フィールドノート

thecla.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2008年 07月 27日

2008年7月下旬 北アルプスの高山蝶② タカネヒカゲ

今回、久しぶりに北アルプスの稜線まで登ったのは、この蝶タカネヒカゲに会うことが最大の目的だった。ミヤマモンキチョウは、もっと楽な場所も多いのだけれど、タカネヒカゲだけは、ちゃんと山登りしないといけない。
だから、ミヤマモンキをちょっと撮影した後は、タカネヒカゲを中心に狙う予定だった。前に来たときは敏感で中々近寄らせてくれなかったので最初は300mmで撮影したが、今日は曇がかかることが多いせいか、90mm Macroでも十分近付かせてくれた。
d0054625_2239164.jpg

タカネヒカゲ 静止 CANON EOS 40D TAMRON 90mm Macro
d0054625_2239531.jpg

タカネヒカゲ 静止 CANON EOS 40D TAMRON 90mm Macro
かなり新鮮な個体もいたのだが、草が邪魔になる場所に止まることが多く、また元々が地味な蝶なのでどうしても同じような画像ばかりになってしまう。
そこで、ついつい派手なミヤマモンキに目が行ってしまう。ちょうど産卵を繰り返していたミヤマモンキのメスがいたので追いかけていると、登山道脇でよたよた歩いているタカネヒカゲが目に入った。よく見ると歩きながら翅がパカパカ開いている。これは一瞬でも翅の表が撮れるかもしれないとシャッターを押していると、ついに「キタ~」。
d0054625_22501685.jpg

タカネヒカゲ 開翅 CANON EOS 40D TAMRON 90mm Macro
一瞬だけれどかなり開いているところが撮影できた。その後、この個体は枯れ枝につかまってしばらく動かなくなった。ちょっと待っていると、今度はV字開翅。
d0054625_2335641.jpg

タカネヒカゲ 半開翅 CANON EOS 40D TAMRON 90mm Macro
タカネヒカゲで翅の表と裏を同時に表現できると思っていなかったのでとてもうれしい。しかも、この個体、うれしいことにその後も何回か翅を開いてくれた。
d0054625_22505360.jpg

タカネヒカゲ 開翅 CANON EOS 40D TAMRON 90mm Macro
どうもこの個体は、タカネヒカゲにしては珍しくちょっとしまりが無いタイプらしく、横倒しになるときにもちょっとだけ翅を開いていることが多い。
d0054625_2314140.jpg

タカネヒカゲ 静止 RICHO Calio GX8
d0054625_23141768.jpg

タカネヒカゲ 静止 RICHO Calio GX8

実はここは、幅が広くなった登山道のど真ん中にちょっとだけあるブッシュ。多くの登山者がすぐ脇を通り抜けていく。そこで「キタ~」とか「開け~」とか叫んでいる(もちろん、心の中で、決して声に出してはいないはず・・・だが)のだから、さぞ変なおじさんだったことだろう。

ということで、前回予告した「ちょっとすごいもの」は、タカネヒカゲの開翅三昧でした。

<続く>

(※)この週末は、ミヤマシロチョウのマーキング調査のお手伝いをしてきました。写真の整理がまだ出来ていませんが、出来次第そのときの状況をレポートする予定です。
[PR]

by toshi-sanT | 2008-07-27 23:17 |


<< 2008年7月26日~27日 ...      2008年7月下旬 北アルプス... >>