメチョウ科も異国ではビツクリするほど派手です。一枚目の絵と共に感動いたしました。
Commented by kenken at 2007-11-11 20:24 x
マッターホルン、とてもキレのある絵ですね。これは美しい!90mm、マクロに限らず、風景描写にも威力を発揮しますね。
パルナシウスは、やっぱり蝶屋の憧れです。赤が入っているとインパクトがありますね。えぇものを見せていただきました。
Commented by chochoensis at 2007-11-11 20:52
朝日を浴びたマッターホルン・・・はじめて拝見しましたが、素晴らしいですね・・・アポロ・・・憧れていますが、もう私には手の届かない憧れになってしまいました・・・素敵な写真です・・・。コリドンルリシジミの後縁のオレンジ色も素敵だし、シロジャノメの素晴らしいですね・・・続きを楽しみにしています・・・。
Commented by banyan10 at 2007-11-11 21:00
泊まりで山へ行くと朝の風景も楽しみの1つですが、時差ぼけのおかげでこんな素晴らしい朝焼けに出会えるのですね。(笑)
アポロも素晴らしいですが、シロジャノメが魅力的です。裏も見てみたいです。(^^;
Commented by fanseab at 2007-11-11 21:20
アポロの一枚目、後翅の赤班が前翅に隠されているのが、
かえって奥ゆかしい画像ではないでしょうか?この蝶を撮りたい人の
気持ちを推し量って、敢えて隠しているような・・・・・粋な計らいと
言ったら、theclaさんに怒られるかな?
Commented by thecla at 2007-11-11 21:27 x
ノゾピーさん、ありがとうございます。
本当に良い思い出になりました。今年は、オフシーズン一杯これで引っ張るのでよろしくお付き合いお願いします。
Commented by thecla at 2007-11-11 21:30 x
kenkenさん、コメントありがとうございます。
シャレーのベランダからだと90mmがちょど良い画角だったので使ってみましたが、良いレンズはどう使っても味がありますね。
今回ついパル図鑑を購入してしまって、今度は青い紋が見たくなって、困っております(笑)
Commented by thecla at 2007-11-11 21:34 x
chochoensisさん、いつもコメントありがとうございます。
マッターホルンはやっぱり独特の趣があって、毎日眺めることが出来たのは本当に夢のような日々でした。
アポロはじめまだまだたくさん出てきますので、じっくりとお付き合いください。
Commented by thecla at 2007-11-11 21:37 x
banyanさん、コメントありがとうございます。
私、結構時差ボケに弱いタイプのようで、朝早く目が覚めてしまいました。もしかしたら、今日こそアポロと思って、遠足前の子供のように目が覚めたのかもしれませんけど。
シロジャノメ、つい他のものに目が行って、裏を撮影していませんでした(^^;
Commented by thecla at 2007-11-11 21:41 x
fanseabさん、コメントありがとうございます。
赤紋バッチリの写真がこの後撮れたから、おっしゃるとおり奥ゆかしい画像として眺められます。
もし、これだけだたったら、そう思えないかもしれないですけど・・・。
赤い派手々々、あと2回くらい先に出てくるかもです。
Commented by miyagi at 2007-11-12 13:07 x
theclaさん☆明け方の空に浮かぶマッターホルンや紫の小花の群れのなかのアポロ・・・まるで夢の中の情景のようです。
身近には見れないものばかり。エキゾチックな魅力でいっぱいですね。
Commented by thecla at 2007-11-12 22:59 x
miyagiさん、コメントありがとうございます。
南方に比べて小型で地味な蝶が多いのですが、日本アルプスに比べて雄大な風景に、アポロ、おっしゃるように夢心地で過ごした一週間でした。
Commented by 虫林 at 2007-11-13 00:40 x
いいな~、アポロ、是非とも見てみたいと思います。
天気も良くて、ラッキーでしたね。
何とか強引に用を作って撮影に行かなければ(笑)。
半分、本気です。
Commented by ダンダラ at 2007-11-13 21:00 x
こんな朝焼けを見たら、今日の一日の行程を考えて夢のような気分になるでしょうね。
アポロのきれいな写真を拝見出来るのですね、楽しみです。
Commented by thecla at 2007-11-13 22:11 x
虫林さん、コメントありがとうございます。
今年は、直前まで天候不順だったのですが、普段の行いがよいので(笑)行ったら好天の連続でした。
そういえば、スイスって学会が結構開かれてましたっけ。
Commented by thecla at 2007-11-13 22:13 x
ダンダラさん、コメントありがとうございます。
確かにこんな朝焼けを見たら、もう完全に遠足前の子供状態になってましたね~。
パルは結構まだ隠し玉があります(^^;
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< スイスの花と蝶2007(2) ...      2007年11月上旬 房総のル... >>