フィールドノート

thecla.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2007年 12月 22日

スイスの花と蝶2007(3) ツムゼー(Zumsee)の村②

ツムゼーの村のレストランで昼食を摂った後、ツェルマットへ向かった。メインコースに合流すると、家族総出で牧草を刈っていた。
d0054625_2038258.jpg

スイスの夏は、標高の低いところから順次牧草を刈っていくのだが、そろそろツェルマットの村周辺もその時期になったようだ。
ゴンドラ乗り場が近付いてきた頃、アポロが大空を滑空しているのに出会った。
d0054625_20413746.jpg

アポロウスバアゲハ 飛翔 CANON EOS Kiss D SIGMA 17-70mm Macro
残念ながら、周囲の牧草地は全部草刈が終わっていて花が無い。そこで、追いかけながら飛んでいるところを撮影する。
d0054625_20435194.jpg

アポロウスバアゲハ 飛翔(トリミング) CANON EOS Kiss D SIGMA 17-70mm Macro
d0054625_2044926.jpg

アポロウスバアゲハ 飛翔(トリミング) CANON EOS Kiss D SIGMA 17-70mm Macro
ツェルマットの村に戻った後、まだ時間があるのでマーモットのぬいぐるみなどを買いに行く子供達と別れ、前日アポロを見たポイントに行ってみることにした。
ポイントに着くとアポロは時折飛んでくるのだが、中々止まらない。時間は3時だが、スイスの夏は日本時間より2時間くらい早い感じなので、午後1時くらいの感じだから、日本のパルも一番止まらない時間かもしれない。
仕方がないので他の蝶を撮影しながらチャンスが来るのを待つ。
d0054625_20542991.jpg

コリドンルリシジミ Lysandra coridon 吸蜜(花はミヤコグサの仲間 Lotus comiculantus) CANON EOS Kiss DX TAMRON 90mm Macro
d0054625_2055405.jpg

大きさが違うのだが、一瞬エゾシロチョウが飛んでくるとハッとしてしまう。もちろん、エゾシロチョウも北海道まで行かないと撮影できないし綺麗な蝶だから喜んで撮影する。
エゾシロチョウ 吸蜜(花はマツムシソウの仲間 Knautia dipsacifolia) CANON EOS Kiss DX TAMRON 90mm Macro
d0054625_20562958.jpg

エゾシロチョウ 吸蜜 RICHO Caplio GX8
しばらく他の蝶と遊んでいると待望のアポロが花に止まる。
d0054625_2183518.jpg

アポロウスバアゲハ 吸蜜 CANON EOS Kiss DX TAMRON 90mm Macro
d0054625_2191016.jpg

アポロウスバアゲハ 吸蜜 CANON EOS Kiss DX TAMRON 90mm Macro
右後翅がちょっと欠けているのが残念だが、欠け具合から前日に撮影した個体と同じと思われ、それはそれでちょっと嬉しい。

<続く>
[PR]

by toshi-sanT | 2007-12-22 21:14 | スイス


<< 2007年の蝶 自選 Best 10      スイスの花と蝶2007(3) ... >>