フィールドノート

thecla.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2008年 02月 16日

スイスの花と蝶2007(5) ゴルナーグラート展望台②

逆さマッターホルンで有名なリッフェルゼーの湖畔まで下る。風も弱く、絵葉書のような逆さマッターホルンが撮影できた。
d0054625_22372412.jpg

リッフェルゼーからの逆さマッターホルン RICHO Caplio GX8
湖でゆっくりした後、リッフェルベルクへ向けて下る。コースタイムは40分と短いのでのんびり下る。リッフェルベルクのレストランとホテルが見えてきたあたりでマッターホルンが谷を挟んでとても綺麗に見えた。
ちょうど日本のサクラソウのように見える花(実はナデシコ科)が咲いていた。しかも、隣でベニモンマダラが交尾していたので、ちょっと欲張ってマッターホルンを背景に両方が画面に収まるように撮ってみた。
d0054625_2354262.jpg

リクニス・アルピナとベニモンマダラ CANON EOS kiss D SIGMA 17-70mm Macro
リッフェルベルクではレストランの方に入った。カフェテリア方式で値段も高いし、何か日本のスキー場みたいだなと思ったら、味も日本のスキー場並みだった。よく考えたら、冬場はスキー場になるので当たり前といえば当たり前なのだが、洋の東西を問わず「ゲレンデめし」は今いちということなのだろう。
午後からは、女房が土産を買いに出るので、私は子供達とシャレーで留守番。
d0054625_23135873.jpg

上から二番目の部屋(左側)で、マッターホルンの眺めながらビールを飲みボーっとして過ごした。
d0054625_23165918.jpg

周りにもいくつかシャレーがあり、週単位で借りることが出来る。ホテルに家族6人で泊まる場合の1~2日分で借りることが出来るので安上がりだ。

女房が買い物から帰った後、少しまだ時間があったのでツェルマット駅の裏側へ行ってみた。残念ながらアポロは見なかったが、コヒョウモンモドキの仲間、セセリの仲間を見ることが出来た。
d0054625_23232786.jpg

コヒョウモンモドキの仲間とツェルマット駅 Mellicta varia CANON EOS Kiss D SIGMA 17-70mm Macro
セセリの仲間が交尾していた。最初はカラフトセセリだと思ったのだが、スイスには良く似たスモールセセリというのもいる。区別点は触覚の先が赤いのがスモールセセリということだから、これはスモールセセリではないかと思う。
d0054625_23292962.jpg

スモールセセリ交尾 Thymelicus sylvestris ? RICHO Caplio GX8
d0054625_23295593.jpg

スモールセセリ交尾 Thymelicus sylvestris ? RICHO Caplio GX8

スイス滞在も後1日を残すばかりとなってしまった。
[PR]

by toshi-sanT | 2008-02-16 23:31 | スイス


<< スイスの花と蝶2007(6) ...      チョウ類保全シンポジウム >>