フィールドノート

thecla.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2007年 12月 29日

スイスの花と蝶2007(3)ツムゼー(Zumsee)の村③ その他の蝶

ここではチャマダラセセリの仲間もいたが、後翅を写すことが出来なかったので、Pyrgus carlinaeかなあと思うのだが、全然自信がない。チャマの仲間は本当に写真だけだと難しい。
d0054625_21101194.jpg

チャマダラセセリの仲間 RICHO Caplio GX8
d0054625_21102614.jpg

チャマダラセセリの仲間 RICHO Caplio GX8
d0054625_21265832.jpg

ヒョウモンチョウの仲間 Argynnis niobe CANON EOS KIss DX TAMRON 90mm Macro
ツェルマット周辺ではコヒョウモンモドキの仲間もあちこちで見ることが出来た。Mellicta variaではないかと思うのだが、これもあまり自信が無い。
d0054625_21555384.jpg

コヒョウモンモドキの仲間 Mellicta varia RICHO Caplio GX8
d0054625_21563336.jpg

コヒョウモンモドキの仲間 Mellicta varia (ストロボ発光) RICHO Caplio GX8
この個体は羽化直後のようだったので指を差し出してみると手乗りになった。
d0054625_2158982.jpg

コヒョウモンモドキの仲間 Mellicta varia 手乗り RICHO Caplio GX8
d0054625_21592540.jpg

コヒョウモンモドキの仲間 Mellicta varia 手乗り (ストロボ発光) RICHO Caplio GX8
この日は、ツェルマット周辺を散策しただけだったが意外に多くの蝶に出会えた。

by toshi-sanT | 2007-12-29 22:10 | スイス | Comments(16)
Commented by 虫林 at 2007-12-29 23:12 x
楽しかったスイスの山とチョウの撮影の雰囲気が漂ってくる写真ですね。
こんな場所で、チョウたちと遊べたら、虫屋みよりに尽きるというものです。
初めのチャマダラセセリの広角写真は、秀逸ですよ。
Commented by 空飛ぶ父 at 2007-12-29 23:15 x
なんと贅沢な写真なんでしょう!
綺麗な蝶にアルプスの景色。
ヒョウモンチョウの見事なオレンジに手乗りコヒョウモンモドキ、私たちもスイスでしてみたいです。
Commented by fanseab at 2007-12-29 23:51
niobeの縁毛、いいなぁ!
こいつの裏面の銀紋を是非撮りたいです。
個人的には、「サンカクウラギンヒョウモン」と呼んでいます(^^)
Commented by kenken at 2007-12-29 23:52 x
澄んだ空気も感じ取れる良い写真ですね。
私はやっぱりMellictaが好みかなぁ~
そういうと、今年はウスイロも手乗りさせておられたのでは?
ん~っと、股間吸汗ってものあったような。(笑)
Commented by thecla at 2007-12-30 00:12 x
虫林さん、コメントありがとうございます。
この時期のヨーロッパは日が長いので午後からでも楽しく遊べます。
最初の広角は背景のお花畑の雰囲気も出て、気に入っているので嬉しいです。
Commented by thecla at 2007-12-30 00:15 x
空飛ぶ父さん、ありがとうございます。
空飛ぶ一家なら滞在中楽しめること確実です。是非一度ご検討を。
シャレーを使うと滞在費は国内より安いかもしれません。そのうち今回滞在したシャレーも紹介しますね。
Commented by thecla at 2007-12-30 00:29 x
fanseabさん、ありがとうございます。
niobeの裏面はこのときには撮影できませんでしたが、後で撮影したような。そのうち出てくると思います(^^;
Commented by thecla at 2007-12-30 00:32 x
kenkenさん、コメントありがとうございます。
おっしゃるとおり、ウスイロも手乗りと股間吸汗というのがありましたね~。
シーズンオフのネタにしようと取っておいてあるのですが、スイスのシリーズが終わったら出しましょうかね(^^;
Commented by 6422j-nozomu2 at 2007-12-30 16:34
チャマの仲間エエですね。日本ではかなりレアでみたこともない蝶ですが、スイスでは一杯いましたでしょうか?バックが半端ではないほど美しいですね。やはり来年は、皆さん広角中心になりそうですね。
Commented by banyan10 at 2007-12-30 16:43
スイスの山とお花畑と広角の背景が最高ですね。
もちろん蝶も魅力的で、名前が分からないとしても写真としての価値は十分ありますね。
Commented by nomusan at 2007-12-30 17:08 x
おお、贅沢だぞ、贅沢だぞ! 最後に2枚の手乗り画像!
蝶もええけど、背景がまた素晴らしいですね。
チャマの仲間もええなぁ~・・・。
Commented by thecla at 2007-12-30 17:48 x
ノゾピーさん、コメントありがとうございます。
チャマの仲間はスイスには複数いてあちこちで見ることが出来、数も日本に比べると大分多いと思います。
アルプの草原は人為的に維持されているのですが、そういった草原環境がよいのだと思います。
ただ、類似種が多く、図鑑を見てもよくわからないのが難ですが。
Commented by thecla at 2007-12-30 17:51 x
banyanさん、コメントありがとうございます。
前に行った時は、マクロ撮影中心だったので、今回はかなり広角を意識して撮影しました。
村がU字谷の底にあるので、U字谷の斜面に上がるとアルプの草原と谷を挟んだ山がいい感じに撮れます。
Commented by thecla at 2007-12-30 17:59 x
nomusanさん、ありがとうございます。
日本とちょっと違った風景の中での手乗りは贅沢な気分になりますわ、ほんと。この後の酒(スイスワイン)もまたサイコーでした(^^;
Commented by maeda at 2007-12-30 20:28 x
堪能されましたね。
スイスの夏はとっても良いですね。
来年夏、出来ればモンゴルで撮りまくりの予定です。
どうなるかは直前まで不明ですが。
Commented by thecla at 2007-12-30 20:47 x
maedaさん、コメントありがとうございます。
スイスの夏は気候も良く本当に別天地でした。maedaさんは来年モンゴルですか。モンゴルもパルがいるし、草原性の蝶も多いのでしょうね。
たっぷり見せてください。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 2007年12月下旬 撮り納め      2007年の蝶 自選 Best 10 >>