フィールドノート

thecla.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2008年 01月 06日

スイスの花と蝶2007(4) シュヴァルツゼー マッターホルン北壁を見上げるトレッキング①

今日はマッターホルンを間近に望むトレッキング。コースタイムは約3時間だが子連れで撮影しながらだからたっぷり一日かかるロングとレイルの予定だ。
シャレーの窓からマッターホルンを見ると山頂部に雲がかかっているが、他は青空が広がって絶好のトレッキング日和と思われた。
ゴンドラとロープウェイを乗り継いでシュヴァルツゼー(Schwarzsee)に着くと、マッターホルンがくっきりと見えた。
d0054625_2124349.jpg

マッターホルン RICHO Caplio GX8
90mmで撮ると画面からはみ出んばかりの迫力になる。
d0054625_2125336.jpg

マッターホルン CANON EOS Kiss DX TAMRON 90mm Macro
左側が東壁、右側が北壁、北東稜の肩に見える小屋がマッターホルン登頂のベースとなるヘルンリヒュッテ(3279m)だ。そこまでは普通のハイキングレベルで登れるらしいが、もちろん今日は行かない。もし次の機会があればその時は行ってみたいものだ。
d0054625_21252549.jpg

シオガマの仲間(Pedicularis kernneri) RICHO Caplio GX8
同じようにマッターホルンを入れて広角で蝶を決めてみたいのだが、手前の岩山が邪魔になって動かない花ならともかく蝶だと難しい。反対側のオーバーガーベルホルン(4063m)を入れて撮るのが精一杯だ。
d0054625_2126312.jpg

高山性のヒョウモン Boloria pales  RICOH Caplio GX8
d0054625_21264838.jpg

コヒョウモンモドキの仲間 Mellicta varia RICHO Caplio GX8

シュヴァルツゼーの湖は湖畔にワタスゲが咲いていた。
d0054625_21271715.jpg

ワタスゲ RICHO Caplio GX8 (後ろの山はオーバーガーベルホルン4063m)
d0054625_21283486.jpg

ワタスゲ RICHO Caplio GX8
湖を過ぎると右手に谷を挟んでオーバーガーベルホルン、左手からは徐々にマッターホルンの北壁が迫ってくる気持ちの良いトレッキングコースが続く。
d0054625_21292376.jpg

アザミの仲間 Cirsium spinosissimum RICHO Caplio GX8
マッターホルンがすぐ傍に見える高山草原ではブルー(ヒメシジミ、ミヤマシジミなどの仲間)が多く見られた。残念ながら表と裏を両方押さえることが出来ないのでちょっと種名は分からない。
d0054625_21364998.jpg

d0054625_2137568.jpg

d0054625_21372162.jpg

マッターホルンを望む草原のブルーの仲間 RICHO Caplio GX8
最後のシジミチョウはコウジレイシジミ Cyaniris semiargusではないかと思うが前の2つはよくわからない。

<続く>

by toshi-sanT | 2008-01-06 01:09 | スイス | Comments(4)
Commented by banyan10 at 2008-01-06 17:09
3時間くらいのコースが撮影しながら歩くのは手頃ですね。
マッターホルンを見て歩けるだけでもいいですね。
シオガマの花は日本のものとはかなり印象が違いますね。
Commented by maeda at 2008-01-06 17:25 x
何度となく思いますが、機会を作って行ってみたいです。
広角で風景も良いでしょうね。
Commented by thecla at 2008-01-06 17:55 x
banyanさん、コメントありがとうございます。
3時間のコースのはずが、結局一日がかりになってしまいました(^^;
ただ、このコースは間近に少しずつ姿を変えていくマッターホルンを見ながら歩くのでとても気分爽快でした。蝶の姿も多いし。
日本のタカネシオガマと同じものあるのですが、このシオガマは花穂にならず、ひとつかふたつの花をつけるちょっとおもしろいタイプのものです。
Commented by thecla at 2008-01-06 18:06 x
maedaさん、コメントありがとうございます。
私もねえ、行ったばっかりなのにもう一度行きたくなって仕方がありません(^^;
今回は天候にも恵まれ、本当に別天地でしたし。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< スイスの花と蝶2007(4)シ...      2008年1月上旬 撮り初めは... >>