フィールドノート

thecla.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2008年 01月 27日

スイスの花と蝶2007(4)シュヴァルツゼー マッターホルン北壁を見上げるトレッキング④ その他の蝶

高山性のヒョウモン、ここで多かったのはBoloria palesだったけれど、この角度だとちょっとわからない。
d0054625_2214187.jpg

高山性のヒョウモン RICHO Caplio GX8
小さな黒いシジミチョウ、前に行ったグリンデルワルド周辺の山では標高の高いところで良く見た。ツェルマット周辺でも2,500m以上の場所で見ることが出来た。
d0054625_2220291.jpg

コウジレイシジミ Cyaniris semiargus CANON EOS Kiss DX TAMRON 90mm Macro
山を下りきった谷沿いにあるレストランの裏手にはコヒョウモンモドキの仲間(Mellicta varia)とウラギンヒョウモンの仲間(Argynnis niobe)がツーショットで吸水に来ていた。
d0054625_22272918.jpg

ヒョウモン類の吸水 RICHO Caplio GX8
谷沿いの道では今回初めて見たエレビアがいた。ぱっと見の印象は、裏に白帯がないクモマベニヒカゲ。
d0054625_22484178.jpg

クモマベニヒカゲの仲間 Erebia euryale?吸水 CANON EOS Kiss DX TAMRON 90mm Macro
d0054625_22493490.jpg

クモマベニヒカゲの仲間 Erebia euryale?吸水 CANON EOS Kiss DX TAMRON 90mm Macro
図鑑を見たところErebia euryaleではないかと思う。本来は裏面後翅に白帯があるのだが、個体変異が多く、白帯が消失する個体もあるらしいから、第一印象でErebia euryaleとしておこう。
[PR]

by toshi-sanT | 2008-01-27 22:53 | スイス


<< スイスの花と蝶2007(5) ...      CANON EOS 40D >>