フィールドノート

thecla.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2008年 03月 09日

2008年3月上旬 多摩丘陵にも春が来た

引っ越したばかりで色々用事が続いているのだが、今日は11時頃まで時間があった。大分暖かくなり各地でモンシロチョウも出ているようだから、近所へ探しに行ってみることにした。
先週に比べ、オオイヌノフグリ、ホトケノザも咲いている株が多くなった。
d0054625_2119740.jpg

ホトケノザ CANON EOS Kiss 40D TAMRON 90mm Macro
梅の花の香りを嗅ぎながらの里山歩きは短時間でも楽しいものだ。
d0054625_21201157.jpg

梅 CANON EOS Kiss DX SIGMA 17-70mm Macro
菜の花も咲いているが、モンシロチョウの姿は無い。キタテハだけは相変わらず多く飛んでいる。そのうち1頭が、枯れ草の上でテリを張るように静止したので広角で近付いてみた。
d0054625_21232313.jpg

キタテハ CANON EOS Kiss DX SIGMA 17-70mm Macro
DXは、シャッターボタン脇のダイヤルでシャッタースピードがいじれる。ISO400とかで飛翔用に設定して、広角の時はシャッタースピードを下げれば絞られ被写界深度が深くなるのであまり深く考えないで済むかもしれない。
しばらく、40Dをマクロ、DXを飛翔&広角で使ってみることにした。

帰らなければならない時間になったので車に戻り、帰りかけると畑にモンシロチョウが飛んでいるのが見えた。急いで車を停め、証拠写真だけ撮って家に戻った。
d0054625_21344126.jpg

モンシロチョウ CANON EOS Kiss 40D TAMRON 90mm Macro

大した写真ではないけれど、やっぱり今年羽化した蝶を撮影するのは嬉しいものだ。
[PR]

by toshi-sanT | 2008-03-09 21:44 |


<< 2008年3月中旬 神奈川県横浜市      スイスの花と蝶2007(6) ... >>